[小説]チョコレート・コンフュージョン: 2019/03/09 mosukuwa


Chocolate confusion
RSS
文学総合点=平均点x評価数2,475位4,506作品中総合点1 / 偏差値47.61
2016年文学総合点15位28作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2206(58%) 普通:772(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 44065 ホスト:44101 ブラウザ: 9177
女性向けの恋愛ライトノベルといった感じです。
誤って本命風のバレンタインチョコを渡してしまった女性と、バレンタインチョコと縁のないコワモテの非モテ男性とのラブコメというのが本作のおおよその内容。
主人公・ヒロインともに大人でありながら、中学生のような恋愛スタンスを取ってドタバタラブコメディを行うギャップが見どころの一つと言えるかと思います。

まあ、単純に登場人物全員にあまり悪意のない感じが良好。
ちょっと三十代の男性というにはあんまりな人物像や、良くも悪くも「善人」だけれど相手を神格化しすぎる性格はまたちょっとアレかもと思うところはあった主人公ですが、なんだかんだできっちりと男らしいところもありましたよね彼。
対して、最初はちょっと悪い意味でも大人の女性っぽかったヒロイン側がどんどん彼に押されて純粋さや天然さを発揮していく過程はちょっとかわいくて良かったかなとも思います。
もうちょっと年上のDT男性を見下すようなキャラクターなのかなと思っていたら、思いのほか性格の良い側面が見え始めて、そこでギャップが感じられたかなと思えたヒロインでした。
それぞれの視点で物語が進んでいる分、最後に発生する障害がちょっと「わかりやすすぎた」というところなんですけれど、それでも勢いで割と受容できたかなぁ……。
通常なら躊躇するようなレベルの勢いが描かれているのも本作が人気を博した独自性の一つなのかもしれませんね。

評価は「良い」です。
王道ドタバタラブコメを大人同士の恋愛に持ち込んだ面白さの一作でした。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ