[アニメ]オバタリアン


Obatarian
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:オバタリアン
アニメ総合点=平均点x評価数3,739位6,249作品中総合点1 / 偏差値47.58
1990年アニメ総合点56位101作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
放送:テレビ朝日
原作:堀田かつひこ(竹書房)
制作:サンライズ
監督:アミノテツロー 演出:江上潔:山口美浩:渡辺信一郎:秋山浩之
日本 開始日:1990/04/03(火)
11,40266
最近の閲覧数
1000110302
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2007/12/13 / 最終変更者:羽幌炭鉱 / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/07/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:926(59%) 普通:351(22%) 悪い:292(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
90年代のアニメ一覧をなにげなく見てたらあれこの作品知らないなーって思って
歌聞いてみたら歌詞はともかくいい感じの曲で、ちょっと見てみようかなーって感じで見ました。

あまりにも非常識な大人・・・
この作品の場合は非常識なおばさんたちをメインとして、「オバタリアン」と称し
そのオバタリアンたちの日常を描いているギャグ作品。

地球自体は楽園のような過去、現代、ほとんどの人間が破滅している未来どこにでもいて迷惑をかけているという話。
初対面の人の車に押しかけて勝手に電話を使ったあげく大声で長電話を始めたり
果ては地獄の鬼たちからも恐れられて生き返ったりだとかめちゃくちゃやってますが
見せ方がうまいのか特に見てて腹が立つようなことはなかったですね。
気楽に見てたからもあるかもしれないですがw

わりと面白かったですね。評価は「良い」でっ!

2011/05/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(78%) 普通:0(0%) 悪い:2(22%)] / プロバイダ: 2890 ホスト:2590 ブラウザ: 10924
【良い点】
オバタリアンの発想が笑える
家族だけでなく、他人にも迷惑かけてるし

【悪い点】
別に無い。短かくてもっと見たかった

【総合評価】
ダメおやじを思い出す。

2010/04/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(50%) 普通:0(0%) 悪い:113(50%)] / プロバイダ: 1777 ホスト:1559 ブラウザ: 5873
「オバタリアン」と呼ばれる、迷惑なおばさん達の暴挙を皮肉った4コマ漫画を
6本の短編に分けてアニメ化したもの。
彼女等の暴挙をギャグと認めることが出来れば、面白いアニメだと思います。
歩道を教習所の車で爆走する、子供の小学校の水道を使って洗車する、
世界初の人類であるアダムとイブのイブはオバタリアンであり、アダムを尻に敷いていた、
仕事中に昼寝したいが為に「隣の窓口へ」と書かれたカードを立てる、
挙句の果てには死んで地獄に堕ちたものの、鬼の弱点を握って扱き使い、
他の亡者達を集めて労働組合を結成して閻魔大王に抗議する等、本当にやりたい放題やってくれます。
その良くも悪くも度を越した、容赦の無い暴れっぷりには笑わせてもらいました。
主要人物脇役問わず、妙に豪華な声優さんの好演も、笑いを誘う要因の一つとなっていました。

ただ、オバタリアン達の暴挙をギャグだと感じるより先に、
不快感を感じてしまう可能性も充分にあります。
オバタリアンによって、かなり理不尽な不幸に見舞われる人も少なくありません。
何せこれは、彼女等の暴挙とそれに振り回される人々を見ることによって、
笑いを得るようなアニメですから。
そこを考慮して、評価は「とても良い」とさせていただきます。

2010/03/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(43%) 普通:101(19%) 悪い:194(37%)] / プロバイダ: 47409 ホスト:47265 ブラウザ: 10378
懐かしいな〜この作品。
数十年前はたまにスペシャル番組で放送していましたね。
まあ実写版の方が放送が多かった為、アニメ自体はあまり知られていないかもしれませんが。
個人的にはずっとアニメの方が面白かったけどw。

数話の放送の中で印象に残っていた話はオバタリアンが食べ物を喉をつまらさせた?それとも交通事故?
理由はよく覚えてないがオバタリアンが死んで地獄に行った話ですね。
地獄の鬼達相手にも臆せず自慢のオバタリアンパワーで傍若無人ぶりを発揮し、閻魔大王でさえも手に負えず地獄から生き還ってきた話が印象深く覚えてます。

2010/03/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:72(75%) 普通:2(2%) 悪い:22(23%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19717 ブラウザ: 7644(携帯)
『悪い点』1主人公。悪い事を平気でして、怒られたら逆ギレするオバタリアンが不快でした。『総合評価』好感の持てない主人公作品です。

2007/12/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3139(33%) 普通:3312(35%) 悪い:3089(32%)] / プロバイダ: 52103 ホスト:51951 ブラウザ: 4926
これまた懐かしい作品が・・・・・・・・・

【良い点】

・オバタリアンのキャラクター

傍若無人なキャラクターは強烈で、一時は凄いブーム(?)にもなったけど、
よく言えば、自分に正直に生きているというか、ある意味清清しいものは
ありましたな。(苦笑)

・声優陣

片岡富枝氏は青木和代氏(この作品でも奇しくも共演されてましたが。)
と並ぶ、ミセスオバサン役と思いますが、
本作でもそのイメージによく合っていたと思います。
今は亡き、富山敬氏も、あさりちゃんのパパにも通ずるものがあったと
思うけど、妻とは対照的な、その頼りなさとかやはりある意味良い味
出していたと思います。他にも少年役の名人のお一人ともいうべき
坂本千夏氏等結構豪華でした。

【悪い点】

目くじら立てるほどの点は特には無いです。

【総合評価】

作風的に万人受けするものとは少し違うとは思いますが、
良くも悪くも90年代のアニメ史に強烈な印象を残した
作品であることは確かでしょう。まあ、個人的には
主人公のオバタリアンには共感できたとは言いがたかった(苦笑)
事もあって、評価は「普通」ですかな。


この評価板に投稿する



2015/07/11 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第796話(1446話)「デッサン-その61〜62…〓手デッサンⅡ〓[その3 ]&〓自画像デッサン〓 by 陣兵
... ほったゆみ先生】 「ヒカルの碁」(原作担当、河野慶先生作画)。 1638.【堀田あきお先生】 「アジアのハッピーな歩き方」、「田舎弱小パチンコ店長奮闘記」、 「へんてこな一週間 みんなのライブラリー」(山中恒先生共著)、 「まんが版 小倉百人一首」(浅野拓先生共著)他。 1639.【堀田かつひこ先生】 「オバタリアン」、「ささくれ ...
記事日時:2011/09/20
2. 豪快で太めのおばさん役を得意とする女性声優といえば by Mr.KN
... と思います。 一方で「おぼっちゃまくん」の袋小路金満や「未来少年コナン」のジムシィ、「トム・ソーヤーの冒険」のハック、「ドレミファ・どーなっつ!」のそらおといった少年役も印象深いです。 ・片岡富枝さん この方も上記の青木さん同様に豪快で太めのおばさん役を得意としていますが、「ツヨシしっかりしなさい」の井川美子や「オバタリアン」の絹代といった ...
記事日時:2010/01/27
3. ひぐらし祭囃し編7:3年目の「オヤシロさまの祟り」の真相 by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 不信感は頂点に達していた。 特にあの【田無】という人だ! 【田無】の眼に宿る光が嫌らしいとでも言おうか・・・ 古手梨花をモルモットとしか見ていないという残酷さが感じられたのである。 正解 だが、それ故に、古手母の前途は・・・・・・・ No.07:生贄第三号 畜生!あのオバタリアンめ!!! ...
記事日時:2009/06/25
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:オバタリアン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ