[小説]バッテリー


Battery
  • 友情
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:バッテリー / 漫画:バッテリー / ドラマ:バッテリー / 日本映画:バッテリー
文学総合点=平均点x評価数615位4,738作品中総合点7 / 偏差値53.80
文学平均点243位273作品中平均点0.29=普通/24評価
1996年文学総合点21位97作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.33(良い)3
ストーリー1.33(良い)3
友情100%3人/3人中
考えさせられた33%1人/3人中
格好良い33%1人/3人中
感動33%1人/3人中
面白い33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
著者:あさのあつこ
日本 開始日:1996/12 / 終了日:2005/11
28,8632524
最近の閲覧数
4002312023
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/06/10 / 最終変更者:シューゴ / その他更新者: カトル / 提案者:高山有人 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 9735 ホスト:9654 ブラウザ: 10416
読み終えて、新鮮さを感じました。現代的な新しさとでもいえるかもしれません。いわゆる「スポ根」と呼ばれる物語では、少年たちが直面する問題は、貧しさ(弟妹のために野球をやめて働く)だったり、無差別な社会悪(いじめetc)だったり、ステレオタイプな家庭(子に無関心な両親、自分さえよければいいという親etc)だったり、していたような気がします。しかし、『バッテリー』には、そういった背景はあまり感じられませんでした。新鮮だと感じた原因を考えてみると、登場人物たちのキャラクターに負うところが多いような気がしました。

巧は、自信過剰タイプ。両親も、まわりの連中も、なぜ俺様のすごさがわからないのかといらだちます。いっぽうでは、弟の青波が生まれたときから生死をさまよい、体が弱くここまで母親がつきっきりで看病していたこともあり、巧は、母親や、父親からの愛に飢えている面もあります。また、父親は、巧に、ところでお前はポジションはどこなんだと尋ねるくらいの野球オンチ。母親も、父親参観日よりも野球が大切と言い切っていた父(巧からみると祖父)に不満がありました。しかし、母親にとっては、大嫌いな父でも、巧にとっては伝説の名将。その祖父は、口数は少ないのですが、巧の能力も、性格も、正確に見抜いてしまいます。また、中学を受験させたり、野球をやめさせようとする母親たちも、見栄で子どもを有名校に行かせたり、周囲の無理解から自分を守るために子どもに「勉強しなさい」と連呼していたり、自分はちゃんとした母親だと自分を納得させたいためだけに子どもを使用していたり、たんに子どもに依存していたりするのではなくて、現代の学歴社会の中で、好きなことを存分にやらせてあげたいと思いつつも、息子の将来を真剣に考えて、真摯に息子のためを思って、野球をやめて勉強させたいと思っていました。巧は、豪の母親から、巧の口から豪に野球をやめるように言ってほしいと言われたときに、そんなことは俺がいうことじゃないと思っていました。確かに、巧が言ってもどうにもならないことで、巧とは無縁の場所にある事情でした。しかし、春から中学生になる小学生がすでにそんな考え方をするということ自体が新鮮でした。それだけ、今の小学生は、いい悪いは別にしたさまざまな事情の中で、暮らしているのかもしれないと思いました。

『バッテリー』で、印象に残っている場面があります。迷子になった青波を探しに出て、巧が池に落ちた場面でした。豪から、「おまえ、きっとな」「ピンチに弱いぜ」と告げられます。巧は、確かに、連打をされたこともなく、ノーアウト満塁のピンチを迎えたこともなく、マウンドの上でどうにも自分がコントロールできなくなった経験もありません。しかし、豪は、「原田巧にだって弱点はあるていうことじゃ。だけど、それをおれたちがカバーしていく。いつまでも、原田はすごいて感心ばっかしとれん」と言いました。巧の心の中にも、母親と本音で話をしたり、父親と何気ない言葉を交わしたり、祖父から野球は一人ではできないことを聞かされたり、弟をこいつはこういうやつだと自分の中で勝手に決めつけたりしなくなったり、そして、仲間の言葉に素直になれたりと、少しずつ、変化が生まれていました。ああ、少年たちの物語が始まる、少年たちの野球が始まるんだと思って、わくわくしました。

2017/02/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 15282 ホスト:15255 ブラウザ: 8284
【総合評価】
学校の図書館に置いてあったので読みましたが・・・

心理描写がなかったら面白くないなという印象ぐらいしかなかったです

良いにします

2016/09/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 36566 ホスト:36564 ブラウザ: 9840
【良い点】
心理描写は丁寧

【悪い点】
申し訳程度の野球要素の割に、でかでかとしたバッテリーというタイトル

【総合評価】
このお話を作るに当たって、男の友情であったり思春期の葛藤などを丁寧に表現したかったのであろうことが伺える。ただそれなら別に1チーム9人+α(スタッフなど)という大人数でやる野球を題材にする必要はなかったのではないか。
巧と豪、及びその周り数人の描写は丁寧に描かれているが、それ以外に関しての膨らみがなく、二人だけの世界に入り込んでいるクローズドな世界観というのが更に野球漫画としての質を落としていると考えられる。青春→友情→部活→野球というような安直な考えで野球を題材にしたようにしか見えない。いっそペアということ、またその描写をを大切にしたいならばテニス漫画であった方が面白くなっていたように思う。評価としては最低です。

2016/08/16 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44293 ホスト:44124 ブラウザ: 11269
【良い点】孤高の主人公巧をぶれることなく一貫して描いていた点は見事としか言えない。それを如実に表していた三巻末の「樹下の少年」は涙すら覚えるほど。

【悪い点】あまりにも現実離れしすぎている点が目につく。中学生というものを、部活動というものを(特に運動部)、ひいては少年というものをまるでわかってないように感じる。それらを経験してきた者には、違和感を通り越して虚仮としか思えないほど。
作者は、どれほどに調査をしたのか甚だ疑問が残る。畑違いの作品を作るのならば、山崎豊子まではいかなくとも、しっかりとした下調べのもとに描かなくては感動はおろか読後の吟味すらする気になれない。

【総合評価】★★☆☆☆

2016/07/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 1668 ホスト:1595 ブラウザ: 7454
全巻読みましたが(ラストイニングまで)中学生であるメインの登場人物たちの会話に違和感がありすぎてダメでした。
中防がこんなオヤジみたいな会話しませんよ。年齢設定が間違ってます。

私はバッテリーの後にDIVE!!を読んだんですが、子供の会話なんてこんなものですよ。とても自然に読めました。

というわけで評価は、悪いで。

2011/09/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(50%) 普通:3(21%) 悪い:4(29%)] / プロバイダ: 14011 ホスト:14041 ブラウザ: 11053
【良い点】
感情描写が細かく、繊細。
巧の性格はちょっと行き過ぎ・・・と思うところもあるけど、基本的に最後までその姿勢を崩さなかったという点で好感が持てると思います。
相方の豪との相性もいい・・・かな?
個人的には瑞垣さんが好きです。頭良いので。

【悪い点】
話は・・別に悪くない、というか好きなんですけど、6巻の終わり方が・・・
あさのあつこさんの話には多い傾向な感じですけど。
ラストイニングまで読むと、少しすっきりします。
あと、さわやかだからいいのかもしれないけど、主人公2人、仲良すぎです^^;

【総合評価】
あさのさんの作品の中でも好きなほうなので。
「良い」で。

2009/05/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(42%) 普通:50(31%) 悪い:44(27%)] / プロバイダ: 31671 ホスト:31699 ブラウザ: 5292
この人の書き物は基本的に相性が悪いのですが...

まず女の子みたいな友情を男に持ってくると気持ち悪い。少女マンガに出てくる
男の子に感じる違和感のそれと同じものを感じる。何が原因かって感情を言葉に
しすぎなんだと思う。言葉のねちょねちょした感じが受け入れがたい。

年齢設定が間違っているように感じる。一兆歩譲ってBLみたいな友情を受け入れ
たとして、主人公とキャッチャーの子の感情や行動は高校生以上でないと気味が
悪いし、大人としても受け入れがたい。

あと細かいが方言が気持ち悪い。私は広島出身なので岡山の人と似たような話し方
だが(作者もそうなはずなのだが)、作中の方言は方言ではなくただの年寄り言葉で
ある。これも激しく受け入れがたい。

悪いに方言の件を含めてとても悪い。

2009/02/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(38%) 普通:2(25%) 悪い:3(38%)] / プロバイダ: 24917 ホスト:25109 ブラウザ: 8455
【総合評価】

凄く絶賛されているので買って読んでみたが、そこまで面白いとは感じなかった。
私の場合、同著者の「〓6」の方が遥かに読んでいて面白いと感じた。

2008/12/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8090
クラス内や家庭内でのシーンには子供らしい微笑ましさがあって面白かったのですが…
2巻まで読んで完全にダウンしました。主人公讃美が強すぎるが故に好きになれない作品。
正直、架空の作品でこんなに腹が立った主人公は今までいません!
才能さえあれば社会のモラルも守らず、他人にどんな態度をとってもいいとでも思っているのでしょうか。
巧の壁として立ちはだかった筈のオトムライでさえ「態度は悪くてもやはり、才能のある巧が欲しい」と言って、
巧の態度を改めさせることができないままに彼を受け入れて、試合に出すことを決めてしまった。
巧を快く思わない先輩の大半が明らかな悪役として描かれているのも疑問。
リンチ事件など起こさずに、「あくまで巧とは野球に対する考え方が違うだけの、オトムライの駒」という役割として
彼らの存在を描いた方が良かったのではないだろうか?

確かに実力は一番大事だし、巧の年代なら監督や先輩に反発心を持つのはわかる。
しかし、反抗期を経験してきた人間や、反抗期まっただ中の人間が見ても、巧の頑固さは度が過ぎている。
自分は命令口調なのに人には「命令するな」だし、あの年齢で「自分で納得したことしか受け入れない」という考え方は極端。
実際彼のような性格の少年がいたら豪以外とは親しくなれないだろうし、
大人達だってあんな甘い処置では済まさないと思う。

他の登場人物にも共感できない。
豪…巧の人格ではなく、巧の投げる球が好きというだけで友達やってるように見える。
オトムライ…「自分に従えばいい野球をさせてやる」という性格だったのに、途中から巧の才能に惚れて態度を変える。中途半端。
矢島…何の脈絡もなく自分のことを巧に語りだす、よくわからない人物。
青波…野球の実力オンリーで兄に心服する弟なんてまずいない(普通は人格も含めて好きになるはず)。
まだ好感が持てるのは巧のおじいちゃん、サワ、ヒガシ、小町先生ぐらいです。
サワとヒガシは面白く、巧の毒を薄めてくれる、作品の清涼剤のような役割になっています。

それでも「野球小説」として野球シーンをしっかり書いているなら問題ありませんが、
感情描写が多すぎて肝心の野球シーンが少ないのはどうかと思います。
ただ、文章の組み立てが軽妙で巧かったのは評価します。スイスイ読めるのがいい所です。

追記*今は一応最後まで読みました。
野球だけの巻があったり、感情描写だけで野球しない巻があったりと極端ですね。
寺脇の学校と対戦するくだりは長すぎるでしょう。彼のキャラは面白いと思いますが。
矢島も意味深なことを言っていた人物なのに、後半は出てこないのが消化不良な気が…
巧がほんの少しだけ柔らかくなってきたのが唯一の救いですかね、それでもまだまだ不愉快なままですが。
後半の要素を色々差し引きしても評価はこのままが妥当かと。

2008/11/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:71(83%) 普通:7(8%) 悪い:8(9%)] / プロバイダ: 24938 ホスト:24751 ブラウザ: 4317
おもしろくて読んでいてワクワクしました。
巧と豪ちゃんの関係、チーム内での問題、大人の思い
なかなか野球というスポーツものでは、描かれないようなところも描き、
それが、生かされていると思いました。

この作品は野球ものだけど、野球だけじゃない。
そこがとても気に入りました。

ですが残念なのは、6巻の最後のシーン。
あれで終わりは読んでいて気持ち悪いです。
はっきりと、終わりにしてほしかったです。

評価は「良い」

2008/08/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(58%) 普通:1(8%) 悪い:4(33%)] / プロバイダ: 2566 ホスト:2573 ブラウザ: 8090
3巻まで読んだけどなんだか煮え切らないな〜といった感じ。
野球物の小説と聞いたので期待して読んでみたがのっけから主人公達がぐだぐだうじうじと悩んでいるばかりだし2巻では陰湿な上級生からのいじめの描写があったりして読んでいて気分が悪いだけでした。
個人的にはあんまり馴染めないかな。なんだかもう少しカラッとした話の方が好きだ。
あとどうでもいいが中一入学時点で130キロのボールなんていくら早熟でも絶対投げられない。
松坂でも中一の頃は110キロも出てなかったそうだしそれが現実だろう。

2008/03/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(65%) 普通:6(30%) 悪い:1(5%)] / プロバイダ: 46622 ホスト:46719 ブラウザ: 5234
これは、読んでて初めて
「次も読もうかな〜」と
おもった作品ですね。

感動のさくひんですかね??

映画もよかったです。

2007/12/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(65%) 普通:29(11%) 悪い:62(24%)] / プロバイダ: 5582 ホスト:5617 ブラウザ: 6287
自分は奈良在住ですが、県内有数の進学校の私立の入試問題にバッテリーが出ていて、それが読むきっかけを与えてくれました。

登場人物一人一人が個性豊かで様々な感情をたくみに表現してたと思います。
主人公みたいな性格のキャラも嫌いぢゃないですし!個人的には主人公の弟が好きですね!!
映画、ドラマ?も面白そうですね。機会があったら見てみたいです。

[推薦数:2] 2007/09/23 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(57%) 普通:16(5%) 悪い:119(38%)] / プロバイダ: 13471 ホスト:13284 ブラウザ: 5234
私は話が綺麗に見繕われていても、好感が持てない主人公なんかに
情を示さない男なので評価は総じて厳しくなると思いますが
どうかご了承を・・・

私は主人公のみならず、顔を描き出せない小説では人物像が何よりも
大事だと考えていますので、この作品の様なキャラメイキングは
あまり良い気分がしなかったのを覚えている。

私は小説の登場人物が人よりスポーツができるとか、頭が良いとか、
そういった美点なんかどうでも良いのです。

三谷幸喜さんが描いた小説版「古畑任三郎」の古畑さんは犯人からの視点のみなので
得体が知れない男という以外は全体像が見えてこないが
ドラマ本編以上に犯人の人物像が浮き彫りにされている上に
色々な肩書きや焦りや特有の癖がにも関わらず極普通の人としての
描かれ方がなされているので
古畑さんの視点、または犯人の視点でも事件を見つめる事ができる。

同じ児童作家のみおちづるさんが描く登場人物も強さや優しさだけでなく、
悲しみや醜さといった人間的な温かさや弱さを表現できていたし、
カッコ良い人間よりも一見すると「悪い奴」「頭が悪い人」と言われている人物の
心に光を当てた描写なので
人間 動物 怪物などを問わずに親しみを持てたり、そのキャラの生き様が
自分の事の様に思えるから不思議だ。

上記で挙げた人物に共通する事、または私が言いたい事を簡潔に述べると
感情移入ができる人物や心から愛せる人物がいない
小説などあまり面白味がないという事だ。

この作品の場合はそうした感情移入ができる人物がいない。
自分以外の人間の気持ちを解する描写があまりなく、周りの人間を置き去りにして強くなる主人公を始めとして、
脇役も問題のある人物も含めても全てのキャラクターが「出来過ぎている」のが問題なのだ。
作者の手でランクアップされてゆく、スーパーマン、
読者を無視する屈折したキャラクターとしか見て取れない。
真筆なシナリオ構成の元に作られた話でもこれは非常に不味い。
読者と気持ちを分かち合う、または地味な様で人間臭い奴が誰一人紙面に立たない
芝居の様なものとして受け取れる。

私は昔に作者であるあさのあつこさんが書いた児童書(むしろ、アンソロジーのそれに近いだろう)の方が好きだ。
この作品の人物像と比較すれば、凡人にしか見えないかも知れないが
それぞれの登場人物が持つ気持ちに共感できる、本当の意味で「生きた」人間だった。
その頃の作品を見返すと本当に残念な限りだ。

2007/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 46885 ホスト:47046 ブラウザ: 8090
【良い点】
俺は、直球しか投げないっていうのが、原田巧の魅力だと思うんです!
その魅力に魅かれていく皆・・・っていうのがいいんですよ!
豪を始め、青波、オトムライと、どんどん魅了されていくんですよね!!
最初、巧の性格が気になりましたが、だんだんその性格が好きになってしまいました。
それほどの本なんですよ、バッテリーは。
とにかく、すっごい、おもしろいです!!

【悪い点】
・・・無いですかね

【総合評価】
☆が何個あっても足りないくらいですよ!!☆×∞で!

もっと読む

「【良い点】巧クンのかんじょうとかよぅわかるし、豪クン、サワ、ヒガシ達の仲良くなっていくところ(?)とか...」 by タコヤキハルカ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/10/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 9735 ホスト:9654 ブラウザ: 10416 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 南極よりも遠い場所 by 紅葉青水
... いえばあまりにゆるくて現実離れしたアニメなので気にしてませんでしたが、家用スマホを普通に持ってきてる事の方がおかしいよね。 と考えたわけです。 で、さらに思考を一歩進めてみると、あのPCはプロ仕様の特注品だったのだろう、という結論に。 しかし、特注品であっても使用条件があるはずで、常にバッテリーを切らさず電源 ...
記事日時:2018/03/21 [表示省略記事有(読む)]
2. UPSを設置した by カシオペア
... が破損し、あわやパーになりかける…と言うことがあり、昨日…停電対策でUPSを設置しました。 UPSとは、無停電電源装置のことで、停電などで電力が断たれた場合も一定時間電力を供給し続ける電源装置です。 パソコンで言うと、ノートパソコンはACアダプターに繋ぎながら作業をしていたとしても、停電時には本体に内蔵されたバッテリーで動作できるの ...
記事日時:2018/08/31 [表示省略記事有(読む)]
3. 80歳目前までペンを握り続けた事、自体は凄いのだが… by 十傑集
... は描けるでしょう。 またチームメイトになった真田一球が忍者(←こちらは潰しが効きまくる)の秘伝でそれを一時的に解消したりすれば クロスオーバーならではの人間ドラマも描けると思うのですが。ただ、「大甲子園」で藤村甲子園の再来と目された球道くんと 藤村の恋女房だった豆タン=岩風五郎( )の教え子である一球さんがバッテリーを組んだ場面 ...
記事日時:2018/07/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:バッテリー / 漫画:バッテリー / ドラマ:バッテリー / 日本映画:バッテリー
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ