[小説]七都市物語


ななとしものがたり / Nanatoshi Monogatari
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:七都市物語 - 北極海戦線 -
文学総合点=平均点x評価数4,295位4,631作品中総合点-1 / 偏差値45.28
1986年文学総合点53位55作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:田中芳樹 出版:早川書房 ハヤカワ文庫
日本 開始日:1986
3,66332
最近の閲覧数
1000000010
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/10/21 / 最終変更者:雪霞 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/04/24 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(53%) 普通:1(7%) 悪い:6(40%)] / プロバイダ: 55488 ホスト:55575 ブラウザ: 5291
【良い点】
しいて上げるなら設定くらいかな。生かされているようには思えませんが・・・

【悪い点】
内容があまりにもない。有名作家じゃなかったら本にならないレベルだと思いました。
基本的に魅力的なキャラクターを作る才能には恵まれているが本人がよく題材にする戦争、政治の分野はたいして評価していないのでキャラクターの設定がどこぞの孫引きレベルにしか感じられないこの作品にはこの作家の悪い部分しか私には見えませんでした。

【総合評価】
この本でこの作家を知ったとしたらもう他の作品も楽しむのがきついです。
手を出さないことを作家さんの為にもお勧めします。評価はあえてしません。

2006/07/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:30(54%) 普通:4(7%) 悪い:22(39%)] / プロバイダ: 9160 ホスト:8948 ブラウザ: 3793
「銀英伝」や「タイタニア」と同工異曲の作品ですが、個人的には一番の駄作ですね。
他の2作と違って、作品自体のテーマがなく、7つの都市が漫然と戦争してるだけ、という印象です。

その都市も、都市毎の個性が地理くらいしかなく、
各都市のキーマンも「優秀な軍人だが、毒舌家で嫌われ者」というステレオタイプな構図ばっかり、
政治家が無能なのも一緒。

そういえば、銀英伝は元々「銀河のチェスゲーム」というタイトルにする予定だったらしいですが、
この作品は、正にチェスゲームですね。
両軍の駒に個性の違いがありませんので。

2005/11/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2019(50%) 普通:786(19%) 悪い:1251(31%)] / プロバイダ: 13427 ホスト:13307 ブラウザ: 5234
銀英伝のミニチュア版と言われるとそんな気がしない事もありません。
設定自体もどこか田中作品にありがちだし、新鮮味はあまり無いと言っていいでしょう。

戦闘や、登場人物達が集まって話し合ったりする辺りはそれなりに面白いのですが、銀英伝の同盟軍的な軽さはなく、やや暗いムードがありました。本作は確かに物凄く面白いという展開を期待することは出来ません。

キャラクターも銀英伝程魅力的に描かれたとはお世辞にも言えないし、「え、ここで終わり?」的なラストもあまり釈然としません。

銀英伝の後の作者の産みの苦しみ的な作品かも知れませんが、その後で株を落としてしまう作品類よりは本作は確かに読める作品といえるでしょう。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:七都市物語 - 北極海戦線 -
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ