[ドラマ]探偵物語


たんていものがたり / Tantei monogatari
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 考えさせられた
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:探偵物語(小鷹信光版)
ドラマ総合点=平均点x評価数53位2,413作品中総合点31 / 偏差値69.55
ドラマ平均点28位293作品中平均点1.94=とても良い/16評価
1979年ドラマ総合点2位24作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.67(最高)3
声優・俳優2.67(最高)3
ストーリー2.33(とても良い)3
音楽1.67(とても良い)3
映像1.33(良い)3
楽しい100%3人/3人中
格好良い100%3人/3人中
面白い100%3人/3人中
可笑しく笑える100%3人/3人中
考えさせられた67%2人/3人中
もっと見る
属性投票する
日本テレビ作品
製作:東映芸能ビデオ
企画:黒澤満 加藤教夫
プロデューサー:伊藤亮爾 紫垣達郎 山口剛
日本 開始日:1979/09/18(火) / 終了日:1980/04/01
公式サイト
1. http://www2g.biglobe.ne.jp/~NIKKEI/yusaku/
オープニング動画 (1個)
BAD CITY
歌:SHOGUN 詞:ケーシー・ランキン 作曲:ケーシー・ランキン 編曲:大谷和夫 [ファン登録]
[もっと見る]
18,6691716
最近の閲覧数
2103001102
2人の方がこの作品がドラマとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/05/06 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 羽幌炭鉱 / mosukuwa / 管理人さん / ジャンボーグQ / スペ9 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/04/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:250(62%) 普通:77(19%) 悪い:74(18%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11323
故・松田優作主演の不朽の名作
【良い点】
・出演者とスタッフが互いに切磋琢磨した
・後のあぶ刑事シリーズや踊るシリーズに一脈通じるギャグマジフォーマットを築き上げた。
・衝撃的な最終回
【悪い点】
・なし
【総合評価】
昭和50年代の良き時代に作られたハードボイルド&コメディドラマで、ある意味プレ・あぶ刑事と言える作品で、最終回の衝撃的な展開と結末は今も語り種で、評価は当然【最高】です。

2013/03/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2764(60%) 普通:775(17%) 悪い:1082(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9931
俳優・松田優作のポテンシャルを最大限に引き出したドラマ。
この作品を一言で表現すると、こうなります。

内容は、私立探偵・工藤俊作が様々な事件やトラブルに遭遇すると言う物で、最初はシスターからの依頼でした。

黒いスーツに黒い帽子を着こなし、ベスパを転がし、煙草を吹かす等、松田優作演じる工藤俊作の容姿は、シブいの一語。
賊やヤクザと対峙してふてぶてしい態度を撮ったり、どついたりしてシブく決めたと思えば、おどけたり船酔いに苦しんだりする等シャバイ所も見せる、
幼稚園生に恐喝してブタ箱に入っている入れ墨者に説教したり、黒猫のエピソードで事務所が猫だらけになった時に「猫と猫がドッキング」とボケをかます等、
作中の俊作の振る舞いは、俳優が全てを曝け出しているかの様でいくら観ても飽きる事はありません。

俊作の目を通して映るドラマも、殺人の濡れ衣を着せて無実の男を自殺に追いやった悪徳刑事の様な救いのないエピソード、
スペクトルマン好きの男の子が犯罪組織に狙われるエピソードの様に変化球を絡めたエピソード、強盗団の片割れと入れ墨者が仲間に命を狙われるハードなエピソード等、
バラエティに富んでいました。

加えて、店を出た時に刺されて壁を背に崩れ落ちた俊作が雨の降る街で傘を捨てて人ごみに消えるラストシーンには、優作が視聴者に向けて贈った
メッセージが込められていました。

[推薦数:1] 2012/12/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(58%) 普通:765(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 25514 ホスト:25733 ブラウザ: 5829
26話までと、最終回は別ベクトルの面白さがあったドラマ。
はっきり言って、ひとつひとつの話の出来が高いかと言われると、今見たら微妙なんじゃないかと思います。
ただ、アタリ回は本当に面白いし、本編以上に「次回予告」が面白かったり、演技やジョークがかなり笑えたり、本筋のストーリー以上に楽しめる部分が多々ありました。

後半はメタなネタばっかりで、そのたびについクスッと笑ってしまう。
「どうせ日本テレビから番組延長の電話だよ、もういいよ」とか、「あと2回だと思うとやる気がなくなる」とか…。
あとは、「大都会」や「太陽にほえろ!」のセルフパロディなど、笑える要素いっぱい。

スペクトルマンが出てくるのも笑えました。
少年が電波少年として扱われていたり、50円+お金型チョコで依頼を受けることになってしまったり…探偵モノっぽい笑えるエピソードでしたね。
一応サンフランシスコで刑事をしていた(本編で言ってたっけ?)はずの工藤が、「心当たり」を「ハートヒット」など適当な英語でごまかそうとするシーンがあったような…。
というか、基本的にサンフランシスコの刑事設定はほとんどのエピソードで無視でしたからね。
警察への態度とかも変だし。

オープニング、エンディングのカッコよさも随一。
始まりの、看板めくるところとかも面白い演出です。
鏡の前でカッコつけてると思いきや下半身はパンツ一丁、コーヒー作ってると思いきやマズくて吹き出す…など工藤のキャラクターがよくわかる映像なのも良いですね。
それだけに、最終回はショックでした…。

初期のパターンとして、毎回毎回冤罪事件で捕まるのが笑えた。
次回予告でも本編でも、このパターンはネタにされてましたね。
最悪、新聞とかに殺人犯として載ってますからね。
もしかしたら、こういう冤罪の賠償金とかで食ってるんじゃないですかね?儲かってないだろアレ。

「カウボーイビバップ」、「銀魂」なんかはコレを元ネタにしたんでしょうか?
やる気のない自由人で、いつもトラブルに巻き込まれますよね。なんていうか、ノリが似ています。
「仮面ライダーW」は露骨だし、「仮面ライダーウィザード」の晴人の役者も優作をイメージしてるとか聞きましたね。

さて、最終回。
映画マニアの飯塚、バカのイレズミ者が死亡…これだけで十分ショッキングだったんですが、ラストで工藤まで刺されて死んだのが衝撃的でした。
てか、イレズミ者は前に銃で撃たれまくってたけど、「ついに不死身になった」とかわけわからん理屈で生きてたり、指つめられたりしてましたよね(その指がおいしかったのでみんなで食べる)。
ああいうギャグ描写が多かっただけに、最終回でシリアスになったときの鬱っぷりはとてつもなく心にダメージを与えた。
でも、やっぱりあの回のキレた優作はカッコよかった。
普段のコミカル→切ない事件で時にシリアスなノリも好きだったんですが、終始シリアスに徹した最終回は魅力大でした。
復讐に燃える工藤がカッコいい。

ラストで刺された後に、街を歩く工藤の姿が切ないですね。
あれは一応、幽霊とかそういう神秘的な奴って事でいいんでしょうか?
死んだよね、あれ?傘の色が変わってくのも、なんか意味ありげだし。

まあ、毎回毎回笑わせてくれて、最終回で泣かされたドラマ。
コレに似たノリのアニメがヒットしているところを見ると、やっぱりこういう作風は受け継がれていってるんでしょうね。

2010/10/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(76%) 普通:11(9%) 悪い:18(15%)] / プロバイダ: 13611 ホスト:13538 ブラウザ: 11260
【良い点】
優作優作優作

【悪い点】
セルフパロディーが多すぎるでしょ

【総合評価】
全編通じて、脚本的には劣化版{傷だらけの天使}ですね。事実、製作陣もかなり意識をしていると思しき箇所が散見できます。

ただ、年代的に自分はリアルタイム世代ではないので、先輩世代達とは些か乖離している評価であろう事は自覚しております。

個人的に優作ファンであり、「いれずみ者」なるキチ●イと成田三樹夫がドツボだったんで良評価で。
[共感]
2017/07/07 他作品のパロディがあったなんて、気が付かず、再放送当時子供だったので余計気付きませんでした。 スタッフと出演者が切磋琢磨して作った良い時代の名作で、最終回の衝撃的な展開とラストは今でも心に残ります。 by 無限堂

2010/10/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 18570 ホスト:18445 ブラウザ: 3876
良いも悪いもすべて松田優作。そういう作品。面白い点がはっきりした作品だと思わない。べスパに乗ってハット被って細身のスーツで決める松田優作がカッコいいし面白い。それ抜きには何も始まらない作品。OPEDがカッコいい。この作品話はそこそこ、それより、松田優作と中に出てくるキャラの会話、そしてストーリーの中で探偵する松田優作を見る。そこにすべて詰っている。会話の相手として特に成田三樹夫とひげもじゃコンビとの会話は軽妙で面白い。

作品数が少ないのも良い。キャラ頼みの作品なので希少価値が落ちたら終わり。再放送してもいつもすぐ終わってしまうので見逃す事が多かった。ラストの昔因縁のあったらちょい役のチンピラに刺されて街をふらつくシーンは名シーン、死んだと思ったら最近見たら生きてた…。それでもこの作品の価値は変わらない。

松田優作演じる探偵工藤を合うような作品全体の雰囲気、これもこの作品の魅力。話もそれに合うように作られている。珍しくコミカルな演技が多く、ドンパチやる探偵ではない工藤に合わせて案外大掛かりな事件とかない。そのこじんまりした探偵を仕事としてこなしてるって感じがすごく良い。

私は滅多にこう言う事を評価しないが、ライターの炎の量が半端じゃなかったのも記憶に残っていてそういう細かいところも好きだった作品。私にとって松田優作と言う役者は探偵工藤のイメージが一番強い。

ルパンを意識してたらしく、工藤をイメージしたキャラとして私見だけどカウボーイビバップのスパイクのモデルじゃないかと、カウボーイビバップがルパンっぽいのは孫引きのせいかと。私の思い込みかもしれないけど。

最近見たら昔ほどは嵌れないので、その点最高ちょっと落としてとても良いで。ビバップ最高でこの作品落とすの辛いけど。当時はまっていた記憶がほとんど思い出せないので。

2009/01/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8455
【良い点】

松田優作にしては、この工藤は割とマトモな人間でしたね(あくまで氏の演じて来た役の中では、汗)

てか『銀魂』なんかも完全に本作がベースな感じですね。+幕末って感じです。

ストーリーなんかは結構面白いものが多かったと記憶してます。

【悪い点】

なんで、『スぺクトルマン』が出て来るんだ(汗)。

【総合評価】

成田三樹夫さんの「工藤ちゃん」は愉快でした。 「良い」

2007/06/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(46%) 普通:46(35%) 悪い:25(19%)] / プロバイダ: 14103 ホスト:14416 ブラウザ: 5234
クールでお洒落でそれでいて三枚目な探偵・工藤俊作が活躍するちょっとハードボイルド系な物語ですね。松田優作に興味があったので観てみましたが、なかなかスタイリッシュなドラマでした。

長身で締まった体を包むスマートなパンタロンスーツとか、前髪が燃えそうなくらいに火が出るライターとか、渋い白のバイクとか、どれも相当昔の時代のアイテムなのになんだかかっこいい。何より主人公の工藤俊作のシブさとコミカルの程よく混じった台詞回しがカッコかわいいというか何と言うか。
ストーリーとしては一話完結もので、軽めのハードボイルドといった感じでメッセージ性なんかは特に無いです。主人公と刑事の二人組、タレント志望の女の子等ちょっとダーティな登場人物たちとの不思議な関係とやり取りが楽しかったです。そういう意味ではまったり系の人間ドラマなのかな?中盤以降からかなりコミカルどころか脱力気味の話が多くなり、最終的には突然全部ぶち壊しの破壊的なラストを押し付けてきたような印象があるのは残念。

ストーリー的には心に残る話はあまりなく、お洒落な雰囲気を楽しむドラマといったところ。ハードボイルドというにはコミカル路線を入れているおかげでちょっと物足りない印象があるし。松田優作ファンなら十分楽しめると思うけど、ファンでなければどうなんだろう…?

2007/05/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:126(61%) 普通:9(4%) 悪い:73(35%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12732 ブラウザ: 2989(携帯)
好きですね工藤ちゃん!
いろいろハチャメチャなあたり大好きです。

シリアスかと思えばコミカル…うーん、形容しにくいなぁ

2006/08/03 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
特に松田優作さんのファンというわけでもないので、いまひとつ感情移入ができませんが、
良い作品ではあるかと思います。
ただ最終回がよく分からない、というか、ちょっと自信がないのですが、
マンガの 「 ドーベルマン刑事 」 みたいな終わり方だったような気がします。
どちらかというと、 「 俺たちの勲章 」 のような作品の方が好みですね ( 比較する意味はないのだが ) 。
しかし、主題歌を歌うSHOGUNは大好きだったりしますが……。

2006/03/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3373 ホスト:3436 ブラウザ: 5237
いいドラマは、テーマソングも素晴らしい(持論)という例にもれず、主題歌も素晴らしかったですね。
この当時に作られていたドラマってこの作品に限らず、シリアスさとコミカルさがメチャクチャに同居していたような気がします。
このドラマにおける松田優作さんも、二枚目だか三枚目だか良くわからない破天荒な主人公を演じていました。
まあそれが魅力タップリで私も大好きだったんですけど。
このドラマも当時から現在に至るまでよくパロディにされていますね。良くも悪くも印象的だったという事でしょう。
このドラマのお陰で、べスパの売り上げは相当伸びたんじゃないですかね?

2005/10/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:155(82%) 普通:9(5%) 悪い:26(14%)] / プロバイダ: 14132 ホスト:14085 ブラウザ: 5832
あっぽくさい話もあったけど、最高に楽しいドラマだった。
松田優作にとっても、工藤俊作はいちばんのはまり役だったと思う。
柴田純(ジーパン)でも、他の役でもなく、工藤俊作が。
レギュラー陣も豪華だったけど、ゲストとして良い俳優が次々と出演していた点でも素晴らしかった。

このドラマは学校でも話題の中心だった。
毎週毎週「指名手配_工藤俊作」や「殺人犯_工藤俊作逮捕」など、後に誤認逮捕となる記事を、よくも飽きずに新聞掲載されていたものだ。
新聞社もそこまでアホとはちがいやろ、と突っ込みを入れながら楽しんでいた。

服部さんと松本さんのコンビはいい味出していたし、たまに出てくる年増の弁護士マサコちゃんもタフでクールな女弁護士を好演していたし。
SHOGUNの主題歌(オープニング,エンディングとも)、黒づくめ、サングラス、帽子、ヴェスパ、どつかれてもニブイ反応、何もかもみな懐かしい。
そう言えば、後に松田優作の伴侶となる熊谷美由紀と、この作品で競演しているのですよね。

2005/03/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 19247 ホスト:19009 ブラウザ: 5623
「俺たちは天使だ!」と並んで当時の少年のバイブル的作品。特に本作は「あこがれ」にも似たものがあった
(「俺天」はそういう要素低いですから)。今でこそ一定の認知度があるが、一時期このタイトルを口にする
と「あぁ、薬師丸ひろ子のネ」などというリアクションが帰ってきて憤慨したものです。

二枚目半、いや三枚目と言っても良い工藤俊作のキャラクター付けの妙。当時の(今でも)日本では大きく遊
離したファッション・ライフスタイルに、日本人離れした体型の松田優作がぴったりフィット。あのちょっと
猫背で帽子を押さえながら歩く格好。同年代には、タバコが吸える歳になると(一部吸えない歳から)ライター
を最大火力にするやつがきまっていました。今と違ってほとんど見る機会がなかったベスパ(でもオンボロ)
もかっこよく、これまた同年代で免許とるとがんばってベスパ買うやつ(原付に比べればけっこう高い)は本
作が理由だったりしました。

コメディもシリアスもハートウォーミングな回もみなのめり込んで見ることが出来る。微妙に無国籍でリアル
じゃないのが、視聴者を敷居なく引き込むポイントになっています。故成田三樹夫氏、山西道広氏等も、ある
時は憎まれ役、またある時は泣かせ役、と厚みのあるキャラクターとして脇をがっちり固めてます。

「太陽にほえろ!」や「蘇る金狼」のあぶらぎったこの頃の松田優作氏、かなりわがままな方だったようです
が、その我の強さが各作品を押しの強い物にしたんでしょう。

スリント人さんが触れてらっしゃる、SHOGUNの歌うOP、EDは「俺天」と並ぶ名タイトル。サントラ
にはTVサイズしか収録されてないので、CD選書のSHOGUNのアルバムをお勧めします!(いい時代に
なったものだ. . .)。

時代をこえて、老若男女だれでも、いつまでも楽しめる作品です。

2005/03/07 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(29%) 普通:0(0%) 悪い:10(71%)] / プロバイダ: 26073 ホスト:25974 ブラウザ: 3875
松田優作って格好良いですか?カリームアブドゥルジャバーを意識したヘアスタイルは滑稽ですけど演技が安っぽいんですよね。古尾谷雅人さんのほうが私は好みですね。

2004/10/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19898 ホスト:19895 ブラウザ: 3646
このドラマの再放送を視聴しましたが、やはり松田優作さんはカッコいいですね〜。
彼が、このドラマで演じた工藤俊作はカッコ良さとカッコ悪さが混在した不思議な魅力のある私立探偵ですが、
松田優作さんの演技力は、改めて凄いと実感させられました !
工藤俊介は、あの帽子姿も特徴的ですが、愛車の白いヴェスパがとても印象的です。
見たところ、あの白いヴェスパは2人乗り用のようですが、排気量は125ccクラスでしょうか ?
工藤俊介がその白いヴェスパを乗り回していると、バランスを崩してその白いヴェスパを横転させてしまい、
それを白いヴェスパのせいにして八つ当たりする工藤俊介であったが、そこで自分が因縁を付けられていると
勘違いしたガラの悪い中年男に絡まれて工藤俊介が難儀していたのが、ちょっとおかしかったです。
何となくこのドラマは、ガラの悪い人間が多数登場しますね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
殺人現場にいた工藤俊介を連行して警察署内で取り調べていた刑事達も、凄くガラ悪かったです。
あんな横暴な刑事が実際にいたら迷惑ですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ストーリーも単純ではなく、奥が深いのが又、気に入りました。
被害者の身内だと思われていた未亡人が、実は殺人犯だったとか、そういうストーリー展開は意外性がありました。
工藤俊介のセリフも、なかなかしぶくて趣があります。
殺人を金融業者の後妻に依頼されて実行して、遂に警察に捕まった男に向かって工藤俊介が最後に、
その捕まった男が以前、工藤俊介のヴェスパを直してくれた事に対して礼を述べていたのも意外でしたが、
それも工藤俊介という私立探偵の魅力的な人柄の一面だと感じました。
工藤俊介という人物は、やはり普通の人間とは少し感覚が違いますね・・・・・・・・・・・・・・・・独特な性格の持ち主です。
犯行がバレた後妻が色仕掛けで工藤俊介に迫っていたのも、何だか滑稽でした。
勿論、工藤俊介は相手にしていなかったですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・彼にとって、自由こそが生き甲斐なのか。
刑事ドラマとはちょっと違った、非常に魅力のあるドラマだと思います。

2004/09/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(81%) 普通:9(5%) 悪い:25(14%)] / プロバイダ: 21444 ホスト:21323 ブラウザ: 3875
再放送で見てたんですが、とっても面白いドラマでした。
二枚目だけど、三枚目を演じやすい工藤探偵。喋り方とかも特徴的でした。
この人、誤認逮捕で一体何回警察に捕まったんだろう…。
ドラマ中にも、差し出された逮捕状に対し、
「今まで何回その紙を俺に使ったよ?警察は税金の無駄遣いするよなぁ」って台詞があった。(^^;
松田優作さんの演じる工藤探偵も個性的(時に格好)でしたが、
サブキャラの面々もおかしな人だらけだったように覚えてます。
チンピラ刑事や、妙なノリの女の子二人。全体的にはシリアスですが、コメディ要素も強かったです。
最終回、あの後工藤探偵はどうなったのか?…が気になります。

もっと読む

「とてもセンスの良い作品だと思います。それも、松田優作がかっこよかったから!お亡くなりになって2〜30年程...」 by スリント人


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/05/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11269 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/びっくり/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 渡辺典子「花の色」 by ウクレレ
... たドラマ『探偵物語』の主題歌だった曲です。映画の『少年ケニヤ』主題歌とのc/wでした。 『晴れ、ときどき殺人』『いつか誰かが殺される』『結婚案内ミステリー』でもそうだったんですが、 主演映画・ドラマの主題歌歌うっていう、アイドルっぽいことはやってたんですよねぇ。 しかし歌い方が…… 薬師丸さんも知世さんもこんな感じだったよな ...
記事日時:2018/09/30 [表示省略記事有(読む)]
2. 続編を熱望しているゲーム by ルミナ
... 続編のアナウンスがありながら2018年現在音沙汰無し。 1998年にセガサターンで発売された推理アドベンチャーゲーム。 父親の死の謎を追い、探偵になった黒須剣が事件を解決していくという ストーリー。 シナリオの出来の良さもさることながら、キャラクター同士の 会話掛け合いが楽しい作品であり、 主人公は草尾毅さん、ヒロインは横山智佐さん、 他にも井上和彦さんや川澄綾子 ...
記事日時:2018/02/19
3. 【日記】〜 日本史上最高のアイドル(女性編) 〜 by たらこ
... 人なら何とかw 顔だけ(あるいは名前だけ)なら知ってるという人は、さすがにもっといますが。 「篠田麻里子って美人よね〜(私)」 「えええっっ?!(他)」 そこまで否定せんでも・・・・。 「先生! 薬師丸ひろこはアイドルですか!?」 「考えさせてください・・・・」 どうせなら紅白では探偵物語を歌って欲しかっ ...
記事日時:2015/05/07
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: 文学:探偵物語(小鷹信光版)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ