[小説]とんび


Tonbi
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:とんび(2013年TBS版)
文学総合点=平均点x評価数4,591位4,706作品中総合点-3 / 偏差値43.36
2003年文学総合点164位171作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー-2.00(とても悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
著者:重松清
出版:角川書店
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2003/10 中日新聞東京新聞北陸中日新聞北海道新聞西日本新聞神戸新聞
1,84311
最近の閲覧数
50113340529
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/02/23 / 最終変更者:ざくろ石 / 提案者:ざくろ石 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/11/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3882(33%) 普通:4190(35%) 悪い:3771(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8282
名前だけは聞いた事ある人も少なくないであろう重松氏の有名な代表作ですよね。しかし・・・・・・・・

折角、新たな命(アキラ)を授かったのに母ちゃんの美佐子は彼を庇って亡くなってしまったのも彼女にとって間違った選択ではなかったと信じたかった。知り合いだった海雲・照雲の坊さん親子も親父の海雲の方が末期癌ゆえに痛みに苦しんでいた姿も他人事だとは思えなかったですが、「痛み止めを打てば、痛みは和らぐ、しかし、意識がなくなり、家族との別れが出来なくなる。どうすべきか?」の葛藤も終末ケアの在り方とか改めて問題提起させられました。どんな形であれ、人は誰でもいつかは死ぬだけに・・・・・・・・

しかし、どうしても納得いかなかったくだりも見られました。アキラは野球部に所属していて、レギュラーを目指していて焦ってもしまったのでしょうが、後輩の部員をケガさせてしまったくだりでしたね。彼個人だけの問題ではなく、たかが歳1つ2つ違うだけで、上級生の言う事やる事は絶対!!と言わんばかりに服従させる日本のスポーツにおける精神的土壌に根本的な問題があります。

そういうのを改めない限りはニュース番組でも報道されている地位がある人によるパワハラだって無くならないし、当時の昭和の時代だったらそもそも明るみになる事自体今よりもなかったのでしょうが、「みんながやっているから。」とか「先輩にやられたから自分もやらないと損をするとか。」とかいくら大人並の判断能力を求めるのがお門違いとは言え、おかしいでしょうよ。損をするという事は自分もやられて良い気分はしなかったという事だけど、どうしてそういうのを年上・年下に関係なく他人にはしない事にしようとか思わないのですかね?

一応ヤスはアキラを殴ったりはしたけど、ホントに愛情があるのなら、そういう誤った価値観を正さないといけないよね。でも、確かに後輩の親父もやや高圧的な態度だったけど、そこまで無理難題言ってたわけじゃないのに、ヤスが啖呵切って親父を追い出して、アキラも一言謝罪しただけで終わり?そもそもまた、退部しろなんてこの親父が言う事じゃなくて、学校が下すべき処分(退部とまではいかなくても、数ヶ月は活動停止させなければいけないんじゃないの?)だろでしたが、顧問の先生も、自分が受け持っている部活で起きた事件なのに、決して対岸の火事ではなかったのにアキラには何も言わなかった様だし、典型的な事無かれ主義だったのでしょうね。アキラ達が通っていた学校も。

だからこの後、アキラが早稲田の法学部に合格しても、やりたい仕事を見つけて頑張っていても、子供のいた年上の女性と一緒になっても全く共感させられなかったもの。途中、ヤスも「子離れできない親」になりかけていて、年上の女性については、その女性の年齢も、連れ子についてもどうたらこうたら言うつもりはないけど、お前が過去にケガさせた後輩にも、お前と同じ様に大切にしていた家族がいたんだぞ?それも分かっているのか?ともつっこみたくなったもの。まあ一言謝罪したのも、その後輩に対して申し訳ないと思ったからではなく、自分の為に(は実際なっていたかは微妙だったが)殴ってもくれた父親に申し訳ないと思ったからで、ホントに自分の価値観が間違っていたなんて思ってなかっただろうし、その後輩の事も存在自体忘れてしまっていたのでしょうが。

ここまで長々と書いたけど、「家族愛さえあれば、多少道理に合わない事もしても許される主人公一族」とか定年ゴジラ(これだって、不倫した主人公の娘、「あなた自分の立場や置かれている状況分かっているんですか?」とつっこみたくなるような社会性に欠けた女だったし)と同じでしたよね。結局、アキラが後輩にやってしまった事についてのけじめのつけ方も曖昧なだったのだけど、ヤスだって、「バイタリティあふれる、元気なガテン系のおじさん」のステレオタイプを大きく逸脱していたわけでもなく、面白くなかったですしね。

数回実写化もされている様ですが、残念ながら評価は「最悪」です。

この評価板に投稿する



2020/11/22 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8282 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)

1. ちゃっぷい野鳥観察の続き by 634
... *0.75;}"> 油揚げさらうのがいます。 =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> トビ Milvus migran 脊椎動物門 鳥網 タカ目 タカ科 「とんび」とも呼ば ...
記事日時:2016/03/12
2. BEST OF 2014 by えぼだいのひらき
... は少ないので、「今年」でくくるのは ちょっと難しいので、パスです。 映画は・・・日常がこちゃこちゃ忙しくて映画館まで足を運べず、新作は観ていません(泣)。 因みに、再放送の中では、 「男子高校生の日常」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「天体戦士サンレッド」「日常」 「うぬぼれ刑事」「タンブリング」「とんび」 「宇宙 ...
記事日時:2014/12/31
3. 『NHK(日本引きこもり協会)へようこそ』な週末。土曜ドラマ『とんび』の再放送を視聴。堤真一凄し。 by 青い羊
... TV番組を対象とする「モンテカルロTV祭」でゴールドニンフ賞(ドラマ)部門最優秀賞を受賞した作品。 http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/123526.html その名は『とんび』。 http://www.nhk.or.jp/dodra/dodrasp/index2011.html#d5 NHKのドラマで同賞受賞は『大地の子』、『蝉しぐれ』以来 ...
記事日時:2012/10/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:とんび(2013年TBS版)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ