[アニメ]YAMATO2520


やまと2520 / YAMATO2520
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,615位6,488作品中総合点-3 / 偏差値46.98
1995年アニメ総合点99位104作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
企画・原作 ・製作総指揮:西崎義展
フューチャーコンセプトデザイン:シド・ミード
ヤマト・オリジナルデザイン:松本零士
総監督:白土武
日本 発売日:1995/02/21(火) メディア販売 / 終了日:1996/08/25 未完
16,14032
最近の閲覧数
2218342111
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/23 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/26 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 18076 ホスト:17995 ブラウザ: 4969
【良い点】
面白かった
内容で言うならバイファムやガンダムにヤマト要素をいれた感じですね
あとからの作品の宇宙戦艦ナデシコがもろに同じ内容です。
ヤマトと言う冠さえ気にしなければ面白い作品でした

【悪い点】
途中で倒産して終わったところ
まあナデシコみたいな最後かな?と思われる

【総合評価】
B
錦織一清が主人公の声優だが上手い
プロの声優と言ってもおかしくないぐらい違和感がなかった
打ちきりさえなかったら評価が上がったかも

[推薦数:1] 2007/07/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2325(50%) 普通:1166(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
ありましたな〜。
当時はOVAと水没したヤマトが修復され壮年期の古代が艦長を務める完結編続編の二大作品
の同時進行というバンダイビジュアルとしては、かなり力を入れたプロジェクトが進行していたはずが…。
前者は途中リタイア、後者は企画倒れに終わりました。
前者にあたる本作は3話の故郷の星を離れて宇宙に旅立ってすぐの辺りまでしか描かれず、
そこに至るまでの内容は「これこそヤマト」も「新しいヤマト」の魅力も感じられず
これから面白くなるのかな…などと思ってる内に打ち切りになってしまった作品。
「ボトムズ」のクエント文明を思わせる超古代文明の存在なども描かれる前に頓挫、
当初の意気込み空回りの末、息切れという90年代のOVA乱立期を象徴しています。

製作陣が消費者から見たOVAというジャンルを理解してなかったのでは?と思います。
連続したストーリーの作品でも1話の中で、盛り上がりのある、ある程度完結した内容を
作りながら次回への期待も持たせなければならない。(TVでそれをやれる脚本家もいますが)
TVアニメのように「次回は面白くなるのかも」という曖昧な期待では何ヶ月も待ってはもらえない。
「ジャイアントロボ」には、それがありました。
(実際、アニメ誌情報を見るたびにヤマトはいいからロボを終わらせろと思ったものです。)
謎を出しておいて次回に明らかにしながら新たな伏線も出てくるストーリーと
個性的なキャラを生かすケレン味のある演出、多少の矛盾や粗が気にならない魅力がありました。
「映画並みの音楽と作画」「豪華声優陣」だけで消費者の心を掴めると勘違いした
(勿論、キャラ萌えだけの作品なら「作画と声優が良い」だけで完結までこぎつける事も可能ですが)
バンダイビジュアルの企画戦略の誤りが本作だったように思います。
ちなみに「08小隊」はガンダムというヤマト以上の求心力で持ちこたえてる内に監督交代劇が起こって
持ち直したというラッキー(監督のご不幸が結果的にというのは不謹慎な気持ちもするが)な事例。

自分の観た範囲は可も不可も無くで「普通」、打ち切りがマイナスポイントで「悪い」とします。

2007/07/16 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2044(50%) 普通:798(19%) 悪い:1265(31%)] / プロバイダ: 11329 ホスト:11652 ブラウザ: 5234
打ち切りになったことで、今では文字通り『完結編』以上に黒歴史と化してしまった珍作。
もっとも、このヤマトのデザインはシド・ミードなので、氏がデザインした後のガンダムのそれが「黒歴史」というキーワードが出てしまったことにより、主人公キャラやたら偏重という過ちの後、これもガンダムよりもヤマトの方が先に出てしまったことに何とも皮肉なものを感じてしまう。

ストーリー的には宇宙や戦艦に憧れていた少年たちが17代目のYAMATOの墜落を気に、18代目のYAMATOを創り出す・・・・・・という点はまあ、許容範囲なのだけど、「MUSASIとかSINANOは創らんのか?」と思ってしまうし、地球が歴代の最強戦艦のネーミングをYAMATOに統一するというのもどうかと思う。なにせ、宇宙戦艦ならともかく、本当の大和が戦局にほとんど貢献することなく、世界三馬鹿などと呼ばれていたのだから。

そういった意味ではこの作品の18代目YAMATOはヤマトというよりも、アイオワとして見てしまう。ゲー人がデザインしたことと、その見た目が我々が思い浮かべる大和=ヤマトとはあまりにも違い過ぎている為である。
松本零士のヤマトとも違うし、さらに登場するキャラデザインも松本零士では無いために、余計に違和感を拭えない。

ヤマト制作を巡って、松本、西崎両氏が大喧嘩となってしまい、その為にこの怪作がなんのひねりもなく生まれてしまった訳なのだけど、制作方法自体に新鮮みが無く、従来の宇宙からの侵略者に立ち向かったり、故郷を守るために戦うというヤマトの娯楽性がなくなってしまった作品ではあった。こういった初期ヤマトにあったコンセプトの喪失が、そのままこの作品のレベルに結びついていったのかも知れない。

当時の経営難のウエストケープ・コーポレーションと、ガンダムと同じく、看板作品であるヤマトで一山あてよう・・・・・・というバンダイの思惑もあったのであろう。しかし、それがこういった歪な形となり、ついにはヤマトはPSゲームという形に移行していったのも、本作の失敗という部分が多かったといえよう。

キャスティングは豪華だし、麻上洋子、神谷明、永井一郎、伊武雅刀らといった旧作の常連に、90年代になってブレイクしていった声優さんたちが多く登場している為に、かなりの力を入れていたことは判るし、そういった部分で新旧両ファンを獲得しようという意気込みも多く感じられた。同時期の『ジャイアントロボ』の影響もあり、こういったリメイクを大胆な形で行おうという発想は決して悪いものではなかったかも知れない。

だが、本作は失敗に終わった。それはヤマトというこの上ない極上の素材を生かし切れず、原作を中途半端に終わらせ、きちんと最後まで作れなかった原作者の松本零士の過ちを、西崎とバンダイビジュアルが犯してしまったように思う。これでは上手く、ファンにアピールできたとは言い難い。

そして、西崎はその後・・・というのは記すまでもないし、松本も『新宇宙戦艦』を尻切れトンボという形に終わらせてしまった。それ以降というもの、宇宙戦艦ヤマトは航路を外れ、迷走を続けているように思える。
本物の大和が上手く使いどころを活かすこともできないままに、むざむざ飛行機の餌食にして終わらせてしまったように、宇宙戦艦のヤマトにしても、そういった本物が辿ったのとは違う意味で、悪い影響のまま、活かしきれないでいるという気がしてならないのである。

いつになったら、ヤマトは安心した制作ができるのだろうか。

この評価板に投稿する


2019/11/23 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 20605 ホスト:20691 ブラウザ: 9027
何なら、古代進や島大輔などヤマトクルーのスピンオフにして欲しかった! ひとつだけ良い処を言わせてもらえば、ヤマトのデザインはそんなに悪いとは思わない。例え話でー太陽系外、他の銀河系を守備する第286艦隊の司令、島大輔准将が指揮する艦隊が、パトロール中に出くわした、旧白色彗星帝国の植民地で起きた事件から物語は始まる〜 島大輔に副官として相原少佐やその他ブラックタイガー隊からも隊員が随行して展開して行く〜 みたいな感じで知ったキャラを中心に広げ、10話1シーズン完結、そして他にも真田さんや、マクロスの様に戦闘機乗りを主人公にしたスピンオフや、一度ヤマトから離れたエピソードをドンドン派生させれば、スターウォーズの様にもっと世界観が広がり更なる期待される話と大きな話題にもなって行くハズだよ、本当に期待してます☆☆


1. 宇宙戦艦ヤマト2199・感想の補足。 by bit
... 愛の戦士たち」までは初代ヤマトブームの影響で人気も高かったが、そのヒットを受けて何度も何度も「最後の航海」に旅立ったのだから人気が無くなるのも無理も無い。「さらば」と言いつつ次が「永遠に」と言いながら旅立ち、いいかげんにしろよとツッコミを受けつつ「完結編」が作られた。忘れた頃にOVAシリーズとして「YAMATO2520」がリリースさ ...
記事日時:2013/10/03
2. "TOKIOの海掃除、国交省から表彰…今までTOKIOが発売したシングル&アルバムを振り返ってみる" by 陣兵
... ){this.width=window_width*0.75;}">のメンバーが海の掃除などに取り組んでおり、「自然環境の再生の啓蒙(けいもう)普及に貢献した」と評価されたみたいです。 今まで発売したシングル&アルバムを振り返ってみる。 {シングル} 【"94年】 「LOVE YOU ONLY」、「明日の君を守りたい YAMATO2520 」。 ...
記事日時:2010/08/09

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ