[小説]モナミは世界を終わらせる?


もなみはせかいをおわらせる / Monami wa sekai wo owaraseru?
RSS
文学総合点=平均点x評価数1,933位4,505作品中総合点2 / 偏差値48.67
2011年文学総合点42位118作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
著者:はやみねかおる
出版社:KADOKAWA
日本 開始日:2011/09/26(月)
15311
最近の閲覧数
1000000100
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/01/29 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2206(58%) 普通:772(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 44288 ホスト:44225 ブラウザ: 9177
はやみねかおるによる児童小説なのですが、角川つばさ文庫から発売されているものではなく文庫版で読みました。
アクが強すぎるヒロインな本作が「児童書」として発売されていたのもなかなか驚きでしたけれど、まあゆる〜いSF設定と理屈の付け方がどうしても目につくところはまさしく初心者向けって感じでしょうか。
それよりか、個性豊かなキャラクターによるギャグシーンの方が単純に面白いなぁ〜と思って読んでましたけれど、やはりその辺りがはやみねかおるらしさですよね。
まさしく「はやみね世代」としても、今作はめちゃくちゃ楽しく読ませていただきました。

まあ、主人公であるモナミのキャラですよね。
食いしん坊に加えてドジで、更に「ストーカー」という強烈すぎる人物設定の女の子でしたが、亜衣と比べても良識が薄くて視点が面白い人物だなと思えます。
彼と出会う事になった少年・丸男は常識人と見せかけて、電波のシスコンでしたが、この二人の掛け合いも面白ければ、それぞれ無自覚にやっているギャグがめちゃくちゃ面白いのが最高です。
お話的には、涼宮ハルヒ的な「世界の特異点」みたいな女の子が警護される話なんですけれど、やっぱりそういう王道ジュブナイルみたいなところが見ていて安心するんですよね。設定は際立って面白いわけではないけれど、そこにキャラクターの面白さの突き抜けっぷりがあるとめちゃくちゃ面白くなってくる。
で、どうしても今の時代、どんな作品でも入ってくるようなミステリがちょっと乗っているのもやっぱり模範的はやみね作品という感じ。
あとは、「兵器のABC」で「Aはキス、Bは……」とか言ってしまうシーンやら、「Aカップ以下に興味ない」やら、快傑ズバットネタやら、児童小説って感じがあんまりしないシーンの数々がツボでした。

KADOKAWAの表紙も和田三造による絵ですけれど、一目でモナミのキャラがぱっとわかるのは見事。
食いしん坊でドジだけれど普通の女子高生、というところまで見事に伝わりますよね。
挿絵あないのはちょっと残念かなぁ……とも思いますけれど。

評価は「とても良い」です。
改めてはやみね作品を見ると、大人が見ても随分面白いなぁという感じです。
何といっても女性キャラがどんな作品でも魅力的なのが良いですね。
次回作以降も手に入り次第チェックしたいなぁと思います。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ