[小説]夜は短し歩けよ乙女


よるはみじかしあるけよおとめ / Yoruhamijikashi Arukeyootome
  • ロマンチックな気分
  • 楽しい
  • 感動
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:夜は短し歩けよ乙女 / 漫画:夜は短し歩けよ乙女
文学総合点=平均点x評価数48位4,556作品中総合点38 / 偏差値86.77
文学平均点22位266作品中平均点2.24=とても良い/17評価
2006年文学総合点6位180作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)5
ストーリー2.00(とても良い)5
ロマンチックな気分40%2人/5人中
楽しい40%2人/5人中
感動40%2人/5人中
面白い40%2人/5人中
可笑しく笑える40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。
著者:森見登美彦
出版社:角川書店
掲載誌:野性時代
表紙装画:中村祐介
日本 開始日:2006/11/29(水)
12,9791717
最近の閲覧数
1011104001
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/27 / 最終変更者:ウクレレ / その他更新者: 管理人さん / 遠野 / 提案者:猩々紅冠鳥 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/05/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:73(86%) 普通:9(11%) 悪い:3(4%)] / プロバイダ: 44111 ホスト:43943 ブラウザ: 10295
ちょくちょく作風が変わるので、私がこの作者のファンだとはっきり言えるかは微妙だが、
少なくとも、この時期のモチーフや文体はツボに来る。

現代劇だが、大正ロマンから昭和初期っぽい風味をまとわせた幻想的な雰囲気。
地の文に笑いの度合いが強く「四畳半神話大系」に近いと思うが、
平行世界とかではなく、普通に進む。
特徴としては、主人公とヒロインの交互の語りだということ。
口調や性格の描き分けは良好。
いちいち大仰なセリフ回しの主人公と、奥ゆかしく図太いおとぼけヒロイン。
2つの視点から話が進み、交錯、展開してゆく。
一方がネタ振りをして一方がオトす、などの連携プレイもあり。
ネタはよく練られており、伏線の類は小綺麗に回収される。

マジックリアリズムというらしいが、森見作品ではよく、
現実の世界に幻想的なモノが紛れ込む。
それ自体は別に珍しい手法ではないと思うが、本作ではその描き方が巧妙である。
疑問や驚嘆のリアクションが生まれるわけでもなく、
そういう設定の世界として描かれるわけでもなく、
単純に、あまり触れてもらえない。
ヒロインのことしか頭にない主人公と、マイペースでおとぼけなヒロインには、それどころではないのだ。
幻想が唐突に現れては、なんのことなく雑にあしらわれる。
それがどうにも笑いになってしまう。

全体のストーリーは単純で王道。
しかし、細かい展開にはひねりが加わり、文体や描写に独特のセンスがある。
それが好みに合わない場合は即アウトらしいが、どうやら私には合うようだ。
数ページ立ち読みして気に入ったら、買っても損はないと思う。
基礎部分はしっかりしてるので。
「とても良い」にします。

2013/02/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1440(52%) 普通:703(25%) 悪い:628(23%)] / プロバイダ: 14400 ホスト:14312 ブラウザ: 6172
1章から順に春・夏・秋・冬の全4章からなる1冊

主人公とヒロインそれぞれの視点を細かく切り替えながら書き綴られており
お互いを補完しあって二人で一つの物語として完成させるという構成

ファンタジー要素の混ざったストーリーにすれ違う二人の行動や、ちょっとした仕掛け
ヒロイン可愛らしさやユーモラスな造語の数々でスラスラと読み進められます。
特に文化祭でのヒロインの風貌なんかは想像すると笑ってしまいます。

この作者さんはクロスオーバーがお好きなようですね
樋口師匠と羽貫さんは「四畳半神話大系」にも登場するし
李白老人は「有頂天家族」の寿老人と同一人物みたいです
ファンとしてはこういうキャラの使い方は嬉しい限りです。

コメディー色が強く、恋愛はちょびっとある程度の恋愛コメディーで
この作者の著書は何冊か読んでいますが、その中では特別読みやすい文体でした

2012/05/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2159(58%) 普通:744(20%) 悪い:833(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
男主人公の「先輩」、女主人公の「黒髪の乙女」。どちらの視点もかなり良かいですし、先輩には共感できて、黒髪の乙女は可愛く見える。
恋愛小説というジャンルですが、古めかしい文章や台詞と現代風な内容が意外にもマッチしており、あまりベタベタじゃない形になってます。
最後まで先輩が黒髪の乙女にうまく告白することもないけど、それでも何かが二人の間で生まれたような爽快感はありました。

おそらくは大半の男性なら、先輩の行動は理解できるかと思います。逆に女性が見ると、そのヘタレっぷりを笑えるでしょう。
どちらかというと卑屈なタイプの人間ですが、その割には自分と似すぎているために嫌えない。
そのうえに、四畳半神話体系のように小悪党じみた行動もしないので、あちらよりは自分に近い存在と思えるかと。

黒髪の乙女はあまりに可愛すぎる。表紙のイメージで考えても、文庫本解説のイメージで考えても、漫画のイメージで考えても、やっぱり可愛いんです。
大酒飲みで、天然ボケ。緋鯉を背負ったり、おともだちパンチを繰り出したり、ちょっと抜けた感じも良い。
ぶりっ子とかそういうマイナス印象も抱かせることなく、最後まで小説を和ませる良いヒロインだったと思います。

あとは李白やらみそぎやら樋口やら羽貫やらと、同作者の他作品関連の話題も多い。
四畳半神話大系と同じ大学なんですね。

まあ、恋愛小説ではダントツで楽しかったと思います。
この作者の文章も、慣れれば充分楽しめるし、今回はあまり好き嫌いは出ないと思う。
個人的には文化祭の話が一番すきでしたね。

2011/09/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 36185 ホスト:35958 ブラウザ: 2150(携帯)
とても読みやすく、男性としてとても共感できる。気取らない文章でズバッと書かれており、爽快。
ファンタジーが多分に混ぜ混まれており、読み終った時に、あっこれラブコメだったって思うくらい。
やっと新しいものを書ける人が出てきたなぁと思う。舞台は京都。京都旅行を計画してる人、休みあるけど行きたいとこないなぁって人におすすめします。

2010/12/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(76%) 普通:34(24%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 36185 ホスト:35943 ブラウザ: 1959(携帯)
「四畳半」からこの人の作品を知って読ましていただきました。
この人は同じ世界観が好きなのかな?と少し思ってしまいました、四畳半を読んでからでしたので読みやすいと言えば読みやすいのですが個人的には少し新鮮さがなかった印象を受けました。
さてさて、この作品のことですがこの作品の登場人物は実に不可思議で珍妙な人物ばかりだと思っています。ですが、それが愉快で面白い部分だと思っています。
特に印象に残ったのはやはりこの作品のヒロインではないでしょうか、一応「ラブコメディ」であるこの作品はコメディの部分が非常に多く盛り込まれていると思っているのですが、そのヒロインがこのコメディを引っ張っていると思っています。このヒロインの性格や行動などがとても可笑しくて引き込まれると思っています。
さて、この作品ですがラブコメディということもありもちろん男の主人公もいます、割と可笑しいこの作品のヒロインととても相性が良さそうなこの主人公はこの作品の唯一の「普通な」人のような人間味のある人物でした。また、この作品はこの二人の視点から話が広がりますので二人の心情描写が見え隠れする二人の心の動きが読んでいてわかりやすかったのが良かったです、特にヒロインと主人公の心のズレがもどかしく、またキュンとする部分ではありました。

ですが、ラブコメディということでお互いが意識する関係になるまではやや読みにくかった部分はありました、ですけどややネタバレになってしまうのですが文化祭のお話が非常にテンポが良く「これぞラブコメディ!」と、個人的には大好きなお話でした。

総合的に
登場人物が面白可笑しく楽しく進むこの作品は読んでいてどんどん惹かれていくと思います、やはりヒロインの印象がとても強いのですがヒロインを取り巻くサブの面々も非常にキャラが濃いので引き立て役がしっかりしているためヒロインだけ浮いてしまわないのは良い所かなと。
なかなか洒落たコントのような面白いラブコメディで非常に楽しめました。

2010/10/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(42%) 普通:50(31%) 悪い:44(27%)] / プロバイダ: 2577 ホスト:2515 ブラウザ: 8734
きちんとした家に育った(しつけとかモラルの面で)大学生
の恋愛模様、を面白おかしく大げさな着色を加え物語にし
た作品という感想を持った。

主人公の元々度胸がある性格とは裏腹に不器用な行動、
大胆だけれども世間知らずで素直なヒロイン。

賢い大学生(偏差値的に)の典型的な例の二人だが、お互い広
い世界、少々奇妙ではあるが、に触れることで少しだけ思い
切った行動をする。基本線は恋愛ものなのだがそういう姿が
清々しい。

ラブコメの王道路線が幹にあるため安心して読める。そして
枝葉の着色が独特かつポップなので面白い。

サクッと読んで楽しめるのがいいね。評価はとても良い。

2010/10/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 53383 ホスト:53310 ブラウザ: 6770
【良い点】
例え、表現そのものが色々と面白い。
京都の情景も良く伝わってくる。
軽快に読める。

【悪い点】
ちょっと盛り上がりが少ないようにも感じた。
京都が舞台であるにも関わらず、登場人物の台詞に関西弁が出てこないのは、
ツッコミどころかも?

【総合評価】
京都を舞台にした、ラブコメタイプの小説、かな、と。

この作品は、何と言っても表現がとても凝っていて、そこが面白いです。

例えば、
・「叡山電車を積み重ねたような三階建ての家」
とか、
・「近鉄電車のような赤茶色の顔」
とかいった感じの独特の表現がとても良く、鉄道が好きな私としては、なるほどなるほど、とウンウンと頷けて、なおかつそれが分かりやすくイメージ出来るような気がしました。

又、この作品には京都の河原町や御池といった地名も数多く登場しているので、まさに私自身が京都の地に足を今、踏み入れているのだ、と言う感覚で読む事も出来、京都に旅行している気持ちにさえもなることが出来ました。

ノリも全体的に軽快で、なおかつ安心して読める小説でした。
ある意味、現代人が求めているであろう「癒し」の部分も、この作品は持ち合わせているような気がします。

故に評価は「とても良い」で。

2010/09/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:108(73%) 普通:12(8%) 悪い:28(19%)] / プロバイダ: 39626 ホスト:39602 ブラウザ: 10692
とっても純粋な主人公達と胡散臭い脇役達が織り成す現代ファンタジー小説だ。
「四畳半神話大系」と舞台を同じくする話である事に興味を持ち読み始めたのだが、
これが凄く面白い。
文体は「四畳半」と同じく古風で大仰な一人称文体だが、この作品は主人公を「先輩」
と「黒髪の乙女」の2人の視点からストーリーを進めてゆく。
「先輩」の視点と行動は純情でヘタレ。後輩である「黒髪の乙女」が好きで、何とかお近
づきになろうとしてまだるっこしい作戦を立てては周囲の胡散臭い人々に振り回される
様はペーソスに溢れ凄く可笑しい。
対して「黒髪の乙女」の視点と行動は怖いもの知らずで天然。とんでもない騒動に巻き
込まれながら飄々と渡り歩く様がとっても可愛く魅力的だ。
ストーリーは4つの短編から構成されており、エキセントリックでファンタジックな脇役
に支えられつつ、じれったいながらも徐々に近づいてゆく2人の関係がピュアでほほえま
しい。
また京都の四季をうまく織り交ながら進むストーリーは情緒たっぷりでとても味わいがあり、
作品の面白さに花を添えている。
そして森見文体がとても冴え渡っており、「恥を知れ!」云々や「諸君、異論があるか!?あれ
ばことごとく却下だ!」等々の独創的な言い回しや「お友達パンチ」「詭弁踊り」といった珍
妙な造語がとてもユーモラスでついつい本の中に引き込まれてしまう。
青春ラブコメファンタジーとして老若男女を問わず、是非是非読んでいただきたい。
評価は<最高!>で。

2010/09/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(77%) 普通:26(4%) 悪い:139(20%)] / プロバイダ: 20315 ホスト:20349 ブラウザ: 11274
とにかく面白いです。解かりやすく明快でネタが単調すぎず、四章構成なのですがスラスラ読めます。
また情景もわかりやすく春夏秋冬がにじみ出すような作品です。
キャラクターもそれぞれ個性というかアクが強くお友達パンチなどのキーワードもはずせません。

2010/08/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(46%) 普通:4(11%) 悪い:16(43%)] / プロバイダ: 16719 ホスト:16592 ブラウザ: 10806
【良い点】
・4章構成になっていてそれぞれの季節に分かれているので読みやすい
・ほのぼのとした雰囲気
・お友達パンチなどの面白い技?

【悪い点】
・特になし

【総合評価】
めっちゃ面白かった、この本の続編とか読んでみたいなーと思うけど(書かないほうが良かったと思うけど)先輩と後輩の名前知りたっかったな.........。

2009/11/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 15072 ホスト:15312 ブラウザ: 6750
「 おともだちパンチ 」 「 偽電気ブラン 」 「 詭弁論部 」 「 閨房調査団 」
「 韋駄天コタツ 」 「 偏屈王 」 「 象の尻 」 等々 …… 。
いや、私にはもう、何が何だかワカリません。

不思議な作品です。
恋愛ファンタジーというには、少し大袈裟な感もしますし …… 。
まあ、そのようなことを考える必然性など、ないのかもしれませんが。

【良い点】
( 1 ) 章が4つに分かれており、それぞれが春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬を背景としいて、
読みやすいところですね。

( 2 ) 一応、ハッピーエンドであるところでしょうか
( デートにこぎつけたところで終わっています ) 。
それにしても、主役2人 ( 〔 先輩 〕 と後輩の 〔 彼女 〕 ) の名前が最後まで出てこないのに、
作品が成立しているところは、凄いと思います。

( 3 ) 京都が舞台というのが合っていると感じました。
出町柳とかイイですね 〜 今年の夏に旅行して、京都大学周辺を散策したことを思い出しました。
ゆったりと時が流れているように感じましたね。

【イマイチな点】
超現実的でない場面がよく分かりません。
そのようなところが魅力と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
一歩間違えば、 「 何でもアリ 」 になってしまうので、難しいところです。

中でも、 〔 樋口さんの才能というか手品 ? 〕 や 〔 李白の三階建電車 〕 〔 古本市の神 〕 は、
一体、何なのでありましょうか ?
決して、マイナスとまでは思いませんが、うーん …… 。
〔 夢 〕 ではないとは思うのですがね。
私が理解しきれていないだけなのでしょうか ?

【総合評価】
今まで読んできた小説の中でNo.1にするほど面白いとは思いませんが、
どこかまったりとした雰囲気は、読んでいて心地良いものでした。
実際問題として、 〔 彼女 〕 のような話し方をする人は、あまりいないような気もしますが、
小説としては、許容範囲でしょうか。

評価は、 「 とても良い 」 に近い 「 良い 」 としておきます。

2009/10/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:128(51%) 普通:40(16%) 悪い:85(34%)] / プロバイダ: 15054 ホスト:15019 ブラウザ: 14203
私は難しい文面は大嫌いです。
漢字を連ねて書く文は私の中では「芸術」の領域であり、「気兼ねなく読む」という分類には入らない。
しかし、この作品では漢字の羅列のような文面だが「美しい」と思え、「気兼ねなく読む」という分類に入れることができました。

ストーリーは、「先輩」が「黒髪の乙女」を追いかけるというものだが、とても上手く描けていると思いました。
私が評価したいのは「運命の悪戯」というもの。この作品は「先輩」の努力というものもあるがやはり運命を感じずにはいられない。
最初っから最後まで運命に翻弄されつづけている。

そして、作者の言葉の使い方の上手さ。これは、小説家にとって最も重要な才能だと思うのです。

「詭弁踊り」「恥を知れ!!しかるのち死ね」「「諸君異論があるか!?あればことごとく却下だ」「おともだちパンチ」などなど。言葉が本当に面白い。
知らぬ間に言葉に吸い込まれてしまいます。

では、唯一の問題点を挙げたいと思います。
それは、最後の「夢」。ここが全く分からなかった。私の記憶では、黒髪の乙女が夢を見た表現は無く、先輩は夢を見ていたはず。それなのに夢なのか現実なのか分からないまま突如現実に戻ってきて「大変御上手な着地でした」って・・・・。
「空飛んでたのは現実??」「竜巻に巻き込まれたの現実??」と私は驚きをかくせなかった。
何故、4章になって突如空想世界に飛んでったのか・・・・・。SF小説じゃなく恋愛小説だと思っていたが・・・・う〜ん。

―総評―
問題のところ意外は完璧と言っていいできでした。
この世界を見てみるのもいいかと。
評価は「とても良い」で。

2009/09/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(76%) 普通:17(24%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 21560 ホスト:21495 ブラウザ: 4242
好奇心旺盛な「黒髪の乙女」と、彼女に憧れる「先輩」の二人の視点でストーリーが展開。四季ごとの4つの物語が収録されている。
これはとにかく楽しかった!一見読みづらい独特の文体は、慣れたら癖になる様な中毒性を秘めてて、ツボに入った。豊富な語彙力も高ポイント。
京都の夜の街、古本市、学園祭など、様々な舞台で繰り広げられる「先輩」の妄想劇は、イタイタしいものの、どこか応援したくなる健気さだった。
「黒髪の乙女」の天然振りもイイね。二足歩行ロボットとか、背中に緋鯉とか、「なむなむ!」とか、愛らしい雰囲気に満ちていて、魅力的だったな〜。
今後二人が一体どうなるのか…。帯の煽り文を贈りましょう。「キュートな乙女と一途な先輩にどうか、幸ありますように!」森美ワールド、お見事でした!

2009/03/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(74%) 普通:10(19%) 悪い:4(8%)] / プロバイダ: 14990 ホスト:14840 ブラウザ: 6312
本屋大賞2位。さて、伊坂幸太郎に追いすがった作家とはどれ程の者か、
と思い、読んでみたが、これは良かった。

作風は村上春樹のような抽象的世界であり、伊坂幸太郎に近い軽快なテンポだが、
特徴的なのは「先輩」らのレトロなセリフの言い回しである。
そんな現実から少々かけ離れた現実の世界が、表紙の中村佑介氏と非常にマッチした。
そして「おともだちパンチ」「偽電気ブラン」「古本市の神様」「パンツ総番長」
等の不可思議な存在・それらのくだらない説明。
個人的にはこのドタバタ展開が好きだが、
逆にこの展開や作風が嫌いな人もいる。
そうであっても内容は相当いいものである。

2008/12/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:0(0%) 悪い:3(60%)] / プロバイダ: 18543 ホスト:18361 ブラウザ: 10757
【良い点】

最高☆
独特な語り口調でつづられる内容、一度ハマれば抜け出せません!
【悪い点】

特になし

【総合評価】

とにかく最高です!言いたいことは下のおふたがたが言って下さったので深くは語りません(笑)

もっと読む

「ふんわりと、我が道を歩む「彼女」と、その後ろ姿を追いかけ続ける(ちょっとストーカー入った)先輩――この...」 by 遠野


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/12/03 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 11384 ホスト:11544 ブラウザ: 9419 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可愛い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 足し算と引き算――『四畳半神話体系』と『歩けよ乙女 by 雪霞
... 面白かった。 映像の鮮烈さもさることながら、原作を分解再構成オリジナルエピソードを 縦横にはさみ込んで、原作と違うテイストの、いわば原作の並行世界の存在のような 作品を作り上げた脚本の手腕に感服た。 さて、その同じ監督・湯浅政明と脚本・上田誠が、同じ原作者・森見登美彦の 『歩けよ乙女』をアニメ化 ...
記事日時:2017/04/30
2. (私が選んでみた)「センバツ・ご当地作品」② by KAMIKAZE
... 九州編です。 【近畿】 「けいおん!」(滋賀)・・・作中のモデルの校舎滋賀県にあり、又京阪石山坂本線の車両のラッピングにも採用された人気のあるガールズバンド作品。 「いなり、こんこん、恋いろは。」(京都)・・・神様から変身能力を授かったヒロインが織りなす、京都を舞台にたラブコメ作品。 「歩けよ乙女」(京都) ...
記事日時:2013/03/23 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:夜は短し歩けよ乙女 / 漫画:夜は短し歩けよ乙女
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ