[アニメ]ワンサくん


WANSAKUN
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ワンサくん
アニメ総合点=平均点x評価数3,423位6,390作品中総合点2 / 偏差値47.76
1973年アニメ総合点14位21作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
友情100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
企画 :西崎義展:穂鷹エンタープライズ
脚本:藤川桂介
音楽:宮川 泰
監督:山本暎一
日本 開始日:1973/09/02(日) / 終了日:1973/09/24
8,24722
最近の閲覧数
1023143201
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/12/03 / 最終変更者:kunku / その他更新者: TCC / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/04/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7442(87%) 普通:626(7%) 悪い:459(5%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34036 ブラウザ: 1975(携帯)
以前に原作のマンガの方も読んだことがありますが、アニメと結構内容が違っていてびっくりさせられたものでしたね。

全編通してミュージカル形式でいかにもディズニーを意識しているなあという印象も受けましたが、制作された年代のわりにどうも古臭さを感じられたのは否めなかったですね。

それでもストーリーの方は基本的にはコメディーであるものの、犬であるがゆえの人情味溢れる骨太なエピソードが目白押しでした。

その中でも個人的に好きだったのがクマの話でしたね。

飼い主であるおじいさんが病気で寝たきりとなり、クマは健気にも付きっきりで看病してあげて自らも何も食べないありさま、それを心配そうにしていたワンサに指摘されると主人が死ぬときも一緒に天国までお供をしたいと力強く語るさまはまさに忠犬でしたよね。

重苦しい感じもしますが、なんとかしたいと思ったワンサたちがクマのために商店街から食べ物を盗んでいくわけだけど、それによって間接的にではありますがクマの主人を助けることができたのには素直に良かったというか心温まるものがありましたね。

マイナーな作品ではありますがそれでも動物物では十分良作の部類だったと思います。

評価は「良い」とさせていただきます。

2011/12/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1129(76%) 普通:253(17%) 悪い:109(7%)] / プロバイダ: 23722 ホスト:23832 ブラウザ: 11092
73年に放映された手塚治虫原作のコメディーアニメ。雑種の野良犬“ワンサ"は偶然たどり着いたとある町で`幸太'という少年に拾われ、そのまま幸太の家の押し入れに飼われる。町で出会った犬たちと交わりながらワンサは自由気儘に逞しく生きていく。

三和銀行のマスコットキャラとして手塚先生がデザインしたキャラをアニメ化したものが本作品で、日本TVアニメ最初のミュージカルアニメである。本作品を担当した西崎義展監督が日本のディズニー作品を目指そうとした試みで製作されたようで、ある意味対抗だったんでしょうか、「101匹ワンちゃん」同様のミュージカル風コミカルドラマものとして仕上がってます。

本作品のストーリーはあまり覚えていませんが、アメリカ風のミュージカルスタイルで主人公の“ワンサ"くんがGFの`ミドリ'ちゃんや`ルパン'・`ミミ'・`ゴンベ'・`クマ'・`メガネ'・`ブータン'・`ヘラヘラ'といった仲間の犬たちと共にいろんな活劇をやっていたという印象だけが残ってます。確かにテンポがありましたし、歌ったり踊ったりしながら60〜70年代のアメリカアニメのような単調な動きで流れていたように思えます。「101匹ワンちゃん」日本風ってものだったようですが、大体が30分1話完結で内容も世界観も限られてたし、終盤は母を巡るシリアスストーリーとなってしまったりと、取り止めがなかった感がします。

本作品は和製ミュージカルアニメを目指したみたいですが、本場と比べるとスケールが小さいし、アメリカアニメ作品のような思い切った展開・要素が不足していたように思えますが、ミュージカル演出はそれなりに良かったし、初めての試みということを考慮して、評価は【良い】とします。この形式を受け継いだ作品はあまりないようで、日本ではこのような形は肌に合わないのかもしれません。最後の母が亡くなるところで終了かと思いきや、実はすべてが演劇だったというオチで、最後まで舞台演出という形をとったのは見事ですが、視聴者としては肩透かしされた気分でしょうね。

この評価板に投稿する



2014/04/18 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34156 ホスト:34036 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/楽しい/面白い/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. 野沢さんと千々松さん by ウクレレ
... 志津子__ギドロン__ヤンマ 千々松さんのメインヒロインは貴重(?)。 詩集売りは33回Bパート「あいつに恋してるの巻」のゲストキャラ。 ど根性ガエル__ひろし__ピョン吉__吉沢京子__桜 ミラクル少女リミットちゃん__トミさん__グー__リミット__石橋隆太 ど根性ガエル__ひろし__ピョン吉__町田先生__母ちゃん ワンサくん__幸太 ...
記事日時:2017/12/02
2. "各局のアニメ史[フジテレビ編・"11年度追加版]" by 陣兵
... 【“72年】 「樫の木モック」 「ムーミン(新)」(「カルピスまんが劇場」枠) 「赤胴鈴乃助」 「科学忍者隊ガッチャマン」 「かいけつタマゴン」 「ハゼドン」 「マジンガーZ」 【“73年】 「けろっこデメタン」 「山ねずみロッキーチャック」(「カルピスまんが劇場」枠) 「それゆけ!ワンサくん」 「荒野 ...
記事日時:2011/12/10 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ワンサくん
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ