[アニメ]ポルフィの長い旅: 2009/02/05 かなめ


ぽるふぃのながいたび / Porfy no Nagai Tabi
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,895位6,391作品中総合点-1 / 偏差値47.30
2008年アニメ総合点174位227作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/02/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:183(61%) 普通:39(13%) 悪い:80(26%)] / プロバイダ: 16388 ホスト:16432 ブラウザ: 8090
1年間BIGLOBEで追い続けて見てきたのですが、最終的な評価をここでします。

このアニメ、一番の山場は地震後からポルフィがミーナとはぐれるシーンまでだったような気がします。
旅に出るきっかけまでは凄く丁寧に描かれていました。問題はその後なんです。

とにかく全体を通して思ったことは、中途半端、伏線未消化です。
何が、と言われると思うのでまとめますと…まず始めの頃のポルフィのあまりの幸運さ。ある意味カトリ以上ですこれは。
それでずっと続くのかと思えばそうでもなく、途中からはこれでもか、というくらいの不幸続きで…(この時アポロまで失うのは意外でした)。
他にも、過去の名作劇場の主役声優たちを呼びいれた企画。日記にも書きましたが、私はこれに関しては否定派です。
いくら名作劇場シリーズは昔からのファンが多く付いているにしても、このような遊び心しか見えない、しかも中途半端な企画では、新規ファンもよく理解できない上に古くからのファンをもがっかりさせるだけです。
他にも、再登場のにおい出しておきながら1話しか出ないアレッシア、ギリシャ神話に纏わる夫婦のエピソードを二度も出しながらも全くそれを展開に生かさない…など。
最終回の再会もそれがあったから、『母をたずねて〜』に比べるともの凄い薄かったです。

1年かけて作るドラマやアニメは近年かなり減っている現状もありますし、このような重厚に作り上げる作品を作るのは難しいことだと思います。
だったら、もう少し原作に忠実に作っても良かったのではないかな、と思います。
前作『コゼット』は原作に忠実すぎて主役が空気になってしまいましたが、本作はその逆になってしまったように感じます。

評価は『悪い』です。
前作の課題があまり達成されていないようで正直とても残念です。
[共感]
2009/02/22 まさに助走は綺麗なフォームだったのに、いざ飛んだら明後日の方向という感じですね。 by 十傑集



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ