[小説]ゲートキーパーズ1985-二つの刻の狭間で: 2011/02/14 ノンキン


げーときーぱーず1985 / GATE KEEPERS 1985
RSS
文学総合点=平均点x評価数4,118位4,521作品中総合点-1 / 偏差値45.50
2000年文学総合点102位115作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/02/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:221(58%) 普通:66(17%) 悪い:91(24%)] / プロバイダ: 7013 ホスト:6757 ブラウザ: 12340
明るい雰囲気だった「ゲートキーパーズ」と、暗すぎる雰囲気の「ゲートキーパーズ21」の間に何があったのかを補足する小説です。個人的には、ゲートキーパーズ隊のその後とかを描いてくれた方がよかったです。話自体はドンドン暗くなっていって、これは「21」が暗くなるわけだと思う出来。なんで、あの明るい雰囲気からこうなってしまったかわかったのはいいが、ぶっちゃけ暗すぎてあまり好きにはなれません。
評価は悪いです。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ