[小説]アトポス


Atpos
RSS
文学総合点=平均点x評価数3,980位4,633作品中総合点0 / 偏差値46.35
1993年文学総合点62位79作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

虚栄の都・ハリウッドに血で爛(ただ)れた顔の「怪物」が出没する。ホラー作家が首を切断され、嬰児が次々と誘拐される事件の真相は何か。女優レオナ松崎が主演の映画『サロメ』の撮影が行われる水の砂漠・死海でも惨劇は繰り返され、甦る吸血鬼の恐怖に御手洗潔が立ち向う。ここにミステリの新たな地平が開かれた。
著者:島田荘司
出版社:講談社
日本 開始日:1993/10/25(月)
4,82933
最近の閲覧数
1000011010
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/11 / 最終変更者:ウクレレ / その他更新者: 管理人さん / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/04/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
いや、もう長くて、何が何だか覚えていません。
それにしても、最初に出版されたハードカバーの値段が約4000円って一体……。
この作品が出た頃から、島田熱がかなり醒めたような気がします(いやホントはそのチョイ前からだけど)。

2005/10/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(44%) 普通:127(46%) 悪い:28(10%)] / プロバイダ: 2201 ホスト:2257 ブラウザ: 3875
エリザベート・バートリがどうの、“鳥かご"、“鉄の処女"がどうの、中国人が
どうの、ユダヤ人がどうの、“サロメ"がどうのと色々と興味深い薀蓄ではありましたが
それが長いもので自分が何の本を読んでいるのかわからなくなることがしばしば。
最後まで読んでみるとそれらが何らかの形で関係のあるファクターを
含んでいるというのは見事なものだとは感じた。それにしてもそういう部分が
長すぎるとは正直思うけれど。
アトピーというのは、私もごくごく軽度にその気があったこともあり、
重い人は相当大変なものらしいというのも知っているというのもあり、
こういう使い方は少々もやもやするのですけれど。

2004/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6119 ホスト:6199 ブラウザ: 3875
島田荘司氏の作品で御手洗潔シリーズは特に
大技トリックが多く、話事態もスケールが大きい物になりがちですが
これも典型的なそのパターン
また名探偵・御手洗潔があまりにも優秀な設定なため
登場するともの凄いスピードで事件を解決してしまうので
彼のシリーズは大抵、小説の前半三分の二は彼抜きで進んでいきます。

最後のトリックで度肝を抜かれたので「良い」にしますが
話は全体的に地味目に展開していて、引き込みが弱かったです。
それでも他作品よりはマシでしたが・・・

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ