[小説]吉永さん家のガーゴイル


よしながさんちのがーごいる / Yoshinaga-sanchi no GARGOYLE
  • 涙流した
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 感動
  • 面白い
  • 可愛い
  • 勇気貰った
  • 道徳心&モラル
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:吉永さん家のガーゴイル
文学総合点=平均点x評価数30位4,646作品中総合点50 / 偏差値99.71
文学平均点1位269作品中平均点2.94=最高/17評価
2004年文学総合点3位181作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)3
ストーリー3.00(最高)3
涙流した100%3人/3人中
友情100%3人/3人中
考えさせられた100%3人/3人中
楽しい100%3人/3人中
感動100%3人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

平和な御色町には、
吉永さんという一つの家族がいた。
ただ……かなり個性的な一家だった…。
小柄な女の子でありながらも特技はプロレス、
著者:田口仙年堂
イラスト:日向悠二
出版社:エンターブレイン
文庫:ファミ通文庫
日本 開始日:2004/02/04(水) / 終了日:2008/07/30
17,7971717
最近の閲覧数
2600000000
4人の方がこの作品が文学として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/07/02 / 最終変更者:雪霞 / その他更新者: 管理人さん / LOVEN / 提案者:ノア (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/09/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(61%) 普通:12(19%) 悪い:13(20%)] / プロバイダ: 24480 ホスト:24207 ブラウザ: 10770
キャラ、設定、ストーリーなど、すべてにおいて楽しめました。

あと、作者紹介のところが楽しかったww

もっとつづいてほしい。

短編集っぽいの出ないかな?

2010/12/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(79%) 普通:3(7%) 悪い:6(14%)] / プロバイダ: 2436 ホスト:2487 ブラウザ: 3644(携帯)
アニメが、素晴らしかったので原作を読みました。

普段小説はあまり読まないのですが、これだけは続きが気になって気になって、まとめて一気に全巻読みました。

ストーリーも心が温かくなる素敵なお話ばかりで、時にはシリアスなシーンもありましたし、最終巻辺りはかなり絶望的な状況におかされたり等もありましたが、御色町の人たちの団結力、吉永家の家族の絆に私は心を打たれました。

世の中みんなこの御色町の様になればいいのにと思うぐらい、憧れを抱きました。

是非とも絶賛したい小説です。

悪い所は一つもありません。

是非とも多くの人たちに見てもらいたい作品です。

評価は文句無しの
【最高!】です。

2010/06/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:477(71%) 普通:103(15%) 悪い:94(14%)] / プロバイダ: 28462 ホスト:28454 ブラウザ: 9466
アニメの方も知ってますが、このサイトでの評価が物凄く高かったので最終巻まで読みましたけど、
これは評判に全く違わぬ内容で面白かったですね。

本作に付いては全巻に渡りストーリーの面白さとテーマの明確さにブレがなく、
ここまで高いレベルで安定したクオリティを維持してる作品も珍しく素晴しいの一言ですね。

既に多くの賞賛の声が寄せられてる本作ですが自分が特に印象的だった所は
14巻・15巻での絶望的な状況に落としてから持ち上げるまでのプロセスが素晴しい構成で、
ここまでの展開を見せられたのには一から積み上げて来たガーゴイル自身の成長と吉永家の家族としての絆、
そして町の人々から得られた信頼のすべてを集大成として築き上げたからこそ、
こんなにも清々しいカタルシスと心を熱く奮わせる内容が読めたのには感無量で
絶賛されるに相応しい内容だったと思えますね。

それと最後にもう一つ付け加えるなら、御色町が持つ雰囲気は一種のユートピアと思えて、
御色町の温かさ・優しさに登場キャラ達が惹かれて、その雰囲気はラスボスのレイジでさえも魅了したし、
また読者の立場としても御色町という世界には思わず憧れを抱く物が有るのではないでしょうか。

2009/04/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(68%) 普通:0(0%) 悪い:36(32%)] / プロバイダ: 18595 ホスト:18730 ブラウザ: 9572
テンポよくさっさと読み進めることができます。
ガーくんの成長がわかるのもいいです。
シリアスなシーンやギャグシーンのどちらもかなり高いレベルで構成されていたと思います。
少し残念だったのは前半と後半で絵がだいぶ変わってしまったことかな?

2009/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16309 ホスト:16107 ブラウザ: 4241
【良い点】
キャラクターがみんな個性的で作品中で生きている。
楽しい話からも大切な教訓が読み取れる。
ガー君の成長ぶりがよくわかる。
刊行ペースが速い。
イラストがきれい。
とても読みやすい。

【悪い点】
特になし

【総合評価】

私は、原作から入って15巻まで読んだ感想を書きます。
高原イヨ 怪盗百式 オシリス ケルプ ピクシー
などの色の強いキャラを中心に話が展開していく話や、
戦争 植物の大切さ 部活 亡くなった人 家族
について、教訓となるような話が読みやすい文章で書かれていて、
とても面白かった。

次に、どのラノベを読むか悩んでる人は、吉永さん家のガーゴイル
をお勧めします。

2009/02/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:0(0%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 8062 ホスト:8101 ブラウザ: 10649
面白いですね。最近読み始めたのですがハマりました。バトルシーンはもちろんのこと、ところどころにあるギャグも面白いですし登場人物もみんな好きです。

15巻で終わってしまったのが非常に残念です。

[推薦数:1] 2009/01/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(64%) 普通:29(20%) 悪い:23(16%)] / プロバイダ: 882 ホスト:657 ブラウザ: 4926
アニメが元で読み始めたのですが、面白い面白い。
堅物だったガーゴイルが徐々に周りの人たちと打ち解けていく過程や、巻毎に出てくる新たなキャラクター、
そしてやはり吉永家の面々。
どれをとっても魅力的で飽きがきません。

また、基本的に物語の中で時間が進行しているので、それに沿って吉永家の子どもたちも成長し、和己の受験が描かれるなど
初めとは違うのだな〜と感じられた。

基本的には御色町を舞台にほのぼのとした話が多く、時には町を揺るがす事件が起こったりするなど起伏に富んでいます。
双葉が植物と話が出来るようになるストーリーは切なくて心に響きました。

しかしながら、戦争を主題にした巻では、双葉達の楽しい生活が一変してこれまでにないつらい経験をしなければならないなど、
非常に奥が深い内容になっています。

最終巻辺りになると、さすがにシリアスな展開となり、緊張感あふれる内容となっています。
ガーゴイルが町を破壊したという嫌疑をかけられ、街の人々の吉永家を見る目が変わり、これまでとは打って変わって
吉永家を非難するなど、どうやって史上最大の困難を乗り越えるのかは見応えがあります。

先ほども述べたように、キャラクターは皆魅力的で、特に吉永家のみんな、百色、高原イヨなどが色々な意味で濃いです。
っていうかメインキャラクターは全員そうかな。

実質的なラスボスのレイジは只の悪役ではなくて、闇に生きながらもどこか光を求めているキャラクターとして印象に残っています。
力の使い方を間違えなければ、もっと早く御色町に来ていれば・・・と思わずにはいられない人物です。

ガーゴイルおるたなてぃぶを読めば、吉永さん家のガーゴイルの補完が出来ます。
特に最終巻は互いにリンクしてる部分も多く、読んで損はないです。

ライトノベルを読むのならば、吉永さん家のガーゴイルは外せないでしょう。
そういう作品です。

2008/12/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(77%) 普通:3(23%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 506 ホスト:324 ブラウザ: 9131
この世界観が理屈とか抜きに大好きです。
メインの吉永さん一家はもちろん百色やオシリスのような敵のキャラもどこか憎めなくて、最終的には皆好きになれる、そんな魅力的なキャラで溢れています。
また内容もご町内のドタバタ劇をベースに時には中尉と美森の話のようなじーんとくる話を、時にはミズチとの対決のような手に汗握る話を見せてくれます。
魅力のあるキャラとどう転ぶか分からない話で私たちを楽しませてくれる、ライトノベルとはかくありということを表している作品で、ここでの評価が最高ばかりなのも頷けるほのぼの系ノベルの最高峰の作品だと思います。

2007/10/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:507(70%) 普通:0(0%) 悪い:215(30%)] / プロバイダ: 1407 ホスト:1252 ブラウザ: 5598
作風が常にハイテンションで、登場キャラがみんな個性的で、とても楽しめた作品です。
明るく賑やかな作風が魅力的で、読んでいると、元気になりますね。
非常に存在感・インパクトの強い作品だと思いました。
また、騒がしい中にも、心に残る話があったりして、内容もしっかり伴っている良作だと思います。挿絵もかわいらしくていい感じです。
特に難しい表現も使われていないので、読みやすく、親しみやすい作品です。
世界観も明るさ全開で、読んでいて爽快感があります。
読んでいて特に不満も無く、気軽に楽しめる良作だと思うので、評価は「最高!」にします。

2007/10/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(84%) 普通:0(0%) 悪い:4(16%)] / プロバイダ: 8600 ホスト:8586 ブラウザ: 6342
まさにこれぞライトノベル!って感じでしたね。
毎回ハチャメチャな騒動を繰り広げながらもきっちり教訓が組み込まれていますし
その上大変読みやすく、何より心から楽しいと思えました。
評価は最高です。最高以外つけようがありません。

2007/02/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:38(63%) 普通:6(10%) 悪い:16(27%)] / プロバイダ: 45073 ホスト:44897 ブラウザ: 4184
他の方々と同じくアニメから入ったクチですが読み始めてこれほど衝撃を受けたライトノベルは珍しかったです。まさかの感動系で読んでて泣くとは自分でも思ってなかったのでビックリです。原作を読んだ後だとアニメの方でさえ見劣る気がしますが様は原作がそれだけ凄かったのでしょう。まだまだ続いてる作品ですしこれからが楽しみです。

2007/01/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(81%) 普通:6(8%) 悪い:9(12%)] / プロバイダ: 23783 ホスト:23874 ブラウザ: 4184
自分はまずアニメを見て、この作品にはまり小説を見てみました。あまり活字が得意ではないので全ては見てませんが。
この小説のすばらしさは、まずキャラが魅力的で際立ち、ストーリーにおいて見事にその役割を果たし、そして肝心のストーリーが起承転結がすばらしい点だろう。
ストーリーとキャラが見事にシンクロしているので、目では小説を見て、頭ではその世界に入っている。
この作品は読み手を選ばないという点でもすばらしいと思います。
評価はもちろん最高で。

[推薦数:1] 2006/12/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6972 ホスト:6989 ブラウザ: 4184
アニメ版の放送が終了してかなり経ったけど遅まきながら最近になって原作の方を読ませてもらったが本当に面白くて久々にライトノベルを購入して良かったかなと思う。

アニメ版の方でも感じてたけどこの作品の魅力は何と言っても個性が有って親しみ易いキャラが沢山いる所だけど、その辺りは原作でも流石にと思わせてくれる部分だしやっぱりアニメが面白かったのは原作が良かったのだろうと改めて思わせられる。

各巻の序盤はテンポの良いギャグを織り交ぜながら軽いノリで展開されるが、こういう軽いノリの部分は誰にでも読み易いという点では敷居が低くて他の人達にも薦め易く、また例えば錬金術とかの設定は用意されてるけど、錬金術の部分にしても御色町の仕組みやキャラ構図にしても難しく考える部分は無くてサクサクと読める。
しかし段々と読んでいってエピソードが進むと作品の核心を突いたテーマが見えて来てシリアスになってくが、この作品の一番の良い所はその核心を突いたテーマの部分に全くのブレが無く読み応えが有って面白く各巻での核心を突いてるテーマの部分が深いし、一定の深さを保ちながらも扱ってるテーマの部分を読者側にも明確に解り易く尚且つ納得の出来る形で伝えてくれるし、それと同時に感動出来るエピソードが数多く有って各巻が読み終わった後には実に清々しい気持になれて読んでみて十分に満足させてくれる作品だと思う。

また巻が進むに連れてガーゴイルが精神的に成長していく姿も実に好感が持てるし、最初の頃は単なる機械的な面しか無いガーゴイルだったが、双葉を初めとした吉永家の家族や御色町の人々と触れ合い様々な出来事を体験する事によってガーゴイルにも感情という物が芽生えて来るストーリー作りにも読む側の立場の人間とすればガーゴイルにも肩入れ出来る物が有るのでは無いだろうか。

この作品の場合は最初の入り口は割りと浅いが、読んで行くうちに段々と惹き込まれていく奥深さが有る作品だと思う。
自分はアニメ版を観てこの作品の事を知ったけど、アニメ版を観た人だったら安心して読める作品だろうし、また作風の感じからしても割りと全般的に読む人を選ばない万人向けの要素が沢山有る作品だと思う。

評価は「最高」で。

2006/08/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:242(72%) 普通:92(28%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2795 ホスト:2669 ブラウザ: 6287
アニメを見て興味を持ち原作も読んでみました。
現在10巻まで発売されていますが面白さは衰えていません。

巻ごとに大まかなテーマもあり本当に感動できます。
アニメの方もありましたが植物に関する3巻は本当に感動してしまいましたね。
また使い捨てキャラ・一回きりのキャラがいないのも特徴。
出てくるキャラも魅力的な人ばかり。
ほのぼのとバトルの割合も良好。
キャラの成長、特にガーくんの成長ぶりは素晴らしい。

文章もイラストも巻を追うごとに向上していますね。
9・10巻は戦争がテーマですが設定が細やかで驚きました。
面白さが衰えないことと同時に手抜きをしてないと感じました。
まさかライトノベルでこんな面白いものがあるとは思いもしませんでしたね。
ほのぼのとし笑えて泣ける作品です。

評価は最高です。

2006/08/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:83(72%) 普通:5(4%) 悪い:27(23%)] / プロバイダ: 30606 ホスト:30431 ブラウザ: 3846
これは・・・・・。
最強のほのぼの系かもしれない・・・・・。
ファミ通文庫の大賞を掻っ攫ったというその質は伊達ではありません。
1〜10巻を短い時間の合間を見つけながら1週間程度で読んでいったのですが。
ほんとうに、最高と評価してもいいでしょう。
どの話も素直な気持ちで感動できます。

百色、梨々、ヒッシャム、東宮雅臣、高原潤・・・・・
各巻に新キャラが毎度毎度登場してくるのですが。
これらもほとんどが一話限りの使い捨てにならず、無駄弾に終わらないというのもすごいです。

あと、ガーくんの成長ぶりがすばらしい。
徐々に無機物が有機物になるような感覚で・・・・・。

文章の方も巻を追うごとにうまくなっていると思います。
(1巻の文章はちょっとどうしようかと思った・・・・・)

さて、9〜10巻で新展開が見られたわけですが。
こっからどういう風に進展していくのでしょうか。
楽しみです。
アニメのほうも密やかながら人気らしいので、もしかしたらそのうち、
さらに時間を削って見てしまうかも知れません。

後は、演劇兄弟の再登場が楽しみ!

もっと読む

「私もこの作品は好きです。ほのぼのしているところが特に好きですが、バトルシーンもかなり好きです。イラス...」 by ジャスティス


次のページを読む

この評価板に投稿する



2012/04/10 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 25646 ホスト:25558 ブラウザ: 10709 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/考えさせられた/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 世界樹迷宮10周年 by エスパー
... ね。 多分3Dダンジョンが薄暗い洞窟を探索するという印象もあったので饒舌になると不気味さが失われる、 その辺はプレイヤーに妄想会話を委ねさせると考えれば乙なもんでしょう。 というかまさしく自分だけ物語となっているが世界樹醍醐味一つなんだぜ。 キャラデひむかいさんは昨年度放送されていた「吉永さんガーゴイル」で知った ...
記事日時:2017/01/18
video
2. もうすぐ10周年を迎える名作(迷作)アニメは、なにもハルヒだけじゃない by Barnirun
... しばわんこの和こころ NANA .hack//Roots 女子高生 GIRL'S HIGH 桜蘭高校ホスト部 銀魂 うたわれるもの Strawberry Panic - ストロベリー・パニック - SIMOUN - シムーン - 涼宮ハルヒ憂鬱 妖逆門 -ばけぎゃもん- 味楽る!ミミカ ぜんまいざむらい ARIA The NATURAL 吉永さんガーゴイル 牙 - ...
記事日時:2016/03/26
3. 城下町ダンデライオン2話・感想 by 竜巻回転
... 現時点で言えば今期アニメ中では一番お気に入りキャラです。 それに聞き慣れた声とは言っても、やはり花澤ボイス効果は絶大と云いますか、 キャラ萌え破壊力が増大するなぁという感じですね。 また本作ジャンルや作中雰囲気とかに付いても自分波長に合いそうで、 こういう、ご近所コメディ的な作風は「吉永さんガーゴイル」とか、 ...
記事日時:2015/07/11
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:吉永さん家のガーゴイル
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ