[アニメ]仮面ライダーSD


かめんらいだーえすでぃー / MaskedriderSD
  • 可愛い
  • 友情
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:仮面ライダーSD - 疾風伝説 -
アニメ総合点=平均点x評価数4,290位6,332作品中総合点0 / 偏差値47.45
1993年アニメ総合点71位85作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.60(とても良い)5
映像1.20(良い)5
キャラ・設定1.00(良い)5
音楽1.00(良い)5
ストーリー0.40(普通)5
可愛い60%3人/5人中
友情60%3人/5人中
楽しい60%3人/5人中
面白い60%3人/5人中
可笑しく笑える60%3人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

バンダイ自家薬籠中の物 ・ 既存キャラによる新規世界観の玩具企画のOVA化。
シリーズ化を見越してか 「 怪奇 ! ? クモ男 」 の副題がつくが、1本のみ。
副題に始まり、マニアックな演出が横溢する…
■ STAFF ■
原作:石ノ森章太郎 製作総指揮:渡辺亮徳 村上克司 脚本:井上敏樹 企画:山口康男 渡辺繁 監督:川田武範 音楽:吉田明彦

■ CAST ■

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 発売日:1993/03/21(日) メディア販売
オープニング動画 (1個)
仮面ライダーSD仮面ライダーSD
歌:TOM 詞:TOM 作曲:TOM 編曲:TOM [ファン登録]
[もっと見る]
19,62688
最近の閲覧数
50251202211
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/12/17 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: 管理人さん / 宇宙刑事ジャンギャバン / カトル / 634 / 提案者:Z-遁 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/12/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:760(51%) 普通:416(28%) 悪い:314(21%)] / プロバイダ: 18201 ホスト:18286 ブラウザ: 5171
好評を博していたバンダイの玩具企画『仮面ライダーSD』の総決算的な意味合いを込めて、「コミックボンボン」誌上で連載されていた『マイティライダーズ』をベースに制作された、『仮面ライダーシリーズ』初の本格的なアニメ作品であるのと同時に、「東映の用心棒( 笑 )」こと井上敏樹氏が初めて手掛けた『仮面ライダー』としても認知されているギャグタッチのOVA作品。

『マイティライダーズ』のアニメ化と言っても、原作から拝借している要素は精々テニス選手の護衛とZXのキモい女装ぐらいなモンで、原作には居ないミチルなるヒロインに恋焦がれる奥手なRXの片想いを主軸に据えた内容と成っており、『ねるとん紅鯨団』的な時事ネタを挿んでくるくだりや「女の口説き方」について講釈を垂れるZXなどが象徴するように、良くも悪くも「井上色」が強いです。
突き抜けたアホさ加減が秀逸だった原作に比べると、オッチョコチョイでは有るものの「恋愛要素」が絡んでる分だけ、OVA版のRXはアホ属性にリミッターが掛けられてるかのような印象を受けましたね。この辺りが本作を鑑賞していて、今ひとつカラッと笑えなかった要因なのかも。
敵・味方共にキャラクターが総じてSD体型で描かれている中、さそり男のみリアル等身を維持していた事で何らかの「ネタ振り要素」が有るのかと思いきや、結局何の意味も無かったプロローグに於ける謎演出や、害虫駆除に熱中するあまりアジトを崩壊させるジャーク将軍のギャグを天丼形式で3度も繰り返すクドさ、結果的に美味しいトコだけ掻っ攫うV3のゲスの極み振りなど、首を傾げたくなる場面もチラホラ見受けられました。

反面、アニメとは言え故・小林昭二氏が久々に立花藤兵衛を演じるのは矢張り嬉しかったし、おやっさんが「RX」「スカイライダー」と接点の無いライダーの名を口にするのもドえらく新鮮に聞こえました。元々洋画の吹き替えも数多くこなしている方なので違和感が全く無いンですよね。
主役たるRXは、原作版『RX』で何かとウザいコック(名前忘れた)を演じていた小野寺丈氏が担当してますが、「素面の芝居より寧ろ声優業の方が上手いンじゃね ? 」と思わせるぐらい、意外な芸達者振りを発揮していて驚かされた次第です。
個人的には蜘蛛男に洗脳され「化物ヅラ」と化すミチルの演出が、劇場版第1作の『サイボーグ009』で脳改造を施された003の凶相を彷彿とさせて「ニヤリ」とさせられましたね。端からオマージュを狙っていたのか単なる偶然なのかは定かじゃないけれど。

当初の予定通りシリーズ化が果たされていたならば印象が変わったかも知れませんが、如何せん単品の作品としてはキツイので「悪い」に落ち着きました。
『遺作』『野々村病院の人々』の横田守氏が、原画マンとして加わっていた事には仰天させられましたがw

2013/10/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(51%) 普通:9(9%) 悪い:40(40%)] / プロバイダ: 4769 ホスト:4949 ブラウザ: 11096
【良い点】

SDにふさわしくギャグタッチの話になっている。主題歌もコミカルで面白い。
実力声優を多数そろえた豪華すぎるキャスティング。
おやっさんの声をオリジナルと同じ小林昭二さんが当てている。

【悪い点】

1巻で終わってしまったので、ライダー側はストロンガー、アマゾン、2号ライダーのワイルドライダーズチーム、グランショッカー側はジャーク将軍、シャドームーン以外の八鬼衆の出番がない。

【総合評価】

仮面ライダー誕生20周年を記念したバンダイの企画を基にしたオリジナルビデオアニメ。
こちらもボンボンで連載されていた「マイティライダーズ」同様RXが主人公で、終始ギャグタッチのお話である。

お話は、RXが片想いしている女の子・ミチルを助けるため、彼女を拉致した蜘蛛男達グランショッカーの怪人と戦うというものだ。

ギャグ作品だがRXの性格は「マイティライダーズ」ほどはっちゃけてなく、最後に先輩のV3においしいところを持って行かれた可哀想なやつという印象しかない。

まあ、本来は何巻も続くはずだったのではないだろうか。しかし予想外に人気が出ず一巻のみで打ち切られたといったところか。

悪い点で挙げたとおり1巻で終わったせいで見せ場のなかったライダーや八鬼衆が多すぎ、とても高い評価は与えられない。

いや、もったいない作品だ。もっともとになった玩具に人気があればTVアニメになったんだろうか?

2012/07/31 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1203(76%) 普通:263(17%) 悪い:113(7%)] / プロバイダ: 9736 ホスト:9609 ブラウザ: 9466
93年にコミックボンボンで連載されたあおきけい先生の仮面ライダーをベースとしたコメディー漫画をアニメ化したもの。RXが通うジムの憧れの少女`ミチルちゃん'がグランショッカーの`怪人クモ男'に連れ去られる。立花藤兵衛はRXたち`マイティーライダーズ'にV3たち`メカニックライダーズ'を呼び寄せて共同で立ち向かわせていく。

ライダー20周年を記念して描かれたSD版をOVAにしたのが本作品で、一応原作に沿った設定になっていますが、内容的には原作から外れたコメディードラマとなっています。ストーリーはRXが憧れる娘`ミチルちゃん'がグランショッカーの`怪人クモ男'に連れ去られたことによって、RXを初めとしたライダーたちが奮戦していくというものですが、原作の設定を無理やり詰め込んだせいか、あまりに強引な展開にもって行き過ぎてる感があって笑える場面もあまり笑えませんでしたね。`クモ男'は元ショッカー怪人なのに何故かジャーク将軍が指揮しているし、ジャーク将軍が潔癖魔だという設定も原作にはなかったし、シャドームーンとRXの過去も無理やり拵えた感じで、全体的に無理に押し詰めた内容でしたね。またワイルドライダーズの存在が蔑ろにされているのも納得いきませんでしたね。RXは活躍しながらもおいしいところをV3にもっていかれます。最初からRXとこの女は似合わないと思ってましたからいいですけど。だけど原作者のあおき先生と違うデザイナーがキャラを描いているため、キャラのスタイルが崩れてしまって、そこも面白くなかった要因ですね。

本作品はパロディのつもりで製作されたんだろうと思いますが、ライダーたちの性格も原作を大きく外してしまった感がありましたし、内容的にもそれほど面白さを感じませんでしたので、評価は【とても悪い】です。脚本が井上敏樹さんだったのは「仮面ライダー」のメインライター伊上勝さんの子息という経緯からきたのかもしれませんが、原作漫画を掌握しきってませんでしたね。もう1作製作していたら評価も変わっていたと思うんですが、残念ながら本作だけで終了してしまったために、このような評価に留まりました。

2012/02/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
笑える仮面ライダー。原作のキャラの面影はなく、とにかく可愛くて笑える内容です。
一部のライダーがほんのちょっとしか登場せず、続編を示唆するシーンがあるのにこれ一本なのは残念。
作画も結構ギャグアニメっぽくて良いし、全体的に色が明るい。
シャドームーンやジャーク将軍など恐ろしかったキャラもボケやツッコミをしてくれます。
とにかく、ほんわかした内容で、本編とは別の感じで楽しめました。

オチとか色々衝撃的でしたね。
脚本が井上敏樹だと知ってなるほど…と。

[推薦数:1] 2011/10/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 30360 ホスト:30242 ブラウザ: 11755
これ元はシリーズ20周年記念の一環だったらしいですが、
良い意味でバカに徹していたのが爽快だったと言うか、笑えましたな。

RXがミチルと言う美人に惚れたのがそもそものきっかけだったけど、
ZXがテニスで汗を流していた彼女に扮していたのにはまさに
「客観的に自分を見れねーのか!!」でしたね。(笑)そのミチルは
ジャーク将軍のライダー抹殺計画に巻き込まれて拉致されてしまったけど、
クモ男の道案内もやけに親切・・・・・・・だったと言うか、よく
分かりませんでしたな。(笑)

その誘拐事件の黒幕だったジャーク将軍も、蝿やゴキブリに対してムキになっていたのは
微笑ましい限りでした。そのジャークに対してクールに突っ込みを入れていた
シャドームーンも、因縁の相手だったはずのRXに名前すらまともに
覚えてもらってなかったけど、長嶋茂雄じゃないんだから。(笑)
最後漸くミチルと結ばれると思いきや、V3に美味しい所を持ってかれたのは
気の毒、というか、ちゃっかりしすぎでしたね。(笑)

声優陣もかなり豪華だったけど、原作者の倅で、主役だった小野寺丈氏は
非専業声優としては頑張られた方だったと思います。藤兵衛役が
故・小林昭ニ氏だったのも、制作サイドの意気込みが伝わろうという
ものだったでしょう。

OVA版はこのクモ男のエピソードで終わってしまったのは、特にファンの方に
とっては残念だろうけど、肩張らないで見れたでしょう。評価は「良い」で。

[推薦数:1] 2011/07/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2038(50%) 普通:793(19%) 悪い:1257(31%)] / プロバイダ: 10963 ホスト:11197 ブラウザ: 9831
『ウルトラマングラフィティ』と並ぶ国民的ヒーローをSD作風にして、いろいろやっていくコメディなんですが・・・笑えない・・・・・・。自分が仮面ライダー派ではなく、ウルトラマン派だから・・・という面を抜きにしても、それほど笑えないです。仮面ライダーがウルトラマンほど夢中に、好きになった作品ではなかったという事もあるのですが。

V3(う゛いすりゃーとは呼ばないよ、声が宮内じゃないんだし)がちゃっかりモンで、ミチルの為に・・・というRXの活躍がなんだか・・・という具合にパッとしません。ウルトラマンのようにマンが主役で、そのマンがいろいろな目に遭う・・・という形にしても良かったと思うのですが、マンネリを避けるための処置だったのか、ウルトラマングラフィティのようなほのぼの作風ではなかったのがネックでした。

脚本家が後の平成ライダーのメインライターの井上敏樹だった事も原因だったのかも知れません。後の平成版での作風のグダグダ振りには辟易とした者としましては、井上作風にはクスリとも出来なかったし、ライダー関係ではおやっさんこと小林昭二の最後の出演作になったという事でしか見所は無かったように思えます。

ヒーロー作品のSDアニメなので、同時期には永井豪の『CBキャラウォーズ』というのもありましたが、それと同じノリと路線にしたとはいえ、ライダーへの思い入れはウルトラマンほど無かった事に加え、作風のノリや展開も大して面白いとは言い難かったので、仮面ライダーのファン以外にはあまり楽しめないと思います。

ウルトラマングラフィティの声優も幾人か本作に参加しており、その辺も注目点といえば、言えるかも知れません。

2011/06/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(87%) 普通:3(8%) 悪い:2(5%)] / プロバイダ: 11271 ホスト:11043 ブラウザ: 10411
脚本:井上敏樹!!!
何となく納得ですが。

ちゃっかりシンさんが出てたりとか、ハチ女が妙にモテたりとか、色々な場面で笑わせてもらえました。
個人的に一番衝撃だったのは、ZXのキャラですね。昭和ライダーにはSPIRITSから入ったので、とにかくZXのイメージにギャップが…(笑)
逆に気になった点を挙げると、ライダーの約半数がろくに出れていない事でしょうか。グランショッカー側に至ってはジャーク将軍とシャドームーン以外ほぼ空気だったのも、少しもったいなかった気がします。

気になった点はあるものの、全体的に楽しませてもらいました。
シリーズ化しなかったのが本当に残念です。

2009/06/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4500 ホスト:4313 ブラウザ: 15574
玩具企画を元にしたOVAですね。まあ、尺の都合でストロンガー、2号、ライダーマンの出番が無きに等しいですが。

そう言えば、原作となった玩具ではライダー達はバトルライダーズ、メカニックライダーズ、ワイルドライダーズの三チームに分けられてたんですね。
あまりにもボンボンの漫画版が強烈な印象だったので忘れてましたが。

お話はクモ男に拉致されたガールフレンドのミチルを助ける為にRXが奮闘するというものでしたな。

異様に潔癖症のジャーク将軍とか、Xライダーが文字通り虫も殺さぬ男だったとか、ギャグがなかなかイカしてました。

そうそう、折角ミチルを救出したのに女好きのV3においしいところを持って行かれたRXが哀れでしたねえ。やはり、女の扱いでV3にかなうライダーはいないようで。

おやっさんを演じていたのがTV同様小林昭二さんってとこにこだわりを感じますな。

まずまず楽しめる作品でした。これ一作で終わったのが残念です。ストロンガーやライダーマンの活躍を見たかった・・・・。

この評価板に投稿する



2017/12/17 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 18201 ホスト:18286 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. ネオライダーのBD-BOXが発売決定! by オルタフォース
... と、メガホンをとった「仮面ライダーZO」「仮面ライダーJ」が この冬まとめてBlu-ray BOXになる事が決定した。 これら90年代に製作された作品を総称してネオライダーと呼び、TVシリーズ不在の時期に送り出された。 昭和ライダーとともに“石ノ森ライダー"を構成し、ライダーは3人とも強い部類に入る。 さらに、DVD化しなかった「仮面ライダーSD」も特典に ...
記事日時:2015/09/19
2. "『コロコロコミック 掲載作品』Ⅱ" by 陣兵
... 「ニンジャBOYあばれ!忍丸」(富田祐弘・菊池モモタロー先生著) 「チエばーちゃんの知恵ブクロ」(橋口隆志先生著) 「霊界教室」(青木たかお先生著) 「おれは男だ!くにおくん」(穴久保幸作先生著) 「スーパービックリマン」(おちよしひこ先生著) 「怪奇警察サイポリス」(上山道郎先生著) 「仮面ライダーSD 疾風伝説」 ...
記事日時:2011/08/26 [表示省略記事有(読む)]
3. ボンボン漫画レビュー(但し、10〜12年前くらいの) by C.Q.
... の方でも書いたけど、ボンボンで一番好きな漫画だった。アルガス騎士団の死→バーサルナイトとネオブラックドラゴンの合い撃ち→スペリオルドラゴンになるシーンは個人的に名場面。デラボンのG-ARMSの漫画も好きだった。5巻を持っていないので、ガンダムフォース編がどうなったか不明。キャプテンガンダムFF格好良いな〜。 バトンQ あおきけい氏が仮面ライダーSDの後に書い ...
記事日時:2005/03/14

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:仮面ライダーSD - 疾風伝説 -
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ