[ドラマ]あすなろ三三七拍子


あすなろさんさんななびょうし / Asunaro sansannanabyoshi
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,175位2,496作品中総合点1 / 偏差値49.14
2014年ドラマ総合点28位104作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
映像-1.00(悪い)1
声優・俳優-1.00(悪い)1
ストーリー-1.00(悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
【スタッフ】

原作:重松清「あすなろ三三七拍子」(講談社文庫)
脚本:吉田紀子 ふじきみつ彦

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2014/07/15(火) 21:00-21:54 フジテレビ / 終了日:2014/09/09
1,58922
最近の閲覧数
1010100010
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/07 / 最終変更者:永田 / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/10/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3324(33%) 普通:3510(35%) 悪い:3272(32%)] / プロバイダ: 14043 ホスト:13846 ブラウザ: 7454
口コミ等では評価が高かったこのドラマでしたが、まあ思っていたよりは見れたかなあ
でした。

エール物産の社長で、第15代応援団団長でもあった荒川の、「応援団は頑張っている人に
さらに頑張れとハッパをかけているのだから、そういう人達以上に汗をかかなければ
いけないんだ」(というような弁)や、典型的な体育会系でもあったけど、第38代同団長
だった斎藤の「部下の不祥事(詳細は後述)の責任は自分の責任」(というような弁)等
の「名言」には熱いものがあったと言うか、応援に対する経緯やこだわりとかは伝わり
はしました。

彼なりに生活費など一生懸命だった、主人公の娘の恋人だった保阪や、父の方が病に
倒れていた野口親子に焦点が置かれていた話等もそういう「熱さ」を裏打ちするような
話で、特に後者は安易なお涙頂戴にはなっていなかったという意味でも好印象でした。
しかしですね。森田という、顧問だった原先生とライバルだった男が登場した話です。
確かにこの話も、山下役・ほんこん氏かっけー!!で、斎藤を小突いたあの若い兄ちゃん
は「良い面の皮」でした、彼はともかく、森田と原の喧嘩は中途半端にギャグも織り交ぜ
ていた感じで笑えたりはしなかったし、特に前者は責任を斎藤に押し付けたのも、それでも文化人先生ヅラできるのだから、「大した御身分」でしたよね。(苦笑)

そしてヒロインもです。最初は応援団の活動自体否定的だったというのも、その後
どうなったかは予想通りで取ってつけたような設定でしたが、剛力彩芽氏ではもう1つ
鋭さとか伝わらないと言うか、氏の役者としての能力自体を全否定するわけではない
ですが、役柄とはちょっと噛み合ってない感じを受けました。吹奏楽部部長だった
園田も、特に前半はやや鼻についた兄ちゃんだったし、終盤の不祥事もごじゃっぺだった
兄ちゃん達に自分達の非を認めさせたのはカタルシスはありましたが、所詮はギバちゃん
が学ラン姿になる!!な話題先行だったのも否めなかったのではと。低視聴率に沈むほど
酷いドラマだったとも思えませんでしたが・・・・・・・・まあ評価は「普通」寄りの
「悪い」で。

2014/09/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2260(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1134(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
出だしの印象の悪さが視聴率に影響したのが残念な作品。

リストラ寸前のサラリーマン藤巻大介が会社の上司である齊藤裕一の命令で
彼の母校である、あすなろ大学応援団の立て直しを命じられるというマンガのような話。
(余談だが大介の部屋には「ドカベン」「三国志」「B.B」が全巻揃っているらしい)

当初は押しつけがましい体育会系とそれに対する軽薄で冷ややかな若者の双方に好感が持てませんでしたが、
年長者と若者、親と子、先輩と後輩、上司と部下、夫と妻といった関係が
それぞれの立場や主張を欠点や問題点も交えながらバランス良く描写されていて引き込まれました。
学校や職場、家庭などにおいて互いに真剣に向き合えなくなっている現代社会にカツを入れてくれているよう。

藤巻がヤンキーに絡まれた事に大学が過剰反応して処分を下した最終回。
理不尽な現実に耐える事に慣れ過ぎてしまった藤巻や斉藤に対して
成長した若者たちが「理不尽に立ち向かわなくてどうするんですか!」と意見する件は目から鱗。
人は良くも悪くも影響しあう。年長者が年少者から学ぶこともある。
松下は 剛力の演じたキャラで一番、好感度が高くなりました。
大河に出演しても精彩を欠いていた感の反町も輝いています。

残念なのは視聴率が原因で二話削られてしまい、
当初は弱小っぽかった野球部のレベルアップや斉藤と山下の別れがかなり唐突だった事。
しかし今夏のドラマの中では特にパワーを感じた作品。「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2014/10/12 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14043 ホスト:13846 ブラウザ: 7454 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優悪い(-1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ