[アニメ]ムーミン


Moomin
  • 友情
  • 楽しい
  • 考えさせられた
  • 可愛い
  • ロマンチックな気分
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:ムーミン
アニメ総合点=平均点x評価数220位6,492作品中総合点126 / 偏差値68.34
アニメ平均点323位2,858作品中平均点1.66=とても良い/76評価
1969年アニメ総合点1位21作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.25(とても良い)8
声優・俳優2.00(とても良い)8
映像1.75(とても良い)8
音楽1.50(とても良い)8
ストーリー0.88(良い)8
友情75%6人/8人中
楽しい75%6人/8人中
考えさせられた62%5人/8人中
可愛い50%4人/8人中
ロマンチックな気分50%4人/8人中
もっと見る
属性投票する
原作:トーベ・ヤンソン

制作:東京ムービー 虫プロ
放映局:フジテレビ
日本 開始日:1969/10/05(日) フジテレビ TV 『ムーミン』 / 終了日:1970/12/27
日本 開始日:1972/01/09(日) フジテレビ TV 『ムーミン(第二期)』 番組表によっては「新ムーミン」と表記されることもあった / 終了日:1972/12/31
日本 開始日:1990/04/12(木) テレビ東京 『楽しいムーミン一家』 / 終了日:1991/10/03
日本 開始日:1991/10/10(木) テレビ東京 『楽しいムーミン一家 冒険日記』 / 終了日:1992/03/26
オープニング動画 (3個)
ムーミンのテーマ
歌:藤田淑子
詞:井上ひさし
作曲:宇野誠一郎
編曲:宇野誠一郎 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
138,2759476
最近の閲覧数
5748886522
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/10/07 / 最終変更者:S・N / その他更新者: 管理人さん / 雪霞 / 羽幌炭鉱 / 634 / OP屋さん / スペ9 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3584(33%) 普通:3774(35%) 悪い:3457(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8289
TVアニメ版は楽しい〜しか見た事なくて、マンネリ予防の為だったのか途中から「冒険日記」という副題が
ついたけど、ほのぼのとしていて安心して誰でも気軽に見れるアニメでしたね。カバみたいな風貌していた
ムーミンもホントにいれば良いねだけど、人間にかなり似ていた(実際ホントに人間ではないらしいけど)ミイも
一見ひねくれていたけど、自分に正直で芯の強い、自由奔放な女の子で、人を惹きつける魅力のある女の子でしょう。
主題歌を担当していて、他にもヘヴンリー・ブルーとか露出は少なくても名曲はいくつもある白鳥英美子氏は
無印ではナレーションも担当されていたけど、これも案外(と言ったら失礼だろうけど)上手かったです。
平成末のアニメリメイク・続編ブームにムーミンも乗ったのか、近年劇場版も声優さん達も同じ面々で公開されたらしいけど、
機会あらば見てみたいですね。評価は「とても良い」で。

2016/10/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
ほのぼの、のんびりしてなかなか良い・・・一応、ようせいか、なんかでしたっけ・・・娘が、スナフキンと結婚したいと言って
いたが、働いてないからやめた方が、いいよと言ってしまったが、もっと、違う答え方をするべきだっただろうか・・
ムーミンのお父さん、紳士だったね・・・
【悪い点】
特別なし
【総合評価】
良いです。でも、あのニョロニョロという生き物は、なんだ?

2015/08/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10739 ホスト:10968 ブラウザ: 9629
【良い点】
・ムーミン含めキャラデザインが良い
・作画がよくヌルヌル動く

【悪い点】
・ストーリーのコンセプトがよく分からない

【総合評価】
ムーミンのデザインは、程よく間が抜けてて良いですね♪
彼の姿や仕草を見てるだけで癒されます

ただ、もっとマジカルな雰囲気のお話かと思ったら
そうではない様で…、無駄にシリアスな場面も多く
全体的には、何のお話なのかいまいち分かりませんでした

もっとほのぼので突き抜けてくれても良いのにと思いました

2015/06/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44294 ホスト:44113 ブラウザ: 10268
「楽しいムーミン一家」のみ視聴。
ほのぼのとしていて可愛らしい雰囲気の中に、少し毒のあるユーモアが練りこまれています。それが妙にツボにハマっちゃうんですよねぇ。
それぞれのキャラクターの、良い面と悪い面をハッキリと描いているし、考えさせられる話もありました。
悪い点を挙げるとすれば、ニョロニョロかな。単体なら可愛いけど、あんなに沢山いるとちょっと怖いです。
評価はとても良いで。

2014/08/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 22917 ホスト:22674 ブラウザ: 10347
私は「楽しいムーミン一家」シリーズしかみていないのでその評価になります。
一言で言えば全てが最高です。笑
作画は綺麗(初期とその後では少し画風が違っているけれど)だし、声優さんは今では大御所の方ばかり(ムーミン=高山みなみさん、フローレン=かないみかさん、ムーミンパパ=大塚明夫さん、ムーミンママ=谷育子さん、スナフキン=子安武人さん、ミィ=佐久間レイさん、スニフ中尾隆聖さん、etc)です。ナレーション、OPED担当の白鳥英美子さんの美しい声にも癒されます。
非常にほのぼのとした作品で、ムーミン谷に住みたくなってしまいます。
1番好きなキャラクターを挙げるとすればムーミンママですね。母性に溢れてて、まさに母親の鏡です。ママに抱きしめられたいです。笑
好きな回をいくつかあげるとすると
13話「地球最後の龍」、32話「まぼろしの金色の魚」、44話「すてきなお誕生日」、56話「旅に出たママ」、67話「壊れたパパの大事な椅子」
です。もちろん、他にも素晴らしい話はたくさんあります。
冒険日記は異常に評判が悪いのでみていません。楽しいムーミン一家で養われた素敵な世界観が損なわれるのが嫌なので。
映画「ムーミン谷の彗星」は見ました。いわゆるエピソード0です。ムーミンたちがムーミン谷に来て、スナフキンやフローレンたちと初めて出会うお話です。名作だと思います。

まとめると、私の人間性にあっているというのもあるかもしれませんが、全てにおいて素晴らしい作品です。さすが作者、トーベ・ヤンソンさんが認めた作品ですね。

生きてて嫌なこと、辛いことがあったら是非この作品を見てみてください。きっとムーミン谷のみんながその悩みを癒してくれますよ。

2013/06/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:372(68%) 普通:76(14%) 悪い:99(18%)] / プロバイダ: 29731 ホスト:29706 ブラウザ: 8726
【良い点】
一番素晴らしいのは楽しいムーミン一家。
若かりし頃の豪華声優陣。当時こそ有名な声優だったなという記憶はありませんが、今は大物声優になられている方ばかりですね。
今の声とは少し違うイメージがあります。
後は自然の中での日常風景としてリアリティにあふれながらも、場面によってはすごく幻想的な雰囲気を出してくれる作画も良かった。
登場人物も、初期の方は劇場版の様に動いてくれます。作った人からの思い入れがすごく伝わってきます。
後期も、作画が崩れた!ということはなく、前期ほどではないですがちゃんと作られています。

映画版も一応「楽しいムーミン一家」の評価の一部として記載しますが、ムーミンの良さを最大限に引き立たせ、怪物のような敵と戦ったりRPGテイストな冒険に仕上がっています。何度でもつい見てしまう名作だと思います。

昭和版ムーミンは賛否別れるところですが、別作品だと捉えればこれもありかなと思います。話によってクオリティの差が激しいのですが、私は不思議なクレヨンを拾う「夏への扉」という話がとても強く印象に残っています。
原作者さんから苦情が来たとのことでした。まあ、改変したのは事実なのでここはしょうがないかなと。
【悪い点】
冒険日記。これはもう全然面白くない。ミーのツッコミにもまるでキレがなく、フローレンと言ったらただの自惚れ屋に成り下がっています。
作画もかなり雑ですし、まるで紙芝居でも見ているよう。当初のムーミン一家とはクオリティ面であからさまに劣ります。

【総合評価】
あくまで、「楽しいムーミン一家」での評価にしたいと思います。

2012/08/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16723 ホスト:16819 ブラウザ: 8416
■昭和版 【とても悪い】
子供の頃の私はこれがムーミンなのだと信じていました。
しかし、裏事情を知る今となっては裏切られた気分でいっぱいです。
スノークのおじょうさんの名前に音響監督の奥さんのニックネームを
つけるのは公私混同もいい所。しかも、無許可とはお話になりません。
が、声優さんの演技はとても良いと思います。

■楽しいムーミン一家 【とても良い】
キャラクター、キャスティング、音楽、演出など
リメイクセンスがすばらしいです。
昭和版でムーミンを憶えた私は、放送当時これに戸惑いを
感じましたが、今ではこちらの方が馴染めて良いです。

個人的には言葉運びや、四季の移り変わり、生活風景を大事にした
物語の展開が好きです。

経営難の影か、終盤当たりで画質の低下やセル画数の節減が
見られましたがムーミンのあるべき姿をアニメ化しようとする
ひたむきさは評価に値します。

■楽しいムーミン一家 冒険日記 【とても悪い】
一言で言えば残念な作りです。見た目外見を除いて前作の良い所が
ほとんど引き継がれていません。好意的に見ようと努力はしましたが、
見終えた時残った物は、引きつり笑いだけでした。

感じた不満を箇条でまとめると以下のようになります。
・口の動きが合わない、小道具の描写が異なる、などの作画ミス多数。
・キャラクターの設定につながりがない。
(例:ご都合でムーミンがアウトドア下手になったり、泳ぎ下手になったりする)
・キャラクターの性格が誇張され、悪く演出されている。
・ミィとスニフのテンションが不自然に高く、見ていて疲れる。
(「楽しい=騒がしい」ではない)
・意味が分からないダジャレが入ってくる。
・奇抜な出来事は起こるが心に残るやりとりがない。

…なぜこうなったのか?

小耳に挟んだ話では
・製作会社の倒産によりスタッフが総換えになった。
・当時は前作の視聴者評価が低く昭和版のテイストを求められた。
(縁担ぎか、登場人物に「ねぇムーミン、こっち向いて」とも言わせています)
と言う理由があります。

冒険日記を平成版ムーミンの評価として酷評される方もいますが
そこに昭和版の呪縛がある事は無視できないと私は思います。
虫プロ出身の神武監督には、エヴァンゲリヲンのように
「志」を示して欲しいものです。

■ムーミン谷の彗星 【最高!】
斉藤博監督による、本編62分とは思えない密な構成、かつ、見所満載の傑作です。
息を吹き返したような素晴らしいできだったので大変良い締めくくりになりました。

【総合評価】
トーベ・ヤンソンさんの心労は察しますが
日本人にここまで愛された海外小説は数少ないのではないでしょうか?
そんな意味で評価は最高とさせていただきます。

2012/04/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14452 ホスト:14470 ブラウザ: 5345
※私はいわゆる「新ムーミン」しか見ていないので、これの評価をします。


この作品を述べる上で重要だと思うことは、キャラクターの殆どが一癖二癖ある性格を持っているということです。例えば、ミィは口が悪く意地悪な側面があり、スニフは少々お金にがめつく場合によってはそれのために仲間を売ることもあります。フローレンはナルシストで嫉妬深いところがあり、ムーミンもまだ心理的に幼いところを持っており決して取っつきやすい性格をしているとはいえません。
しかし、彼らはお互いをその性格で相手の人格を否定することはありません。相手の欠点は欠点として認め、それでも相手を尊重しています。例えば、ムーミンパパがとある人物から隠れていたとき、スニフが金儲けのためにその人物に対しムーミンパパの居場所をばらしてしまいます。それをムーミンパパは知りましたが「あいつ(スニフ)は悪い奴ではないが、たまに馬鹿なことを考えるのが玉に瑕」というだけです。
私たちは他の人間と付き合っていく上で、相手の欠点によって彼らを蔑んでしまうことが多々あります。酷いときにはその相手を粛正・淘汰してしまいますこともあります。しかし「ムーミン」を見ていると、それだけでは良い人間関係は築けず、時には相手の欠点も認めて尊重する度量も必要だと思わされます。

また、スナフキンという人物が大変素晴らしいと思いました。彼はこの「ムーミン」の中で数少ない人格者であり、困ったことや悩み事があったときは真っ先に頼られる存在です。しかしそれを鼻にかけることはなく、相手を思いやることを忘れません。また、それでいて彼には確固たる信念や行動原理を持っており、それに従って生きています。彼のように生きられればどれだけ素晴らしいことでしょうか。
また、スナフキンの声優である子安さんの演技がとても格好良く決まっていました。

総じて私はこの作品を見て、哲学的なところがありながらも明るく寛容的で心がとても温まる良いものだと思いました。これは人の心を豊かにするでしょう。

2012/01/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1380(76%) 普通:306(17%) 悪い:124(7%)] / プロバイダ: 34046 ホスト:34042 ブラウザ: 10714
69〜70・72年に放映されたファンタジーアニメ番組。北の国のムーミン谷に住む好奇心旺盛の“ムーミン"がパパ・ママ両親やGFの`ノンノン'・`ミイ'・`スニフ'・旅人のギター弾き`スナフキン'等といろんな冒険や人生を共にしていく。

フィンランドの`トーベ・ヤンソン'原作の小説をアニメ化したのが本作品で、作者の国の風情や文化を取り入れたファンタジックアニメドラマとして仕上がってます。初めて製作した東京ムービー製作の69年度の最初の作品ではキャラとしては原作に合わせたものの、民族文化の違いなのか、原作者に難色を示されて半年で打ち切りになりました。以降原作者通りのイメージで作画されたら、視聴者から怖いイメージがあるという苦情が相次いだので、また最初の作画に戻し、日本のみで放映するという条件で虫プロが引き継いで製作して、通算65回を製作しました。日本人と北方民族では感性の違いがあるのだからこれは仕方ないんでしょうが。私が思うに最初の作画はバーバーパパのキャラに近いようなものがあって、単調な感じの出来だと思いますね。決して悪いとは思えないんですが、やっぱり民族性の違いなのかな。

“ムーミン"は純真で照れ屋で好奇心旺盛な腕白な男の子です。私は最初“ムーミン"はカバの類なのかと思っていたんですが、妖精だそうですね。キャラ的にはカバ等の動物を真似た単調な旁で人畜無害な感じです。GFの`ノンノン'は純情な感じの女の子で、パパはしっかり者でママは優しく宥めるタイプでした。`ミイ'は我侭伝で意地悪で口が悪いのが印象的でした。お姉さんの`ミムラ'はお淑やかなんですが。`スニフ'は原型はカンガルーなのかアリクイなのかわかりませんが、お調子者タイプで、ノンノンの兄`スノーク'はモーツアルトみたいな頭髪で態度がでかかったですね。しかし何といっても本作品を際立たせたのは`スナフキン'ですね。ニヒルでクールな感じを漂わせた彼は本作にはなくてはならないキャラでしたね。それにしてもムーミンを原型にパパはシルクハットを、ママはエプロンをつけただけ。GFの`ノンノン'も前髪とリボンを加えただけで、ちょっと付け足しただけで違うキャラとなってしまうところが単純だけどいいです。

ストーリーはあまり覚えていませんが、腕白で好奇心の強い“ムーミン"が`ノンノン'や仲間たちとともにいろんな行動や起こすんですが、ムーミンたちキャラが可愛らしくて、ファンタジックな世界観で実にほのぼのとしていたという印象がありますね。あまりいろんなことをするんで原作者からイメージが違うと苦情もあったようですが、当時の日本のアニメでここまでのんびりした作品はないんですよね。それに多少冒険心もないと毎回似たようなほのぼのパターンでは飽きられてしまいますからね。

本作品は外国メルヘン作品をアニメ化した純粋なファンタジー作品として実に愛らしくよくできているため、今でもいい作品だと思いますので評価は【とても良い】。当時は熱血スポ根アニメ作品が流行っていた時期だったため、本作品のような可愛らしくファウンタジックな作品は癒しとしては最適だったんでしょうかね。それ故製作会社が変わっても1年3ヶ月放映され、また再放送を望む声もあり、72年に新シリーズで『世界名作劇場』で再び登場します。こちらでは作画が新しくなった分、各キャラの表現も豊かになりましたが。だが原作に合わせた90年の「楽しいムーミン一家」はそれまでの作品と比べるとパワーが落ちたというか、ちょっと退屈な感じでしたね。

2011/03/26 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 11002 ホスト:11149 ブラウザ: 7460
現在、tvkで 「 楽しいムーミン一家 」 が放送されていますが、
このシリーズは今のところ ( 毎日は視聴しませんが ) 、私にはイマイチでしたね。

【良い点】
絵は可愛いですね、それなりに
( 「 新ムーミン 」 が好きなので、それには劣る ) 。

【悪い点】
ストーリーが …… 。
先日視聴した回に 「 タイムマシン 」 が出てきたものがありましたが、
「 ムーミン 」 には合わないと感じました
( 「 新ムーミン 」 にも出てきていたら、御免なさい ) 。

ほかの回にも、イマイチと感じたものが多かったです
( 「 タイムマシン 」 の話よりはマシですが ) 。

【総合評価】
「 新ムーミン 」 に比べると 「 楽しい … 」 は、
ほのぼのとする部分が少ないという印象ですね。

2010/12/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(49%) 普通:4(11%) 悪い:14(40%)] / プロバイダ: 26762 ホスト:26795 ブラウザ: 10519
【良い点】
旧・新・一家は結構面白かった。

好感の持てるキャラ
ムーミン
結構勇敢。

ムーミンパパ
ムーミン同様勇敢。

ムーミンママ
優しい。

フローレン
ナルシだけど根は優しい。

ミィ
スニフを虐めるけど本当はスニフ自殺しようとした所(早とちりだったが)根はいい奴だった。

スニフ
面白いし、ミィによく虐められてるけど決してサ○エさんのカ○オや田中○郎のタ○シ等の扱いは十分可愛いです。

スナフキン
真面目で優しい。
ムーミンの中で一番好きなキャラだ!

【悪い点】
冒険日記
人気ないっていう噂もほんまだった。

一部好感の持てないキャラがいる。
署長
すぐに何でもかんでも捕まえようとする。

ダフィ
詳細は下記参照。

気に食わないシーン
スニフがダフィに告白。
ダフィ(以下マジキチ)「ビックリサセナイデヨ!」
花を摘もうとすると
マジキチ「ハナダッテイキテルノヨ!ワタシハザッソウヲツンダダケ!」
みたいなこと言ってた。
雑草だって立派な命あんの知らんのか!ブス!
マジキチが知的障害者過ぎて笑えなかった。

こういう奴こそ殺されるべきかイナズマイレブンの帝国に虐められるべき。
こんなブスと比べたらイナズマイレブンの木野秋ちゃんの方がよっぽど可愛い。

【総合評価】
旧:最高
新:最高
一家:とても良い
冒険日記:最悪

評価は悪いで。

2010/11/22 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1416(50%) 普通:0(0%) 悪い:1436(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31923 ブラウザ: 2907(携帯)
1990年版の方を見ました。
キャラのビジュアルはかわいかったのだけどかわいかったのはビジュアルだけで中身は最悪だった。
特にムーミンとフローレン。
ムーミンはもっとクールで真面目なキャラかと思っていたら、フローレンの前でやたらとカッコつけたり全て自分の手柄にしたり周りが全く見えなくなったり誉めまくったりなど正直気持ち悪かった。
口先ばっかりのセリフも多くて好感が持てなかった。
フローレンももっとムーミンに気があったりいい子ちゃんキャラかと思っていたら、ムーミンが危険な目に遭っていても助けるどころか心配すらしていなかったり、自分のことをかわいいとか助けてもらって当たり前と思っているようなところがあって見た目とは裏腹に性格は意地悪で悪女キャラだった。
このゆったりとした独特な雰囲気は悪くないけど設定がいい加減なところがあったり辻褄が合わないところがあったりその雰囲気でごまかそうとしてる部分が見えたというか逆にテンポが遅いために浮き彫りになってしまった。
最後はしんみりして内容はないのに危うくその雰囲気やキャラに騙されそうになる。
1990年版の方は全体的に声は合っていたし絵柄も良かった。(特に子供の時に見たミィの声は印象に残っている)
スニフとミィのやり取りは面白かった。

2010/04/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3263 ホスト:3060 ブラウザ: 5718
初期のムーミンはキャラのクセやアクが強すぎるので(特に「スノーク」)こっちは一切無しにして「楽しいムーミン一家」の評価のほうで。
主人公たちはとってもかわいらしくて、ほのぼのとしていて良いですね。声もこっちのほうが好感が持てます(ムーミンと某名探偵が一緒というのも面白いですね)飛行鬼の帽子は驚かされました(もしもママまで「違う」と拒否されたらムーミンって一生あのままだったんでしょうか?)川の水がジュースに変わるのは良いかもしれませんね。
スノークが学者肌の好青年だったのは好感が持てました(前作じゃ変なしゃべり方はするわ、髪型もへんだわでクセが強くて)スナフキンも親しみやすくてよかったです、橋の上でハーモニカを吹いている姿はとってもいいです。
食べ物もとっても美味しそうなんですよね、ケーキとかジュースとかこういうとこにまで力が入ってるのってジブリ作品とこのアニメだけかも。
原作に忠実なのですが、哲学的なセリフは分かりづらいためか省かれているのがちょっと残念でした。
面白いのがムーミンたちが動物園から逃げてきた動物を戻しに動物園に行ったときにカバと間違えられてしまい皆がムーミン一族に対する侮辱だと怒ったり(彼らはトロールというれっきとした妖精です)ムーミンも「こんな手足のカバなんかいないじゃないか、尻尾だって・・。」と怒っていたのですが、それを見ていたうちの母は「カバ」と言い切ってしまいました・・・・。(どんなにいっても「カバ」扱いをするのです)
そういえばキンキキッズの堂本光一君も「ムーミンは絶対にカバや!」といって曲げないんですよね・・・。だから妖精なんだってば。
ニンニの話も好きでした、虐待で体が透明になってしまう女のこの話なのですが、ムーミンママの優しさが大好きです。
本当にいいアニメでした。
評価は「楽しいムーミン一家」のみの評価で。

2009/05/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(39%) 普通:74(56%) 悪い:6(5%)] / プロバイダ: 34731 ホスト:34713 ブラウザ: 8593
【良い点】
ゆるゆるアニメの最初の作品?
どのキャラも個性的でいいのですが、スナフキンが一番好きでした。
スナフキンが登場するときはいつもギターの伴奏で歌詞を一部忘れてしまいましたが
「る〜るるるるる〜おさびしや〜まよ〜 我に語れ〜君の笑顔のその訳おおお〜」
この曲はお気に入りでした。
【悪い点】
細長い「ニョロニョロ」?でしたか あれは子供心に恐怖でした。
夢に出るんですよねあれが・・・

【総合評価】

子供向けというよりはグリム童話のようなちょっと怖い一面のある話でした。
評価は「普通」です

2008/12/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:137(74%) 普通:28(15%) 悪い:20(11%)] / プロバイダ: 3316 ホスト:3310 ブラウザ: 5979
ムーミン一家が海水浴している話を見て、「あれ?なんで、いつもは裸なのに海水パンツはいてるんだろ・・・?」と思いました。

もっと読む

「<新ムーミン>とても良い原作に近いしっとり落ち着いた雰囲気、舞台背景が魅力。押し付けがましい教訓...」 by mind


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/10/02 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 17264 ホスト:16942 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/楽しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 2019年ジャンプ01号感想(『チェンソーマン』新連載&読切『ドラゴニル』掲載号) by エスパー
... 。時代の敗北者と煽るやつは窓際行って、シコれ。 火ノ丸 狩谷くんとの電話でメッチャウキウキな草介くんで草ァ!なんだよ結局のところメチャ嬉しいんじゃあねーか! この子「…!」と三点リーダ前置くのが様になりそうなのにダブルエクスクラメーション使ってるのが意外だよ、 こんなに感情豊かな草介くんはじめてだよ、ムーミンみたいにそのツラ ...
記事日時:2018/12/03 [表示省略記事有(読む)]
video
2. いすみ鉄道の開業から今年で30年です by 667
... にいすみ鉄道は開業から30年を迎えます この路線は元々、大原〜木更津間を結ぶ予定でした。 歴史 年代__概要 1930__大原〜大多喜間開業 1933__大多喜〜総元間開業 1934__総元〜上総中野間開業(全通) 1981__廃止承認 1988__いすみ鉄道に転換 2009__ムーミン列車を運転開始 2011__JR西日本から譲り受けたキハ52 ...
記事日時:2018/03/20
3. 人気投票 by おかわり君
... うまるちゃん』) 月映巴(『大正野球娘。』) 氷室いずみ(『プリンセスナイン如月女子高野球部』) 貝木泥舟(『 シリーズ』) 杉崎鍵(『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録』) 折原臨也(『デュラララ!!』) ヴォルフガング・グリマー(『MONSTER』) ヤン・ウェンリー(『銀河英雄伝説』) スナフキン(『ムーミン(岸田版) ...
記事日時:2017/11/17
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:ムーミン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ