[ドラマ]はだしのゲン


Bare Foot GEN
  • 怖い
  • 感動
RSS
注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: アニメ:はだしのゲン / 漫画:はだしのゲン / 文学:はだしのゲン / 日本映画:はだしのゲン
ドラマ総合点=平均点x評価数82位2,439作品中総合点24 / 偏差値64.85
ドラマ平均点5位293作品中平均点2.40=とても良い/10評価
2007年ドラマ総合点4位95作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)2
声優・俳優3.00(最高)2
音楽2.50(最高)2
ストーリー2.50(最高)2
映像2.00(とても良い)2
怖い100%2人/2人中
感動100%2人/2人中
勇気貰った50%1人/2人中
悲しい50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
スタッフ

原作:中沢啓治
脚本:君塚良一
日本 開始日:2007/08/10(金) / 終了日:2007/08/11
公式サイト
1. http://wwwz.fujitv.co.jp/gen/index.html
23,2191210
最近の閲覧数
3266113141
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2007/08/10 / 最終変更者:宇宙刑事ジャンギャバン / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/12/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(43%) 普通:15(19%) 悪い:29(38%)] / プロバイダ: 20888 ホスト:20783 ブラウザ: 5978
多くの方が小学生の頃に図書室で読まれたであろう『はだしのゲン』の実写版です。
私ももちろんこの作品の原作となるマンガの『はだしのゲン』も全巻拝読済みです。

実写化の話を聞いた時はこける可能性の方が高いかな? とも思いましたが、
前編から後編まで視聴し終えて最初に感じたことは、実写化してくれて良かったということです。
パッと見は原作と全くイメージの合っていない役者もいたんですが、演技の面でしっかりカバーされていました。

元の父親である大吉役の中井貴一はビジュアル的には今回のメンバーの中で一番合わないと思っていたんですが、
ドラマが始まるとそういった感情は一切無くなり、中井版大吉に見事に引き込まれてしまいました。

また、ビジュアル的にもイメージ通りだった君江役の石田ゆり子の演技も流石でしたね。
よき母でありよき妻であり、そして最後まで強い女性であった君江の魅力を100%引き出せていたと思います。

そして何よりいい意味で予想を裏切ってくれたことといえば、元役の小林廉の演技ではないでしょうか。
この作品はやはり主人公の元が逆境の中でも大吉の言葉を胸に、真っ直ぐ伸びる麦のように強く生きる姿にあると思います。
それをあの年でここまで表現できるというのは本当に凄いと思います……彼は将来が楽しみな子役ですね。

脇を固める登場人物としても、朴さんや政二さん、清子などの中岡家といい関係を築く人たちはもちろん、
あの時代の中でも断固として戦争を認めなかった大吉たち中岡家を非国民として迫害する登場人物たちも原作の雰囲気のまま描かれていました。

その中では政二役の成宮寛貴や清子役のりょうはこのドラマの時代に似合うとは思わなかったんですが、
他の役者の方と同じく自分なりの政二や清子を演じられていたと思います。
役者の方はメインからサブまでみなさん熱演されていたかと。

内容的にも原作を上手く4時間という限られた枠の中でまとめていたと思います。

あの時代の中で黒いものを黒いと言うことができた大吉は本当に強い人間ですよね。
普通の人間では疑問を持つことさえない状況で声高におかしいと叫ぶ大吉の姿には胸が熱くなりました。
厳しくも優しいいい父親でした……彼がいたからこそ元たちはあんなに強く真っ直ぐ育ったんでしょうね。
前編では浩二を見送るシーンを始めとした大吉の名シーンが数多く存在しています。

後編は大吉たちと死別した元や君江たちが懸命に生きていくシーンが秀逸でした。

冒頭の原爆投下後の広島の風景は本当に地獄でしたね……小学校の頃、一度だけ原爆ドームに行ったことがあるんですが、
こうして当時の映像を再現して見せられるとやはりそうしたものや原作の絵より遥かにこわさが伝わってきますね……。
この世の地獄といいますか、役者の方の演技も相まって画面を正視することができないシーンも多々ありました。
放射能の黒い雨などもそうですが、本当に原爆のおそろしさというものが見ていて伝わってきました。

つい先程まで自分と一緒に元気に歌を歌っていた兵隊さんが倒れ、自分も同じく髪が抜け落ちた時の元は本当にこわかったと思います。
それでもすぐに元気を取り戻し、君江と友子のために食料を捜し歩く辺りが元の強さなんでしょうが。

場合によっては物語全体が暗く暗くなってしまいそうなこの作品に希望を見出せるのは、やはり元をはじめとした登場人物たちの強く生きる姿にあると思います。

後編では絵描きの命である両手をダメにして、家族からも酷い扱いを受けたことによって自暴自棄になっていた政二さんに対する元の言葉が印象に残っています。
あそこで政二さんのことを本気で叱ることができるのが元の美点であり、そしてその行動が固く閉ざされていた政二さんの心を開かせたんだと思います。

後は浩二たちを元気付けるためにあえて遺骨を乱暴に扱った君江のシーンですね。
その後の麦が芽を出していることを元たちが発見するシーンまでの流れも合わせて中岡家の絆が非常に上手く表現されていました。

全体的にやや原作より抑えられた描写が多かったとはいえ、実写化するにあたってはこれで正解だと思います。

私たちの世代はどうしても戦争に対する認識が他人事のようになってしまっている気がするので、
こういった作品を放送するのは意味のあることだと感じました……視聴していて非常に考えさせられることが多い作品ですからね。
今回こうして実写版に触れたことで、原作を読んだ時に感じた気持ちを思い出すこともできました。

評価は「とても良い」に限りなく近い「良い」ですね。

仮にこのクオリティで1クールドラマとして描かれていれば100%「とても良い」以上になったと思います。
機会があるなら今回描かれなかった原作のストーリーも実写化して欲しいと素直に思える作品でした。

2007/11/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(50%) 普通:0(0%) 悪い:113(50%)] / プロバイダ: 1777 ホスト:1559 ブラウザ: 5234
非常に出来の良いドラマだと思います。
元より戦争の悲劇を忠実に描き表した『漫画』という形の原作を、
短縮こそしたものの、ほぼ脚色を加えることなく残酷な面などを隠さず、
優れた役者を使って忠実に実写化することによって、よりリアリティを与えており、
戦争がいかに悲惨なものか、視聴者が痛感できる作品になっています。
外見こそ多少原作と異なる人物こそいるものの、演技そのものが素晴らしい為、
そんなことは全く気になりませんでした。

原作に泥を塗ることもなく、寧ろ原作以上のものでした。
テーマ性もしっかりしており、尚且つ消化出来ていたので文句無し。
評価は「最高!」で。

2007/10/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19923 ホスト:20074 ブラウザ: 3162
実写ドラマの中でも最高峰の作品と言えるでしょう。出演者の方が誰一人として色をつけていない。原作に怖いくらい忠実でした。
それでいても、役者さんの個性が存分に発揮できていました。

一日目のほうがすごく印象に残っています。君江役の石田ゆり子さん 大吉役の中井貴一さん 元役の小林くんと一生懸命さと演技のうまさがびんびん伝わりました。

演出面では合成が目立ったものの寸分の狂いがなかった。完璧です。夏にこのドラマをやった事は大正解だと思います。
※諸事情により再投稿

2007/09/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(65%) 普通:3(9%) 悪い:9(26%)] / プロバイダ: 28954 ホスト:28906 ブラウザ: 6287
すごいすごい。皆さんは演技がうまいですな。その当時の事を
目に浮かばせてくれます。やはり、戦争はやってはいけないものです。
憲法改正などして欲しくないものです。それはさておき、
最初の方はいじめられまくってたけど、やはり後から
広島の住人は戦争はいけないものだと気づいたんでしょうかね?
竜太としんごがそっくりだって言うことが驚きましたね。
現実でそういうことが起こるとは・・・・。原作と違ってグロテクス
ではないところがホッとしました。居候した時の、子供二人は
ひどい奴らでしたね。しかも改心もしてなかったし・・・。
撮影の合間などに誤ってほしいものです(笑)
評価はもちろん最高級の最高で。

2007/09/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:156(71%) 普通:13(6%) 悪い:50(23%)] / プロバイダ: 6366 ホスト:6274 ブラウザ: 4184
この間実写版がやってましたね。正直最初は「どうせコケるんだろ?ケッ!」という感じで考えていましたが、それは杞憂でした。凄く面白かったし、中身のあるドラマでした!

何よりキャストが素晴らしい!主人公の元、進二(隆太)、英子といった子役から、大吉、君江、朴さん、政二さんの様な大人役に至るまで全ての登場人物がピッタリでした。ただ、大吉役の中井さんは見た目が最初イメージと大分違うと思いました。しかしドラマでの彼の熱い台詞の数々や古き良き日本の父親の姿は間違いなく大吉でした。今まで『ミキプルーンの人』としか見てなかった私をお許し下さい・・・(苦笑)

話全体としては、ほぼ原作に忠実で余計な描写は一切ありませんでした。(流石に『ギギギ・・・』は再現されなかったけど)また『原爆』という重いテーマなのもあって原作よりも原爆投下後の広島の地獄の様な光景が再現されてたと思います。実写版の利点ですね。(CGだろうけど)

評価は久しぶりに「最高」にします。好き嫌いを抜きにしても多くの人に観て貰いたい作品という物がこの世にはありますが、このドラマもその中の一つでしょう。願わくばコレ以降の内容の物も何クールかに分けて放映して欲しいですね・・・。

2007/08/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2029(50%) 普通:785(19%) 悪い:1252(31%)] / プロバイダ: 11390 ホスト:11670 ブラウザ: 5234
原作ほどの凄さはなかったのですが、戦争への理不尽な怒りと愚かさがよく出ていたことと、原爆投下後の苦闘というシーンはそこそこ描かれていました。とはいえ、髪が抜け落ちるカットはオーバーではあるので、これでは『はだしのゲン』ではなく、『ハゲしのゲン』と呼ばれそうな感じもしてしまいます。そして、戦中、戦後の時勢を描くにしても、演技者がちょっとオーバーすぎた部分があったと思います。

両腕が使えなくなった元絵描きが自暴自棄になりかけていた時、ゲンが平手打ちと檄を飛ばすというシーンはざーとらしい部分はあるのですが、ここは、演技者の力量が上手く活かせた良点だと思います。もっとも、手が使えないで、あんな絵を完成させてしまうのは無理ありすぎで、感動が薄らいでしまうと思うのですが、そこはまあ、ドラマだからという事にしています。

一発の爆弾で、家族を、生活を、体を、夢を、希望を奪われる惨たらしさはよく出ていました。長崎舞台の原爆作品でも、そういった部分がありました。ただ、長崎の場合は、もっと核の恐怖と脅威、そして、戦争を起こした日米双方へのやるせない怒りの部分を描いているのであれば、長崎の『アンゼラスの鐘』の方に軍配が上がると思います。

その為に、本作は原爆の恐怖よりも、その惨劇から立ち上がり、生きていくという人間賛歌的な作品になりすぎてしまった感じもします。反戦、反核のテーマは勿論本作にもありますが、長崎舞台の作品では、そういった人間賛歌のような部分はあまり無かったと思います。原爆を受けても立ち上がっていく人間愛という部分はどちらも共通していました。

勿論、人間賛歌の部分が悪いとは言いません。しかし、核への恐怖と怒りと、今の世界が置かれている状況への考察という部分では、そういった長崎テーマの作品の方が色濃く出ている感があります。
また、インパクトでは原作に負けなかった部分もありますが、それでも原作ほどの凄さを出す部分はさすがに出来ないのかとも思います。

原作やアニメ版ではとかく劇薬効果が強いという部分もあるので仕方がないのでしょうけれど、それでも実写となると、視覚効果が抑えめになるのも止む無しというのは、これまた賛否が分かれそうです。

感動が悪いとは思いません。しかし、本作は反戦と反核がテーマの作品であることは確かなので、そういった部分をもっと前面に出すべきだったと思います(まあ、フジには、そういう部分が望めないだろうけれど)。そういう部分を考えると、もっと凄く創ることが出来たのかも知れませんが、やはり万人向けになってしまったイメージがあります。

それでも本作はもっとも万人向けに創ることが出来たと思うし、そういう部分は充分に評価できます。

2007/08/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(61%) 普通:1(3%) 悪い:11(35%)] / プロバイダ: 33413 ホスト:33433 ブラウザ: 2977(携帯)
初め、実写版のことを聞いたときはアニメの方がいいのでは…と思っていたんです。
けど、ドラマでここまで原爆投下後の広島を再現するとは思っていませんでした。黒こげになった死体や、皮を垂らしながら歩く人々…
まさに地獄絵図。焼けただれて歩く人たちは、生きている人たちとは思えませんでした。
酷いと思いました…
中岡家の人たちの、家族を思う気持ち、どんな逆境でも明るく笑うその姿に、何度も目頭が熱くなり、涙させられました。
とくに、浩二が汽車に乗って軍に行くその姿を、大吉が見送るシーン。あれは名シーンでした。

大吉は昔のよき父親像をそのまま反映したような人でした。厳格があって厳しくて怖くて頑固。けれど、妻や子どもを想う心は誰よりも強い。そして、情に熱い人。

素晴らしいの一言です…

2007/08/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(55%) 普通:16(16%) 悪い:30(29%)] / プロバイダ: 6116 ホスト:6134 ブラウザ: 6306
後編視聴したので評価したいと思います。ホント原作を思い出させてくれる良いドラマでした。
特に子役の演技は良かった、進次と隆太の使い分けは素晴らしい演技でしたね
ゲンコツの音とか顔の表情も原作っぽくって良かった
政二は演技は申し分ないんですが、イメージと違ったかな?(たしかもっとゴツイ感じだったはず)
全体的に良い感じに終わってるので「はだしのゲン」に興味を持った人はぜひ原作を見てもらいたいです。
やっぱり地上波ではこれが限界なんでしょうかね…原作ほど原爆の酷さを伝えきれていなかった様に思えました。

評価は『良い』で

2007/08/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17890 ブラウザ: 4709(携帯)
昔に見た漫画がそのまま、実写になってて、とても良かったと思います。やっぱり、戦争を知らない世代の人は、この作品を一度は見て考えるべきだと、思います。

2007/08/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34019 ブラウザ: 4743(携帯)
むっちゃよかったです!夏休み期間中もあり小さい子が多く見てるだろうしわかりやすく編集されてたと思います
キャストが原作の雰囲気をしっかりとらえてて時代に流されない大吉の生き方に尊敬しました。戦時中の悲惨さをもっともっと後世に伝えるべきなかで大きな影響力をもっていると思う。
中井貴一最高でした!

2007/08/10 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(55%) 普通:16(16%) 悪い:30(29%)] / プロバイダ: 6116 ホスト:6134 ブラウザ: 6306
はだしのゲンは小学校以来だったので非常に懐かしく見させてもらいましたが、かなり良かった

原爆を落とされてからのグロ描写は原作のほうが衝撃的だったものの、そー言えばこんなシーンあったなぁとか思い出せてくれるものもあったのでかなり楽しめました。
ただ、できれば8月6日以前に放送してほしかったですね。

しかし、ゲンに暴力はいけないと言う映像を見せておいてその後平然と教師を殴る大吉
はどうなんだろうか…あそこは啖呵きるだけで良かったと思います。そこら辺はちょっと引っかかりました

2007/08/10 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 20751 ホスト:20865 ブラウザ: 5234
コメントいたします。まだ完結していないので。正式評価は
後日で。

感想ですが、完成度はまあまあでした。
しかし、君江役に石田ゆり子さんを抜擢したのは正解でした。
原作通り、芯の強い女性を演じておられたし、君江さんそっくりでした。
英子ちゃんも雰囲気掴めていました。

大吉は微妙。元は原作に遠く及ばないものの一生懸命さが
伝わり感動しました。

一番驚いたのは原作にかなり忠実でした。余計な色がついていない。
演じておられるみなさんの必死さが伝わりました。

後半からは合成が目立つものの、やっぱり戦争は悲惨だなと
思えましたし、石田ゆり子さんの悲痛の叫びも胸に響きました。

完成度はまあまあでしたが良かったと思います。
コメントなので以上で。

この評価板に投稿する



2019/04/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20943 ホスト:21143 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/怖い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 2018年ジャンプ32号感想(刃皇裁判終わり!閉廷!号) by エスパー
... 、共感もできるしネタキャラとしても愛せる。 実に良い悪役だなあ。現時点では上弦中では一番好きだよ。 つーか側近人がやられても全然気に留めず刀研ぐやめない鋼鐵塚さんひでーな。 が、素顔が明らかになればガチで真剣さがが伝わってきたし、一気に印象変わりましたね…。 なんか、はだしゲンに出てき ...
記事日時:2018/07/09 [表示省略記事有(読む)]
video video
2. 作品::はだしゲン最終章と個人的に考えた結末 by 無限堂
... その後を生き延びる人々を描いた異色作はだしゲン。第二部最終回で仲間ムスビを死に追いやった極道をゲン弟分・雄太が殺害してしまい、警察に自首しようとしたらゲンは説得し、東京へ向かう配達便トラックで広島を後にするラストで終わりました。 【偶然知った幻最終章】 私が第三部最終章・東京編存在を知ったは2013 ...
記事日時:2018/04/09
3. かすがっち by オルタフォース
... ものは、ABC・東映アニメーション制作したアニメが好きというものが多い。 そんな彼らも、とある漫画を目にしたものは数知れないだろう。 今宵紹介するは、ニチアサ作品をネタにする どれみっちの穴について語らせてもらう。 http://www.geocities.jp/kasuga399/ 当サイト管理人・カスガ氏は、「はだしゲン」や「火垂る ...
記事日時:2016/09/16
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはドラマ版。その他メディアのページ: アニメ:はだしのゲン / 漫画:はだしのゲン / 文学:はだしのゲン / 日本映画:はだしのゲン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ