[小説]再生の朝


さいせいのあさ / Saisei no Asa
RSS
文学総合点=平均点x評価数3,007位4,744作品中総合点1 / 偏差値47.70
1998年文学総合点59位86作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

十月七日午後五時三十分。萩行きの夜行高速バスが品川のバスターミナルを出発した。
乗客乗務員は十二人。約十二時間で目的地到着の予定だったのだが……。
深夜に乗務員が殺害され、バスは殺人者とともに、何処とも知れぬ闇の中に放り出される。台風接近で風雨も激しさを増し―。
それぞれの人生を背負って乗り合わせた登場人物たちの多視点から恐怖の一夜を描く、異色のサスペンス。
著者:乃南アサ
文庫版 出版社:新潮社 1998年2月1日出版
日本 開始日:1998/02/01(日)
2,85011
最近の閲覧数
1100001001
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/03/04 / 最終変更者:夜界アキナ / 提案者:夜界アキナ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/03/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(97%) 普通:3(3%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 27408 ホスト:27503 ブラウザ: 9671
【良い点】
作品紹介にもあるように、本作は純粋なサスペンスものになっています。
さまざまな登場人物が一つの舞台に吸い寄せられるように集まり、そこで次第に訪れる悲劇を経てそれを乗り越えるまでの、あらゆる人物の心の揺さぶりを描いています。説明だけでは典型的な感じがしますが、サスペンスの中では筋が通っていて、初心者にもわかりやすい内容だと思います。
この作品は何といっても、事が起きる前後に限らず終始それぞれの人物描写がていねいで、現実味が感じられる部分が目立ちます。ものによっては気付かない、あるいはそこまで表す必要はないのではないかと思ってしまいそうな部分まで、細やかに心理が語られているところもあったりします。これを踏まえると、どれほど単純な内容でも経緯次第でここまで深みを増すものなのか、といったように、とにかく開いた目や口がふさがらないような状況になるのではないでしょうか。そんな作品です。

【気になる点】
この作品は前述のように物語よりも、むしろ心理描写の深さが最大の特徴になっています。
それは確かですが、やはりサスペンスであるからなのか、人物が次から次へと登場します。主要人物がせいぜい3、4人ならともかく、跳んで9、10人もの人物が現れるとなると、慣れないうちはどうにも把握が難しくて混乱してしまいがちです。実際にそれだけそれなりの活躍をする人物が登場して、序盤から中盤にかけて、場面の一区切りおきに心理描写が展開されていきます。その心理描写は一読していても、誰一人として抜かりはないように感じられますが、それでも途中で誰がどのような人物であるかを再度確認するために、たびたびページを振り返ってめくることがやや多くなる気がします。このような感覚が苦手な人には本作はあまり向かないかもしれません。
また、本作はサスペンスとはいっても、犯人を探し当てたりするわけでもなければ、終わりが湿っぽいというわけでもないです (ただ、サスペンスとだけあって報われない人物はちらほらいますが)。むしろ、そのままタイトル通りのようなイメージが強いので、少なくとも先読み型の作品ではないと思います。

【総合評価】
この作品は絆という存在がいかなるものであるか、そして、世界は1人のために動いているものではないということを改めて気付かせてくれる、もとい思い知らされる作品です。また、前述のように、本作の著者の乃南アサさんの書き方の特徴は、繊細かつ理解しやすい巧みな心理描写にあるとも言われているようなので、その領域に興味のある人は、この作品を機にいろいろと探ってみてはいかがでしょうか?

十月七日午後五時三十分。それぞれの想いや目的を抱えたそれぞれの人間が、夜行高速バスという名の1つの「檻」を目指して集い始める。

―僕は忘れない。でも、皆は僕を忘れるだろうな。

この評価板に投稿する




1. 新春初笑い小説!!永遠14歳〜第一話:鬼岩城連続殺人事件〜 by はんぶらび
... 、話しかける。 「せっかちな上に、食いしん坊さんだねェ、ピロロは…」 キルバーンは、呆れながらワイングラスをテーブル上に置いた。そしてDVDをプレイヤーにセットした。 「ヒュンケル君から借りたイメージDVDを見ながらお菓子を食べるが、至福一時なんだ。ねェ、ピロロ?!」 「ウン!!」 と、ピロロが頷く。 キルバーンは、再生ボタンを押した ...
記事日時:2013/01/07
2. 友情実話伝説-Part2〓陣兵専学生活編〓-第583話(1233話)「〓陣兵、おば宅に外泊・両親と再会Ⅱ〓[前編]」 by 陣兵
... 天使たち〜】 7.【森聞き】 8.【神々と男たち】 9.【わさお】 10.【機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode3 ラプラス亡霊】 11.【ショパン 愛と哀しみ旋律】 12.【アレクサンドリア】 13.【Livespire「ワールドクラシック@シネマ2011」オペラ「ばら騎士」バーデンバーデン祝祭劇場】 14.【再生に-ある裁判官 ...
記事日時:2011/02/19
3. 「初恋限定。」⑪ by ctu19811201
... かいつまでも立ち直れなくって。 曽:僕だって、自分は何も持ってないってわかったのに、 変われなくて。 楠:俺は…もっと…なんつーか…もっと… どっか、遠いところに行きてーな。 曽・衛(あー…) 楠:無理だよな。へっへっ…。 曽:それだ、旅だよ楠田!僕たちが生まれ変わる再生旅! 衛 ...
記事日時:2011/02/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ