[ドラマ]僕のいた時間


ぼくのいたじかん / Boku no ita jikan
  • 考えさせられた
  • 涙流した
  • 悲しい
  • 友情
  • 勉強になった
  • 感動
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数164位2,579作品中総合点13 / 偏差値57.62
2014年ドラマ総合点1位106作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.67(最高)3
映像2.67(最高)3
声優・俳優2.67(最高)3
音楽2.33(とても良い)3
ストーリー2.33(とても良い)3
考えさせられた100%3人/3人中
涙流した67%2人/3人中
悲しい67%2人/3人中
友情67%2人/3人中
勉強になった67%2人/3人中
もっと見る
属性投票する
■スタッフ■

脚本:橋部敦子
プロデュース:橋本芙美 江森浩子 元村次宏

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2014/01/08(水) 22:00-22:54 フジテレビ / 終了日:2014/03/19
公式サイト
1. http://www.fujitv.co.jp/bokunoitajikan/
4,27355
最近の閲覧数
1200003011
1人の方がこの作品がドラマとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/23 / 最終変更者:永田 / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
三浦さんの演技に感動しました。主人公は、いつも、前向きで、恋人や友人、家族のつながり、支えが、非常に良かったです。

【悪い点】
特別には、無し

【総合評価】

すごく良かったです。

2016/09/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(84%) 普通:0(0%) 悪い:3(16%)] / プロバイダ: 4650 ホスト:4682 ブラウザ: 9081
【良い点】
死を待つ身で、ありながら、前向きに生きる姿に泣けました。同じ病気の方に力を与えられたと思います。

【悪い点】
特にないです。

【総合評価】

俳優さん達の演技もよく、脇役の方には、心をなごまされ、良質な作品
でした。

2014/09/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3564(33%) 普通:3766(35%) 悪い:3452(32%)] / プロバイダ: 7014 ホスト:6965 ブラウザ: 7458
まず印象的だったのは序盤の就職活動を中心とした描写でしたね。

アベノミクスによる好景気とかあまり感じさせられない(?)主人公&ヒロインの
苦戦っぷり等共感を得るための「掴み」としては十分すぎましたけど、特に
目の前で履歴書破り捨てた面接官が酷かったですよね。「あなたそんなたかが数十分
の面接でその人の人となり分かる程、人見る目がある有能な人なの?」と言うか、これなら
まだエントリーシートとかではねられた方が全然マシでしたよね・・・・・・・・

友達とか次々と就職が決まっていった中、苦戦は続くも、彼の中にいた神様はそんな彼を
見捨てなかったのでしょう。何とか就職浪人になるのは避けられたし、ヒロインの方も
アルバイトを前向きに、地道に頑張ってましたけど、それだけに彼を襲ったALSは
「残酷な『運命の悪戯』」でした。このドラマはまた、主人公役の三浦春馬氏ご本人
が提案されたようですが、それだけに、この自らに課せられた「過酷なる運命」を
前に時に絶望の嘆きを叫ぶ事もあり、次第に身体が言う事を聞かなくなっていった様
もリアリティがあった等・・・・・・・前々から彼は良い俳優さんだと認識して
疑わなかったけど、凄い真に迫っていてベテラン顔負けだったかもでしたよね。

まあ前述の面接官はともかくとして、その他面々も息子を自分の敷いたレースの上を
歩かせたがっていた(勿論それも、彼なりの親心だったのだけど)親父や、実際の
年齢さを感じさせないほどの、斎藤工氏の演技も若々しく、助演男優賞ものだったの
では?でしたが、大学院生でもあった向井先輩や主人公との葛藤も良く描かれていた
弟等です。最終的にはいずれも彼を温かく見守ってくれて、変に嫌な奴もおらず、
いずれ死は避けられなくともヒロインとの「愛の絆」等救いも示されていて、脚本が
安易なお涙頂戴に走らなかったのが何よりも特筆されるべきだったでしょう。

平均視聴率は辛うじて近年としては合格点レベルだったらしいけど、そうした病気をも
乗り越えた「愛の絆」等もし自分も人生が残り少ないとわかったらどのように時を
過ごせばいいのか等一考の余地を持たせてくれました。春馬氏にはこれからも名優
としてもっともっと多くの人達を感動させて欲しいとも改めて思ったけど、評価は
「とても良い」で。

2014/05/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(79%) 普通:5(7%) 悪い:9(13%)] / プロバイダ: 12966 ホスト:12880 ブラウザ: 10202
【良い点】
全体的に堅実な作り方で安心感があった
君に届けコンビの演技が素晴らしかったし、他にも、弟や拓也の親友の演技も良かった
病気のことについても下調べがしっかりされていた
主題歌が良かった
【悪い点】
後半、特に最終回は展開がやや強引だった
最初は恋愛に重点を置き過ぎ
【総合評価】
安心して毎週観れる良ドラマだった

2014/03/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(66%) 普通:15(15%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 44293 ホスト:44112 ブラウザ: 10101
主演の三浦春馬さんの演技が素晴らしく感動する作品です。
病気の辛さはもちろん描かれているのですが、それ以上に三浦春馬さん演じる拓人を取り巻く日常を多く描いていて、最初の内は「この人の話いらなくない?」と思う事もありましたが、拓人を見て変わっていく人の姿はこのドラマでは重要なテーマだったのだと最終回でわかりました。
僕は仕事上、障害のある方と関わる事があるので伝える事が出来ないもどかしさなどは少しは分かるつもりです。ただどうしても自分がその状態になった時の事を思うと、安易に死を意識してしまいます。
だからこのドラマで言っていた「生きる覚悟」という言葉はグサッときました。障害のある方にも僕にも生きて、何か人に与えられる事はいくらでもあり、これまで過ごしてきた時間を糧に生きていくというのは、死を選ぶ事よりよっぽど勇気がいるけど、大切な事だと学びました。

この評価板に投稿する



2016/12/01 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/悲しい/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 君と国境 by asuka
... 夢話、夢に見ということを忘れて話、自分苦しさに形を与えようとして考え物語、 わたし、夢であり、忘れられ記憶であり、刻向こう物語であるものを、 初対面ある女性が、ある時、わたしにし話、 ある、むかし話、ある物語、ある夢、時間彼方に忘れられある記憶物語。 ・ 彼 ...
記事日時:2009/06/10
2. 久々にSS2話アップ!シリアスSS大切なもの「存在する温かさ」 by 斐川 竜斗
... 。 ロゼはと言うとそんなクリスを見てニコニコと笑っている。 時々「どうし?」と言う表情をしている事もあるがそれが彼女らしい。 輪郭、髪つや、目色等がクリス技術によって次々と描かれている。 そして数分後。 「よし!出来ぞ!ほら、ロゼにやるよ」 そこに描かれてはロゼだっ ...
記事日時:2006/01/25

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ