[アニメ]アウトランダーズ


Outlanders
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アウトランダーズ
アニメ総合点=平均点x評価数5,186位6,335作品中総合点-2 / 偏差値47.12
1986年アニメ総合点87位94作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
■ STAFF ■
美術監督:宮前光春 監督:山田勝久 富田祐弘 寺田憲史 漫画原作:真鍋譲治 (漫画掲載:月刊コミコミ 漫画出版:白泉社)
音響監督:本田保則 音楽:若草恵
撮影監督:橋本和典 演出:五月女有作 キャラクターデザイン&作画監督:浜崎弘嗣 企画&アニメーション製作:タツノコプロ ビクター音楽産業
日本 発売日:1986/12/16(火) メディア販売
25,78088
最近の閲覧数
54049002362
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/26 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 羽幌炭鉱 / カトル / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/07/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2895(60%) 普通:820(17%) 悪い:1141(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 5171
「うる星やつら」の影響受け過ぎだ・・・これ・・・
これは、この作品を視聴して最初に脳裏を過った言葉です。

話は、地球の兵器を蹴散らしながら宇宙船が地球に降りた後、哲也が地球の兵隊を次々と斬り倒すカームに遭遇、
カームと組み合いになり唇を奪われた哲也が気を失い、目が覚めるとそこは宇宙船の中だったと言う具合に進行します。

実際に目を通すと、異星人のヒロインに求愛される展開は「うる星やつら」そのもので、配役がそれを強調しており、
主役の哲也は作中でゲオバルディ相手に男を見せた様にやる時はやるタイプの主役で、バティアとゲオバルディの協力で駆け落ち、
追っ手のプログレスを退けて話を締めると言う具合に作品自体、無難にまとめています。

しかし、上映時間が短い為、冒頭の展開の様に唐突感が付き纏う事が多く、登場人物の掘り下げも不足気味と言う具合に
作品そのものが原作に目を通している事を前提にしたOVAという事もあってターゲットが絞り込まれている。

その為、評価は「普通」止まりです。

2013/10/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2283(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1145(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
ヒロインのCVが平野文で従者のCVに神谷明、残念ながら古川登志男は不参加ですが…って、
そこまでやったら「うる星」パクリにも限度があるだろーが!という事になってしまう作品。

ただ作者の真鍋氏自身が「うる星」ファンである事を自認しているらしいとはいえ、
原作の生まれた時期そのものが他作品を見ても「ダーティーペア」など
半裸のヒロイン大活躍の活劇系が多かった時代で(中心にあったのは「うる星」なわけですが)
作者はオマージュを感じさせながら自分なりの世界観を構築していたので一概には責められないでしょうか。
(90年代に入ると真鍋氏も「ライ」等、男性主体の作品に移行しましたし)

とはいえ、その世界観をこのOVAの尺で描ききるにはやはり無理がありました。
カームとテツヤの馴れ初めも唐突なものになって、いささか物足りない印象。評価は「普通」で。

2012/01/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3418(33%) 普通:3579(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 10594 ホスト:10691 ブラウザ: 5379
これ対象年齢制限用同人誌も出版されたらしいが・・・・・・・・

【良い点】

・流石に今から見たらやや古臭くは感じられますが、ヒロインは
かなり可愛く描けていたし、ナオも愛嬌の感じられる造形、
ゲオバルディは堂々とした偉丈夫ぶりとキャラデザのセンスは
良かったと思います。

・話は、ヒロインが主人公をイキナリ好きになったのには
やや唐突さが感じられましたが、主人公とゲオバルディとの勝負は
ややベタながらも、主人公の面目躍如だったでしょう。
テンポが良く、それなりに纏まっていました。

・声優陣も、ヒロインはうる星のラムまんまでしたが、キャラの
イメージに良く合ってましたね。

・ED曲も、クールな大人の魅力万歳!!な良曲でした。最後の最後に
ナオが出てきたのは何だかミスマッチでクスリとさせられてしまいましたが。

【悪い点】

・まあ特には無いですね。強いていれば、プログレスが悪役としては
凡庸だった事ぐらいですか。あと欲を言えば、4,5話分見たかった所?

【総合評価】

平野文氏の起用等、実はうる星やつらのパロディだったらしいけど、
うる星自体(と言うか、高橋留美子氏の作品全般)正直アレなので、特に気にはならなかったですかね。
評価は纏まった佳作という事で「良い」で。

2004/07/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(45%) 普通:10(45%) 悪い:2(9%)] / プロバイダ: 10885 ホスト:10586 ブラウザ: 4352
原作者がうる星ファンで、うる星スタッフが当アニメ制作に参加していて、
なにより原作自体がうる星のオマージュパクりパロディだから、
現在もうる星ファンの自分は、この作品を冷静に判断できませんが、
たとえば同人誌で著作権侵害の問題がありますが、
重要な着眼点として、「そもそもキャラクターとは何か?」が挙げられます。
目に見えるもの、すなわち意匠を指すのか?
それとも目に見えないもの、精神性を指すのか?
それらのブレンドなのか?
何が言いたいかというと、当時この「OVAアウトランダーズ」を観て、
キャラクターと、その周辺の問題について考える機会を得た、ということです。
私自身は、キャラクター性は目に見えない部分にあると考えるので、
ヒロインの声がラムちゃんの声の人と同じでも、ビジュアルが
下品に改悪されたラムちゃんもどきでも、彼女はラムちゃんじゃない、
というわけで、美少女アニメ好きな自分は、視聴時に安堵と失望が入り混じった
二律背反的な感情が根付いたのを覚えております。

作画は濃い目で、当時の水準ではマズマズだったと思う。
この作品で得られるものは、すべてうる星で得られるので、
なんというか、体験の反複に快感を得られる人にしかオススメできません。
それも、すでに前提としてあるオタクの資質かもしれませんが・・・

2002/11/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:44(65%) 普通:22(32%) 悪い:2(3%)] / プロバイダ: 0 ホスト:3898
原作よりテンポはいいんだけど、たしかにうる星に似てた感じはありますね
ただ、つまらないというほど酷くもなかった様な気も?

2002/06/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:252(70%) 普通:90(25%) 悪い:20(6%)] / プロバイダ: 0 ホスト:2419
昭和6X年、突然東京に降りたった巨大生物。それは異星人の恐るべき生体兵器であった。
迎撃に出た自衛隊もを一瞬にして全滅に!東京はパニック状態となる。
たまたま閉鎖区内に自宅のあったカメラマン"若槻哲也"は、自衛隊員を惨殺する奇妙な姿の女性と接触・・・
OUTLANDERS -OVA-
原作:真鍋譲治(白泉社月刊コミコミ)
監督:山田勝久
キャラ/作監:浜崎博嗣
製作:竜の子プロ
声優:平野文、岩田光央、横沢まり、内海賢二、神谷明 他
原作はよく知らないが、OVAは所々かなり原作と異なっているようで、
一番はじめのセント=エバスキュレーゼのおてんば王女「カーム」が最初に自衛隊員どもを
斬殺していく場面は良いが、それ以降がどうも今ひとつ見るべきところがない。
若槻哲也19歳(岩田光央)が、キャラを生かし(?)てもっと活躍できるような場面があれば良かった。

2000/01/05 普通(+0 pnt) [自己削除不可/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ)
原作とは別物の感じだけど、今でこそ有名な人が作画にかかわってる所が見所で良い!(笑)

1999/10/27 最悪(-3 pnt) [自己削除不可/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ)
「うる星」の2番煎じ。原作はそれ程酷いとは思わなかったが、OAVは良く売り物になったなと言える位の酷い作品だった。
[共感]
2013/10/08 著者自身も同じ感想のようです。 by カトル

この評価板に投稿する



2013/09/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21941 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

1. 目指すのは漫画版のYouTube by めたこ
... 先だって「絶版マンガ図書館」という名前でリニューアルしました。(下記URLからどうぞ) http://www.zeppan.com/ Jコミ時代と違うのは、読者がサイトにコミックをアップロードして、作者に公開の許可が得られた作品を公開するシステムになったことです。 現在アップロードされていて作者の許可待ちしてる作品には、真鍋譲治先生の『アウトランダーズ』もあり、 ...
記事日時:2014/07/22
2. おまけ企画"ファミコンゲーム史Ⅲ" by 陣兵
... カラオケスタジオ専用カセットVol.1」、「サイドポケット」、「ジャウスト」、「ロマンシア」、「ルパン三世 パンドラの遺産」、「宇宙船コスモキャリア」、「アルテリオス」、「ファザナドゥ」、「マイクタイソン・パンチアウト!!」、「時空勇伝デビアス」、「ファミトレ大運動会」、「スター・ウォーズ」、「ドラゴンスクロール甦りし魔竜」、「上海」、「ランボー」、「アウトランダーズ」、「JJ ...
記事日時:2009/11/24
3. ダンボールを開けると それは宝の山でした by へなちょこ★べじたぶる
... 。 CLAMPさんの『東京BABYLON』が出てきたので読み返す。 こちらも名作。 崩壊した大都市バビロンになぞらえ、東京という大都市に住む人々の崩壊を、マクロではなくミクロで捉えた逸品。 ラストは『X』へと続くので、物語として完結しているとは云い難いのですが、それでもこの作品らしい終焉だったと云えます。 真鍋譲治さんの『アウトランダーズ』が出て ...
記事日時:2005/01/11

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アウトランダーズ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ