[小説]パズル


Puzzle
  • 面白い
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:パズル (山田悠介版) / 漫画:パズル
文学総合点=平均点x評価数4,494位4,501作品中総合点-18 / 偏差値27.55
文学平均点256位264作品中平均点-0.90=悪い/20評価
2004年文学総合点179位180作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.67(良い)3
ストーリー0.00(普通)3
面白い67%2人/3人中
セクシー0%0人/3人中
可愛い0%0人/3人中
熱血0%0人/3人中
勇気貰った0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

超有名進学校が武装集団に占拠された。人質となった教師を助けたければ、学校中にばらまかれた2000ピースもの「パズル」を48時間で完成させなければならない。
死のゲームが今、始まる !
著者:山田悠介 出版社:角川書店
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2004/06/05(土)
公式サイト
1. http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200612000119
15,3792020
最近の閲覧数
1117506124
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/05 / 最終変更者:ウクレレ / その他更新者: 管理人さん / あっちゃん / カトル / 提案者:まつ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1619(52%) 普通:810(26%) 悪い:703(22%)] / プロバイダ: 40996 ホスト:40755 ブラウザ: 8624
学校にバラ撒かれた2000ピースのパズルを集めて完成させていくことで
それと同時に事件の全貌もが解明されていく。。。

この設定は良かったのですが、パズル集めが地味なためどうしても事件が盛り上がりません
登場キャラが多く、気持ちていどの群像劇風になっているのですが、その視点がバラバラになっていることが
おもしろさへとは繋がっておらず、キャラが多いことにあまり意味がないのも問題ですね

せっかく超絶頭が良い生徒という設定があったのに活きる展開があったわけでもなければ
ずっと勉強ばかりで人間的な感受性のない生徒たちが事件を通じて何かを感じ取っていく
という話とするにはあまりにも書ききれてはいません

となるとせめて事件後に希望の光のようなものが残ってほしいのだけど、犯人も被害者も、生徒も親も
みんながみんな後味が曖昧なので、どこかしらに事件を引き起こした意味がほしかったところです

なんか気が付いたら結構ディスっちゃってるんですが全体としては「これは酷い!」というほどではなくて
どちらかというと「せっかくの設定なのに作りこみが甘くてもったいないな〜」という感想のほうが先にきました
(これはお手軽にスラスラと読める文体のおかげかもしれません)

なのでもっと綿密に作りこむか、それができないのならばラノベ小説のような
キャラ読みができる内容にすることで、ずっと良い作品になった可能性があったとおもうのです

2014/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(81%) 普通:15(11%) 悪い:12(9%)] / プロバイダ: 24937 ホスト:25061 ブラウザ: 5171
魅力的な設定、斬新なアイデアで中高生を中心に爆発的な人気を誇る山田悠介さんの作品。
作者の作品はかなり批判もされているけれど、むしろ日本語の誤った表現が文中にかなり見られるにも関わらず、これほど売れているということは
文章力とは必ずしも作品が売れるために必要不可欠なものとは言えないということを証明しているなあと、ちょっと思ったり。
本サイトでの評価は散々だけど、評価数が人気(注目)度を物語っている気がしないでもないかな。

確かに作者の小説は、酷い作品も多いんだけど、ちょいちょい面白いのがあって、その内の1つが本作「パズル」だと思う。(他には「オール」も面白い。)

本作を一言で表すと『超エリートたちがパズルのピース2000個をかけてゲーム勝負する。』というもの。
本作の設定は魅力的なものだったけれど、今回に限ってはその設定が少し諸刃の剣になっていた感が拭えない。
魅力的である反面、設定に無理がありすぎた。
A組のダメなやつは辞めさせるなんて、色々な視点から考えてもありえないし、超名門進学校という設定をもう少し緻密に考えた方が良かったかと思う。

とは言え、物語の展開などは非常にスムーズで作者の成長を感じることが出来る1作。
ただし、それゆえにパズルの完成が近づき事件の結末に迫っている物語のクライマックスにも関わらず、
少し淡白というか盛り上がりに欠けるという印象はあった。もう少し起伏が欲しかったかな。
けれど、本作は非常に作品として上手くまとめていたし、そして、登場人物の心理描写も作者の作品の中では良かった作品だとも思う。

これは「良作」。なので評価は「良い」。

2013/04/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:317(51%) 普通:90(15%) 悪い:212(34%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4180
【総合評価】
他の山田悠介作品と同じく、設定は斬新で面白い
問題も他と同様オチに入る直前でグダグダになる事 他と違うのはバットエンドでは無かったという事

パズルを完成させなければ死ぬ
一行で作品を説明しろと言われればこの一言で終わる
これだけ読むととても面白そうに見えると思う、実際は途中まではハラハラするがそれ以降はなんとなく惰性で読むレベルの小説 はっきり言って読んでる最中は楽しいけど、読後はしばらくしたら内容を忘れるぐらい内容が薄い

内容が薄っぺらくなった一番の要因は犯人の動機
進学校で友情よりも成績が第一とされている学校でテロが起きて協力して犯人の指示に従い、学校に隠されたピースを探してパズルを完成させる
ここまでは非情に面白い!文章は上手いとは言えないが、臨場感はしっかりと読み手に伝わる!問題はそれ以降…先ほども言ったように犯人の動機だ

とても厳しい進学校で成績が悪いと淘汰されるので遊ぶ暇や友情を深める機会は皆無
じゃ、友情深めさせるために協力し合うように行動させよう!となった結果がこれです
もっと他に方法あったでしょ…人を殺して仲良くさせたかったからが理由ではサイコパスである事を疑う
作中でこの動機が気持ち悪いとかおかしいとか追及されていれば問題ないが、良い話っぽく〆てしまっているせいで一気に現実味が無くなる。これまでの死人も友情作りのための犠牲と断言されてしまい なんだか不条理さを覚えた。
もっと犯人の動機に細かい背景等があれば濃厚で良い作品に成れたと思う

2012/11/05 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(62%) 普通:137(16%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 13456 ホスト:13226 ブラウザ: 5345
今作は
山田悠介がもっともすぐれている「設定」という部分も
他の作品に比べるとそこまででも・・・という感じです。

まとめ方も微妙で

何を書きたかったのか、伝えたかったのかが全くもって不明です。

ある意味リアル鬼ごっこよりもダメです。

2012/02/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
山田悠介作品ではこのレベルでも充分最高傑作といえるかと。
設定、発想、終わり方は普通に面白かったし、文章力も明らかに成長しています。
悪い点も考えてみたけど、これに関してはあまり思いつかない。
勉強ばかりを考えてきた人間たちが、人の命のかかった状況でパズルを探していくうちにだんだん友情などを取り戻していく姿はなかなか良いし、構成は見事だと思いますね。

2011/10/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3414(33%) 普通:3573(35%) 悪い:3328(32%)] / プロバイダ: 30580 ホスト:30303 ブラウザ: 11755
他の方も指摘されていますが、巨大パズルの完成という題材自体は
悪くは無いのです。しかし、結局最初から「負け」が決まっていた事も
知らないでその完成に取り組んでいた生徒達、視点が切り替わっていたのが
特徴的でした。或る者は主人公に強烈な対抗意識を燃やしていた、或る者は
勉強を頑張っていた頑張りも報われずいじめを受けていた、そしてまた
或る者は長身の天才肌とそれなりにキャラ分けしていたように見えて、
実は上っ面で掘り下げは不十分でした。

パズルのピース探しも、タイムリミットが近づくに連れてダラダラとしてきて、
「教師以前に人間としてどーよ?」だった担任教師には同情の余地なんて
全くなかったけど、主人公の犯人達への説教も薄っぺらかったですね。
「ロクに社会経験無いくせに何知ったような口聞いてるの?学校での狭い意味での
お勉強とはまた違うんだよ。」と突っ込みたくなりましたな。

オチはまあ、リアル鬼ごっこやあそこの席よりは辛うじてマシだったが・・・・・・・
実はアレも自作自演だった三留はつくづく「役者」だったけど、主人公への
手紙での弁も結局こいつの「自己満足」でしょう。ピース探しの協力を拒否して
帰った2人の生徒の内、やはり途中から参加した方は根はいい人だったと思うけど、
結構なアレだったもう一人の女の方はあのままのうのうとしていたのも不満でしたね。

贔屓目に見ても、何作も実写化されるほどこの人の作品が面白いとは正直思わない。
題材や発想を活かしきれていないのだから。評価はまあ「とても悪い」が妥当でしょう。

2010/01/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(46%) 普通:5(12%) 悪い:17(41%)] / プロバイダ: 29046 ホスト:29393 ブラウザ: 5872
【良い点】
設定が斬新

【悪い点】
それ以外

【総合評価】
やっぱりこの作者はちゃんとした文章力が身についていないな。
そのおかけで設定の斬新さを潰している。
他にも色々作家として不十分だけどリアル鬼ごっこよりは成長している。
とりあえず文章の練習が当面の目標ですね。
評価は若干の成長というわけでとても悪いで。

2009/10/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 30218 ホスト:30370 ブラウザ: 5292
【良い点】
読み手をドキドキさせてくれるところです。
怖くなって必死で逃げようとする者、とりあえず仲間を思いやる振りをする者、文句ばかりで何もやろうとしない者など、それぞれのキャラクターに人間味があり、共感できます。

【悪い点】
作者のあとがきにあったとおり、少し登場人物が多い気がします。
これでは分からなくなってしまう人も居そうです。
また、この作者には比較的多い傾向なのですが(ホラーなので仕方がない気がしないでもないですが)、理不尽にどうでもいいところで人を傷つけるシーンが多い。

【総合評価】
山田悠介さんの作品で1番最初に読んだもので、お気に入りの作品でもあります。
最後がめでたしめでたしで終わるのではなく、少し謎を残していくこの作品。
私が一番共感できたのは、大高でした。
私がこのキャラクターの1人だとしたら・・・と考えるとゾッとします。
きっと私も大高のような行動をとったと思います。
キャラクターが多いのは、分からなくなってしまう、という欠点でもありますが、
その中に一人でも共感できるキャラクターが居たなら・・・、続きを読むのが楽しくなります。
人が傷つくシーンが多いのは、上記にもあるとおりホラー要素でもあるので仕方がないのかもしれません。
そう考えると、この作品には欠点はありませんね。
ただ、「最高!」にするにはちょっと物足りないような気もするので、
評価は「とても良い」にします。

2009/10/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(58%) 普通:0(0%) 悪い:58(42%)] / プロバイダ: 23556 ホスト:23573 ブラウザ: 10588
【良い点】
・やはり設定は斬新。
発想は凄くいいんだけどな〜。

【悪い点】
・中だるみ。
二日も日にちをかけるとは。

・竜頭蛇尾。

【総合評価】
僕は大丈夫ですがキャラ多くないですか?
ごっちゃになる人もいると思います。

評価は悪いで。

2009/07/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(69%) 普通:18(22%) 悪い:7(9%)] / プロバイダ: 8246 ホスト:8382 ブラウザ: 7401
それなりに楽しめた。
まぁ、その大きな要因は友達から借りたということに尽きるが。

さて、本作を一言で表すと「中だるみ」である。
48時間という設定は長すぎたのではないか?
キャラが多すぎではないか?
各キャラの背景について、扱いがかるすぎではないか?
あれだったらいっそなかったほうがよかったのでは?
オチ・・・。

友達から借り手読むことをお薦めする。

2009/04/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8914
【良い点】
・設定がいやがおうにもワクワクさせられるものである。
・文体が軽快で読み進めやすい。
・生徒一人一人の個性がしっかり描きこまれていること。
・超優秀校の狂った設定から、学力偏重主義の弊害を感じることができる。

【悪い点】
・頭が超優秀で性格も真面目という主人公の設定。あまりにもステレオタイプで面白みがなさすぎる。
・犯人側の指定するルールの決め方が若干甘くていい加減。

【総合評価】
ミステリーとして考えたら評価が低いのも判らないでもないですね。
ただ、軽く読む分にはかなり面白いと思いますが…

2009/02/21 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(33%) 普通:0(0%) 悪い:2(67%)] / プロバイダ: 53934 ホスト:53946 ブラウザ: 5220
【良い点】
アホな中学生にとっては読みやすい点

【悪い点】
少しでも常識のある人間が読むと不快になる点

【総合評価】
私は常識があるので不快です。
山田の作品のよさがよくわからん・・・

こんな風に、話題になる点なのかなぁ

2008/08/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(64%) 普通:0(0%) 悪い:9(36%)] / プロバイダ: 14465 ホスト:14435 ブラウザ: 5533
友達に借りて読んだのだが、この作者は救いのない話を書くのが好きだなあと思った。
さて、この本は非日常のサスペンス系に属すると思うが、いきなりパズルを探せで始まり、だらだらとしたパズル探しに入る。パズル探しの際、かなり視点の切り替えが激しく、しかも誰の視点においても掘り下げが上手くいっておらず、文章力の欠如を感じた。
終盤はパズル探しの結果とその後であるが、最後の1ピースは犯人側が持っていてパズルは絶対に完成しないというありがちな展開。犯人の動機も教師に、自分の成績がクラス最下位だと脅され、辞めさせられた時の恨みでやったという、ガキがすねて暴れたのと同じレベル。それだけで警官から拳銃を奪うのかと思うと、作者の倫理観を疑った。
ここまで腐った小説はあまりない。評価はもちろん最悪。

2007/08/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(68%) 普通:5(9%) 悪い:13(23%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17764 ブラウザ: 4621(携帯)
この人の作者の作品は設定の奇抜さで序盤に人を引きつける力はあるが、設定に相応な文章力や面白いストーリーを創る力がない、
途中グダグダになるし、オチも弱い、読んだ後には何も残らない作品、しかしグダグダだが鬼ごっこの時より設定はぶっとんでないし文章力もあったし、テンポもこっちのほうが読みやすかったので、とても悪いで

2007/08/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(69%) 普通:4(15%) 悪い:4(15%)] / プロバイダ: 3649 ホスト:3554 ブラウザ: 7016
この人の小説を読んだのは初めてですが・・・一言でいって微妙ですね。

分類すればミステリー小説なんでしょうが、展開が基本的に読めます。
その代わりに、事件を通して少年たちが大きく成長していく姿を描く青春もの・・・という事もないと思います。それを匂わせるような描写少ないですし。

まあ、ありえないようなつまらない作品ではないので知り合いが持っていたら
借りて読んでみるという程度で十分だと思います。
お金に余裕のある人以外買うのはあまりおすすめしません。

ちょっと退屈なものでしたが、特別つまらないとは思わなかったので
評価は「普通」としておきます。

もっと読む

「面白かったです。………序盤は、・・・設定は面白いんですが中盤から終盤にかけてダラダラしてたのが残念で...」 by アインシュタイン


次のページを読む

この評価板に投稿する


2009/12/13 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 2739 ホスト:2825 ブラウザ: 6307
いつも面白い作品ばかりではまってます。パズルは特にダイスキです。
これからも期待してます。

2019/10/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8847 ホスト:8915 ブラウザ: 10415 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ゴールデンカムイ 感想#20 by エスパー
... ますよ当然例のアレは笑いましたよ! 勃起?してねーよ!つーか生えてねーよヴぁーかヴぁーか! さてぼくの身体が火照ってきた丁度良い頃合いなので今週の話にうつります。 ぶっちゃけ肝心のタイミングとか過程もどうなのか気になっちゃいますよねーと。 数々の名作の名言もどのタイミングで来るのかパズルのピースを埋める ...
記事日時:2018/11/27 [表示省略記事有(読む)]
2. 春近 by 紅葉青水
... 〜ハルタとチカは青春する〜』 推理する男女ペアが氷菓を彷彿とさせる作品です 第二話で真っ白なルービックキューブの謎解きがありました。 まあ、サインがなかったので話の流れからして弟が誰かから譲り受けたか専門店で購入したかした珍しいタイプのパズルで、正解にたどりついたら音なり電光なりで合図してくれる近代的なしかけのパズルかと私は推察し ...
記事日時:2016/01/15
3. アニソン話(ストリングス編) by rie-ru
... 「ストリングス編」です。 ストリングスが目立つ曲、特徴的な曲を集めてみました。 既に「ユメのなかノわたしのユメ」「Endless Story」等ありましたのでそれ以外で。 以下の5曲です。 ●Love Destiny(シスター・プリンセス OP)2001年 ●florescence(kanon 東映版 OP)2002年 ●パズル(N・H・Kにようこそ! OP1) ...
記事日時:2018/08/12
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:パズル (山田悠介版) / 漫画:パズル
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ