[小説]斜め屋敷の犯罪: 2006/01/11 夙夜健


ななめやしきのはんざい / The Crime Of A Slanting Mansion
RSS
文学総合点=平均点x評価数354位4,619作品中総合点10 / 偏差値57.02
1982年文学総合点2位38作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/01/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 17942 ホスト:17881 ブラウザ: 3646
初めて読んだ島田作品です。
ボードレールの詩の引用と、北の果てに建つ館という舞台設定に物凄い雰囲気があり、
探偵が残り1/3で登場するまでにも、引きがあって退屈しませんでした。

犯人が判明する箇所も古典の名に恥じない見せ方で大好きです。
登場人物 ・ トリック共に申し分がありません。


論客名: パスワード:




この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ