[小説]不祥事


ふしょうじ / Fushouji
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:花咲舞が黙ってない
文学総合点=平均点x評価数3,689位4,642作品中総合点0 / 偏差値46.35
2004年文学総合点148位181作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

事務処理に問題を抱える支店を訪れて指導し解決に導く、臨店指導。若くしてその大役に抜擢された花咲舞は、銀行内部の不正を見て見ぬふりなどできないタイプ。

独特の慣習と歪んだ企業倫理に支配されたメガバンクを「浄化」すべく、舞は今日も悪辣な支店長を、自己保身しか考えぬダメ行員を、叱り飛ばす! 張り飛ばす!
痛快! 新しい銀行ミステリーの誕生!
著者:池井戸潤
出版:実業之日本社
日本 開始日:2004/08/07(土)
公式サイト
1. 不祥事|実業之日本社
1,29711
最近の閲覧数
1000100000
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/06/08 / 最終変更者:永田 / 提案者:伏魔の剣 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/06/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3144(33%) 普通:3316(35%) 悪い:3090(32%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213
【良い点】

・例えば5で割り切れる日は忙しいとか、同じ支店長でも歴史の古かったりした
支店長は他の支店長より格上だが、実質的な現場指揮者は副支店長だとか、
他銀行との競合関係とかの銀行の色々な事情や、銀行での業務等そういうのに
疎い人にも分かりやすく言及しながら突っ込んで描いていた。

・銀行の事情と言えばまた、特に「彼岸花」の話も。川野は古くは長屋王や菅原道真
の様な「出る杭は打たれる」の一例だったけど、行内の有望株だった真藤と些細な事で
対立して、重要業務から干され、自殺に追い込まれた等組織での競争に敗れた敗者の
悲哀も改めて他人事とかとは思えなかった。

・この話は、彼女はわき役で、途中から登場したけど、主人公の花咲舞も、そうする様に
仕向けられた面もあったとは言え、ミスしてしまった事もあった話も見られた等過度の
主人公絶対主義には陥っていなかったし、前述の川野よりはマシだったけど、彼同様
出世コースから外れてしまっていた相馬とのやり取りも双方のキャラの違いも良く
表れていて味があった。

【悪い点】

元々そういうモラルに欠けた銀行社会を正していくのがコンセプトだとは言え、
伊丹の倅等ステレオタイプ的な嫌な悪人も目立った。最後の話の「不祥事」は、
誰が犯人だったとか大体先は読めましたしね。あの親父は最後はきっちり親としての
一定のけじめもつけた等まだそこまで腐ってもいなかったようですが。

【総合評価】

まあ最初の方の話はまだ大人しめかと思いきや、終盤は実写ドラマ版での杏氏の姿も
浮かんでくるような悪人退治パフォーマンスを見せていた舞でしたが、そんなお約束を
どれぐらい楽しめるかだったでしょうね。その実写ドラマ版は、【良い点】が思ったほどは
前面に押し出されておらず、逆に【悪い点】の方が目立ってしまった等悪い意味で原作
以上に分かりやすい話になってしまった感じでしたが、脚本が良くなかったのでしょうね。
原作は佳作レベルだったと思います。評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2016/06/04 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)

1. 酷いな by 即身仏
世界の果てまでイッテQ!の遠泳部見てるけど、スタッフの受け答えが余りにも馬鹿すぎる。こんなんだから不祥事起こすし、そのことに対する意識の低さを感じさせてしまう。見てて情けなくなるねこれは。
記事日時:2018/12/09
2. ヤマトの偽史。 by bit
... プラモが大人気だったから打ち切りにならなかったところがあります。ダグラムやボトムズを全部観ていないけどプラモは買ったという人も多いと思います。僕はボトムズは全部観たけれどダグラムはあまり観ませんでした(がプラモは買ったw)。 ヤマトの西崎義展氏に関してもアニメヤクザみたいな切り口での語られ方しかされていないのですが(まぁ数々の不祥事で当然ですが ...
記事日時:2018/11/16
3. 高橋由伸監督 最後のシーズンが終了 by Mr.KN
... 3年間の監督生活を終える事になりました。 先日のブログでも書いたとおり、高橋監督については就任の経緯こそ複雑だったとはいえ久々の若手監督という事もあって期待するものが多かったのですが、結果としては就任した3年間で一度も優勝を果たす事が出来ずにこうした形で監督業を終える結果となってしまい、それ以外でも相次ぐ選手の不祥事や獲得した ...
記事日時:2018/10/20 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: ドラマ:花咲舞が黙ってない
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ