[小説]とある魔術の禁書目録シリーズ


とあるまじゅつのいんでっくすしりーず / Toaru Majutsu no Index siries
  • 面白い
  • 熱血
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 可愛い
RSS
注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:とある魔術の禁書目録<インデックス> / ゲーム:とある魔術の禁書目録<インデックス> / 漫画:とある魔術の禁書目録
文学総合点=平均点x評価数37位4,646作品中総合点47 / 偏差値96.44
文学平均点214位269作品中平均点0.68=良い/69評価
2004年文学総合点5位181作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.79(良い)19
ストーリー0.58(良い)19
面白い58%11人/19人中
熱血53%10人/19人中
楽しい47%9人/19人中
格好良い47%9人/19人中
可愛い42%8人/19人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

超能力が科学によって解明された世界。
能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。
彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。
こうして、上条当麻はオカルトの世界へと足を踏み入れる。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
著者:鎌池和馬
イラスト:灰村キヨタカ
出版社:メディアワークス
レーベル:電撃文庫
発行:KADOKAWA
日本 開始日:2004/04 電撃文庫 / 終了日:2010/10/10
78,0057769
最近の閲覧数
4405113131
2人の方がこの作品が文学として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/04/26 / 最終変更者:加納恵 / その他更新者: 狗が身 / kunku / 雪霞 / 管理人さん / DONP / CTU / 提案者:十兵衛改 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/19 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 20108 ホスト:20056 ブラウザ: 10315
【良い点】
インデックスかわいい

【悪い点】
ストーリーくそつまらん
【総合評価】
盛り上がるとこもなし。ストーリー面白くない。

2018/05/07 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 32339 ホスト:32486 ブラウザ: 10316
【良い点】
ロジック崩壊している点を無視すれば、多くの設定と物語を作っており、作者の才能は証明されていると思います。
登場人物も多彩で個性もありますが、一方で使い捨てな扱いが多く、作者の文章力の問題もあり、前文とは矛盾しますが、無個性で中身のないキャラ被りをしているような心象を持ちます。
物語も同様に、毎回新展開しており、伏線が多岐に巡らされ、読者を飽きさせない工夫とは思いますが、インフレを起こし過ぎてジンバブエドル状態になり、寝かせ過ぎて価値の無い有価証券のようになっています。
細かいことは気にせず、熱血モノとして読む分には熱くなれ、感慨深い所もありますが、やはり中身に乏しく興醒めすることは否めず、購読は小中学生向けで、精々が高校生だと思います。
【悪い点】
良い点と合わせて悪い点も挙げたのですが、やはりロジック崩壊と文章力の稚拙さ、キャラクターの使い捨て、設定や伏線、物語のインフレ等がこの作品の価値を損ねています。
ただ、自分がこの作品に低評価を押したのは主人公(群)に対して、或いはそれに纏わるこの作品の作者の価値観に対するものが大きな理由です。
ご都合主義で女性しか救わないヒーロー、これはラノベにありがちですので可としても、この物語の根幹は主人公の人間性にあるわけで、そこに厚みがないとどんな展開でも熱くはなれません。
記憶喪失の平凡な高校生に人間としての厚みを求めているのではなく、他の登場人物も含めて作者が、物語の世界に対する人間性に厚みを込めることを望みます。
机上の空論や空想による実体の無い心意気ではなく、何処からか引用してきた悲劇や奇跡の感想ではなく、斜に構えて眺めた全ての努力や価値観を上辺で語るのではなく、自分の弱さを転嫁して不都合なことを誤魔化すのではなく、そこを真摯に書かなければならないこの作品において、やっつけで済まされている事が残念でなりません。

【総合評価】
シリーズ途中ではありますが、時間とお金を無駄に使ってしまったと思います。
色々書きましたが、ここから大幅に改善されるとは思えません。
前述しましたが、小中学生が読む分にはアリかと思いますが、それ以上の方は他の物にお時間を使うことをお勧めしますし、この作品が気になる方はアニメやコミック等でご覧になられればと思います。
自分は基本的に原作派ですが、この作品に関してはアニメ等でいい感じに短縮編成されるのを気長に待つ方が賢明です。

[推薦数:1] 2017/01/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:88(78%) 普通:15(13%) 悪い:10(9%)] / プロバイダ: 39069 ホスト:39156 ブラウザ: 9238
ラノベ版キン肉マンと言えばいいのかもしれない。
細かいことは気にせず、ツッコミどころも無視して、なんか熱いと思える展開に燃えればいい。
まぁまぁ面白かった。

【総合評価】
3巻まで読んで楽しめたけど、文章がちょっとおかしくてしんどいし、もういいかなと言った感想。

2016/10/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6079 ホスト:5699 ブラウザ: 9311
新約含めて全巻既読済です。
はじめに書いておきますが、私はこの作品のファンですので、評価には多少以上に贔屓目が入っている可能性があります。
【良い点】
・登場人物と世界観
素晴らしい。そうとしか表現できません。
この作品は、非常に登場人物が多く、一冊で十人以上の新キャラクターが登場することもざらにあります。
そして、それら全てが特徴的で、活かされている。
主人公であるツンツン頭の少年、上条当麻を始めとして、見たもの聞いたものをすべて記憶するシスターや、炎を操り刺青をしている十四歳のスモーカー神父、電気ビリビリの中学生に、見た目ロリのヘビースモーカー女教師まで。ありとあらゆる属性のキャラクターが詰め込まれていて、それぞれがそれぞれの事情と性格と意志を持っている。そして、それらを全く無駄にすることなく活かしきっています。
三巻で出てきて主人公を助けた少女が八巻で主役格を張ったり、四巻でちょっと出てきた女性が十三巻で再び現れ、二十巻で活躍したり……綿密に練られたそれぞれの登場人物と、その背景にある世界観が複雑に絡み合い、それぞれの物語を形作る様子は、読んでいて感動を起こすことさえあります。
それぞれの能力と戦闘の様子も毎回毎回非常に凝っていて、飽きることはありません。

・ストーリー
様々な方が感想で言われていることですが、一巻一巻のパターンは確かに同じ部分もあります。前半には。
しかし、十二巻以降のストーリーは素晴らしい。まさしくこの作品の最もの見所です。作品全体としてのストーリーは最初から最後まで繋がっていて、読みきった後、もう一度読み返したくなること請け合いです。

【悪い点】
ファンだからこそ、悪い点はことごとくこき下ろしていきます。
・文章
暫く読んでいると、同じような表現が何度も登場することがあります。
というより、それが非常に多い。ボキャブラリーの少なさが目立ちます。
ストーリーにも最初の方は変化が無いですね。面白くなっていくのは八巻以降からなのですが……そこまで読むのがキツイと思う人もいるかもしれません。
・主人公
右手にあらゆる異能を打ち消す力、「幻想殺し」を所持するツンツン頭の不幸な少年、上条当麻。
神この作品の主人公である彼ですが、作者によって意図的に「ヒーロー」の立ち位置を与えられています。シリーズ内でも語られていることですが、彼には、
・不幸である代わりに、あらゆる外的要因からの『死』を回避する。
・相手の動作や仕草から攻撃の前兆を読み、あらゆる攻撃を防御する。
・目に付いた登場人物は敵味方関係なく片端から救い上げる。
・何があっても諦めず、敵に立ち向かう。
などなど、作者の思う、『理想のヒーロー』として動いています。
そのため、ご都合主義展開が非常に多く、目立ちます。
主人公の言動もはっきり言ってお前もう普通の高校生じゃねえだろと突っ込みたくなります。そのぐらいおかしい。会って一日の女の子のために命かけて戦います。
私はこんな主人公が好きなので読んでいて楽しいのですが、この主人公が好きになれるかでこの作品が好きになれるかが変わると思います。

【総合評価】

悪い点もありますが、それをひいてあまりある魅力がこの作品にはあります。
是非、読んでみてください。

2016/05/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 46114 ホスト:45935 ブラウザ: 10172
キャラ、設定、展開、物語の骨格の部分はとても魅力的で楽しい。ただ文章が悪すぎる。そこもっと上手く描写出来ただろうって部分や何でそこで間延びした文章書くんだって部分が多すぎる。この筆者の速筆さは凄いし、ポンポン物語が出てくるのも凄い。ただ自分の書いた物読み直して校正してんのか?ってくらい文章が悪すぎる。
文章を味わいたい人には絶対お勧めしない。ただキャラや設定が面白いのは間違いない。展開を追ってガンガン読んで行くと凄く楽しい、それだけにノイズのように引っかかる文章力の拙さに慣れてしまえば凄く良い作品、灰村さんの絵も魅力的です。

2016/04/05 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 25153 ホスト:25200 ブラウザ: 9944
【良い点】
設定

【悪い点】
上条さん強すぎ
なんで右手一本であんな勝てんの?しかも上条さん中肉中背設定なのにあんなパンチ強いはずがない。というか相手が弱すぎ。普通に能力バンバンやってりゃ良いのに説教されただけですぐに落ち込むメンタル弱い。

【総合評価】
くそ

2016/02/07 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:540(63%) 普通:130(15%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 47101 ホスト:46879 ブラウザ: 5779
アニメを見てから原作に目を通したのですが
なんというか文章はわりかしちゃんとしてるんだなぁというのが第一印象です。ラノベって文章にすらなっていないのも結構ありますし、それに比べたらマシです。
しかし決して素晴らしい文章とは言えないんですよね。読めますけど、当麻の熱いセリフありきでインデックスの魅力を描き切れてないのでインデックスを救う展開もなんだかポカーンな感じ。
そしてそもそもの文章が結構硬くて重い。もうちょっとスタイリッシュにできるでしょ!って感じです。
7巻くらいまで読みましたが、正直限界です。これなら文章になってないようなラノベの方が数段読みやすいかも・・・。
なんというか・・・アニメ版の偉大さを知らされた気分です。
一応言っておきますが禁書目録も超電磁砲もアニメの方は結構好きです。

2015/04/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:153(77%) 普通:21(11%) 悪い:25(13%)] / プロバイダ: 10076 ホスト:10268 ブラウザ: 6459
【良い点】設定が凝っていて面白い。
独特の世界観がある。
キャラクターが多くて様々な視点で楽しめる。
【悪い点】とくになし。

評価は、最高でいきたいと思います。

2014/06/09 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:2(100%)] / プロバイダ: 18425 ホスト:18441 ブラウザ: 10024
【良い点】
話の設定。中2心をくすぐる

【悪い点】
主人公が説教すると、敵が弱体化する。敵はこんなことしたくなかったの連呼

【総合評価】
おもんない。主人公に魅力が感じられないのは致命的

[推薦数:1] 2014/03/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(58%) 普通:7(18%) 悪い:9(24%)] / プロバイダ: 22354 ホスト:22465 ブラウザ: 5171
【良い点】・科学と魔術を中心に盛り込まれていく厨二的な世界観
近未来SFからキリスト教的オカルトまで、作者の鎌池氏の知識欲がこれでもかというくらいに発揮されています。
ストーリーの幅を多く利かせていて先の展開に対しての期待感を高めさせる上に、後にスピンオフ小説が出た点を踏まえると、この知識欲は脱帽させられます。

・灰村氏のイラスト
女性キャラに若干難がありますが、戦士キャラはカッコ良いシーンが多く、主要人物の性格や能力の性質が解りやすく表現されているのが特徴です。
灰村氏のイラスト技術が確実に開花されるのは12巻に入ってからで、そこからは結構見ものです。

【悪い点】
・基本的にストーリーがワンパターン
基本的に話は、当麻がその事件の鍵を握るヒロインと遭遇→時々にギャグを挟みつつ済し崩しに事件に巻き込まれつつも自分の命も顧みず的に立ち向かう→その後敵が事件の最終目標と思想を吐露→
実直な自分の考えを説いて敵の歪んだ思想を真っ向否定する→幻想殺しの宿る右腕を使ってその思想を否定された敵を殴って終わる→当麻は怪我をする上に、もっとひどい目にあって『不幸だ』オチで構成されています。
ご都合主義に話が進んでいって知らない間に解決している事が多い上にそれが連続しているから、いつの間にか退屈になります。
また敵にしたってステイルや浜面のように当麻に負けた後に改心するか、そのまま倒されるかのどちらかなのであんまり変化球が感じられません。

・インデックスの空気っぷり
上のストーリーの項で挙げたように、この作品のヒロインは事件を追うごとに変わります。
ただその分一部の回、特に科学サイドで絡む事件になると、本来ヒロインであるはずのインデックスの存在感が薄くなる事態になります。
一応序盤のステイル・神裂やアウレリウスとの戦いでは、インデックスの記憶消去にが絡んでいたのでステイル達の掘り下げがされたと同時にインデックスにヒロインぽさが出てました。
それが一方通行との戦いを中心にした回以降からは魔術が絡む事件じゃない限り悉く出番がありません。
必要悪の教会のシスターであり、完全記憶能力によって10万3000冊の魔道書を記憶する魔術師であるのに、それ以上掘り下げが無いせいで余計印象が薄くなっているのが拙いと思いました。

【判断できない点】
・当麻の存在
この作品の主人公で、『幻想殺し』を右手に宿している当麻は、一応平穏に高校に通っている一介の高校生でありますが、大切な人を守るため、自分の命を顧みずに強大な敵に立ち向かっていきます。
基本的に巻き込まれ体質で、自分を不幸だと卑屈に走りがちですがお人好しでもあったりする為、巻き込まれた事件によってやがて大切な人が大変な事になると理解した途端に事件に解決に動き出します。

因みに後に当麻と同じように主人公格として扱われてる一方通行や浜面が早々に明確な行動原理を示しているのに対して、当麻は過去に陰湿ないじめを受けた後に父の計らいで学園都市に移り、様々な事件に巻き込まれていくうちに『不幸だからこそ、事件に巻き込まれてそこで苦しむ人を助ける機会に恵まれる』事に不幸でいる事を誇りにします。

つまり彼の行動理念は、自分のような不幸な目に遭ってしまった人が自分のようにこれ以上不幸にならないでいてほしいという思いに突き動かされています。

少年漫画の作品で見かけるような熱さを内に秘めて、自分の命を擲つ覚悟と精神は高校生でありながら逞しい感じが伝わりそれで事件を解決しようと動く姿は、ヒーローとしての及第点を超えていたといっても過言ではありません。

但し当麻のこの行動理念は、一方通行や浜面の理念と比べてしまうと薄っぺらい印象が付き纏う上に基本的に無駄に熱苦しかったりする為、人によっては鼻につくかもしれません(斯く言う自分も理念がわかっていても未だにそんな感じです)。

更に敵の動機付や思想も「実はこんなことしたくなかったパターン」を序盤に多用して説得力が薄くなり、相対して当麻の説教もしみったれた物に成ったのが少し痛い点かもしれません。

【総合評価】
ライトノベル作品の中でも可也引き込まれる要素をふんだんに盛り込んだヒーロー小説です。

文芸面で擬音混じりで色々拙い部分がありますが、普通の小説と違ってライトノベルでしかもかなりの速筆で手がけているのですから、それでもすごいものだと思います。

2013/07/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 54434 ホスト:54397 ブラウザ: 6619
無能力者でなにかとすぐに「不幸」のせいにするくせに他人に厳しくお説教をかます。そんな畜生な主人公も嫌いじゃないぜ。

だって面白いですしおすし。
みんなお説教のほうに気をとられすぎ。上やんの戦法の凄さに気付いてない。
相手の思想を真っ向から反対して動揺させたところを顔面にパンチ。めちゃくちゃ理に適った戦法じゃんwww
これで相手は敗北したことで一層上条の方が正しいのかも、とか思いだすんだぜ?


そんなことないのにねwwww


鎌池さんマジパないっすわー。

上やんの洗礼を受けたあクセロリータの活躍にも期待!
[共感]
2014/11/16 上条さんについては同意ですね。右手一本で戦っているのはすごいとしか言いようがありません。 by 神下
2013/07/07 上条さんに関しては、実は僕も同じこと考えてました^^ by 狗が身

2012/12/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16333 ホスト:16345 ブラウザ: 5345
【良い点】
インデックスの記憶の設定。覚えていないから知識の中から判断するしかないと言う事。記憶を消した事。
上条の能力。
上条がやる気なげで無能力の烙印を押されていながらも、行動力はあると言ったり、俺が見捨てると思うかと言う様な事を言う事、最初はやはり地獄の果てまでは無理とか言いますけど。
突如魔術師が出てくる流れになる事。
インデックスが取りに戻って来る事。
必要悪の教会の設定や神裂のキャラ。
人間の脳の説明。
助けようとする事。とにかく後半はその描写、考え方のぶつかり合いが多く長い。神裂も怒鳴る。「敵と認めるしかない」「潰すぜ、宿敵」等。その後に協力する事。
ステルスに「人間の考えじゃない!」と言って否定されかかる事。
【悪い点】
インデックスが怪我してから後半あまり喋らない。
上条が「てめえ!あきらめるのか!」と何回も怒鳴る事。

【総合評価】

インデックスは序盤は見かけによらず非常に台詞にインパクトがあります。でも中盤からは目的がはっきりして静かで真面目な印象になります。魔術師の台詞から多くの事が説明されるのも良いです。

2012/09/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 16514 ホスト:16514 ブラウザ: 3426(携帯)
個人的にこの作品のキャラ、世界観、能力は大好きです

キャラの思想が穴だらけだと指摘する人もいますが、実際人間なんてみんな穴だらけなので逆に人間味があって共感しやすいです

科学と魔術の二つの大きなサイドがある世界観も面白いと面白います。科学と魔術でバランスがとれてないと思われがちですが、じっくり読んでみると実は科学の方が強かったりします

能力は厨二の名前ばっかりですが、逆に厨二じゃない能力名って何? まさかゴムゴムとか言わないよね?

俺はじっくり読んだとさっき言いましたが、実際に読む時は頭を空っぽにして読みます。それがこの作品の正しい読み方です。ただ、20週くらいしてるのでじっくりの人と変わらなくなるって話ですが……
とにかく、文章に隠された意味とかは特に無いのに、血眼になって一生懸命に読んでも矛盾や引っかかりが生じます

なにせかまちーは速筆が売りなのでゆっくりと文章なんか書いていないためにどうしても稚拙になり、御都合主義になります。だから頭を空っぽにして読むのです

2012/05/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 27699 ホスト:27771 ブラウザ: 3458(携帯)
ロシア編まで読了。

良い点
・科学とか魔術の設定(特に魔術)

悪い点
・ご都合主義が目立つ
・文章が手抜き
・キャラクター

良くも悪くも少年向けといった感じですね。
超能力とか魔術の設定は面白いです。特にトラウィスカルパンテクウトリの槍が個人的には好み。
超能力についても原石という謎ワードがあったりして良いんですけど、いかんせん話の構成とキャラクターに無理がある。

肝心のストーリーなんですが、少しずつ物語は進んでいるとはいえ、毎巻の構成がほとんど同じというのはいただけないかと。
ヒロインを絡めてのギャグパート→敵登場→敵の思想お披露目→そげぶ
これだけでは流石に飽きる。
でもキャラクターが魅力的なら大丈夫なのでは? そう思っていた時期が僕にもありました。

しかし実際、キャラクターも駄目なんですよ。
口調や見た目の奇抜さに誤魔化されがちですが、人格の方は誰もが似たり寄ったり。
敵の方はそげぶされて改心してそれ以降は仲間っぽくなるし、そうでない奴も大体そんな感じ。
なんというか、基本となる人格は一つで、そこに各キャラ毎の属性を貼り付けたツギハギな印象が拭えません。

おそらく上条のヒーロー性を際立たせたかったんでしょうが、あまりにあざとい。そういう演出をするのは一方通行や浜面のようなメインに成りうるキャラだけで充分だと思います。

上条とインデックスにあまり良い印象を持てないのも問題があります。
上条といい、ステイルといいアウレオルスといい、そこまでインデックスに構う理由がいまいち伝わってこない。悪い意味で作者が上条とインデックスを愛しすぎてるんじゃないでしょうか。

上条→作者の理想のヒーロー
一方通行→カッコ良さを追求した悪役ヒーロー
浜面→読者が共感しやすい等身大ヒーロー
とそれぞれ主人公毎にポジションが違うのは分かりますけど、どうせなら上条と浜面のポジションを入れ換えて欲しいというのが正直なところです。

あとほとんど毎巻の挿絵つきサービスシーン。文章はともかく絵は要らないです。それ入れるならもっと兵器とか魔術の挿絵が欲しい。ただでさえオッレルスやNo.7の力に至っては文章ですら表現されていないんですし……。

最近は魔術や科学の力がインフレしてきて文章で表現されていないものが増えてきてるのもなんだかなーという感じですね。

2011/11/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(90%) 普通:3(7%) 悪い:1(2%)] / プロバイダ: 31396 ホスト:31568 ブラウザ: 4895
アニメから入って原作読みましたが、おもしろいですね。
上条さんの説教もいいこと言ってます。

最高の巻もあれば、良い程度の巻もあるので、
「とても良い」で。

もっと読む

「【良い点】上条と一方通行最高にいいです読みやすく面白い能力戦闘武器の名前【悪い点】キャラが空気かする...」 by アリリ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/05/07 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 32339 ホスト:32486 ブラウザ: 10316 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/可愛い 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)

もっと見る
1. 『やはり俺青春ラブコメはまちがっている。続』 2015年春 放送決定!! by ut
... て、着々と準備が進行中!! 今から放送が待ち遠しいぞ!! Staff 原作:渡 航(小学館「ガガガ文庫」刊) キャラクター原案:ぽんかん⑧ 監督:及川 啓(『アウトブレイク・カンパニー 』監督) シリーズ構成:菅 正太郎(『やはり俺青春ラブコメはまちがっている。』シリーズ構成) キャラクターデザイン:田中雄一 (『とある魔術禁書目録シリーズ、『 ...
記事日時:2014/10/17
2. KAMIKAZEさん質問企画に回答ぉ by カイネル・ドゥ・ラファティ
... なら、利用規約を守るということですね。 ⑥こ作品は絵と内容が合っている、若しくは合っていないと思ったケースは? 児玉樹さん作品全般 絵と各キャラ魅力、ほのぼのとしたムード、そして ギャグ要素とかがうまく表現されています。 ⑦こ作品にこんなキャラクターが欲しい!と思ったケースは? 「とある魔術禁書目録シリーズ 吸血鬼 ...
記事日時:2014/02/10 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは文学版。その他メディアのページ: アニメ:とある魔術の禁書目録<インデックス> / ゲーム:とある魔術の禁書目録<インデックス> / 漫画:とある魔術の禁書目録
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ