[文学]うりこひめとあまのじゃく


Princess Uri and Amanozyaku
RSS
文学総合点=平均点x評価数4,013位4,624作品中総合点0 / 偏差値46.59
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ウリから産まれた瓜子姫、おじいさんとおばあさんにたいそう大事に育てられ、過保護なほど外の世界からほとんど遮断され、無垢で世間知らずに育ってしまった。機織りが上手で、綺麗な声で歌を歌いながら機を織るのが日課。おじいさんとおばあさんが町に買い物にでている間に天邪鬼にだまされて、連れ去られてしまう。
話の詳細は地方によって様々であり、西日本では連れ去られた後、乱暴されたあげく殺され、柿の木に吊されてしまうという話がおもに伝えられているが、東日本(主に関東)では村人たちが山狩りをして助かり、あまのじゃくがこらしめられる(又は殺される)という結末がおもに伝えられている。
各地方で音は違うものの、瓜子姫が歌う機織りの歌や、天邪鬼と瓜子姫のやりとりがリズミカルな声を出して伝えるタイプの民話。
話の発祥地は高知県とされている。
出典:日本のおとぎ話
1,17011
最近の閲覧数
1000001000
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2007/04/19 / 最終変更者:孔明 / 提案者:孔明 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/04/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
この物語は、瓜子姫と呼ばれる世間知らずなヒロインが天邪鬼に騙されて家から連れ出されるのが主筋でしたな。

んで、天邪鬼に乱暴された挙句惨殺され、皮を剥がれるパターンと、事に及ぶ前に天邪鬼が村人に捕まって殺され、瓜子姫は助かると言うパターンの二通りあるようで。

いずれにせよ、世間知らずな女の子が悪い男に騙されて弄ばれると言う、現実にもありそうな出来事を描く事である種の戒めとしてるのでしょうかね。

やはり、子育ての際には世間知も身につけさせんといかんのでしょうなあ。

この評価板に投稿する



2019/08/11 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6579 ホスト:6636 ブラウザ: 10414 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ