[アニメ]SHIROBAKO: 2015/10/03 無慈悲1020


しろばこ / SHIROBAKO
  • 勉強になった
  • 感動
  • 面白い
  • 楽しい
  • 可愛い
  • 考えさせられた
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数189位6,558作品中総合点136 / 偏差値70.02
アニメ平均点146位2,892作品中平均点1.94=とても良い/70評価
2014年アニメ総合点1位267作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2015/10/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(72%) 普通:41(16%) 悪い:29(12%)] / プロバイダ: 11471 ホスト:11396 ブラウザ: 4721
【良い点】
・本筋がアニメ制作現場を描いている点
・OP、EDも良かった
・新社会人の"職場"での葛藤が良く描かれている
・キャラがそれなりに個性があり良い
・作画
・ストーリーが良く、水島監督らしい作品です

【悪い点】
・宮森以外の友人キャラにもキャラ紹介の回があったが、
ラストの結末から考えるともう少し深い掘り下げと第三少女飛行隊への関わりが明確だと良かった様な気がする。
(素人考えですが・・)

【総合評価】

久々にバランスのとれた楽しい作品に出合う事が出来ました。
私は、リアルで"良かった"と思う作品を他者に薦めることはあまりないのですが、
今回は知人にも薦めてしまいました。

アニメが好きで、アニメ視聴を続けて10数年となりますが、自分が今まで見てきた作品がどのように作られていたかなんて考える事もありませんでした。
評価されている方々の中には、実際に業界での経験がある方や現役の方も見受けられますが、
業界未経験で視聴専門のエンドユーザーである私には、いわゆる"業界あるある"や間違いの指摘はできませんが、
これはアニメ業界の現場ドキュメントではなく、一つのアニメの作品として多少の差異はあるのだろうという考えの元で評価をさせていただきます。

作品の大筋は高校時代にアニメ制作の部活で一緒だった友人5人がそれぞれの夢をもって上京する。
主役はアニメ制作会社で制作進行の"宮森あおい"で、新人ながらにアニメ業界の荒波にもまれ、壁にぶつかりながらも成長していく。
最終は、宮森が制作進行する作品に高校時代の友人たちが、声優、原画、CG、脚本で全員が関わり、一つの作品が完成する。
ラストは王道とも言える展開ですが、良いじゃないですか王道で!!

新社会人から2〜3年目で誰もが壁にぶつかる、このまま仕事を続けていいのか?
自分のやりたいことは何のか?
その答えにたどり着き、高校の友人たち全員と一つの作品に関わるラストは少し感動します。
特に声優志望の"しずか"のアフレコ現場で、宮森が涙するシーンは良かったですね。

ラストで高校時代の友人たちが一つの作品に関わるまでの間は、大部分がアニメ制作現場での宮森の葛藤が描かれています。また、職場でのキャラも個性豊かで、見ていて飽きのこない作りになっています。

それから個人的な感想ですが、作品内で制作していた一作目のエクソダスが完成した後に、その後の展開が心配でしたが、まったく問題ありませんでした。
というのも、うまく文章にできるか心配ですが、私は2クールの作品の中身が2部に分かれている様な作品で、1クールで終わった方がよかったんじゃ・・・ と思う作品を多く見てきました。
あえて作品名は出しませんが、1部目の内容が盛り上がりすぎていて、2期目ではなく同じクール内の作品にも拘らず、途中で視聴をやめてしまうものがあるからです。
ですが、この作品は最終に近づくにれて期待が増していき、安心して視聴を終えることができました。

2期を希望したいところですが、この作品は登場人物の成長過程を描いているのが良いので、
一人前になった宮森たちを見るのはちょっと・・・(笑)
これで終わりで良いのかとも思います。

ただ、作品内で第三少女飛行隊が映画化され、その製作過程を実際に劇場版として映画化するというのはどうでしょうか!?

ちょっとだけ期待しています(笑)
[共感]
2015/10/03 劇場版を作る話を劇場版でというのは面白いですね by 掟ビシャス



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ