[小説]涼宮ハルヒの暴走


すずみやはるひのぼうそう / The Rashness of Haruhi Suzumiya (Suzumiya Haruhi no Bousou)
  • びっくり
  • 楽しい
RSS
この作品は「涼宮ハルヒシリーズ」のシリーズに所属します。
注意: 関連作品
文学総合点=平均点x評価数69位4,502作品中総合点29 / 偏差値77.27
文学平均点175位264作品中平均点0.97=良い/30評価
2004年文学総合点7位180作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.60(良い)5
ストーリー0.60(良い)5
びっくり80%4人/5人中
楽しい60%3人/5人中
道徳心&モラル20%1人/5人中
考えさせられた20%1人/5人中
勉強になった20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

夏休みに山ほど遊びイベントを設定しようとも、宿敵コンピ研が持ちかけてきた無理無茶無謀な対決に挑もうとも、ハルヒはそれが自身の暴走ゆえとはこれっぽっちも思っていないことは明白だが、いくらなんでもSOS団全員が雪山で遭難している状況を暴走と言わずしてなんと言おう。こんなときに頼りになる長門が熱で倒れちまって、SOS団発足以来、最大の危機なんじゃないのか、これ!?非日常系学園ストーリー、絶好調の第5巻。
カバーの紹介文章より
著者:谷川流
出版社:角川書店
文庫:角川スニーカー文庫
イラスト:いとうのいぢ
日本 開始日:2004/10/01(金)
19,2763130
最近の閲覧数
9204130001
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/12 / 最終変更者:金龍 / その他更新者: kunku / 雪霞 / 管理人さん / 虚構の旅人 / マナユナ / 提案者:souta (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 27699 ホスト:27778 ブラウザ: 3458(携帯)
涼宮ハルヒの暴走って言うよりは、長門有希が暴走に至るまでのエピソードが収録された、短編集です。
正直これだけで評価するなら普通な出来なのですが、これを読むのと読まないのとじゃあ消失時の長門の行動への説得力に随分と違いが出てきます。

じゃあ〈消失〉を刊行する前にこっちを先に出せよってなると思うんですが(実際、僕はそうでした)、しかしこの〈暴走〉のエピソードは可もなく不可もないといった程度の面白さなので、時系列的にこの後に起きる〈消失〉を刊行したのは正解でした。この〈暴走〉は〈消失〉を先に読んで初めて面白いと思えます。同時に、これを読んだあとに再び〈消失〉を読むと、〈消失〉がまた一段と面白く感じるでしょうね。
アニメ以外で時系列をずらす手法に楽しみを感じれたのは久しくないので、ちょっと過大評価してる面も否めませんが、〈消失〉が好きな人には必読な一冊かと。

2011/05/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:228(20%)] / プロバイダ: 18179 ホスト:18094 ブラウザ: 12197
涼宮ハルヒシリーズの5作目ですね。

【射手座の日】
コンピ研vsSOS団の勝負で、コンピ研はインチキをしている
ことを長門有希は見抜き、結果、「インチキにはインチキで」
みたいなノリでSOS団を勝利に導いています。
これについては、自分、こう思っております。
「長門有希め・・・・余計なことをッ!!」ですね。
コンピ研がインチキをしたから何だというんですか?!
そんなもの、涼宮ハルヒの卑劣極まりない所業に
比べれば赦せる範疇ですぞ。
このまま大人しく見て見ぬふりをしてコンピ研に
勝ちを譲ってやりなよ、と自分言いたいですね。
少なくとも私なら絶対そうします。
罪滅ぼしにつながるが故です。

【エンドレスエイト】
アニメ版のだらだらした進行と違い、
うまくまとまっている・・・・そう思ったものです。

【雪山症候群】
次巻以降の伏線につながる話・・・そう思いました。
何者がSOS団を閉じ込めたのか・・・です。
それにしても、メンバーのニセモノや数字のトリック
は、見事な出来でしたね。

【総合評価】
プラスマイナスゼロ・・・ということで【普通】とします。

2011/05/10 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 11002 ホスト:11149 ブラウザ: 7460
再読しましたが、やはり面白いですね
( そればっかり …… ですな ) 。
鶴屋さんがキョンの妹を肩車している表紙のイラストも、
楽しい雰囲気が伝わってきて、微笑ましい気持ちになります。

アニメでは不評だった 「 エンドレスエイト 」 も、
ここではサラっと読めます。
ハルヒ & みくるの寝顔のイラストも良い。

それから 「 雪山症候群 」 ですが、
よく分からないなりにも、展開に妙味があります。
〔 雪山に迷い込んだ 〕 原因がはっきりせず、
外部の者の存在をにおわせたまま終了といのは、
次巻以降のお楽しみといったところでしょうか。

数式の登場も興味深いものでした。
ただ残念なのは、それが敵側が仕掛けたものではない ?
ことでしょうか。

何故脱出するのに数式なのか、ある意味では、
ムダにややこしい気もしますが、面白いので不問としましょう。
オイラーについては、よく分からないのではありますが。

それにしても、3作のうち、 「 雪山症候群 」 だけが、
前作 「 涼宮ハルヒの消失 」 の後の作品ですね。
このシリーズ、時系列が前後するので、全部を整理してから読んだ方が良いと思いますね …… 。

2010/08/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:257(78%) 普通:23(7%) 悪い:50(15%)] / プロバイダ: 11341 ホスト:11015 ブラウザ: 3876
【良い点】
「退屈」から「消失」を置いてのシリーズ2作目の短編集です。しかし、「退屈」ではSOS団の日常や非日常な事件を描いていたのに対し、本作は「消失」とセットとなっている短編集です。
「消失」では、キョンは非日常を受け入れる決心をし、長門はわが身にかえても非日常を受け入れてくれた彼を、ひいてはその彼が大切にしていて彼女自身大切に思っているSOS団を自分の身にかえても守り抜く決心をしました。そして、本作では短編の夏と秋の話は「消失」以前、冬の話は「消失」の後の話が語られているので、夏・秋では長門が「消失事件」に至るまでの過程を、作品全体としては「消失」を経て彼らがどう変化したのかが楽しめます。

短編としてもお気に入りがあります。それは「射手座の日」です。ただ単純に、意欲を見せる長門というものが物珍しかったものでして。
ですが、「消失」以後の長門も、上っ面は無表情ながらもしっかり人間としての感情が芽生えてきて嬉しいです。「射手座の日」は、そんな「人間」長門有希の先駆けとも言える作品だと思います。

【悪い点】
その分、短編集として普通に楽しむとしては・・・物足り無さが残る一冊。良い点で挙げた「射手座の日」は、先述した長門の人間臭さと哀れなコンピ研が再登場して楽しかったのですが、他の作品は少し退屈でした。
「エンドレスエイト」はシナリオよりアイデア重視ですし、「雪山症候群」なんかは長門が頑張った以外、特に心に響くものもありませんでした。

【総合評価】
短編集というよりは、「消失」をより理解するための補完書という点で、本作も「涼宮ハルヒシリーズ」としてしっかり全うできたと思います。
しかし、短編の内容は微妙でしたので、好評系ですが厳しめに【良い】とします。

[推薦数:1] 2010/07/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 15287 ホスト:15482 ブラウザ: 5941
『退屈』に続く2番目の短編集。
これは『消失』の為の短編集って印象。

【良い点】
・『消失』への伏線(長門の自我の発動・変化)とその影響。
・団の結束。

【悪い点】
・ハルヒの存在感がやや希薄に。

以下、各エピソードの感想を
・「エンドレスエイト」
アニメ版で不評のエピソードですが、個人的には原作版よりもアニメ版を支持します。確かにエピソード単体としては原作の方がコンパクトなまとまりがあって巧みですが、これは『消失』における長門の暴走への大きな布石の作品だと思います。なのであのアニメ版での根気をそがれる繰り返しにこそ、事象の異常性と長門の孤独な倦怠が切に感じられる気がします(だからと言って、あれを再び見返そうという気にはなれないのですが・・・)。
ハルヒの能力の異常さという点でも印象的なお話でした。

・「射手座の日」
作品単体としてはあまり印象には残らなかったのですが、これも長門の自我の発動という点で重要な作品。

・「雪山症候群」
不穏な展開と、『消失』でのキョンの積極的な意思が及ぼした変化という点で興味深い作品。古泉のSOS団への関り方の変化を描いた点も良かったと思います。
しかしここでオイラーを持ち出す必然性は微妙。その部分での粗さは目に付きます。

【総合評価】
長編『消失』への布石と、その後の結果という面で重要な短編集だったと思います。
しかしながら、それはあくまで『消失』あっての評価であり、それを差し引くとやや小粒な印象は否めませんでした。その要因としては『消失』影響下の作品だけに、長門に印象が集まってしまい、ハルヒの存在感がやや希薄になってしまっているという事があげられるように思います。なので作品単体としては、ハルヒの能力の異常性が顕著な「エンドレスエイト」がベストだったと思います。
[共感]
2012/10/08 アニメのエンドレスエイトの繰り返しが演出としては評価出来る、という点も含めて共感しました^^
ただアニメの場合、DVD購入する側からしたら、たまったもんじゃないでしょうね…… by 狗が身

2010/07/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 4802 ホスト:5003 ブラウザ: 7350
前作でのキョンの頑張りが報われたのでしょうか。SOS団の雰囲気が良くなり、纏まりも出てきたことを感じました。
まずハルヒが前よりかなり優しくなってきています。
蝉を逃がしてやったり、みくると長門の髪を結ったり、旅館で遊びたくてもキョンが休みたいと言ったらそうしてあげたりと。
時をループさせて夏休み終盤を繰り返したのも、キョンの宿題を終わらせて心置きなく二学期を始めたい気持ちからでしょう。
そしてキョン自身も初めは嫉んでばかりいた小泉と随分仲良くなり、会話の呼吸も合うようになってきました。
一見変わり映えしない日常の中にほのかな成長が感じられる。これぞシリーズ物の醍醐味かもしれません。

しかし文系人間としては、秋のコンピュータの高度なシステムの話と、
冬の数学の話のダブルパンチは少々難易度的にきつかったですね…
勿論アイデア自体(特に時間ネタ)は凄いと思いますが。

2010/05/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 30580 ホスト:30332 ブラウザ: 10712
これは、季節ごとのエピソードをまとめた短編集だったようだが・・・・・・

「エンドレスエイト」は、ハルヒによって、夏休みを延々と
繰り返す話だったけど、キョンと古泉が8000回以上目で
気づくのは不自然だったでしょ。オチが弱いし、
キョンと古泉のやり取りも冗長でしたね。
「射手座の日」は、かってパソコンを強奪された
コンピューター研自作ゲームで勝負する内容の
話だったけど、コンピューター研は、自分達に
有利なように細工する等小賢しい策を弄したと
思ったら、それを見破ってSOS団を勝利に導いた
長門のレンタルを依頼・・・・・・・・いやー、
パソコンを強奪された事については同情するけど、
部長も結構ちゃっかりしていましたな。(苦笑)
当然ハルヒが納得するわけは無く、一分千円払えとか
喚いていたけど、それだと時給六万円やん。(苦笑)
元あと言えば、オメーの自己中な言動が原因だったろうよ。(苦笑)
SOS団とコンピューター研の勝負のやり取りとか
特に見ごたえはあったわけでもないですね。まあ、
そういうのを求める事自体おかどちがいなのかもしれない
けど。「雪山症候群」は、相変わらず古泉の説明は
冗長ながらも、オイラーの多面体定理を絡めた謎解き
はそれなりに凝ってはいました。でも、やはり
オチが弱かったですね。これも。

まあ、これも全否定するわけでもないけど、
やはり根本的に自己中で押し付けがましいハルヒの言動
には不快感を煽られるというか、普通に印象が
悪いのは全く変わりない。所詮彼女をはじめとする主要キャラの
キャラ立て話に過ぎないというか、前述のオイラーの
多面体定理以外は特筆すべき展開とか設定とかは
ないですな。好きな人はとことんはまるのは分かるの
だけど、やはり面白くない。
作者の自己満足を見せられているようで。
評価は厳しいけど、まあこれも「最悪」が妥当でしょうね。

2009/10/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 20856 ホスト:20959 ブラウザ: 10178
ああ、これがアニメで最も不評を受けているエンドレスエイトか・・・。
と思いつつ読んでみました。ですが読んでみれば、原作はなかなか面白いじゃありませんか。
何しとんだ2009年度版スタッフよ・・・・。

【良い点】
エンドレスエイト:実はアニメで8回も同じセリフを繰り返された(微妙に異なってはいましたが)後に読んだものですから、ちょっとばかり興味が殺がれました。
ですが原作は原作。ハルヒ自身が気づかない内面というのを知ることが出来たのは正直嬉しいです。長門の内面もですね。そりゃ1万回以上も同じこと繰り返されれば長門がエラー起こすのも必然でしょう。

射手座の日:哀れなりコンピ研。キョン曰く同情を禁じえない。
この話もまた長門の変化というのが読み取れるわけですが。
つまり、「溜息」から「消失」の間までの長門の変化が書かれていることになるんですよね。「消失」の後に出した作品ですし後付けと言ってしまえばそれまでですが、それでも凄いと思います。エンドレスエイトの方は確か、消失書く前から構成されてた話でしたけど。

雪山症候群:一番爆笑したのがこれですね。みくるのばったもんにキョンが誘惑されまくるシーン。古泉に「気持ち悪い」とまで言わしめた、同じく偽者のキョンに非常に興味がある。何言ったんだろwwハルヒの前に出現した偽者の対応も知りたいです。
それと、キョンの長門への対応の仕方にちょっと驚きましたね。
「消失」のことがあるからと言えど、これじゃ長門がヒロインですよ。

この話で伏線になった天蓋領域。九曜のパワーは凄まじいですが、古泉の言葉を信じて「長門の力が弱まっている」ということにしたい。

【悪い点】
まさかのオイラー。
自分の頭の悪さを嘆くべきなのだろうが、小説片手に電子辞書持ってオイラーの多面体定理について調べてしまった・・・。

【総合評価】
何故に高校生のハルヒたちがオイラー知ってんだ・・・。
一瞬、自分のひどい無能さを普段より5割増しで嘆いてしまったんですが。

別段オイラーに気が裂かれたわけではないし、それは自分の頭の悪さを批判すればよいので、評価はとても良いです。最高をつけるにはちょっと物足りないかな・・・。

2009/07/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(69%) 普通:9(14%) 悪い:11(17%)] / プロバイダ: 28671 ホスト:28983 ブラウザ: 6034
2つ目の短編集ですね。退屈の短編はどれも面白かったので期待して読みました。

個人的にはエンドレスエイトが一番良かったかなぁと。
これで消失につながるんだなと思いました。かなり後付け感がありますがw

射手座の日は……まぁこんなもんでしょう。
コンピ研もPCとられてそのままって言うのも可愛そうですしね。

雪山症候群はなかなか楽しめました。
何処と無く敵対するものというか、敵のような存在をほのめかしてますね。
今後の展開に当時期待しました。

2008/08/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(92%) 普通:1(8%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 7456 ホスト:7408 ブラウザ: 7493
『雪山症候群』をのぞいてナンセンスでしたね。
雪山症候群は分裂の伏線ですし、勉強にもなりました。
が、エンドレスエイトは矛盾を引き起こしていると思います。
エンドレスエイトによれば、長門有希は594年すべてを体験したということです。
しかし、消失では3年の間にバグを溜めた、というかき方です。
少し納得いきません。
射手座の日はこんなもんかな、と。面白かったので良いです。

一部ナンセンスでしたが、それぞれの話は良いので甘く見て『とても良い』にしておきます。

2008/01/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:164(74%) 普通:19(9%) 悪い:40(18%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19721 ブラウザ: 7781(携帯)
二度目の短編集です。
三話ありますが「消失」の影響かどうも長門中心に物語を見てしまうようになってきました。

エンドレスエイト

ネタはけっこう好きな部類です。ただ夏休みの生活は読んでいても特に面白くもなく読まされてる感がありました。
オチも読めるわりにキョンたちは8000回以上もそのことに気付かなかったというのは少し不自然ですね。
古泉とキョンのやりとりが多いのは楽しめました。

射手座の日

長門の感情らしきものが1番表に現れているのがおそらくこの話。シリーズ通してもここまで人間味のある長門はそうはない。
ハルヒが世界をとんでもないことにしてる「非日常」ではない普段とあまり変わらないSOS団の「日常」で長門がコンピュータに興味をもったり、ゲーム対戦でやる気になっていたりするのはとても新鮮でした。

雪山症候群

時間の流れかたが違う館に閉じ込められたり、長門が倒れてしまったり、敵のような存在が見え隠れしたりと楽しめる要素がとてもありました。
長門がやられてしまうというのはまあどこかでやっておかないと「困ったときの長門さん」になってしまうので必須要素でしたね。まあ以降の作品でも「困ったときの長門さん」であることに変わりないんですが。
館を出るためのキーワードは解く過程よりもキーワードの意味(なぜそのキーワードを使ったのかとか)が大事だと思ってるので今回は何の意味もなくて拍子抜けでした。

古泉がまたいいですね。古泉の状況把握能力はあらゆる可能性を考える力があり、そのおかげで登場人物が単にここを出れば助かるなどという単調な考えにならずに理論的に状況を打破する姿勢が見れます。
このおかげで結局やってることは一緒になっても物語にリアリティや説得力、盛り上がりができて楽しめるものになっています。
最後の集団催眠にかかっていたという無理のある説得も彼がいうからハルヒは信じてしまうんでしょうね。
ただ作者が古泉を持て余しているのかシリーズ通して古泉の魅力がフルに発揮された話がないのが残念です。

評価は「とても良い」
「雪山」以外は完全に短編として読めるし、「雪山」は敵という存在を匂わせたりと本編との繋がりがあり楽しめました。

2007/12/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(56%) 普通:5(5%) 悪い:44(40%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12627 ブラウザ: 2909(携帯)
今作は「エンドレスエイト」「射手座の日」「雪山症候群」から成りますが…後への伏線、面白さ、共に「雪山症候群」が一番面白かった。
ちょっとネタバレいきます。

吹雪の雪山に突如出現した舘、その中は奇妙な時間の流れをしていて…と、ミステリー好きの私にはたまらない展開。さらにその最中でのハルヒの一言、「有希と何かあったの?」から始まるやりとり。「消失」で完全に長門ファンになった私にとってもドキドキの展開でした。
「雪山症候群」には最高をつけたいんですが、全体的には「とても良い」で。

2007/06/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(60%) 普通:17(12%) 悪い:37(27%)] / プロバイダ: 18500 ホスト:18655 ブラウザ: 4184
抵抗なく読める作品だと思う。
各作品の評価については。
エンドレスエイト:なんというか。ラストの展開はまあまあであったが。途中までは少しグダグダしてた感が あった。ただ、グダグダはしていたが、決してつまらないということは無かったと思う。 「日常的なことを描く」という意味ではまあ良かったのではないかと思う。評価は「普通」

射手座の日:テンポもよく楽しい話だったし舞台設定も重すぎず軽すぎずでよろしかった。コンピ研のズルは 中盤のあたりで「あるのでは」と思ってた。少し逆襲するところは本当に面白くて結構笑った。
評価は「とても良い」で。

雪山症候群:「異空間に放り出される。」これはツボにはまった。他のところにも書いたとおりこういう系統 の話はとても好きだ。「立ってる場所で時の流れが違う」などの、異様さを演出する方法も秀逸 だったと思う。ただ、突破口に関しては多少腑に落ちないところもあるのだが、全体としてみれ ばそれほど気にならないように思える。長門がクタったのには驚いた。「分裂」「驚愕」への繋がりが気になるところだ。評価は「最高」で。

全体的に見てもバランスは悪くないと思う。
構成にも無理があるところが少ないように感じる。

以上のことを踏まえて評価は「とても良い」で。

2007/05/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(47%) 普通:2(1%) 悪い:75(52%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34169 ブラウザ: 4772(携帯)
短編が集まっている本で、楽に読めます。マンネリな所も少ししかありませんでした。

「エンドレスエイト」
ハルヒの無意識暴走ですか・・・。長門は無気力に退屈していましたが。しかし、やっぱり朝比奈さんがウザイ。またひぃひぃ泣いています。まぁ、その点、古泉は冷静で良い奴です。今回はキョンが頑張ってた感があります。少しマンネリでしたが・・・。最後の提案は中々でした。

「射手座の日」
良作、とは言えませんが、楽しむ事はできました。コンピューター研はなにかと登場しますね(笑)。敵のイカサマは途中から明らかでしたが、長門神にはやはり通用せず。ゲームの内容を書き換えるという荒業を披露。古泉は活躍せず・・・。

「雪山症候群」
途中までの展開はかなりのモノ。屋敷の場所によって時間が違う、という設定も良かったです。しかし、脱出に次元数を使う必要があったのか?古泉が結構活躍するので割と好きな作品だったりします。長門が弱っていたのはびっくりです。

以上をふまえて、評価は「良い」です。テンポ良く読める作品だと思います。ただし中身はあまりありません・・・。

2007/03/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 51507 ホスト:51706 ブラウザ: 4184
ここに来てちょっと小休止的な感じかな?
短編3つ、どれもそこそこにまとまってはいたが
どれも何処かで見た様なプロットで、シリーズの他巻と比べても正に「普通」と言った感じでした。

「エンドレスエイト」
近年非常に多く見られる様になってきたループ物の亜流。
ほのぼの風味にピリリと背筋に冷たい物が走るスパイスが効いていてバランスは良かったのだが
最後にオチがインパクト不足。でも夏休みのループと言う事で全編のんびり感が漂う作品だったのでこれはこれで良いのかもしれませんね。

「射手座の日」
なんだかコンピューター研は何気に出番多いっスよねww
パソコン奪還(?)を目論むコンプ研部長のパソゲー対決によるリベンジストーリー。
これまたベタなプロットにベタな展開、長門の活躍も容易に予想出来る展開でヒネリは皆無。
と言う事で、毎度の様にほのぼの楽しむ短編ってパターンだったかな と

「雪山症候群」
この巻の中では一番力が入っていたエピソードっぽいですが
ちょっとここまで読んだ段階では何とも言い難い出来だったと思います。
今後へと続く伏線的意味合いがあるのかもしれないけど、ちょっと消化不良にも思えてしまう・・・
途中までの展開が、なんともミステリー的で期待感抜群なのに
最後の締めで肩透かしを喰らう・・・ 恐らく自分がこの作品へ求めている物を間違えているだけだと思うんだけど
それにしても微妙な話ではある。いや個人的な感想だけどね。

もっと読む

「ハルヒシリーズではかなり良作だったと思います。「雪山症候群」は、時間平面に対しての次元数を利用した事...」 by god


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/05/19 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 17264 ホスト:16942 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 憂鬱っ! by けんぼー
... この時期はけんぼー忙しくてクラクラさっ! さておき今回ブログタイトルは憂鬱、憂鬱です。と言っても僕気持ちが憂鬱とかそういうことでなく。 先日ホームセンターへ買い物に行ったんですよ。最近はホームセンターでレンタル落ちアニメや映画DVDソフトがコーナー一角で売られています。 「おっ!」と僕目にとまったが ★ハルヒ憂鬱・第1 ...
記事日時:2014/10/27
2. ハルヒ功罪::ハルヒと祈るあなた願い。15498コ集まったらきっと何かが起きる! by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 「ハルヒイズム」を本日閲覧しました。 なにやら興味深い企画がございますね〜。 http://www.haruhikyougaku.jp/haruhinegai/index.html HARUHI NEGAI ハルヒと祈る、あなた願い。 みんな願い、15498コ集まったら きっと何かが起きる! 15498コ・・・ エンドレスエイトでループした回数ですね。 (5作目「ハルヒ暴走57頁 ...
記事日時:2011/05/28 [表示省略記事有(読む)]
3. ハルヒ憂鬱 」 「 エンドレスエイト 」 が終わらない by 夙夜健
... で放送中テレビアニメ 「 ハルヒ憂鬱 」 は、 現在、第14話までが終了しました。 前回 ・ 前々回と、 「 ハルヒ暴走 」 に収録されている 「 エンドレスエイト 」 が、 今週はどうなるかと注目しましたが、またまた [ 次回へ続く ] でしたね。 3回 ...
記事日時:2009/07/04 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: 関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ