[ドラマ]3番テーブルの客


さんばんてーぶるのきゃく / 3ban table no kyaku
RSS
ドラマ総合点=平均点x評価数1,016位2,662作品中総合点2 / 偏差値49.94
1996年ドラマ総合点24位43作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
映像2.00(とても良い)1
音楽2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
悲しい100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
放送:フジテレビその他
脚本:三谷幸喜
企画:石原隆 小川秦
プロデュース:小岩井宏悦
日本 開始日:1996/10/21(月) / 終了日:1997/03/31
5,99511
最近の閲覧数
1002111000
この作品をドラマとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/06/28 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: TCC / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/04/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 28377 ホスト:28138 ブラウザ: 4487
フジテレビの深夜枠にて放送されていた30分ドラマで、脚本は当時は飛ぶ鳥を落とす勢いを持っていた三谷幸喜。

高名なる演劇をやる劇場の向いにあるレストランでウェイターの仕事をしている男がいる。その男は昔、ショービジネスの世界を目指していた。その男には妻がいた。しかし別れ、ショービジネスの世界も諦めていた。そんな時、彼の働く店に別れた妻がやってきた。男は見栄もあり、劇場で主演を張っていると嘘をつく。ウェイターの仕事をこなしながらも。だがその妻こそが演劇の主演女優その人であった。しかし彼女は夫の嘘を共演している主演の俳優と一緒に調子を合わせることによって夫の事を守っていた…。

大筋ではこういう話である。この脚本を高名なる演出家達がキャスティングから舞台設定などで個性を発揮させていくという"企画"でもある。そう、このドラマ―というよりは番組とでも言うべきなのだろうか―は"脚本"と"演出"というものの違いというものを見事に表している。一つの脚本があっても、演出家の手によっては違ったものになるという見本なのである。細かい台詞の差異は勿論、舞台であるレストランがどんな感じになっているのか、また主人公がウェイターで無くサラリーマンだったりとか、さらにはこのドラマを作る際のトラブルになってしまったという感じの話になったりなど、演出家によって様々違ったものになっていた。そんな中、主人公の別れた妻と共演している俳優を演じているのが殆どの作品で岡田眞澄という存在感のある役者だという辺りで、この作品に統一感を与えていたりするのである(異なるものもあるのだが)。

三谷幸喜の脚本だけを言えば、かなり切ない"大人の嘘"を描いた悲喜劇みたいな感じである。不遇な主人公がかつては愛し合った別れた妻を前に精一杯見栄を張ろうと嘘をつく。しかしその嘘は最初からばれているという往生際の悪さだったが、妻だった彼女は夫を守ろうと調子を合わせている。ユーモアあふれる台詞もあるが、基本的にはキツく切ない話だったりする。そういえば三谷作品には"嘘をつく人"というのが結構多い。【古畑任三郎】なんかでは犯人が古畑に対して嘘をついたりするし古畑が逮捕せんとする犯人に接するときも嘘がいくらか混じっているのは想像できる。【王様のレストラン】では小野武彦演じるメートルの梶原が別れた妻子に対して見栄を張る話があった。そして【あい言葉は勇気】では主人公は売れない役者だったのを弁護士と称している。そして彼らに対しての現実は決まってシビアできついものがあった。そういう意味では三谷作品らしいという感じがする。

そんなドラマだが、演出家の差配によって、面白くもなればつまらなくもなるというのが出てしまう。中には「脚本との相性」というのもあるのかもしれないのだが、この"企画"においてもそれは如実に現れている印象だった。面白い話に仕上がっているのもあれば「アンタ、それわかっているの?」というものになっていたりというバラツキが感じられてしまい、そういう点でマイナスが出てきてしまう。中には伊丹十三が手がけたものなんかは酷いもので、いくら遅筆で有名な三谷幸喜の作品だからと、大幅な翻案をして皮肉るというのは卑劣すぎるのではと思わせた(まあ、ガス抜き的な存在にはなったかもしれないのだが)。

それでも、基本のドラマがしっかりとした作品で、企画としても「脚本の領分と演出の領分の違い」を見せることに成功していたりと、一つの番組としては実に完成度の高いものだった。

ドラマのバラツキがあるので減点するが、「とても良い」は与えられる。

この評価板に投稿する



2010/08/19 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 5192 ホスト:4995 ブラウザ: 11743 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/面白い/悲しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ