[小説]狂人日記(魯迅)


きょうじんにっき ろじん / Kyoujin Nikki
RSS
文学総合点=平均点x評価数1,542位4,642作品中総合点3 / 偏差値49.55
1918年文学総合点6位15作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
怖い100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

家族や、周りの者がみなカンニバルであり、いずれ自分を食べようと企んでいる、という被害妄想に取り憑かれた男の日記である。著者の処女作。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
著者:魯迅
翻訳:増田渉
出版:角川文庫
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
海外 (中国):開始日:1918 新青年 (中国)
3,44822
最近の閲覧数
2101000210
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/01/19 / 最終変更者:ソンプーGU / 提案者:ソンプーGU (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/03/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:330(53%) 普通:163(26%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 42495 ホスト:42587 ブラウザ: 10984
魯迅の処女作でしたが、これも作品を通して当時の中国民衆や現支配者層に現状の打破・世論喚起を促そうとしてるんでしょう。自分にはそう解釈できました。

話は主人公の某が、かつての伝統「人食い」について勝手に想像力をめぐらして恐怖するといった短編物です。まあこうなった一因は世間と隔絶して閉じこもった生活をしていたことにもあったのでしょうが、彼は狂人というより誇大妄想家といった体の人間くらいの認識でいいかと思います。そんな精神面が弱く不安定な人間は、暇があると良からぬことを想像したり、考えすぎてしまうことがあるそうですが、彼もそういった一過性の病気のようなもので、この主人公はやはり「狂人」にはちょっと当て嵌まらない気がします。まあ今なら精神疾患のある患者といったところでしょう、ですから本作はゴーゴリの狂人日記をモデルにしているとのことですけれど、似てるのはその形式程度だと私は思います。

当初は読んでいて魯迅もなんでこんなのを描いたのか・・と思いもしましたけど、閉鎖的な生活をする主人公を鎖国していた当時の中国に当てはめると色々と見えるものがあります。つまり主人公(中国)の某が病であり、4000年の歴史やら古い慣習である「人食い」を恐れながら、誰もが無関心であったそういった行為を、無意識のうちにその存在を是としてしまう「無自覚さ」こそが当時の中国を苛む病巣ということなのでしょう。(因習に縛られ時代遅れであるということだろうと・・)

といった解釈をしましたけど、初作だからか本作は「阿Q正伝」などと比べ、全体的に込められた思想の明快さについてはちょっとかけるかなと思いました。ですから評価は「良い」でお願いします。

2013/01/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3144(33%) 普通:3316(35%) 悪い:3090(32%)] / プロバイダ: 12259 ホスト:12112 ブラウザ: 5682
元ネタのニコライ・ゴーゴリの同名小説は知らず、もう「語り」からすぐ察しは
つきましたが、タイトル通り被害妄想に取り憑かれた男の日記形式でした。
文体としては、発表された1918年当時としては珍しい口語体が用いられていた事、
展開的には食肉主義を題材としていた事が特長的でした。

発表当時の中国は、清朝が倒れて中華民国が成立したと思ったら、袁世凱が
乗っ取って自ら皇帝になろうして、その野望が頓挫したかと思ったら、軍閥が
割拠する等国家としての形を成していませんでしたが、そうした革新・保守の
ぶつかり合いを見て、魯迅は「一種のじれったさ」を感じていたのでしょう。
訳者も指摘していたように、儒教等にがんらじめにされていた封建主義等に
対する批判の意味合いがあったようで、この主人公の複雑な心情もかなり
生々しいものがありましたが、「食肉主義」はまさに「毒には毒をもって制す。」
と言わんばかりだったのでしょう。社会も人間も大きく立ち遅れていた祖国の危機を
憂いていた魯迅の「必死な心の叫び」は短いながらも本作でも良く伝わりました。

彼が生きていた時代とは状況は違いますが、広がる一方の経済格差、杜撰な品質管理、
大気汚染など深刻化している環境破壊、中華思想も根底にある覇権主義による周辺諸国
との軋轢等、この魯迅のような「人の身体よりも精神を治す医者」が必要なのは
残念ながら今の中国も変わりありません。評価はそんな「鋼鉄の意志を持った
文豪革命家・魯迅」に敬意を表する意味でも「とても良い」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2013/03/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 42495 ホスト:42587 ブラウザ: 10984 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/怖い/びっくり/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)

1. 2011年ジャンプ12号感想(『メルヘン王子グリム』新連載&『LIGHT WING』連載終了号) by エスパー
... 厳窟王-モンテ・クリスト-】猪狩大太 【偉大なる夢-アイ・アム・ア・ドリーマー-】倉橋陣 【影の地帯-ハイド&シーク-】月村直朋(New!) 【機械仕掛けの神-デウス・エクス・マキナ-】森川新次郎 【決闘-チェンジ・ザ・ワールド-】新里豊 【イヴァン雷帝-エゴイスティック・エンペラー-】佐治 【狂人日記-クレイジークロック ...
記事日時:2011/02/21
video
2. きょうじん by 雪霞
... IME では「きょうじん」 の変換候補の中に 狂人 があるが、 ATOK では候補にすら出てこない。強靱だの凶刃だのしかない。 魯迅の 『狂人日記』 が一発変換できないってことか。 差別語対応というより言葉狩りの領域と思う。 いや、それとも単に ATOK が思ったよりアホなだけか。 そうとも思えないが うわ、 ...
記事日時:2010/04/27

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ