[アニメ]タイタニア


Tytania
  • 格好良い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:タイタニア / 文学:タイタニア
アニメ総合点=平均点x評価数6,299位6,591作品中総合点-17 / 偏差値44.65
アニメ平均点2,777位2,902作品中平均点-1.13=悪い/15評価
2008年アニメ総合点214位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.20(普通)5
声優・俳優0.20(普通)5
映像-0.20(普通)5
音楽-0.40(普通)5
ストーリー-1.60(とても悪い)5
格好良い40%2人/5人中
可愛い20%1人/5人中
悲しい20%1人/5人中
友情20%1人/5人中
考えさせられた20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

星暦と呼ばれる時代が始まるとともに、広大な宇宙に進出した人類は、星間都市連盟に属する多数の都市国家を築いた。

宇宙で最大の勢力を誇った星間都市連盟の時代は永く続くと思われたが、「タイタニア」と呼ばれる
一族が、連盟を離脱し、ヴァルダナ帝国皇帝より「無地藩王」の称号を得ると、歴史は大きく変動する。
放映局:NHK-BS2

-スタッフ-
原作:田中芳樹 『タイタニア』
日本 開始日:2008/10/19(日) 23:32-23:57 NHKBS2 TV / 終了日:2009/03/26
オープニング動画 (1個)
あの宇宙を、征けあの宇宙を、征け
歌:錦織健 詞:高取ヒデアキ 作曲:高取ヒデアキ 編曲:高木洋 [ファン登録]
[もっと見る]
26,4821715
最近の閲覧数
1681133320112
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/03/10 / 最終変更者:エリクサー / その他更新者: kunku / 管理人さん / DONP / カジマさん / 提案者:ダイゼンガ- (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/09/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:271(60%) 普通:124(28%) 悪い:54(12%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8321
銀河英雄伝説と同じ作者のスペースオペラ。(原作既読)

【良い点】
スぺオペの雰囲気自体は良い。尺が26話と適度で取っつき易い。
銀河を支配するタイタニアという超大国に、弱小な主人公らが立ち向かうという分かり易い流れ。
タイタニア側も次代を担う若き公爵たちのドラマが中々面白かったり、勧善懲悪というわけでもない。

キャラクターもドラマも、タイタニアの四公爵サイドの群像劇の方が見所があった印象。
バランスの取れた見識持つジュスラン卿と、敗北から学んで成長していくアリアバート卿の友情が良い。
更に若いバルアミー卿と、聡明な幼女リディア姫との微笑ましい関係などなど。
特にリディア姫はかなり可愛い。キングゲイナーのアナ姫に匹敵する聡明な幼女姫。名塚佳織氏の幼女姫絶品。
叛逆サイドのヒューリック側の反乱軍の仲間たちな雰囲気も悪くはなかった、愛する女性を失うなど分かり易い展開。

作画はキャラデザが綺麗で艦隊戦もCG用いてかなりの迫力。
アニメーションとしては申し分ない。
艦隊戦は少ないが、少ない艦隊戦にそれなりの見せ場はある。

【悪い点】
話のスケールが小さいというか、あまりにも非対称戦過ぎて対決の構図すら作れていない。
ヒューリック達反乱軍がまともな勢力を形成出来ておらず、ただ漫然と逃亡続けるだけで地味。
タイタニア側のドラマは面白くはあるが内輪話中心。
タイタニアという巨大勢力の趨勢で銀河の歴史が動く!的な作品コンセプトは企画倒れだった。

キャラクターの華も地味。
タイタニア側はそれなりに面白そうな人物描画だったが、ヒューリックに魅力が乏しい。
特に理念も無く、戦術も奇策頼み。

艦隊戦が地味という以前に、まともな見せ場すら怪しい。
初戦のヒューリックの奇策はまぁまぁだけど一発ネタ、以降は逃亡続けるだけでまともな艦隊戦にすらならない。
次の艦隊戦がアリアバート対モブ、王道的な良さはあったが地味すぎる。
26話通してまともな艦隊戦の見せ場が乏しく、終盤に至っては陸のゲリラ戦で猛将ザーリッシュ卿が討たれてしまい興醒め。
(遊 戯 王ARC-Vでデュエルすらさせてもらえず退場させられたようなもの)
ここで中半半端に終了、2期もまず望めないと思われる。(監督が亡くなっている)

【総合評価】
大幅劣化銀英伝。
ただ劣化とはいえアニメーションが綺麗でスペースオペラの形にはなっているので、悪いという程でも。
グダグダさも、まだ序章の段階と見ればまぁ許せる。(アニメも原作も結局序章から抜け出せず終了したけれど)
リディアちゃんの可愛さに免じて評価は甘めに「普通」

原作もラストまで既読だけど、仮にアニメの続編作られたとしてもやっぱり微妙になりそう。
続編あればアリアバート卿が大活躍する展開は面白いはずだけど、以降が盛り下がるのは必至…

[推薦数:1] 2016/09/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:133(42%) 普通:43(14%) 悪い:141(44%)] / プロバイダ: 313 ホスト:438 ブラウザ: 9081
田中芳樹原作のSF小説をアニメ化した作品。この方のスパースオペラがアニメとなるのは『銀河映雄伝説』以来ということでもあり、多くの期待を抱かせる反面、少なからぬ不安材料もあった作品でした(放送開始時点で原作は未完結であったため)。

本作品の特徴は内容にオリジナル要素が多いことです。作中では独自の設定が多く盛り込まれ、オリジナルキャラが数多く登場しています。この方針自体が間違っていたわけではありません。既述のように本作品の放送開始時点では原作は長期中断中であり、完結の目途すら立っていませんでした。このような状況でまっとうなアニメ作品を作るとすればオリジナル展開を行うしかないからです。それに、そもそもアニメはアニメであり単純に「原作と異なるから悪い」というのでは少々短慮というべきでしょう。

問題はオリジナル展開をしたことではなく、そのやり方にありました。このアニメにおける独自の設定は物語の本筋とは関連性の乏しいサイドストーリー的なものが多く、全体としてみればストーリーの進度を遅らせて、悪く言えば「話を無用に水増ししている」との印象を抱かせるものでした(個々の要素のみを取り出せば悪くはなかったが)。本作品は26話しかなかったので、これは致命的な問題を発生させてしまいました。結果として、放送当時、存在していた原作第3巻まですら物語がたどり着かなかったのですから、スタッフの失敗は明らかです。

一度オリジナル展開を行うと決めたのであれば、それで最後まで一貫させ、結末も含めて独自の物語として完結させるべきだったと考えます。最初からその方針を徹底しておけば、おそらくこのアニメが中途半端極まりない作品に成り果ててしまうことはなかったでしょう(第二期だって早急に制作できたと思われる。NHKなのだから比較的簡単だったはず)。スタッフは一体何に遠慮してしまったのか。オリジナルの落ちをつけることについて原作者の了承を得ることはそう難しくなかったでしょうに(こうも作品を放置していては反対もできなかっただろう)。

もっとも、オリジナルストーリーが全て悪かったわけではありません。本作品ではアルセス・タイタニアに捕まった少女リラ・フローレンツ(反タイタニア陣営の主人公ファン・ヒューリックの恩人)の救出作戦が展開されており、そこは面白かったです。一度はリラの救出に成功したかに見えましたが、彼女はヒューリックをアルセスから救うため結局生命を落としてしまいます(下半身の大部分を肉食魚に食いちぎられたことが暗示される)。この辺はヒューリックがリラの復讐のためにアルセス暗殺に動き、その結果タイタニアとの闘いに身を投じていく過程を補強するものになっていたと思います(もっとも、もっと怒りを爆発させる演出があっても良かったとも思うし、復讐後ヒューリックが一度「世捨て人」になりかける描写は蛇足)。

ただし、個人的には若干の違和感があったのも事実。私は本作品では「リラは何とか助かるのではないか」と思っていたからです(エンディングの映像を見る限り、リラは本作品の準主人公のように見えるため)。確かにリラの死はヒューリックがタイタニアと闘うターニングポイントになったことであり、また、タイタニア支配の理不尽さを象徴するものでもあったので、スタッフが外せないと考えたのも理解できます。しかし、これだけオリジナル要素の強い作品であったのだから、彼女を生存させてヒューリックとともに活躍させる道もあったのではないかと思います(その場合、セラフィン・クーパースの立ち位置を変えないといけないだろうが)。結果として、本作品エンディング映像は視聴者をミスリードしかねないものになってしまいました。

本作品のキャストはどちらかというと若手主体であるため、『銀英伝』のような豪華絢爛さはありませんが、堅実な面々で固めていたと思います。主題歌についてはタイタニア一族を象徴するオープニングテーマ『あの宇宙を、征け』と、反タイタニア陣営を印象づけるエンディングテーマ『LOST IN SPACE』とが良いコントラストをなしていたと考えます。

本作品は上記したように問題点が多い。面白い点や良い点も少なくなかったが、それが全体の良さにつながり難い構成になってしまっていました。残念ですが、評価は「悪い」とせざるを得ません。なお、この作品に明白な功績があるとすれば、原作者のお尻をたたいて原作の執筆を再開させたことになると思います。

さて、周知のように原作は2015年に完結しました。となると本作品の続きが作られるか否かが関心事となりますが、結論から言えばかなり難しいでしょう。本作品放送終了から既に8年が経過しており、もはや一旦「終わった」ものとみなさざるを得ませんし、当時刊行されていた部分を基準に制作された本作品に再開された原作をベースにした物語を「接ぎ木」するのは困難と考えます。藩王アジュマーン一人を例に挙げても、本作品では彼が原作のような性格異常者であるようにはとても見えないし、むしろ「ヒューリックを『都合の良い敵』としてタイタニアをさらに安定させる」という真っ当な目的に沿って動いているように思えます。もし本気で続編を作るのならば、アジュマーンの設定をはじめとしてやはり思い切ったオリジナル展開をせざるをえないのではないか。現状では一話からリメイクする方が無難でしょう。

最後になります。本作品はアニメ版『銀河英雄伝説』とどうしても比較されることが多い。実際、完成度において巨大な格差があるのは事実であり(ほとんど「月とスッポン」「提灯に釣り鐘」のレベルである)、その点を比べられるのはいたしかたない。ただ、同じスペースオペラといっても『タイタニア』と『銀英伝』では設定も作風も大きく異なります。また、『銀英伝』がOVAであったのに対して、本作品はテレビアニメ(しかも放送していたのはNHK)であったことを考えると、演出や表現描写において異なる面があったのは当然というべきです。ゆえに、両作品をあまり短絡的に比較しないように心掛けるべきだと思います。

2014/05/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(79%) 普通:7(12%) 悪い:5(9%)] / プロバイダ: 13861 ホスト:13780 ブラウザ: 10092
【良い点】
世界観
キャラクター
【悪い点】
ストーリー

【総合評価】
原作未読。
いろいろ残念。

2014/05/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 15968 ホスト:15870 ブラウザ: 7463
【良い点】
絵がきれい
【悪い点】
その他すべて、OPED音楽ストーリー。何よりもリラの死はクソ@アニメという評価から時間返せ見てやったから金よこせレベルの駄作まで酷くさせた。原作通りなのかもしれないが見る価値のない最悪のアニメ。
ここまで胸クソが悪くなったアニメは片手で足りる数しかない。
【総合評価】
ゴミ。見る暇あるなら寝てたほうが有意義

2013/10/29 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 11352 ホスト:11458 ブラウザ: 8919
【良い点】
戦艦がとてもかっこいい。
艦隊戦の映像は単調だがまあまあの出来。
声優が有名どころの若手(比較的)を多く使ってる。
たまにあるリディア姫の繊細な描写のシーンが綺麗。
白兵戦がアニメ銀英伝と同じく良くも悪くもグダグダな戦闘っぽいところが好感持てました。

【悪い点】
ホントに銀英伝の田中芳樹の作品か信じられないくらい稚拙な脚本。
というか、田中芳樹じゃなくても、無名の新人レベルかもっと言えば首から『銀英伝の田中芳樹』っていう看板を下げただけのただの素人が書いたようなスペオペ()な内容。
銀英伝っぽいキャラ、設定なだけにどうしても比べてしまうのだが、
中身のない人物描写(例えば、ヒューリックはヘラヘラしてても実は思慮深い!のではなくただのバカに見える、ライバルであるはずのジュスラン卿も何か物足りないすごく薄味キャラ、参謀であるドクターリーの存在がもはやギャグ)や、
薄っぺらい人間関係(ただ街で出会っただけのヒロインリラをヒューリックがなんでそこまで気にするのか、大事に思ったのか伝わってこない)、
むちゃくちゃな展開(あんなにタイタニアを憎んでいたはずなのに唐突に寝返る反タイタニアメンバーと流星旗軍のリーダー、逆恨みのヒューリックの元上司)、
中身のない戦略からのご都合主義な展開(劣化版テレビシリーズルパン三世って感じ)。

銀英伝のヤンみたいにヒューリックが苦悩するシリアス?シーンもあるといえばあるが、何で悩んでるのか理解出来ないし、苦悩してても何か薄っぺらいヒューリックの姿、あんなにタイタイニア討伐に腰が重かったヒューリックが戦う決意をしたにしてはどうも無理矢理な感じの設定。

アニメで26話と言えば、大作オリジナルアニメが一本出来ちゃう話数なのに、戦争をするための資金を貯めるために捕まる〜ヒューリック奪還って話で日常系アニメ並に延々6話近くも使った時にはもう苦痛でしかなかった。いくら未完とは言えザーリッシュ卿の話以外に肝心なことは何も起こらないで終わった。
初代ポケモンで言うと、サトシがマサラタウンから26話使ってようやくタケシを倒すようなもの。

なによりスペオペなのに全然壮大じゃない。

2013/09/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2060(50%) 普通:797(19%) 悪い:1276(31%)] / プロバイダ: 10841 ホスト:11148 ブラウザ: 7422
『銀英伝』の劣化版・・・・・・というより、『銀河戦国群雄伝ライ』のようになってしまった・・・と言った方が良いのかもしれません。あるいは、銀英伝をライトノベルタッチにより低年齢向けにしてしまったと言ってもいいかも?

艦隊戦よりも、タイタニア一族の権力と繋がり、そして背信や策謀などというものがメインに出ており、主人公のジュスランはラインハルト・・・というよりは、キルヒアイス的な慈悲面と、オーベルシュタイン的な政治面を両立させたキャラという形にしている感じですが、キルヒアイスほど善意を前面に出した感じでは無いし、オーベルシュタインほど冷酷でも無いという具合に、どちらかというと中途半端キャラです。あと、銀英伝的人物で言うなら、ミッターマイヤーとロイエンタールのそれぞれの面を組み合わせたといったところでしょうが、どちらにしろ、銀英伝キャラのインパクトとアクが強すぎたせいか、銀英伝より地味な印象は払拭出来ません。

もう一人の主人公ヒューリックは、ヤンのようなアクはなく、お調子モノのマイペース主義者という具合で、ヤンのように思い悩んだり、いろいろな手や戦略というものを出すものの、それらの戦術も結局ヤンの劣化版のような感じがするし(好きな人を殺されるのもヤンと同じだし)、かといってユリアンのような器用さも持っている感じはしません。そういった点で、これらのキャラが銀英伝にダブってしまうという具合に何をやっても銀英伝と比べられる・・・といったのが本作の悲劇かも知れません。

作者もそういった具合に銀英伝との区別をいろいろと付けられ、そういった環境や、ファンの言葉にウンザリして放置状態になってしまったのかも知れないし、屋台骨の一部に亀裂が生じたタイタニアと、反タイタニア勢力のどちらを選ぶのか?という事も伝えられないままに物語が宙ぶらりんになっているような気もするし、そうなると美樹本晴彦キャラも、宮武一貴メカも勿体無い扱いになってしまうのも至極当然な気がします(宮武も銀英伝でメカデザインやってたし)。

そして、銀英伝では規制だらけの現代には創られにくいでしょうが、戦場で兵士達が無残に戦死したり、民衆が弾圧にあって悲惨な光景が展開されるシーンを描いていましたが、こういうシーンも銀英伝に比べて描きこみが不十分過ぎたといえました。リディアの明敏さと、バルアミーの将来有望な才能という部分は、ユリアンとカリンが帝国に生まれていたら、こんな形で・・・というものになったのを描いていたかも知れませんが、それでも銀英伝に勝る部分が何もなかった事が、皮肉にも本作を象徴してしまったといえるでしょう。

原作も尻切れトンボに終わっている今、本作の続編が創られる可能性も低いだろうし、銀英伝のあまりの大きさ故に何から何まで銀英伝には及ばない本作の姿は、アニメになっても証明されてしまったようです。

2011/09/08 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(51%) 普通:20(18%) 悪い:34(31%)] / プロバイダ: 16392 ホスト:16517 ブラウザ: 5941
原作読んだあとアニメ見ました。

【良い点】
・作画
・キャラクター
【悪い点】
・完結しないストーリー

【総合評価】
かつて原作を読み、原作の話が途中で止まっているのにアニメ化!と聞いて、
「これはアニメオリジナルストーリーで完結か?」と思って見てみたら、
原作同様、中途半端なところで終わってしまった作品。

画は綺麗、キャラクターも魅力的ではあるんですが、
「主人公ファン・ヒューリックと敵の主要キャラを説明し終わりました」から
「敵の四公爵の一人、ザーリッシュ卿と対決しました」と、
『起・承・転・結』で言うなら、贔屓目に見ても『承』ぐらいで話が終わってますから、評価のしようがありません。

続編が放映されれば、また評価も違うのでしょうが、
現時点ではキャラクターの魅力を加味しても「とても悪い」といったところかと思います。

2010/08/09 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(39%) 普通:22(24%) 悪い:34(37%)] / プロバイダ: 43102 ホスト:43234 ブラウザ: 11950
【良い点】

タイタニア、反連合の両サイドの視点から、物語を見られるので状況把握しやすい。

【悪い点】

原作をベースにしたまま途中終了している点。
キャラの動かし方がイマイチ。
艦隊戦が思ったほどではなくて少ない。

【総合評価】

深く考えずに内容を追いながら見ている分にはそこそこ楽しめる内容になっているし、美樹本氏の絵も秀逸な印象。
ただ、原作の未完状態をアニメでも反映するような中途半端な終わり方には正直辟易。
一つの流れを消化してある程度納得できるような区切りを持たせれば、又違う印象を得られたかなと思う。
未完の作品を2クールでよく見せるための一工夫が足りなかったといえる構成だといえる。

それに、終わり方の影響で必要性が薄いキャラも出てしまっていて、その辺ももったいない。

アニメオリジナルの続編でも作られれば評価は変わるが、現状じゃいい評価を与えるのは厳しい・・・・。

2010/05/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(64%) 普通:46(8%) 悪い:159(28%)] / プロバイダ: 25264 ホスト:25382 ブラウザ: 10689
原作が未完の為、ヒューリックがザーリッシュ卿を討ったところで終わってしまうという。
まさにこれからどうなるのか!というところで終ってしまうのは仕方がないが、
アニメならではの終わり方にして欲しかったです。

絵は綺麗だし、音楽も良い。

ただストーリー展開が、ぱっとしない感じでした。まずケルベロス星域会戦でアリアバート艦隊に
見事勝利したヒューリックが、勝ってはいけない戦いに勝ってしまって追放の身となる。
そして逃げ回るという展開の為、ぱっとしない。

タイタニアの人質になったリディアについて、ストーリーに必要なキャラクターなのかと疑問に思いました
。特にストーリ展開に影響がなかったと思いますが、タイタニアとヒューリックとの決着がつくような
終わり方をした際に、重要なキャラクターになったかもしれません。

勿体無い作品だと思いました。

2009/10/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:446(47%) 普通:326(35%) 悪い:172(18%)] / プロバイダ: 51028 ホスト:50866 ブラウザ: 9576
【良い点】
タイタニア側と反タイタニア側をほぼ平等に描いた事。

【悪い点】
プロローグで終わったような感じな事。
艦隊戦がほぼワンパターンな事。

【総合評価】
原作未読。
ヒロインの立場と予想していたリラがわりとあっさり退場したのは予想外だった。

これで終わりとは思いにくいのでいずれ始まるだろう続編に期待する

2009/10/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:725(73%) 普通:244(24%) 悪い:27(3%)] / プロバイダ: 28160 ホスト:28224 ブラウザ: 10222
残念なのは、アニメの出来なのか原作なのかは、読んでいないから分かりません。

舞台も設定も非常に壮大なのに、やっている事が非常にせせこましい。「タイタニアの衰退と滅亡」を描く物語だとすれば、この作品はその頭の部分を描いたに過ぎず、せせこましくなるのは仕方が無いという見方も出来ますが・・・主人公の性格もせせこましいんだよなぁ。
基本的に宇宙各地を逃げ回るだけの内容ですし、逃げてる途中でもやってる事は詐欺とか脱獄とか。ビジョンも目的も無く、ただフラフラと逃亡生活。主人公の名声と能力を利用しようとする連中は、どいつもこいつも詰めが甘い。タイタニアが緻密に主人公を追っているのではなく、主人公の周囲の連中がすぐに尻尾を掴まれているだけです。

主人公はあくまでも戦術家です。つまりその上に戦略家がいて、さらに政治目的を有した人間がいて初めて、主人公は輝くのだと思う。それを全く用意できていない。何となく、女の敵討ちで宇宙戦争をしたらダメだと思う。

対するタイタニアの側も、たいした人間がいるわけではない。どういう人物にしたいというのはよく分かるのだが、流石宇宙に覇を称えるだけの事はある、と思わせるものではなかった。
一応大人物っぽく描かれていた藩王はともかく、結局何もしていないジュスラン卿に、たんにタイマンの喧嘩が強いだけのザーリッシュ卿、典型的な陰謀キャラでしかなかったイドリス卿。唯一、アリアバート卿だけは、自身の敗北を成長にフィードバックできたという描き方で、この人は悪くなかった。

タイタニアによって、あの世界には何がもたらされ何が失われたのかという事を、宮廷政治の部分以外でも重層的に描いて始めて、タイタニア側の人間に意味が生まれるのでは無いだろうか。少なくとも、あの描き方ではただの敵役でしかない。「象が歩けば蟻を踏み潰す事もあるだろう。象に悪意がなくとも蟻は象に潰されるために存在するのではない」というような台詞が出てきましたが、描き方はタイタニアの悪意しかない。
そんな分かりやすい正義と悪の構図では、舞台が壮大なだけにより陳腐に見えてしまうと思う。

何だかよく分からない終わり方で、続きがあるのかどうかも分かりませんが、続きがあった場合に見るかどうかも分からない。

2009/04/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:245(40%) 普通:166(27%) 悪い:201(33%)] / プロバイダ: 14151 ホスト:14082 ブラウザ: 6151
【総合評価】
けっして全体の物語は面白くないわけじゃないんだけど、やはり
これから面白くなりそうな気がする所で終わってるのが・・。
それに銀英なんかと比べてると主人公も含めどちら側にも
魅力的なキャラクターがいないし、お互いの主張もまだ見えてこないし
艦隊戦もほとんどないしおおっと思える頭脳派な作戦もなかったので見てて退屈でしたね。
まぁそういう美味しいものが出る前に終わったと思えなくもないですが。

うーん、美樹本晴彦の描く女性キャラたちに萌えるだけの作品だった。
としか言えないですよこのような序盤の序盤では。
作画やCGもお世辞にもレベルが高いなんて言えないし。
たぶん最後まで描いてくれればそれなりに面白いと思うだけに残念です。
素人考えでもこれから先リディアが成長して〜とかこれからの
公爵たちの行動とか考えると面白いですもん。
原作が奇跡的に終わる事を視野に入れても続きが見れるのは
恐らく数十年後なんだからオリジナルでそれなりの帰結を見たかった・・
とも思いますが銀英の人だしゴンゾでもない限りそんな暴挙に出るハズないか。

2009/03/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(66%) 普通:37(20%) 悪い:26(14%)] / プロバイダ: 9764 ホスト:9772 ブラウザ: 10831
原作は未読。
【良い点】
強大な存在であるタイタニアとそれに抗う存在の両方の視点から物語を進める形式は良かった。姿勢が偏らない為、どの視点からでも楽しめる。
また、タイタニアの四公爵はそれぞれ個性があり、それらがぶつかり合う場面は見応えがあってよかった。
原作が完結していない以上中途半端な終わりになるのは仕方ないが、後半をザーリッシュに搾ったのは正解だった。ザーリッシュの苦悩と焦燥はよく描かれている。

【悪い点】
面白い土台を持っていながらイマイチ出来栄えが良くない。
戦闘シーンはCGで作られた戦艦が圧巻だが、動きがぎこちない。また戦略に拘るような一面を見せながらも戦闘の策略もヒューリック救出の作戦など幼稚でさして練られていないものが多い。
人間関係も一歩踏みこんだ関係があるわけではなく、個人の感情ばかりが目立っている。ザーリッシュ以外はさして面白くなかった。
またストーリーでかなり注目されたジュスランやリディアもストーリー上残念ながら影が薄くなっている。

原作の都合もあるにせよこんな中途半端な仕上がりになるのならもっと大胆なアレンジを図るべきだった。どうしても浅薄な印象を捨てられない。

【総合評価】
大スペクタクルを謳うわりには正直期待外れ。アニメとしてはもう少しアレンジが欲しいところだ。

2009/02/01 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(28%) 普通:47(10%) 悪い:295(62%)] / プロバイダ: 38670 ホスト:38725 ブラウザ: 3876
【良い点】
・豪華な声優。
・作画。
・動画。
・CGによる戦艦。

【悪い点】
・ストーリーが大雑把でいい加減。

【総合評価】
今期大いに期待していた作品の1つです。しかし、駄作のようです。原作に問題があるのか、単にアニメの出来が悪いだけなのかは、原作を読んでいないので分かりません。
では、良いと思う点。最近NHK作品のお約束となった豪華な声優陣に尽きるでしょう。お目当ての声優さんがいる場合は見る価値があると言えます。次に、作画、動画は丁寧でレベルはかなり高いです。音響もとても良い。また、銀英伝の戦艦を連想させるような戦艦は良い出来です。このくらいでしょうか。
続いて悪いと思う点。ストーリーがかなり大味でいただけないと言うことに尽きるでしょう。OPや第1話を見て艦隊戦が楽しめるのかと思いきや今のところそれらしいのは第1話と海賊艦隊による要塞戦のみで見せ場が無くいただけない。また、1つの惑星を挙げての宇宙艦隊を指揮するような主人公が戦闘に勝利しいきなり解雇されるというのもなんとも痛い。また、軍のトップの座にあるような人物が丸腰でふらふらと移動するような描写もあり得ないし、無防備にも子どもの靴磨き屋に靴磨きをさせるというのもなんともいい加減な描写である。また、極め付けが、市長ごときが軍のトップを解雇できるなんてのも陳腐でいただけない。人物描写に関しては、国の復興と大それた事を言っているのに好きだ嫌いだの程度の低い色恋の話に主軸が置かれていて痛い。タイタニア側に関しても、全宇宙を牛耳るような存在のはずなのに、超危険人物であるはずの主人公の足取りが把握できないと言うのもなんともいただけない。タイタニアの目を逃れる為に商船に乗り込むと言うことなら、納得いくのだが、そういう風には描かれていなくなんとも安い。ピンチの時に現れる仲間とかもご都合主義全開で残念な限りである。
一応、毎週見てますが、一体何をやりたいのかがまったく伝わってこない作品です。製作の上流工程に仕事の出来る人がいないといわざるを得ない。現に作画、動画、演技などのアニメとしての体裁は、とても良い(単に予算があるだけともいえる)。
評価ですが、とても悪いとします。

2009/01/22 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1451(50%) 普通:0(0%) 悪い:1465(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31927 ブラウザ: 2907(携帯)
映像面はまだ良いんだけど脚本が幼稚。作戦や内容は薄っぺらいし展開が唐突だったり都合が良かったりでついていけない。
まずヒロインの女の子が捕まって助けにいく回で空港を封鎖してるのに入れたり敵であるファンの顔を知らなくてあっさり入れたりする。人質がいるのにいきなり攻撃仕掛けたり容易く城内に侵入出来たりする。
岩を囮に使って敵を欺いたのも浅く妨害電波を出して逃げられたりいきがってたわりに何も考えがなく間抜け。これでは大きな存在であるはずのタイタニアがちっぽけにしか映らない。ファンの女を人質にとったりそこまでの描写がないから有効だとは思えない。
ジュスランがイドリスに向かわせたのもキャラと違うし人質はタイタニアの恥だとか言ってるのに王女を人質に取ってたり矛盾点やおかしな点だらけでぐだぐだ。王女は重要なキャラっぽいけど感情移入できない。
元々一話目のファンの作戦からして大した戦法でもないのにもてはやされたり違和感しかないし、しかもその戦法に敗れたタイタニアが真似して使っちゃうから笑うしかない。色々理由付けはしていたけどタイタニアにプライドとかがなく普通一度使った戦法を直ぐには使わないと思うし、兵力が圧倒的に劣った側がやるから意味があり一か八かの戦法のはずだしこの戦法は有名になったはずなのに敵は気付かずに敗れてしまう。(タイタニアがやるとは思わなかったのかも知れないけど)
その後にこれがタイタニアの恐ろしさだみたいな台詞があったけどただ戦法をぱくっただけだろと。
一番おかしいと思った回がヒロインと出会う回でいきなり色仕掛けしてきたり、いきなり自分からバラし時ながら自分で否定したり、いきなりヒロインに恋してた男が見損なったとか逆ギレして裏切ったり意味不明でキャラがころころ変わり、挙げ句の果てには何も内容を見せていないのにいきなりキスしてもうむちゃくちゃだった。
それで宇宙一のキスだったとか照れながら唇を押さえるような描写とか寒いだけ。仲間にしたいはずなのに銃を抜いたりもおかしいしなぜか警察官の男を戦艦に連れてくる。
警察官やミランダが都合よく現れて予定調和だったり手錠千切ったりギャグ漫画じゃあるまいし。ヒロインの女の子はかくまったのだから当然罰を受けるだろうに置き去りにして何もなかったり、ミランダが指示したはずなのに辻褄が合わなかったりした。テンポは良いんだけどちょっと内容がいい加減過ぎる。正直じいさん号というネーミもダサい。

もっと読む

「原作の執筆が止まってから、もう何年になるのだろう・・・これを機に原作も再開してくれればと切に願う。各...」 by フロ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2020/09/16 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8321 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可愛い 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. もうリメイクはウンザリ・・・・・・・。 by 634
... 88%E3%82%8A%E6%94%BE%E9%80%81%E9%96%8B%E5%A7%8B よーするに、現在のヤンマガの藤崎竜版や、ヤマトの2199(今は2202だが)に、ガンダムのTHE・ORIJINみたいなのをやるってか? アルスラーンを完結できないままにリメイク、タイタニアも創竜伝 ...
記事日時:2017/09/21
2. タイタニア」が完結らしいですが… by 十傑集
... 全5巻かぁ…。遅筆の田中としては終わらせただけマシでしょうか。 当然、絵柄は最初に刊行された時の道原かつみではありもうさん。 それで思い出したのですがコミック版「銀河英雄伝説」の続きはどうなった? http://comic-ryu.jp/_ginei/index.html キルヒアイスの死でもって一度、幕引きにした内容を再開したわけ ...
記事日時:2015/01/21
3. "茶風林さん" by 陣兵
... 】…スッラ。 122.【スカルマン THE SKULL MAN】…02。 123.【Devil May Cry】…執事。 124.【デルトラクエスト】…ゲリック。 125.【はたらキッズ マイハム組】…消防署長、リキ。 126.【ひぐらしのなく頃に解】…大石蔵人。 127.【ロビーとケロビー】…デスダー。 128.【TYTANIA-タイタニア-】…老 ...
記事日時:2011/12/04 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:タイタニア / 文学:タイタニア
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ