[小説]斜め屋敷の犯罪: 2004/05/15 もろっち


ななめやしきのはんざい / The Crime Of A Slanting Mansion
RSS
文学総合点=平均点x評価数355位4,652作品中総合点10 / 偏差値57.02
1982年文学総合点2位38作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2004/05/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6119 ホスト:6199 ブラウザ: 3875
占星術殺人事件のトリックに魅了され続けて読んでみた作品
御手洗潔シリーズの「トリックがとにかく壮大で大掛かり」というパターン初めとなった作品
なるほど確かに凄いトリックだった・・・あまりにもスケールが大きいので度肝を抜かれました。
後期作品に比べると、途中の展開もまだマシな方で
館の中で事件に遭遇するあたり、いかにも本格派って感じでワクワク読めます。
今考えるとこの頃が一番面白かったような?・・・



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ