[小説]青の炎: 2005/07/11 けんちゃん


あおのほのお / A Blue Flame
RSS
文学総合点=平均点x評価数54位4,762作品中総合点36 / 偏差値85.18
文学平均点93位275作品中平均点1.64=とても良い/22評価
1999年文学総合点3位120作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2005/07/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(88%) 普通:0(0%) 悪い:4(12%)] / プロバイダ: 39036 ホスト:39230 ブラウザ: 5234
普段あまり活字を見ない自分が非常に楽しめた作品です。
主人公の秀一は同姓であれば一度は憧れる生真面目で優しい青年で、彼の心理も共感できました。
殺人行為自体は正当化できるものではないですが、秀一の場合自己利益のためでなく、家族を救うためにやむを得ず決断したためか、彼は罪人というより何かを果たすために行動している騎士みたいに感じられました。
この小説のジャンル上、犯罪は遂行できない、というのは仕方が無いことですが、秀一の最期はなんとも言えないものがありましたね。
でも秀一を含めみんなが不幸にならない方法はこれしかなかったのかな、とも思います。
ある意味これは青春小説なので、誰でも楽しめると思いますよ。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ