[小説]エーリアン殺人事件


えーりあんさつじんじけん / E-riansatujnjiken
RSS
文学総合点=平均点x評価数3,467位4,642作品中総合点1 / 偏差値47.42
1981年文学総合点25位41作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

あらゆる宇宙船会社の航路のどこからも、はるか遠く離れた暗黒の宇宙の涯。
そこで巨大宇宙船シーラカンス号が救助した船の中にいたものは、最悪最強の宇宙生物エーリアンだった!
その未知なる生物の闖入によって犠牲者が続出する中、アル中宙航士ルーク・ジョニーウォーカーは、無理やりエーリアン捜索隊長に任命されてしまった。
はたして、シーラカンス号の運命は…。痛快無比、抱腹絶倒、SFコメディの大傑作。
著者:栗本薫
出版社:角川書店角川春樹事務所
文庫:角川文庫ハルキ文庫
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1981 野性時代 1月号 / 終了日:1981 4月号
[開始日詳細]
1998/10/18 ハルキ文庫版発売
※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
3,10411
最近の閲覧数
1000000010
この作品を文学として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/11 / 最終変更者:ウクレレ / 提案者:夙夜健 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/04/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
栗本薫氏が書いたSFコメディです。
主人公が対峙するのは、凶悪なエーリアンで、何とこいつは、男性器のような形をしているのですね。
あまり想像したくないようなものですが、本作では、文体がユーモラスなので、
笑いころげること受けあいです。

確か、消化液のようなものを出すのでしたかな、そのあたりはよく覚えていませんが、
読後感も良いもので、とても面白かったです。
ただ、人は死んだりしたと記憶していますので、ややギャップを感じますね。
そのような事を考慮して、 「 良い 」 どまりにしておきます。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ