[小説]GOTH―リストカット事件


ごすりすとかっとじけん / GOTH Wristcut
  • 面白い
RSS
文学総合点=平均点x評価数26位4,736作品中総合点54 / 偏差値104.34
文学平均点71位273作品中平均点1.74=とても良い/31評価
2002年文学総合点2位142作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)2
ストーリー2.00(とても良い)2
面白い100%2人/2人中
怖い50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

世界に殺す者と殺される者がいるとしたら、自分は殺す側だと自覚する少年「僕」。
もっとも孤独な存在だった彼は、森野夜に出会い、変化していく。森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。
学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物にいくことを決めた……。
著者:乙一 出版社:角川書店

ライトノベル雑誌『ザ・スニーカー』に掲載されていたが、一般書籍で出版。
2002年、単行本は「GOTH リストカット事件」という題名で出版。
2005年、角川文庫で「GOTH 僕の章」と「GOTH 夜の章」にわけて出版。
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2002/07
公式サイト
1. WebMagazine
21,2783431
最近の閲覧数
1221412112
2人の方がこの作品が文学として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/10/10 / 最終変更者:雪霞 / その他更新者: あっちゃん / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/09/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:311(51%) 普通:90(15%) 悪い:211(34%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4178
【総合評価】
中二病チックでミステリアスな作品
文体の暗さや淡々とした明るみの無い展開からミステリアスなミステリーと言ったところか
しかし犯人や殺害者は出るが犯人をつきとめてどうしようという訳ではないのがこの作品の最大の特徴だ
犯罪に対して異常な思いを抱く学生、「僕」が犯人への興味から犯人に会おうと頑張るという妙な作りとなっている

誰が見ても奇抜だと思える作品とはまさしく本作がそれだろう
犯人が分かっても興味のあった動機やどんな人物かだけ聞いて立ち去る
まるで犯人への個人取材のようで面白くもあり、恐ろしくもある
普通はそんな発想には至れないであろう部分に当然であるかのように主人公の「僕」と「夜」は踏み込んでいく
しかし、森野夜は違う。

踏み込める場所にいながらも犯罪者に狙われやすい体質なのである
いわば被害者体質で犯罪者によく狙われるがそこを美味しくいただくのが「僕」だ
彼女のほうはいつも犯人の存在に気が付かない

動機などに興味を持つけれど犯人たちはみんなサイコパスなのかどうかは詳しく出ていないが
大した動機は無い「なんとなく」や「ついうっかり」が多い
むりくり動機を掘り下げるよりも良かったんじゃないかと思う
むしろ興味や性癖や昔からの思いが動機に表れていてむしろ下手な掘り下げよりも凄く良く納得出来た

話が似たような展開の繰り返しになっていたのが残念だった
事件概要説明→犯人と森野が接触→僕が現れて犯行阻止→犯人の動機終了→森野は気が付いてないらしい→END

全部がそうという訳ではないけど大体こういった構成だったのでもう少し森野と犯人の間接的な接触をハラハラとしたサスペンスのような見せ方をして欲しかった

最後の声Voiceに関しては正直あんまりおもしろくないとしか言えない
一人称変えてましたーっていう子供だましのような叙述トリックも悪い意味で騙された!って感じ
せめてヒント出せばいいのに…確かに自分を偽ってるとは書いていたが、巧妙さを感じない

土と犬は良かったです
外伝は買おうかどうか検討中…初見の人はそれなりに楽しめるかと思う

2012/10/09 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 35832 ホスト:35777 ブラウザ: 12180
評価は高いみたいですが、俺は気持ち悪くなるだけでした…。
作風自体が合わないんでしょう。ベタな話が多く、登場人物も少ないため、オチも読めるし。
主人公と森野のコンビが事件を解決すること自体が少なく、だいたいこの主人公ばっかり話に出てくる気がします。
ドライなキャラクターが魅力なのかもしれませんが、やはり不快感が強かったですね。

犯人たちも、ただのサイコばっかりだし、動機が無いに等しいのもドラマがなかったと思います。
「声」には姉妹ドラマがありましたが、「記憶」が既に姉妹ドラマなので新鮮味も薄く…。
最初の方の話は読んでいて吐きそうになります。幼児の手を剪定バサミで切るシーンは流石に吐きました。学校で読んでて、一日吐くの我慢したのが辛かったです。
漫画・ゲーム・ドラマなどのグロシーンはまだ吐かないんですが、小説で読むと脳内で色々補完してしまって駄目ですね。
なんか自分の体で想像してしまう部分があります。まあ、その辺の話は余計ですが。

まず、全体的に「お咎め」のある人物が少ないのが後味悪いです。
ブラックというか、完全にモラルの欠如した内容でしたから、ちょっと自分にはきつかったですね。

個人的に気に入ったのは、「土」ですかね。意表を突かれたのはこれだけだと思います。オチも個人的にはかなり気に入っているので、まだ楽しめました。
これは「良い」なんですが、他は全体的に「とても悪い」とか「悪い」に分類したい話ばっかりでした。
グロテスクで吐きそうになる。こういう生々しいのが苦手な人は絶対読んじゃダメです…。

2010/06/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:486(64%) 普通:108(14%) 悪い:161(21%)] / プロバイダ: 34454 ホスト:34212 ブラウザ: 4824
以前に読んでいた乙一作品が『君にしか聞こえない』だったので
こんなの書けるんだと驚いたのを憶えています。
気に入っている話は『土』と『記憶』ですね。
主人公と夜の奇妙で危うい関係も秀逸です。

いつか、続編を書いてみたいとおしゃっていたので実現して欲しいです。

2009/09/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 29382 ホスト:29413 ブラウザ: 7642(携帯)
乙一作品は評価するまでも無く最高である。
が、敢えてGOTHは評価させて貰う。
ミステリーそのものを見ると特に難解と言う訳でも無いが、出て来る人間が面白い。
狂気じみてて個性的だが、読んだ後に印象が残らない。
いやみが無いのだ。
この描写力は素晴らしい。
何十回も読んでいるのに、書けることと言ったらこれしか無い。
取り敢えず、GOTHの評価は【最高】と言う事で。

2009/06/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:276(39%) 普通:189(27%) 悪い:245(35%)] / プロバイダ: 20138 ホスト:20099 ブラウザ: 6399
うーん、何か印象に残らなかった作品です。
悪くはないと思いますし、乙一さんの作品にドキドキ感とかは別に期待はしていないですがストーリーが頭から抜けてしまうくらい印象に残って無いですね。

2009/02/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:90(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15425 ホスト:15566 ブラウザ: 7590
黒乙一全開!!同系統の作品は他にもありますが、本作品はそれが一番色濃く出ていると言っても過言ではないかと。
残虐な事件に対して、「解決しよう!」とかではなく、単に「興味があるから」という理由だけで動く“僕"と森野さんが斬新でした。
叙述トリックも秀逸で、一体何度騙された事か…。中でも最後の『声』の真相はホントに衝撃が強くて、暫し呆然としてしまいましたね。

2008/09/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(58%) 普通:20(19%) 悪い:25(24%)] / プロバイダ: 21849 ホスト:21628 ブラウザ: 6400
なんといっても主人公の魅力に尽きる作品でしょう。
殺人に対する考え方に始まり物事の見方が非常にドライで
それでいて森野という似た価値観を共有する少女の持っている危うさを放って置けない。
そういう微妙な立ち位置がとても面白いです。

ミステリーとしての内容はオーソドックスで特筆すべき点はないと思います。
狂気の描き方も比較的抑えた表現なので万人受けする作品ではないでしょうか。

2008/08/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:80(66%) 普通:16(13%) 悪い:25(21%)] / プロバイダ: 5754 ホスト:5765 ブラウザ: 4184
乙一って言える小説でした
作者も人間じゃねえって言っている通り、基本吹っ飛んだキャラのミステリーでした。
人間じゃねえ人たち(一応は人間なんですけど)が起こす事件だからか?結構グロイです。
あと小説っていう映像や音声が無いから出来るトリックが流石ですね。

客観的に見ればトンデモ話ですが、話に引き込む力もトンデモないです。

2008/08/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(66%) 普通:12(10%) 悪い:28(24%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14002 ブラウザ: 3020(携帯)
読んでて不思議な感じになる小説。楽しかったとも違うし、感動したとも違う何かを感じた。
残酷だけど、それだけじゃない。良い話だけど、それだけじゃない。
読んでる時は先が気になって仕方が無かった。
グロ耐性があるなら是非一読を

2008/03/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 16821 ホスト:16565 ブラウザ: 6342
【良い点】
「僕」の「普通」なようで少し「普通」ではない。
冷めた態度は、すごく共感できました。

「人が人を殺す」、「罪を犯す」。その感情がまざまざと伝わってきて、知的興奮、とでもいいましょうか。刺激を与えてくれます。「異常」、と思う反面、何故だか「納得」できてしまう作品です。

また「僕」の名前が不明なため、一人称で判断するしかない。それがいい味を出してます。

【悪い点】
「僕」の名前が不明な点。
一人称のみの判断がちょっとし辛い章もありまして・・・・・

矛盾しているようですが、「良い点」でも「悪い点」でもある。っていうのが私見。

あとちょっと残虐。子供にはあまり見せたくないですね。

【総合評価】
かなり良。
乙一さんの独自性がすごくでてると思います。

2008/03/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:15(88%) 普通:0(0%) 悪い:2(12%)] / プロバイダ: 17333 ホスト:17373 ブラウザ: 8090
【良い点】
とても読みやすいところ。
犯人が基本的に警察につかまらないちょっと変わったミステリーであること。

【悪い点】
文庫のあとがきでも書かれていますが、同じ場所で何回も猟奇殺人がおこること。
グロいので残念ながら万人うけしません。

【総合評価】
登場人物のほとんどが変人であるところが面白いです。
本編はもちろん、乙一さんのあとがきも面白かったので最後まで楽しめました。

[推薦数:1] 2008/02/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(77%) 普通:5(14%) 悪い:3(9%)] / プロバイダ: 28246 ホスト:28318 ブラウザ: 6520
今までに読んだ乙一氏の作品の中では一番好きな本です!

【良いと思った点】
・主人公コンビのドライさが非常に面白い。「僕」と夜が周辺で起こるいくつもの猟奇的事件を追いかける訳ですが、彼らを突き動かすものは犯人に対する憎悪や被害者に対する憐憫といった感情ではなく、ただただ事件の異常さへの興味だけ。犯人が分かっても警察に通報しなかったり、被害者のことを思うといたたまれないと話しながら平然と蕎麦をすすったり…「おいおい君たち、それでいいのか(笑)」と思いつつも、読み進めるうちにすっかり彼らの生態に魅了されてしまうのです。ただこの二人、本当に意気投合した同志なのかというとそうでもありません。作中の言葉を借りれば、あくまでも「僕」は「殺す人間」、夜は「殺される人間」。二人の意識の根底は確実に異なっているのです。友人でも恋人でもない彼らの微妙な関係性にも注目です。
・凄惨な内容がが淡々と語られているのも良いと思います。グロテスクな部分が過剰に強調されるようなこともなく、好感が持てます。「暗黒系」では、死体と静謐(せいひつ)な森が調和して独特な雰囲気を醸し出しています。
・現実味のなさも功を奏しています。主人公たちの周りで猟奇的事件が多発するのは確かにありえないことですが、これはミステリの醍醐味と言うものでしょう。作中の「夜が変質者を誘うフェロモンを分泌している」という説明で充分のように思えます(笑)
・本格ミステリ大賞に輝いただけあって、使われているトリックが秀逸です。「声」の結末を知ったときには本当に驚きました。ある意味一話目からずっと伏線が張られていたことになりますね。
・犯人の心理描写にも舌を巻きます。乙一氏はあとがきで適当だとおっしゃっていましたが、全くそんなことはなく、よく描き込まれています。特に「土」では犯人の葛藤が伝わってきて、かなり臨場感がありました。

【悪いと思った点】
・上でトリックが秀逸だと書きましたが、一つだけ納得できなかったのが「犬」です。見事に騙されてしまったものの、よく読み返してみると所々に不自然な記述があり、少しアンフェアなように思えました。
・私が読んだのは文庫版だったのですが、上巻に当たる「夜の章」と下巻に当たる「僕の章」、それぞれのラストで重大な事実が判明する構成になっています。これでは楽しみが半減してしまうような気がします。ハードカバー版と同じ順番で話を収録するべきではなかったでしょうか。

【総合評価】
残念な点はあるのですが、作品を台無しにするほどではありません。
評価は「とても良い」とさせていただきます。
[共感]
2012/02/09 「使われているトリックが秀逸」「犯人の心理描写にも舌を巻きます」の部分に共感しました。私も「声」の結末が特に予想外で驚かされましたし、犯人の犯行の動機も奥が深かったですね。 by すわろう

2007/12/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(62%) 普通:1(2%) 悪い:18(36%)] / プロバイダ: 32756 ホスト:32734 ブラウザ: 2907(携帯)
確かに狂気に満ちている様は上手く書けてますが…かといって面白いとは思いませんでした。乙一さんの作品が好きなら良いかもしれません。

2007/08/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(80%) 普通:5(17%) 悪い:1(3%)] / プロバイダ: 54563 ホスト:54728 ブラウザ: 3875
この作品には圧倒されました。
異常な人間をココまで細かく書けるのか?と。
「僕」と森野。この2人が出くわす事件は、はっきり言うとこの世にあってはいけない事件ですよね。『土』や『リストカット事件』は特に思いました。実際にこんな人がいるのか?と疑問に思う点もありますが、少し犯人達や「僕」森野の気持ちがわかるような気がします。
私的には僕の章の『声』が一番好きです。
最後のどんでん返しにはやられた!と思いました。
そうやって思うと「乙一さんはやっぱすごいな〜」と。

話の内容はとても面白いですが、教育上少しグロイ表現が多いかな〜って感じですね。
なので評価はとても良いで。

2006/12/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12727 ブラウザ: 2907(携帯)
「僕」と森野の異常者二人が異常な事件に関わっていく話。
二人の世界観が本当に良かったですね。
話の途中でいつも結末を予想してしまうんですけど、見事にはずれていつも驚かされました。

これは個人的なことですけど「僕」と自分は似ていて「僕」の行動や考え方が興味深ったです。
だからある意味自分にとってこれ以上の作品は無いと思います。

もっと読む

「とにかく僕と森野夜のキャラが魅力的でした。内容も「これは精神的に発育途中の少年少女に悪影響を与えるの...」 by 堀凍る


次のページを読む

この評価板に投稿する



2013/09/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4178 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ