[小説]名探偵水乃サトルの大冒険


めいたんていみずのさとるのだいぼうけん / Great detective Satoru Mizuno's adventure
RSS
文学総合点=平均点x評価数3,846位4,632作品中総合点0 / 偏差値46.35
2002年文学総合点114位142作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

長身、美形の水乃サトルは旅行会社課長代理。
だが、度を越した多趣味と奇行から社内では変人の烙印を押されている。
部下の新人OLと共に出張した岡山の村で、横溝正史の名作を模した殺人事件に巻き込まれる「『本陣殺人事件』の殺人」他、ミステリー初心者からディープなファンまで楽しめる本格推理小説集。
著者:二階堂黎人
出版社:講談社
日本 開始日:2002/02
2,74111
最近の閲覧数
1001011000
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/18 / 最終変更者:永田 / 提案者:夙夜健 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/06/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
今までに読んできた二階堂黎人氏の作品とはかなり作風が異なるので、驚きました。
4作品で構成されていますが、それぞれを評価すると、

「 良い 」 …… 「 『本陣殺人事件』の殺人 」
「 普通 」 に近い 「 良い 」 …… 「 ヘルマフロディトス 」
「 普通 」 …… 「 ビールの家の冒険 」
「 普通 」 に近い 「 悪い 」 …… 「 空より来たる怪物 」
ですかね。

「 『本陣殺人事件』の殺人 」
横溝正史氏の「本陣殺人事件」の真相に対して別の解釈もなりうることを示しているのは興味深いですね。
本当にこちらの方がすっきりするような気がします。

「 空より来たる怪物 」
読みやすいのですが、真相そのものに萎えてしまいました。

総合で 「 普通 」 にします。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ