[アニメ]忍者マン一平


にんじゃまんいっぺい / Ninja man Ippei
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:忍者マン一平
アニメ総合点=平均点x評価数4,259位6,418作品中総合点1 / 偏差値47.60
1982年アニメ総合点44位54作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
制作:日本テレビ
原作:河合一慶(:双葉社100てんコミック)
チーフディレクター・脚本:高屋敷英夫
脚本:金春智子:吉田喜昭:浦沢義雄
日本 開始日:1982/10/04(月) 日本テレビ系列 / 終了日:1982/12/27
13,55055
最近の閲覧数
2230010022
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/24 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/03/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7558(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22075 ブラウザ: 1975(携帯)
なんというかOPの歌詞のノリが「おはようスパンク」みたいな明るい感じだったのが印象的でしたが、まず1話目からなかなか衝撃的な内容でしたね。

おそらく、規制の厳しい今だったらPTAから苦情が来てもおかしくなかったんじゃないかなといった印象でありましたけれども、とりわけスケベだったタヌキの和尚さんのあの行動はいくら絵のタッチがギャグマンガのそれだとはいえよく放送できたなあといった感じでした。

あと有名な回としてはすでに先達の方が述べられておりますが、ジャンケンブルドックの回でしたね。

実際真似したら間違いなくケンカの火種になりかねませんが、そうでなくても誰か一人は保健室行きになりかねん危険な遊びだったんじゃないかなと思います。もっとも、さすがによろしくない遊びということで校長から禁止させられるわけですが、まあそれも当然であったと言えるでしょうね。

そういえば徳川先生が作中での役回りといい、中の人関連といい、「まいっちんぐマチコ先生」のマチコ先生とだぶらせてしまうのは自分だけでしょうか。

原作も存在しているらしいですが、機会があれば読んでみたいものですね。

評価ですが、「良い」とさせていただきます。

2008/08/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2865(60%) 普通:803(17%) 悪い:1128(24%)] / プロバイダ: 46754 ホスト:46782 ブラウザ: 5234
アクの強さに欠ける為、ジャンケンブルドック以外、印象に残ったものが無い作品。
これが、この作品を見て抱いた印象です。

ジャンケンブルドックとは、1対1でジャンケンを行い、勝った方が負けた相手の頬をつまみ、
2勝した方が「縦、縦、横、横、丸書いてチョン」と唱えながら両手につまんだ相手の頬を上下左右に引っ張り、最後に下へ思い切り引っ張ると言うものです。

ジャンケンブルドックが絡んだエピソードも、忍者小学校内でジャンケンブルドックが流行しているのを見かねて、
ある人物が、アゲハを皮切りに作中の人物を次々とジャンケンブルドックの餌食にしていくと言う内容でした。

作品自体は、一平やアゲハ、自意識過剰なあけび、伊賀山、根来、風魔と言った忍者にゆかりのある名前を持つ仲間たち、
アゲハに入れ込んで一平たちにちょっかいを出すテクノ等、個性的なキャラクターが織り成すドタバタコメディと言うジャンルでした。

2006/11/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 17368 ホスト:17149 ブラウザ: 4487
OPの一小節とか、ヒロイン格のあげはとかが可愛らしかった、というのも
あるが、個人的には伊賀山の「○○の馬鹿野郎〜!!」とかいう台詞が一番
印象に残っている。

現在では普通に多い1クール作品とは異なって、打ち切りゆえに1クールと
言うかなり不遇な作品で、私の場合は伊賀山の「〜の馬鹿野郎〜」がいつの
間にか聞けなくなったのが惜しいというのが正直な感想だった。

2006/11/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2260(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1134(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
目の玉が飛び出して自我を持ったように動き回るあたりは鬼太郎の影響がみられますね。
忍者小学校というあたりはNHKの忍タマやNARUTOの先駆的作品な気もしますが
孔明さんが指摘しているように大ヒットしたともコアなファンを残したというわけでもないので直接の影響は少なそう。
自分も悪くはないが良い部分もあまり感じませんでした。

[推薦数:1] 2006/11/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:791(19%) 悪い:1252(31%)] / プロバイダ: 20897 ホスト:20838 ブラウザ: 5234
僅か1クールしか放映しなかった作品のようです。
一応、見たことはあるのですが、かなり前の事だし、コミカル作風はともかく、一平の目から目玉が・・・というのはあまりいい気はしなかった。

内容的にかなり古い作品のせいか、漠然という記憶しかありませんが、コミカルな部分では現在の「忍たま乱太郎」のそれに近いノリなのかも知れませんが、乱太郎が今尚続く長寿番組なのに対し、本作は1クールだけ・・・まるで時代に生まれるのが早過ぎた作品・・・・・・というのかどうかは知りませんが、当時の世情では「忍者ハットリくん」や「さすがの猿飛」という人気忍者漫画のTVアニメがやっていたり、そういった中では本作は平凡な作品という具合に見られ、あまりヒットしなかった感じです。

故井上瑤は少年役も結構こなしているし、そういった意味では本作の主人公やノリにもピッタリだったと思うのですが、凡作に終わったことや、日テレが本作にどこまで力を入れていたのかという部分を考えると、場違い作品というマイナス点が目立ってしまいます。

こういった作品もあったという記憶しか今はないので、昔は色々な作品が創られていたという気持ちにはさせてくれます、が、それだけというイメージも払拭できないのも否めません。

この評価板に投稿する



2016/03/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22074 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. "声優紹介集Ⅱ{高山みなみさん〜矢島晶子さん}" by 陣兵
... おはよう!スパンク】…キャット。 3.【愛の戦士レインボーマン】…大宮陽子。 4.【おちゃめ神物語コロコロポロン】…セレーネ、女神。 5.【The・かぼちゃワイン】…神崎。 6.【銀河烈風バクシンガー】…メリタ。 7.【スペースコブラ】…シエラ少尉。 8.【超時空要塞マクロス】…キム・キャビロフ。 9.【忍者マン一平】…アゲハ。 ...
記事日時:2010/11/11 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:忍者マン一平
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ