[アニメ]モジャ公


もじゃこう / Mojako
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:モジャ公
アニメ総合点=平均点x評価数2,684位6,397作品中総合点5 / 偏差値48.27
アニメ平均点1,826位2,844作品中平均点0.38=普通/13評価
1995年アニメ総合点49位104作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.33(良い)6
声優・俳優1.00(良い)6
ストーリー0.83(良い)6
映像0.67(良い)6
音楽0.50(良い)6
楽しい50%3人/6人中
面白い50%3人/6人中
可愛い33%2人/6人中
友情33%2人/6人中
可笑しく笑える33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ある日、家出を考える空夫のもとに、同じくそれぞれの星で家出をしてきた宇宙人のモジャ公、ロボットのドンモが宇宙船でやってきて、3人で宇宙に家出をする。愉快で自由気ままな旅のはずが、成り行きで参加したアステロイドラリーや伝染病が蔓延する無人の惑星での決闘、詐欺師オットーとの丁々発止、不死の星で自殺フェスティバル、精神に仮想現実を送信することで架空の現実を体感させて支配する死人の星…行く先々はほとんどが命がけの冒険になってしまう。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
原作:藤子・F・不二雄(小学館/月刊コロコロコミック別冊コロコロコミックてれびくん幼稚園小学二年生小学三年生)
監督:えんどうてつや シリーズ構成:えんどうてつや寺田憲史 キャラクターデザイン:尾鷲英俊
音楽:若草 恵 アニメーション制作:オー・エル・エム(OLM)
OP:(1〜34話)CHU-CHU-CHU/クリプトン
日本 開始日:1995/10/03(火) テレビ東京 TV / 終了日:1997/03/31
34,3181613
最近の閲覧数
5550652623
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/09/19 / 最終変更者:羽幌炭鉱 / その他更新者: kunku / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3475(33%) 普通:3656(35%) 悪い:3387(32%)] / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8318
第一話の放送開始時、故・藤子F不二雄先生は笑顔を浮かべながらも体調が悪かったのを隠していたのか無理に作り笑い
していた感じだったのも印象に残っていますが・・・・・・・・・原作は50年近く前に発表された作品らしく、
アニメ版とは設定違うらしいですが、色々な星々と地球を行き来する話で、ほぼ終始明るいムードで、悪役のゲスト
キャラもいたけど、何か凄い緊迫したとかはなかったですね。主題歌、特にOP曲の「CHU-CHU-CHU」もそんなムードを
象徴していたのかなと。空夫達だけでなく、ドンモも21エモンのゴンスケとの差別化は明確だったけど、そのゴンスケも
登場していたのは、21エモンも打ち切りだったらしいけど、F先生の意向だったのですかね。
残念ながら放送中にF先生は天国に旅立たれてしまったけど、家出が教育上悪影響を及ぼすと言うのなら、時間帯は
深夜でも今度は原作に沿って、正式な最終回らしい地球最後の日も映像化するリメイク作ってほしい気もしますね。
近年また過去の名作アニメのリメイクが相次いでいるし。まあ可能性は低いかもしれないけど、評価は「とても良い」で。

2017/01/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(36%) 普通:207(19%) 悪い:478(45%)] / プロバイダ: 46115 ホスト:45983 ブラウザ: 10902
ストーリーはあまり覚えてないがとにかくモジャ公がかわいい!この一言に尽きる。21エモンのレギュラーキャラ、ゴンスケがゲスト(?)出演しているのもいとをかし。

[推薦数:1] 2010/09/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:215(78%) 普通:32(12%) 悪い:30(11%)] / プロバイダ: 14304 ホスト:14273 ブラウザ: 4341
)
本作は藤子 ( F ) 不二雄最後のアニメ作品である。
ただし、原作はかなり古いもの ( 1969年発表 ) のようだ。

思えば、小学生の頃の「 オバケのQ太郎 」に始まって、ずいぶんと藤子作品には親しんできたものである。
低学年の頃は「 オバQ 」、「 パーマン 」、「 忍者ハットリ君 」といった有名作品よりも「 フータくん 」という漫画が好きだった。
これは藤子 ( A ) 不二雄の作品なのだが、主人公の「 フータ 」少年が日本全国を旅して100万円貯めるという設定が面白かったと思う。

小学生高学年から中学生の頃にかけて、「 少年サンデー 」に連載されていた「 21エモン 」、「 ウメ星デンカ 」もなかなか楽しい作品だった。
「 お茶の間感覚のSF 」というのが藤子 ( F ) 作品の売り物だろう。
「 キテレツ大百科 」という作品も案外面白い。

私はアニメ化された藤子作品はあまり見ていないのだが、「 チンプイ 」、これは藤子・F作品の集大成としての傑作アニメだと思っている。
「 エスパー魔美 」は世評も高く、ストーリー自体もなかなか面白いのだが、「 魔美 」が父親のヌード・モデルをするという、いかにも男子中・高校生のウケを狙った設定があざとくて、ここだけがあまり好きになれない。

さて、この「 モジャ公 」、藤子・F作品としては最後のアニメ作品だが、あらゆる意味で「 平均的 」のレベルの作品といった感じである。
原作は結構ハードな展開もあるとの事だが、アニメの方では徹底して「 お子さま路線 」を行っており、「 チンプイ 」や「 エスパー魔美 」ほどの密度はないにしても、まぁそれなりに完成度は高くて面白い。
「 お子さま路線 」への変更については、藤子・F氏からの意向もあると聞く。

このアニメ版の「 モジャ公 」は原作漫画を知っておられる方々にはひどく不評のようだが、私のように原作をまったく知らない向きにとってはこの作品、アニメとしてはまずまず良好な出来を示しているように思われた。
子供向け作品としてはゴマカシなく丁寧に作られているし、藤子 ( F ) 作品の定石パターンとしての「 お子様SF 」の世界も非常に楽しく描かれているからだ。

セル画アニメとしての完成度は非常に高く、CG化前夜の一つの頂点を極めたものと言っても良い。
また、「 モジャ公 」のキャラクター造形も藤子・F作品の中では、私的に「 モンガー 」と並んで1、2を争う好キャラクターではないかと思う。
「 ドンモ 」や「 ミキちゃん 」のポジションも適材適所で、なかなか楽しくお話が動いていた。

2010/04/07 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(64%) 普通:7(13%) 悪い:13(24%)] / プロバイダ: 28659 ホスト:28882 ブラウザ: 11159
【総合評価】
原作漫画を非常に無視したTVアニメで有名ですね。
本作は藤子アニメ最後の作品といわれてますが、実際には後に「絶滅の島」と「流血鬼」という、短編ではありますがアニメが放送されてますね・・・。
まず、原作マンガが名作なのに対し、このアニメは子供向けにつくられてますね・・・(苦笑)
内容と主人公達があまりにも調子に乗りすぎてるみたいな感じで好きじゃなかった。
あと、主人公はモジャラと空夫とドンモの三人トリオで十分なのに、あきらかにいらない女が一人いることが気に入らなかった。
さらにモジャラのあまり可愛くない妹や弟やライバルなど、なんなんですかコイツら的な感じで、かなり違和感を覚えましたね。
話の内容が原作とかけ離れてるのは、家出やハードな冒険が、視聴する子供達には危険ということで内容変更したという大人の事情があるんですが、ならそんなにヤバいんなら最初からアニメ化すんなって話ですよね。
評価は悪いで。

2009/02/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(66%) 普通:17(16%) 悪い:19(18%)] / プロバイダ: 16578 ホスト:16614 ブラウザ: 4926
【良い点】普通に楽しめる完成度の高いアニメである事。
OPの「CHU-CHU-CHU」とED「じゃあね」は名曲です。
あとはゴンスケが21エモンの時と違ってちょうどいいポジションに納まって味のあるキャラになってるとこですね。
ヒロインのみきちゃんはとてもかわいい魅力的な女の子ですね。個人的にはキテレツ大百科のみよちゃんとチンプイのほたるちゃんと同じくらい好きです。
ゴンスケとみきちゃんの存在が作品に華を添えてると思います。
空夫君はチンプイのエリちゃんの男の子版みたいに感じて好感度が高いです。

【悪い点】モモンジャは必要なかったのでは‥
モジャ公は怪物くんと並ぶワガママキャラですね。

【総合評価】よく観ると出来の良い作品に仕上がってると思います。
敢えて言うなら、「まんがはじめて物語」のようなノリの話の進み方にすればもっと面白く、教養にもなる作品になれたでしょう。
原作(正式にはF先生の弟子が描いた宇宙フレンドモジャ公が原作です)とはだいぶかけ離れているので評価が分かれてしまうようですが、原作の内容がかなりブラックな為
(原作をそのままアニメにするなら深夜放送になるのは確実で、話数も少ないので半年も持たないでしょう)
設定を変えたのはむしろ良かったのではと思います。
ちなみに原作からの設定変更はF先生の意向との事です。

2006/11/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(68%) 普通:5(18%) 悪い:4(14%)] / プロバイダ: 23881 ホスト:23678 ブラウザ: 4487
アニメ「モジャ公」を見て一番印象に残ったのは初代オープニングの「CHU-CHU-CHU」です。とてもノリノリで元気が沸いてきそうです。うちが住んでいる地域ではモジャ公は映っていなかったのでビデオを借りてみていました。藤子作品の中でモジャ公だけがテレビ東京だけでした。

2006/10/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 8677 ホスト:8629 ブラウザ: 5234
藤子作品では最後のアニメになった作品ですね〔短編は除いて〕
他の藤子作品と違い日常生活の話よりいつもどこかに冒険していた印象があります。
モジャ公やドンモ、空夫などキャラには好感が持てたが見ていた当時はあまりいい印象が
なかったしドラえもんみたいな作品を期待していたせいか途中で視聴を辞めてしまったと思う。
決してつまらなくはなかったけど、合わなかったので「悪い」

2006/04/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:242(72%) 普通:92(28%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 467 ホスト:552 ブラウザ: 6287
内容全然覚えてないです。確かいろんなとこへ行く気がしました。
原作者がドラえもんと同じなんですね。
折笠愛さんが少年役やってましたね、林原めぐみさんもレギュラー出演。
高乃麗さんが出演していたところやはり昔を感じますね。
声優もあいまってかモモンジャ、モジャルが好きでしたね。
キャラが個性的なのに内容が思い出せないので評価は普通です。

2005/10/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 28377 ホスト:28306 ブラウザ: 4487
アニメ版は毒にもクスリにもならない、「藤子アニメっちゃあこんなかんじだろ?」という感じで
作られたような愚にもつかない代物だった。まあ、モモンジャがやたらめったら鬱陶しいというの
もあるが、それ以前に原作への愛が全く感じられない代物だったのだけは事実。

それでも、まあまあの完成度だけはあったので性質が悪い。

なので、その完成度に免じて「悪い」に留めておく。

2005/10/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 36428 ホスト:36420 ブラウザ: 4184
原作はドラえもんを超える最高傑作らしいですが、見ればわかるとおもいますが、ドラえもんなんかの足元におよばないです。期待をみごとにうらぎってくれます。本当にケッサクです。

とにかくキャラの設定とかストーリーとかどこがドラえもんを超えてるのかあげてもらいたいぐらいにおもんないし、ないものこらない。説教臭くないですしね。それじゃあまり言いたいことが伝わないとおもいます。

2005/05/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:556(54%) 普通:214(21%) 悪い:259(25%)] / プロバイダ: 53824 ホスト:53753 ブラウザ: 7814
これは見たことがあるが、特に印象に残るものは無かった。
ただ、折笠女史の少年声が聞けたのは良く、それが好感につながっているのかもしれない。原作の良さを生かしきれず残念である。
ちなみに96年頃の別コロのほうも見てました。どっこいどっこいだった記憶がある。

2005/05/26 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 4969 ホスト:4672 ブラウザ: 3646
原作の知名度はたしかに低いかもしれない・・。
藤子ファンならば誰でも知ってると言うくらいの感じなのか、
最高傑作の座も人によってはというか個人的にはドラに譲りた
いがSF短編が好きな人にはむしろこっちの原作が良いと思う。
そういう意味で知られざる傑作といえる。
あと、原作は海外ドラマ宇宙船レッドドワーフ号の雰囲気にも
似てるかもしれない、キャラの立ち位置とか、適度な毒が。

2005/05/25 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:357(54%) 普通:105(16%) 悪い:196(30%)] / プロバイダ: 30606 ホスト:30421 ブラウザ: 3846
食わず嫌いも何ですのでまた今度借りて観てみます。
意外と気に入るかもしれませんしね。
でも原作がそれほど知られていないようなのが私的にはちょっと意外です。

2005/05/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 15221 ホスト:14961 ブラウザ: 3646
原作は最高傑作という意見はよくわかります、そしてアニメは全くの別物です。

原作は家出して宇宙旅行する話ですが、アニメは何かあると適当な惑星に行って
騒動になってまた帰って来たりする凡庸な話ですから。
原作は21エモンの後半に近い流れの作品なんですよ、アニメはあくまで舞台は
日本でおばけのQ太郎みたいにモジャ公の仲間が出て来たりして・・。
ただ、サービスなのかゴンスケがゲストで出ていましたね。
原作が凡作でアニメが傑作のジャングル黒ベえと対照的です。

2004/08/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:698(59%) 普通:230(20%) 悪い:248(21%)] / プロバイダ: 35079 ホスト:35013 ブラウザ: 3875
あー・・・そういえばあったなこれ。

原作は作者の最高傑作、ですか。俺の場合ドラだと思っていた(^^;
まあ前置きはこんぐらいで。内容はかなり昔のだから流石に覚えていないが、キャラ(特に空夫)には好感できましたな。

もっと読む

「原作が藤子Fさんの最高傑作とも言われる作品なだけに、アニメはちょっと怖くてみられない。知り合いによる...」 by まりん


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/06 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 46115 ホスト:45973 ブラウザ: 10902
藤子作品って見てると心が和みますなぁ。

2017/01/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 46115 ホスト:45973 ブラウザ: 10902 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 神撃のバハムート VIRGIN SOUL 感想#14 by エスパー
... 「Homecoming」◆ ★★★★☆ 新OP、アザゼルさんの隣にルシフェルさんがいるとはまさかの再登場を果たすのか。 ますます同窓会っぽくなれますね…。 1クール目EDに登場した謎モジャが遂に登場すれば単なるマスコット役だったのか。 しかしこいつが終盤においてとんでもない布石になる可能性もあるから油断できません。 里のみんなが良い奴ばかりだったのは案の定 ...
記事日時:2017/07/12 [表示省略記事有(読む)]
2. 今日は高木渉さんのお誕生日です by Mr.KN
... 、長期レギュラーの「名探偵コナン」の小嶋元太、高木渉刑事をはじめ、「機動新世紀ガンダムX」のガロード・ラン、「GTO」の鬼塚英吉、「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」のねずみ男、「緊急発進セイバーキッズ」の天神林ケン、「美少女戦士セーラームーンR」の紅のルベウス、「魔法陣グルグル」のゲイル、「天地無用!」シリーズの火美猛、「モジャ」のピテカン( ...
記事日時:2016/07/25 [表示省略記事有(読む)]
3. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第778話(1428話)「ちょい長めのゴールデンウィーク"10〜その3〜」 by 陣兵
... してゴールデンウィーク3日目が幕を閉じた。 次回、ちょい長めのゴールデンウィーク編その4 第779話(1429話)へつづく… ☆人気漫画家の作品特集〜SEASONⅨ〜ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ☆ 1587.【藤子・F・不二雄先生】 「てぶくろてっちゃん」、「進めポケット」、「パーマン」、「21エモン」、「ウメ星デンカ」、 「モジャ」、「ドラえもん ...
記事日時:2011/09/02 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:モジャ公
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ