[小説]ハイスクールD×D12 補習授業のヒーローズ


はいすくーるでぃーでぃー12ほしゅうじゅぎょうのひーろーず / Highschool DxD 12 Hoshuu jugyou no heroes
RSS
この作品は「ハイスクールD×D」のシリーズに所属します。
文学総合点=平均点x評価数2,078位4,631作品中総合点2 / 偏差値48.48
2012年文学総合点21位107作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
ストーリー1.00(良い)1
セクシー100%1人/1人中
可愛い100%1人/1人中
熱血100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

イッセーを失い失意に暮れるグレモリー眷属だったが、状況は彼らを放っておいてはくれなかった。超巨大な魔物が冥界の都市に向けて進撃を開始したのだ。冥界の危機にグレモリー眷属は? そしてイッセーの復活はっ?
著者:石踏一榮
イラスト:みやま零
レーベル:富士見ファンタジア文庫
出版社:富士見書房
発行:KADOKAWA
日本 開始日:2012/04/20(金)
1,05711
最近の閲覧数
1200000000
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/04 / 最終変更者:加納恵 / 提案者:永田 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3102(33%) 普通:3243(35%) 悪い:3037(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8276
一誠が消滅して、果たしてどうなるかだった今回の話でしたが・・・・・・

作者先生もあとがきで「木場きゅんメイン回だった様な」と言及されてましたが、実際少なくとも最初の1/3は彼が実質的な主人公でした。容姿だけでなく、戦い方や心もイケメンであると言うか、言動が鼻につくという事も全く無く、普通にカッコ良く、一誠との友情等心に秘めていた熱い思いは確かに伝わるものはありました。

その一誠も完全に消滅したわけではなく、魂だけは残っていて、復活も思っていたよりはすんなりいった感じでしたが、肉体が無いと知った時の反応、お前はつくづく女の事しか頭にないのか!!でしたな。(笑)

ホントに相思相愛なんだなあと言うか、リアスが漸く元気を取り戻した時のイラストが巻頭でおがめたのもポイント(?)で、暗い過去を感じさせない、誇り高き戦士だったサイラオーグも前々巻では力及ばず一誠に敗れながらもその実力者ぶりを見せつけてくれました。名前負けも良い所だったヘラクレスや、彼女を倒した様は一誠らしかったジャンヌはいかにもな噛ませ犬でしたが・・・・・・・

終盤は一誠対曹操の戦いとなったけど、ただ身体を再生しただけでなく、サマエルの呪いを利用して・・・・・・・・・・・食らった曹操の方はマジで痛そうでしたが、流石主人公と言うか、知略もさえわたってきて、ピンチもより一回り大きくなるチャンスとしてモノにした様です。

一方で敗者には非情な運命が待っていた様で、曹操の方は帝釈天に散々罵倒されて、神滅具も取られてしまい、一誠らもまだ正確に把握は出来ていなかったながらも、何となくおかしいと感づいてはいた様ですが、敵役として普通にキャラ立ってはいるので、まだまだ良い意味で彼にも暴れてもらいたい所でした。

最後は皆晴れて中級悪魔に昇格(まあ形式的にはそうながらも、実質的にはもう上級レベルの実力でしょうが)し、特に一誠はリアスとのデートの約束まで・・・・・・・恋の成就への道は上級悪魔への昇格よりも険しそうだけど、今回も色々見せ場を設けていて良かったんじゃないですか。評価は「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2019/02/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8276 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/格好良い/可愛い/セクシー 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ