[小説]蜘蛛の糸


くものいと / The Spider's Thread (Kumo no Ito)
  • 考えさせられた
  • 面白い
RSS
文学総合点=平均点x評価数41位4,632作品中総合点45 / 偏差値94.15
文学平均点159位268作品中平均点1.12=良い/40評価
1918年文学総合点1位15作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.50(最高)6
キャラ・設定1.67(とても良い)6
考えさせられた83%5人/6人中
面白い67%4人/6人中
道徳心&モラル33%2人/6人中
怖い33%2人/6人中
勉強になった33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
作者:芥川龍之介
掲載:赤い鳥
出版:新潮社 筑摩書房ほか
日本 開始日:1918/07
公式サイト
1. http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card92.html
27,8444040
最近の閲覧数
200212111623
1人の方がこの作品が文学として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/10/30 / 最終変更者:雪霞 / その他更新者: Janus01 / TCC / 提案者:若鶏カレー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/02/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 15282 ホスト:15255 ブラウザ: 8284
【良い点】
下記の通りです

【悪い点】
敢えていうならお釈迦様も悪人も性格が気まぐれなところ

【総合評価】
とても良いにします

[推薦数:1] 2012/05/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 31271 ホスト:31145 ブラウザ: 7910
非常に日本人的な心情を表した作品です。

日本で発達した大乗仏教では、御仏の慈悲に縋れば罪人も許されるという母性的な考えが中世以降主流となりました。釈迦が全てを包み込み、罪をも許す"母性"を表す女性の姿形を取っているのも象徴的です。またこうした母性的な考えから派生した衆生の為に自己を犠牲するという価値観も尊ばれてきました。特に、中世にベストセラーになった経典「大般涅槃経」では、虫けらと言えども生あるものすべてに仏性があると説いています(一切衆生悉有仏性)。カンダタはその観点からすれば蜘蛛を救った時点で、十分救われるべき存在となったのかもしれません。

しかし、その後、蜘蛛の糸を昇る際に、カンダタは同じ場に所属する仲間を見捨て、貶し、自分だけ助かろうという行為をします。これは日本的な皆一緒という「場の倫理」を汚す、日本人からすれば自分勝手と取られる行動です。この倫理観からすれば、カンダタは再度地獄に落とされても当然でしょう。

この作品は西欧化し、近代化へと歩み始めた大正時代にあって、古来の"日本的なもの"を象徴的、心情的に表しています。ただ、穿った見方をすれば、カンダタは芥川自身であり、彼1人近代的自我に目覚めても、日本社会の個を滅す、旧来の圧力に負け、"向こう側"に行くことは叶わなかったとも読めます。やや皮肉な目で見れば集団の為に個を犠牲にする「自己犠牲」の物語であったらもっと一般に受けたかもしれません。

芥川自身、帝大英文科を卒業しており、西欧や近代文明への理解が深かった小説家でもあるので、彼の苦悩と葛藤がこの作品から読み取れます。

尚、この作品が面白くなかった人は小松左京のパロディがお勧めかもしれません。あまりにもB級映画的で皮肉が効いており、爆笑しました。こちらは非常に合理的精神に満ちています。

【余談】
こうした日本的思想は、今なお有効で、組織に対する忠誠心、従順さ、平和的で安全な社会を築くことに成功させ、日本人の美質として世界に日本を知らしめさせましたが、一方で従わない者に対する懲罰的傾向、個を滅す態度、年長者から下の者に集団の意識を強制的に共有さす働きとなって作用してきました。

技術の革新は日進月歩でありながら、人の意識変化はなかなか進まず、日本は云わば「新幹線が走る江戸時代」に未だ住んでいるのかもしれません。

しかし、今、グローバル化が急激に進む現代では島国日本社会にも変化の波が押し寄せ、こうした日本固有の考え方だけでは通用しなくなってきました。能力主義の導入、年功序列制度の取りやめなどがそうでしょう。とはいっても、まだまだ"旧来の日本的な考え方"は混在しています。今の20代30代はその矛盾や混乱を社会でもろに背負わされているのかもしれません。

[推薦数:1] 2012/05/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(58%) 普通:765(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
名作と名高いですが、なんか色々な違和感を感じる作品。
最初の方で、「蜘蛛を踏み潰さなかった」というトンデモない理由で極悪人大泥棒カンダタを地獄から救い出そうとするお釈迦様の行動は理解できないし、その後、あまり彼を救済するような気も感じない。
蜘蛛の糸を伸ばしてカンダタを助けようとするお釈迦様ですが、「あの糸を垂らした時点で他の悪人も這い上がってくることを予測しないのか」と思う。
まあカンダタも悪人なので、苦労するようなやり方で助けようとするのはわかるけど、それにしてもこれでは生還なんてできないでしょう。

あとは、最初の方では何故か「悪人にも良いところはあるよ」みたいな描き方だったのに、後半で急に人間の醜さを見せるような感じで、構成に少し違和感を感じました。
途中で内容を変えてしまったんじゃないかというような違和感がある。
最初からこの内容で書いていく予定だったんでしょうか?

まあ、読みやすいといえば読みやすいですね。
短いうえに文章も軽いので、古い作家でありながら、いま読んでも充分楽しめるかと。
ただ、個人的には好きじゃないです。

2011/11/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(83%) 普通:2(17%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 39069 ホスト:39322 ブラウザ: 9466
【良い点】
子供にもわかりやすい教訓のメッセージが込められている。

【悪い点】
ストーリーが短くて物足りない。お釈迦様の行動が理解できない。悪人に甘すぎるのでは?

【総合評価】

悪いことをしているカンダタを蜘蛛を助けるというだけで天国へ行かせようとしているお釈迦さまには不信心に思われても仕方ないですが浅はかに思います。ただラストでのカンダタが地獄に落ちる結末には人間のエゴが感じられ、教訓的なものも感じられたのでそういう意味ではいい作品だったのではないかと。ストーリーの短さに物足りなさを感じたのですが裏を返すとそれだけ簡潔にテーマをまとめられているので読みやすい自分好みの作品でした。評価は短いのが響いて「良い」ですね。

[推薦数:1] 2011/09/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6888(87%) 普通:584(7%) 悪い:424(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21763 ブラウザ: 2413(携帯)
高校の国語の教科書に載っており、授業で習いました。
個人的な印象としては近代の日本文学としては子ども向けのメルヘンチックな作品だと思います。
だってそうじゃありませんか。天国に続いている蜘蛛の糸をカンダタが登る…まるでジャックと豆の木に似ております。しかし、この作品はただ子どもの夢のある展開に持っていくだけではなく、自分が真っ先に助かろうとするあまり後から登って行く人たちにカンダタが降りろと叫んだために糸が切れて落ちていく描写を描くことで自分優先にするとロクなことはないという戒めをしています。
ただ個人的に思ったんですけどさんざん悪いことしていたカンダタを蜘蛛を助けたぐらいで神様が天国に行くチャンスを与えるなんてどうも悪人を美化しようとする印象があってよろしくないですね。

冒頭でさんざん悪いことをしていたのに蜘蛛を助けたという善行ぐらいで天国へ行かせようとすること自体がちょっと浅はかすぎます。これはおそらくせっかくのチャンスをもらったもののそれを掴み取れない人間の性を演出しているのでしょうか。

それでも最終的にはカンダタは地獄に落ちてしまいますので評価は良いよりの「とても良い」とさせていただきます。
[共感]
2011/09/20 確かに自分だけを優先してしまうと良くないですよね、この作品の主人公のケースのように。(苦笑) by KAMIKAZE

[推薦数:1] 2011/09/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:330(53%) 普通:163(26%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 14067 ホスト:14112 ブラウザ: 10030
踏み殺そうとした蜘蛛を殺さずに止めた事がどうして良いことになるのか等、納得いかない点もあるが人生でそのぐらいしか「良いこと(?)」をしなかったカンダタに対し「慈悲の心」(他人を思いやる姿)を求めたお釈迦様にかなり無理があった物語ではないかと思う。

言い換えれば、結果がある程度予測できることからも蜘蛛の糸で本当に助ける意思が有ったのか疑わしいし、そう考えると最後の悲しそうな顔にもどれだけ真実味があったのかとも思ってしまうのが感想ですね。評価としては納得いかない点も多いながら興味深い1作とのことで「普通」といったところでしょうか

2011/05/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4239 ホスト:4410 ブラウザ: 11751
【良い点】
有名な話ですが、自分が特別と思ってはいけないと言うテーマが書かれている点でしょうか。(ありきたりな表現ですが)

【悪い点】
お釈迦様は主人公は他の罪人と違うと思っているのに違わないのでは。

【総合評価】

蜘蛛を助けたから他の人とは違うというのは大袈裟な気もしますが、ただ糸が下りてくると自分でも同じパターンにはまりそうですが。
カンタダはちがうと言う気持ちが裏切られた虚しさを感じました。一片の情けを与える事で信じると言う事でしょうか。

2011/01/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:243(70%) 普通:53(15%) 悪い:51(15%)] / プロバイダ: 27921 ホスト:28065 ブラウザ: 10067
面白いけどいろいろとつっこみ所がある作品。
まず蜘蛛を助けたからといって御釈迦様が助けてくれたという点。他の罪人だってそれくらいの経験は一回くらいはありそうだけど。
そして、後半で蜘蛛の糸で主人公にチャンスを与えるのですが、蜘蛛の糸ではさすがに細い、主人公が別の罪人が登ってくるのを落とすという行為にでるのはちょっと気持ちわかるよ。
ということでつまり自分が言いたいのは、御釈迦様の行動が良くわからないと思いました。
とはいえ芥川龍之介さんらしい作品で好きです。

2010/11/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4045 ホスト:3981 ブラウザ: 9673
【良い点】
・カンダタとお釈迦様の人間味
助かりたい一心で罵声を放ってしまったカンダタと、
地獄で散々苦しんで心がさらにすさんだと知りながら、
一度の暴言で見限ってしまったお釈迦様。
どちらも不完全ということでしょうか…。

・良くも悪くも短いこと。

【悪い点】
・短いので、高評価がつけづらいこと

【総合評価】
芥川龍之介の代表作。短くまとめた童話だが、
インドに関する知識もちらほら見られる。

2010/10/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 10552 ホスト:10509 ブラウザ: 3876
最高にしたいところだが、さすがに短すぎる…。

だがこの作品の評価が高いのは短い事だ。

この作品4コマの様なイメージを受ける。本当に短い。

この短さの中に言うべき必要な事がすべて詰っている。

冗長で退屈するとかそういうレベルの長さじゃない。どこまで短い文章で物語が出来るかそんな極限の挑戦を感じる。

しかもこれだけの短さに面白さもきっちり入っている。

私はこういう作品が大好き。虫は小さいのに人間の様に生を持っている。この作品は、ああいったものに対する感動と似たものを感じる。

ただすごく不思議なのはこれだけの短さの文章に天上の描写が結構丁寧にされていることだ。この意味がどうしても分からない。しかも物語に直接絡んでない。これは私の中で蜘蛛の糸の謎としてミステリーになっている。

[推薦数:1] 2009/12/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 53383 ホスト:53360 ブラウザ: 6770
【良い点】
大泥棒、カンダタの人間味がそれなりに感じられた。

【悪い点】
敢えて言うなら、自分だけ助かろうとして結局ダメだったというオチは、ちょっとベタだったかな、と。

【総合評価】

地獄にいる大泥棒であるカンダタが、かつて一匹の蜘蛛を助けたこともあって、それをお釈迦様に認められてか、蜘蛛の糸が目前に垂れているのを見てそれを上れば地獄から脱出できると思って必死に登るのですが、それを他の罪人に目撃されて彼らが必死に登るのを拒んだ為に結果的にはそれが切れて再度落っこちてしまうという、ベタ、というかありがちな感じのオチではありましたが・・・・
もし、彼が他の罪人に構わず昇りきっていたらどうなっていたのか?とも考えさせられます。
しかし、蜘蛛の糸は非常に細いものだったので、自分以外の者もつかんできてしまったらきっと切れてしまうだろう、という危機感も彼の中にあったかもしれません。
結末そのものが自分だけ助かろうというエゴが彼の中に生じたが故の当然の結果と言ってしまえばそこまでですが・・・・
(余談ですが、このカンダタという名前、どこかのゲームで聞いたことがあるような気が?)

2009/06/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 1328 ホスト:1089 ブラウザ: 7322
【良い点】

題材としては面白いですよね。
不変の人間のエゴイズム、善悪の二面性。

【悪い点】

カンダタが「すごい悪党だったけど1回だけいいことをした」という特殊な人間に見えない点。
蜘蛛の糸を占領しようと思うのは、悪党でなくても条件反射で思ってしまうことですから。

【総合評価】

個人的には、同じネタを「ごく一般的な善良な人」で見たいところです。
悪党のカンダタでは、最後の落ちはある意味で当たり前過ぎて、興醒めのように思います。
あるいは、お釈迦様の「エゴイズム」にスポットを当てるとか。
ちょっと切り口が甘いなぁ、と思ってしまいます。

評価は「普通」で。

2009/06/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(50%) 普通:1102(25%) 悪い:1104(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 4926
誰もが学校の国語なり道徳なりの授業で読んだ事のある話…。
「浦島太郎」などと同じで「一度の善行にあぐらをかいてはいけない」という教訓なのでしょうが、
そもそも地獄に堕ちるような悪行を重ねてきた者が、あの状況で他人に配慮できようか。
そういう者に一度の善行を理由に気紛れに仏心を出すお釈迦様ってどうなんだろうと思うが
昔の人が創世した神話物語に出てくる神様というのは時に人間以上に人間臭かったりする。
カンダタが生前に行った善行にしても、蜘蛛を見下せる余裕に起因しているとすれば
地獄の亡者達を天から哀れむお釈迦様のシチュエーションに合致している。
「神様は私達の心の中におられる」というのは宗教において王道の台詞であるが、
それに対する皮肉をこめた・・・というのは穿ち過ぎな考えだろうか。
[共感]
2009/06/04 時の権力者が投獄前の受刑者の小さな善行を評価し、独断で刑務所の上空にヘリを飛ばして脱獄用ロープを下してやる…この作品での「お釈迦様」の行為は仰る通り、感傷におぼれた俗物に見えます。 by H&J by H&J

2009/06/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 25090 ホスト:25043 ブラウザ: 9573
エゴをテーマにした作品。短いながらしっかりとしたオチがあり良い。ただ、少し物足りない感じがする。どちらの側もきまぐれだなと思った。評価は普通で。

2008/09/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8090
道徳の授業で「糸が切れたのは囚人たちの重さ(単に物理的な要因)のせいか、
それともカンダタが一人で助かろうとしてお釈迦様の怒りを買った(徳が尽きた)せいか?」という議論をしたのを思い出しました。
完全に結論を書かず、複数の解釈が入る余地を幾許か残しておいて、作者に考えさせるようにしてある所が
また作品のインパクトを大きくしていて良いのでしょう。

子供にも理解でき、大人が読んでも味わい深い作品。
「ございます」調の丁寧な文体で書かれているので、却ってカンダタの浅ましさが浮き彫りになっています。
「蜘蛛の糸」を、「希望の光」「人間の欲望」などと色々解釈できる所も好きです。
但し、お釈迦様の本心や行動基準について深く考えていくとおかしな部分が出てくるので評価はこの辺で。

もっと読む

「これ、三節に別れていて、人間のエゴ/信心/慈悲話としては二節目までで事足りる様に思えるのだが、最後の一...」 by herba


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/04/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8122 ホスト:8076 ブラウザ: 7476 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 続自作怪獣総進撃 by 634
... =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 大蜘蛛怪獣クモンガ 身長:45m 体重:2800t ゾルゲル島冷凍ゾンデ実験失敗によって、カマキラスと共に生み出された巨大な蜘蛛怪獣で、その ...
記事日時:2018/10/31 [表示省略記事有(読む)]
2. 2016年ジャンプ51号感想(『デモンズプラン』新連載&読切『地球人間テラちゃん』掲載&『トリコ』連載終了号) by エスパー
... ってビーダマン知っているんだろうか。ベイブレードは今もあるけどさ。 ボンバーマンもまた最近あんまり見かけていない気がする…。 今週も安定して面白かったんですが、イマイチ自分で納得いく、この漫画面白さ伝える感想書きづらいなあ。 まだまだぼくが未熟だからと言ってしまえばそこまでだが、むう、悔しいぜ。 鬼滅蜘蛛で捕らわれたね ...
記事日時:2016/11/21 [表示省略記事有(読む)]
3. 映画「屍者帝国」雑感。 by 蔦屋
... 奇跡的バランスをとった偶然産物なか、判別がつかないが実に悩ましい。 で、ラスト。 そんなダメ人間な主人公を見るに見かねた、主人公同僚、女スパイ、そして生前とは別自我を獲得したフライデーまでもが総動員になって、彼に『新しいお友達』と舞台を作ってあげるエンドというは、ホント地獄に仏というか、蜘蛛というか、 ...
記事日時:2015/10/04
video video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ