[小説]ハリー・ポッター(シリーズ)


Harry Potter
  • 楽しい
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 面白い
RSS
この作品は「シリーズ」として登録されています。シリーズの個別の作品には下から選んで移動して下さい。
文学総合点=平均点x評価数13位4,554作品中総合点76 / 偏差値127.27
文学平均点217位266作品中平均点0.63=良い/121評価
1999年文学総合点1位117作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.86(とても良い)7
ストーリー1.29(良い)7
楽しい57%4人/7人中
友情43%3人/7人中
考えさせられた43%3人/7人中
面白い43%3人/7人中
勇気貰った29%2人/7人中
もっと見る
属性投票する
著者:J.K.ローリング
英国版出版:ブルームズベリー社
米国版挿絵;メアリー・グランプレ
米国版出版:スコラスティック社
日本 開始日:1999 / 終了日:2008/07/23
海外 :開始日:1997 / 終了日:2007/07/21
公式サイト
1. http://harrypotter.jp.warnerbros.com/home.html
80,563160121
最近の閲覧数
4300183231
1人の方がこの作品が文学として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/01/16 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: 雪霞 / 羽幌炭鉱 / カトル / 提案者:エスパー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/01/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3920 ホスト:3899 ブラウザ: 9629
【良い点】
世界観
キャラが立ってる、特に悪役
わくわくできる

【悪い点】
思い浮かばない

【総合評価】
僕の大好きな世界観を丁寧に書いてくれてます
小物類とかここまで書いてくれるんだ!って感じです
しかも、どれもちょっとしたアイデアがあって面白いですね!

魔法世界のスポーツとか学校生活とか憧れます
作者の想像力は凄いです

2013/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(74%) 普通:0(0%) 悪い:12(26%)] / プロバイダ: 10718 ホスト:10724 ブラウザ: 6169
☆原語版
【良い点】
多彩な言い回し。
伏線回収の巧さ。

【悪い点】
蛇足が少し多い。

☆日本語版
【良い点】
組分け帽子の歌の翻訳。

【悪い点】
誤訳が非常に多い。
基本イディオムすら理解できていないため、原語版での多彩な言い回しを生かせていない。
スネイプやヴォルデモートの一人称が不自然。

【誤訳の例(ほんの一部)】
第1巻16章
原文:slyly the poison trie to hide. You will always find some on nettle wine's left side.
これを「毒入り瓶のある場所は いつもイラクサ酒の左」と訳したため、原書では筋が通っているパズルが日本語版では解きにくくなっている。これを「イラクサ酒の左には いつも毒入り瓶がある」とすることで、部分的な解答を得ることができる。
第5巻6章
原文:I camped out at your dad's in the school holidays,
"camped out"を「キャンプした」と訳した。しかしこの発言は、キャンプしたのではなく、話者が家から飛び出し親友の実家に世話になったことを意味している。
第5巻25章
原文:I'm on probation
ハグリッドの発言を「停職になった」になったと訳したが、この発言後も学校で働き続けているため、誤訳。
※probationは「執行猶予」
第6巻20章
原文:You are omniscient as ever, Dumbledore.
これは、ヴォルデモートは他意がなさそうな様子で職をもとめにきたが、実は近くの村の宿屋ホッグズ・ヘッドに手下たちを待機させていたことをダンブルドアに指摘され、居直って返した台詞である。人から怪しい行動を指摘されて返す言葉が「博識ですね」というのはずれている。omniscientには「博識の」というような意味もあるが、この状況では「お見通しですね」が正しい。

1990年代という時代設定からは想像できない発言(『手水場』『下手人』『旅籠』『マジ』『我輩』『もちのロン』など)。

【総合評価】
日本語版も考慮した場合「最悪」という評価も否めないが,評価を原語版についてのみ考慮して「とてもよい」にする。

2011/09/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(66%) 普通:15(15%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 28183 ホスト:28265 ブラウザ: 2925(携帯)
一番面白いのは2巻でした。ミステリー感があり面白かったです。
一番つまらないのは4巻ですかね。前半が面白くないし、この辺からハリーやロンの性格が悪くなってきます。
7巻まで読むとスネイプ先生がもう一人の主人公だという事がわかります。7巻はまさにスネイプ先生の作品と言っても過言ではありません。

2011/07/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:330(53%) 普通:163(26%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 14067 ホスト:14112 ブラウザ: 10030
率直にいって悪い作品ではない。
ただ私は映画化されたことを耳にするまでこの作品を以前読んだ事は忘れていた。これは当時何気に読んでみたが「読み易い」ことが印象深かったくらいで、特にどうという感想が抱けなかったためでもある。それに「児童文学」ということで、ある意味それは当然だと自分なりに納得させていたことも理由だと思う。

先評でも色々語っているので簡単に述べさせてもらうが、私は学校という環境をメインとしていることで多少なりとも子供には共感できる設定部位が多い作品だと思う。しかし主人公の後先考えない直情的な性格にあまり魅力を感じることが出来なかった事が残念だった。

どの作品でもどこに着目してどう楽しむかは人それぞれだと思うが、これだけ売れたと言う事は良くも悪くも楽しんだ人が多かったという事であろうし、これは活字離れの現代において色々と貢献してくれた作品でもあると思う。

ただこの程度の作品が世界的にこれほど人気があると「過大評価」の感が抜けはしない。こういった感じで個人としての評価は「そう悪いものではない」というのが妥当な評価となるのである。

2011/07/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:2(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13870 ホスト:13762 ブラウザ: 10898
【良い点】
設定が、そこそこ良い。

キャラクターは、ダンブルドア校長とスネイプ先生、ドビーとかが好き(しかし3人とも悲しいですね・・・)。アバーフォースやネビルも好き。

1〜3巻は、最高の面白さ!!

4巻は、(前半に堪え)後半まで行くと面白さが回復する。でも1〜3巻には勝てていない。

7巻は、まぁまぁ面白かった(でも、「最終巻だから」っていう贔屓目で見たから面白かったのかな?)。しかし、やはり1〜3巻には勝て無かった。

【悪い点】
4巻の前半が、ダルい(後半は持ち直しますが)。このハリポタシリーズに違和感を覚え始めたのは、思えば4巻からだった。
5・6巻は、ちょっともうね・・・駄目ダメ。

キャラクターの個性が弱いかも。

1・2巻あたりのハリーは純粋だったが、何だか途中から性格が悪くなって行った。これじゃあ、「人間性の成長」どころか「退化」してません?

ヴォルデモートが、ただの「ブチキレキャラ」「単なる嫌な奴」位にしか見えない。あまり怖くない悪役・・ビミョー・・・
死喰い人に当り散らすヴォルちゃんばかり見て来たから、「我侭なパワハラ坊ちゃま」にしか見えなかったww見た目が怖いだけじゃん。
怒ってても それを表に出さずに内に秘めて内心は超ドロドロ・・的な描写とか、頭の切れる描写、闇のカリスマ性とか・・そういうの全く描かれて無いからダメダメ。

やっぱりねぇ、あの日本語訳がねw・・まちゅおかーーゆうこりーん、シッカリしなさーい!

戦闘シーンが、概ねツマンナイ。7巻のマグゴナガルVSスネイプのシーンだけは良かったけど、けど数行で終っちゃうしw

呪文詠唱が、総じて短すぎるのも・・もっと1つ1つの呪文が長ければ良いのに。
ただ「殺す(アバダ・ケダブラ)」って言うだけで相手が死ぬとか、、命に関る呪文なのに軽い。軽すぎる。

【総合評価】
うーん、設定は少し光るモノが有ったし、キャラ達も あと一歩で個性が強く出せた筈なのに・・・やっぱり「惜しい」作品ですね。
「あと一歩の惜しい作品」を、まるで名作の如く持て囃す、世間も世間だと思う。

2010/08/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:78(68%) 普通:14(12%) 悪い:23(20%)] / プロバイダ: 17048 ホスト:17012 ブラウザ: 8212
【良い点】
・様々な伏線
・大量の感動シーン
・ファンタジーとしての世界観
・個性豊かなキャラクター
・色々と考察できること
・(当然ながら)読んでいて楽しい

【悪い点】
・一部の日本語訳?特に1巻の魔法薬のパズル。

【総合評価】
英語版は7巻しか持っていませんが、日本語版でも十分面白いです!
どの巻も10回は読んじゃってますw
読んでいて本当に面白く、何度でも読み返す気になれる本。
こんなに何回も読んだ本は初めてです。

2010/02/17 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(33%) 普通:3(20%) 悪い:7(47%)] / プロバイダ: 20669 ホスト:20789 ブラウザ: 6405
【良い点】
ハリー・ポッターは、何度も読んでいるですが?
読む回数を増えるごとに、物語が子どもだましのファンタジーに
思えない深いものが感じられます。
魔法で何でも解決できる世界でもないし
法律や規則など社会的なようそもあり、
友情や恋愛を通して、
主人公のハリーが少年から青年へ成長する話の中で、
ハリーでだけじゃなく、ほかのキャラクターにもドラマがあるのが
この作品の大きな点です。
ハリーの物語を最後まで、読んでみて、
親世代(ジェームズ、シリウス、リーマス、ピーター、セブルス、リリー)
が強く印象に残りハリーに大きな影響を与えてくれたことです。
ハリーが「生き残った男の子」になったのには、
*セブルスがあやまって、予言の内容をヴォルデーモートに教えてしまったことにより
ジェームズとリリーが狙われ殺されたけど、
セブルスがあやまって、ヴォルデモートに教えても、
ピーターが騎士団や友人たちを裏切りヴォルデモート側に付かなければ
ジェームとリリーは、ゴドリック谷で生きのび、
ハリーは、額に傷のない普通の男の子として生きたでしょう。
シリウスは、無実の罪で、13年もの間牢獄に閉じ込められることもなかった。
でも、現実は、
ジェームズは、家族を守るために亡くなり
リリーは、我子をかばって亡くなり
シリウスは、無実の罪を背負い、自分の過ちで、ピーターを「秘密の守り人」にしたことで、結果親友を失い。脱獄してからも無実の罪を背負わされ最後は、騎士団として戦って亡くなります。
リーマスは、影では、差別や迫害を受けて生きて、それでも恋をして、子どもでき
短いけど幸せの時をすごした。けど最後は、騎士団として戦い亡くなります。
セブルスは、一生涯自分の過ちを背負い危険な任務の立場について、リリーの息子を
影ながら見守り秘密を隠して、蛇に殺されて、亡くなります。
ピーターも一瞬だけ自分の過ちに気づきます。
〔親世代〕〔ジェームズ、シリウス、リーマス、セブルス、リリー、ピーター〕

〔子世代〕〔ハリー、ロン、ハーマイオニー、〕

〔孫世代〕〔ジェームズ、アルバス、リリー〕
と3世代にわたるドラマに感じ取れました。
最後まで、読んで一番感じたことは、ワクワクする楽しいことや笑えることもあるけど
その裏では、とっても切なく、悲しい人間ドラマがあり、その
光りと影で、ハリーの物語りなんだと感じました。
ハリー・ポッターに出会えて本当に良かったと思っています。

2009/11/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17906 ブラウザ: 2406(携帯)
個性的な登場人物や
様々な魔法など
読んでてかなり
楽しい作品だと思います。
世界観もユニークで
わくわくさせるような
内容になっており
子供、大人関係なく
人気の理由が分かります☆
> それに、
ハリーの成長だけでなく
ロンやハーマイオニー、
マルフォイ、
たくさんの登場人物の
成長を見ることのできる
素晴らしい作品だと
思います★★

2009/11/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(89%) 普通:1(11%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 9396 ホスト:9416 ブラウザ: 9573
ファンタジー小説の中ではトップクラスのスケールだと思います。本の分厚さからもそう感じられますが、文の長さやまとめかたにいちいち気にしない人であればまったり読める感じです。でも、これを読むときはそれなりに時間がないと駄目ですね。年を重ねるか進級するかにつれて環境が忙しくなって中々読めなくなるような気が・・・。読めるときに、読みたいときに読むのが一番でしょうか

2009/11/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 10451 ホスト:10521 ブラウザ: 7345
【良い点】
・伏線の広げ方と回収の仕方が素晴らしい。
・長いのに文が軽妙で読みやすい。字体が色々変えられているのも楽しい。
・魔法の道具の設定が細かく、否応なしにわくわくさせるものであること。
・悪役のマルフォイとスネイプが魅力的。味方になることもあるので目が離せない。
・ちゃんと表紙裏に登場人物紹介が付いている。
本作ほど登場人物紹介が役に立つと感じる本もないと思います。何せ人が多すぎですから。

【悪い点】
・善側の登場人物は精神的に成長するか、清い心を守り続けるかのどちらかである必要があると思います。
しかし本作では、彼らは逆に巻を追うごとに頑なになり、小さな人間関係の縺れに対していちいち怒る事が多くなりました。
ただでさえ話は重くなっていくのに人の性格までこうなっては、後の巻ほど読んでいて疲れます。

【総合評価】
2巻までなら「とても良い」でも良いのですがね…
[共感]
2011/06/04 確かにメインキャラがどんどん怒りっぽくなりましたよね・・・。思春期の少年少女をリアルに描こうとしたのかもしれませんが、文化が違うせいか感情移入できなくて読みにくい部分が多かったです。登場人物紹介は私もありがたかったです! by mafuyu

[推薦数:1] 2009/11/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(56%) 普通:42(22%) 悪い:42(22%)] / プロバイダ: 360 ホスト:200 ブラウザ: 4532
全巻読破。

【良い点】
世界的なブームになっただけあって、描かれた世界観は濃密で重厚、かつ魅力的。

序盤のハリーは比較的純粋で好きだった。
しかし「自分は特別だ」と自覚し始めたハリーは次第に増長していく。
ついには目上の校長にすらタメ口でキレる事態に……。
この辺りが主人公に対する不快感のピークだったのだが、ある意味「子供の精神の幼さ、脆さ」がきちんと描かれたとも言える。
万能に近い能力を手に入れた精神の幼い人間が、どのように増長していくのか。
このあたりの心理描写や、行き当たりばったりぶりは実にリアルだった。

スネイプの仕込みは十分に生かせていたと思う。

【悪い点】
増長したハリーの更生がなかった。
社会的使命の自覚はしたが、純粋さ・謙虚さを取り戻す展開を期待していた。
私が感じるその辺の印象は日本人ならではの価値観、ということなのだろうか。

翻訳が……著名な翻訳家ではあるのだが、あまり上手だとは思えない。
小説の翻訳はやはり小説家がやるべき。
単にキングスイングリッシュが使えるから翻訳できる、というわけではない。
村上春樹の翻訳とか、実に文学的で的確な翻訳をしますよ。

【総合評価】
「普通」

2009/11/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
賢者の石のみ読みました
映画から入りましたが、ページを前半に固めすぎた印象
第一作目なので、今後のために概要なんかは必要でしょうが・・もう少し中身を込めてほしかった

2009/09/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:80(73%) 普通:5(5%) 悪い:24(22%)] / プロバイダ: 4111 ホスト:4056 ブラウザ: 9573
【良い点】
主人公ハリーが数々の難関を親友のロンとハーマイオニーと乗り越えるという所。
魔法(呪文)の設定が色々と面白い。
ハリーとウォルデモートの因縁の関係のなかなか。

【悪い点】
日本側の問題だが、誤訳がちらほらある。
その為、誤解されて批判を受けてしまっている事。

【総合評価】
ハリポタを小説・映画を時々観ていますが結構面白いと思います。
デルトラとは違った魔法のある世界っというより魔法が中心なのでそういうのが好きな人にはいいかもしれません。
原作はかなり内容が長いのと色々と頭に入れないと解らない所があるけどそれを抜いても面白いと思います。
ゆっくり読むのも暇つぶしに読むのもいいかもしれませんね。

2009/08/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(67%) 普通:5(19%) 悪い:4(15%)] / プロバイダ: 10117 ホスト:9884 ブラウザ: 10622
【良い点】
ハリーポッターの世界観が好きです。クィディッチや禁じられた森、ダイアゴン横丁など出てくるたび楽しく読めました。台詞も多くて、キャラも個性的、ライトノベル感覚で読めました。面白かったです。
読んでいったときに差別を関する表現、名称が多いなと感じました。しかし、私の解釈ですがマグル出身のハーマイオニーの存在や屋敷しもべ妖精の言動、純血を好む悪役達を見ていると作者は差別に対して強く批判的であることが伝わってきました。作者自身『世の中に理不尽な差別が存在する』ということを読んでいる子供の読者に伝えたかったのでは?だからあえて差別的表現を多く用いたのではないのでしょうか。私はこの作品の良いところだと思っています。

【悪い点】
キャラクターの死にいまいち悲しめなかったなあと思いました。読んでない人にはここから先ネタバレになってしまいますが、はっきり言ってシリウスやセドリックの死をけっこう重要視されていましたが2人とも登場回数が多かったわけでもないし、古くから出ているわけでもなんでそこまで重要視するほどでもないと思いました。それにひきかえ1巻から出ているフレッドや3巻で特に目立ってたルーピンが死んだときのあつかいが・・悲しむ暇もない状況なのはわかりますが、もうちょっとちゃんと『悲しみ(?)』みたいな表現を書いて欲しかったです。でもスネイプの最後のシーンはうまいと思いました。1巻から出ていて、嫌な役にもかかわらず彼に関するエピソードが多かったせいでしょうか。正直悲しかったです。
あと難点を言うなら無駄にキャラクターが多すぎです。『児童書』なんだからもうちょっと人数減らしてもいい気がします。覚えきれません。

2009/02/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(64%) 普通:1(9%) 悪い:3(27%)] / プロバイダ: 23592 ホスト:23699 ブラウザ: 8090
【良い点】
・1〜3巻までは面白かった。
・キャラが良い。

【悪い点】
・4巻からがつまんなくなった。
・ストーリー上必要なのだろうが死人が多い。
・スリザリン=悪 っていうのが少しむかついた。

もっと読む

「【良い点】 最初の方がとても好きでした。 4巻くらいまではかなりはまって、1日中読んでいた事もありました...」 by 心憂


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/02/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 5242 ホスト:5326 ブラウザ: 10249 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/考えさせられた/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 帝王・魔王を語る(Mr.KNさんの質問回答) by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 第二形態というシステムが挙げられますが、 それを腹心の部下・ミストバーンの秘密という形で昇華される描写には 結構驚かされましたね。 ちなみに個人的には、老バーンのほうが恐るべき威厳があったと思います。 ドラゴンボール ピッコロ大魔王 イース2 魔王ダーム ピラミッドソーサリアン 魔王ギルバレス ジョジョ3部(主人公:承太郎) 悪の帝王DIO ハリーポッター 闇 ...
記事日時:2016/03/26 [表示省略記事有(読む)]
video
2. プリキュア作品におけるフォーマットを「英雄の旅路」と比較してみる by 静山子猫
... もしも『魔法つかいプリキュア!』を観ていて本作の魔法にそこまで魅力を感じない・ワクワクしないと感じている人がいましたら、同人小説『空の境界』にて言及されていた「魔法と魔術の違い」を思い浮かべてみるといいかもしれません。自分は真っ先にこれを思い出しました(そして、『魔法つかい』がところどころでパロディネタにしている『ハリーポッター』は ...
記事日時:2016/03/13
3. WJ2014年36号+α by Merci
... 、これはなかなか上手いな、意外性もある。 主人公が子供なのにゲスくて頭が回る理由も、ちゃんとしているし。 何だかんだで正義が貫かれているのも良い感じ。 純粋な悪魔を主人公が高く評価しているし、コンビ物で連載展開もしやすそうだなー。 これはかなりレベル高いと思う。 何か変な新キャラ来た・・・「ハリーポッター」の ...
記事日時:2014/08/05 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ