[ドラマ]ごめんね青春!


ごめんねせいしゅん / Gomenne Seishun!
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 道徳心&モラル
  • 考えさせられた
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,653位2,632作品中総合点0 / 偏差値48.48
2014年ドラマ総合点70位108作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.60(とても良い)5
キャラ・設定1.40(良い)5
音楽1.20(良い)5
映像1.00(良い)5
ストーリー1.00(良い)5
楽しい80%4人/5人中
面白い80%4人/5人中
可笑しく笑える60%3人/5人中
道徳心&モラル40%2人/5人中
考えさせられた40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
脚本:宮藤官九郎
演出:山室大輔金子文紀福田亮介
音楽:真島昌利 (ザ・クロマニヨンズ)、羽毛田丈史
主題歌:関ジャニ∞ 『言ったじゃないか』
日本 開始日:2014/10/12(日) 21:00-21:54 TBS / 終了日:2014/12/21
公式サイト
1. http://www.tbs.co.jp/gomenne_tbs/
Twitter公式
1. https://twitter.com/gomenne_tbs
2,62444
最近の閲覧数
1010010000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/16 / 最終変更者:永田 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/04/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 45021 ホスト:44844 ブラウザ: 10268
【良い点】
・役者陣。
全員演技が上手いので、物語に入り込みやすかったです。主演の錦戸亮さんと満島ひかりさんの2人も勿論凄いですが、この2人を支える脇役の皆さんが何と言ってもすばらしい。特に校長役の生瀬勝久さんは別格だった。
・ストーリー。
仏教徒の男子校とカトリックの女子校、全く正反対の2つの学校を合併させるというストーリーが新鮮。しかも学園ドラマでありがちな「いじめ」や「スクールカースト」などの暗い面を徹底的に排除し、学校の楽しい面をフューチャーしていたから、観てて楽しかったです。
【悪い点】
・放送時間。
何故ゴールデンタイムである「日曜劇場」の枠でこのドラマを?この内容は深夜の方が向いていたと思います。
【一言】
最後まで視聴率は芳しくありませんでしたが、理屈抜きで楽しむ事が出来ました。またこういうドラマを作ってほしいですね。
【総合評価】
良い。

2015/03/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(64%) 普通:2(18%) 悪い:2(18%)] / プロバイダ: 44111 ホスト:44006 ブラウザ: 10481
【良い点】
話がとても面白く、キャストが好き

【総合評価】
クドカンさんの作品は面白いです。

2015/01/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 2134 ホスト:1944 ブラウザ: 7420
※一部ネタバレ含みます!!注意!!

「何よりも、クライマックスに近づくにつれて露わになっていった『主人公補正』に
どっちらけ」。これが本作に対する第一感想でしたね。

そもそも、いくら好きだった女の子が友人の方と付き合っていたからといったって・・・・
でしたが、いくらいじめに対抗する為だったとは言え、ミョーに肉食系だったその女の子、
祐子の妹だったりさ、ある三女生徒の告白の時も、守秘義務というのがあるのに確か東高
生徒と付き合っているのにぶち切れた時もあったけど、ミョーにハイテンションだった
三女校長の吉江ETC・・・・・・また、話の進行上強い必然性があったわけでも
なかったのに原節子氏のパロディ(でも、40代以下の人なんて昔の映画にも興味ない限り
知らんのではとも突っ込みたくなったが・・・・・・)も見られましたが、笑えない脚本
と力量自体はある主要キャストの演技が噛み合ってませんでしたね。リサや、その他
三女生徒面々のキャラなんか、そういうマスコミの「低俗なレッテル張り」(「美しすぎる
〜」もその一種で、カザフスタンの某バレーボール選手にも・・・・だったけど)等
悪い風潮の影響を受けたようでもありました。

もう序盤の時点で正直「微妙」だったのですが、中盤の駅伝話もでしたね。東高生徒の
一人だった豊を暴行、動画でも拡散した等三女のビル非公式ファンクラブの一人だった
常磐って、結構悪行目だったのにです。その豊がみしまるくん(三島市公式マスコット
キャラ)の中に入って走った事が発覚して、失格となったのはともかく、常磐にはもっと
それ相応の報いを下して欲しかったし、確かに何が何でも勝ちにこだわる「勝利第一主義」
も考えものでしょう。しかし、「負けはしたけど、面白さと感動を与えたんだ!!」な
自己好評価が口説かった。何かそういう感動の為には時にはいじめとか肯定しても良いん
だ!!とも言わんばかりだったみたいで。

何だか最近、バーニングの後押しも得た某不倫タレントがのうのうと復帰した影響も
あるのか?どうも最近そういうのを美化・正当化している描写が見られるドラマも
目立ちますが、主人公の兄貴もだ。やってた事はれっきとした不倫だったのにまるで
「悲劇のヒーロー」みたいに母ちゃん(既に故人で、部屋に飾ってあった観音菩薩像に
宿っていた)に慰めてもらったのも、テレビで「私も被害者だ。」とか開き直っている
そのタレントと重なり合うものもありましたが、終盤においても似たような失敗を
してしまったのは致命的でした。

つくづく兄弟揃って・・・・・でしたが、主人公もあの「悪行」ですね。どんなに
それが実は原因ではなかったとは言え、やった事自体は決して褒められた事ではないのに、
それを知った友人、サトシの弁、「何よりも辛いなのは友人なお前が俺を裏切った事だ」
に逆ギレしただけでなく・・・・・・・まあ人間は誰もが常日頃は綺麗事とか
言っていてもいざとなれば自分が可愛いのは当たり前な事ですし、頭ごなしで非難する
のもお門違いなのかもしれませんが・・・・・・・

他の面々の対応も、主人公の親父、「自分の可愛い息子の悪行を世間に晒して後ろ指
刺させる事なんて出来る親なんているか!!」というような事言っていて、「親子愛」
と言えば聞こえはいいのだろうし、実際りさ・祐子の親父にも指摘されていたけど、
所詮自分と一家の体裁の方が大事だったのでは?親父同士一時喧嘩しても仲直りした
事自体は良かったのですが、「たとえ放火の原因だったとしても、娘(祐子)を信じられ
なかった俺だって悪いんだ」?この人だって、理不尽な嫌がらせ等を散々受けていた等
れっきとした被害者の一人だったと思いますが、そりゃ少なくともあの時ああいう
状況に置かれたら、そう思いたくなったのだって無理なかったし、実際殆ど(と言うか
全くか)落ち度のない人にも責任があったかのような描き方をしたのにも大きな違和感
がありました。

結局・・・・・・で、ご都合主義的だった「真相明かし」はまだ目をつぶれるとしてです。
確かに彼は彼なりの償いもした事も無視する事は出来ませんでしたが、その他生徒達も
彼ら彼女ら自身も一生懸命頑張ってきて、主人公だけの手柄でも無かったのに必要以上
に「過剰な賛美」を送る等結局このドラマって、主人公及びその近親者等がやった事は
多少道義的に「?」でもほぼ丸く肯定されちゃうんだもんね。主人公が最後学校辞めたのも
そんな「主人公補正に対する『ポーズ』」に過ぎなかったのです。

クドカンは、個人的には俳優としては「キッズリターン」や「ゲゲゲの女房」(映画版)
等肯定的ですが、脚本家としては「?」です。視聴率もおそらく今までの作品としては
ワーストクラスかと思われますが、一時物議を醸した堀越云々なんか全然大した事ない
とも思えると言うか、他の近年のドラマ同様悪い意味で脚本家個人の世界観みたいな、
底の浅い浅いドラマでした。結局テーマのはずだった「宗教や性別等を超えた生徒たち
と先生の『絆』」なんかもぼやけてしまいましたね。評価は「最悪」だけが妥当でしょう。

2014/12/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(57%) 普通:4(5%) 悪い:31(38%)] / プロバイダ: 16259 ホスト:16176 ブラウザ: 4721
【総合評価】
クドカンの作品は面白いと期待しましたが、今回のドラマは視聴率が高くなく、上手く行かなかったと思います。
笑える箇所は確かに有りました。 ですが個人的には、話が進むにつれてパワーダウンしている事が目立っている と思ってしました。
「悪い」の評価でごめんねクドカン。

この評価板に投稿する



2017/01/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4565 ホスト:4327 ブラウザ: 5819 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 幻惑の緑 by 下田の里
... 輝きのタクト」のプロフェッサー・グリーンことオカモト・ミドリ先生(以下、便宜上「ミドリ先生」と表記)、彼女こそは綺羅星十字団第6隊「科学ギルド」の代表であり、南十字学園高等部の保険医でもある。 表の顔は「ごめん青春!」のドンマイ先生の様な冴えない風貌&野暮ったい年増風味を醸し出し、裏の顔は「ヤッターマン」のドロンジョを髣髴とさせる女 ...
記事日時:2016/06/26 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ