[アニメ]かのこん


Kanokon
  • セクシー
  • 可愛い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:かのこん / 文学:かのこん
アニメ総合点=平均点x評価数6,194位6,322作品中総合点-33 / 偏差値42.01
アニメ平均点2,616位2,828作品中平均点-0.87=悪い/38評価
2008年アニメ総合点224位227作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.80(良い)10
映像0.30(普通)10
音楽0.20(普通)10
キャラ・設定0.10(普通)10
ストーリー-0.60(悪い)10
セクシー50%5人/10人中
可愛い50%5人/10人中
楽しい30%3人/10人中
美しい20%2人/10人中
面白い20%2人/10人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「おじいちゃん……都会の女の子ってすごいです……」
――田舎で祖父と2人で暮らしていた純朴な少年・小山田耕太は、都会の学校『薫風高校』に最近転校してきた高校一年生。
新しい環境、新しい学び舎で緊張するであろう転校初日。耕太は見知らぬ先輩に告白された。
彼女は、学校で一番と噂される美少女、源ちずる。
全12話/放映局:AT-X 配信:バンダイチャンネル

原作:西野かつみ(MF文庫J「かのこん」シリーズ(メディアファクトリー刊)より)


※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2008/04/06(日) TV / 終了日:2008/06/22
公式サイト
1. XEBEC - かのこん
オープニング動画 (1個)
PHOSPHORPHOSPHOR
歌:宮崎羽衣 詞:奥井雅美 作曲:奥井雅美 編曲:鈴木Daichi秀行 [ファン登録]
[もっと見る]
62,3564138
最近の閲覧数
4121253431
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/12/29 / 最終変更者:kunku / その他更新者: S・N / 管理人さん / 提案者:DONP (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/11/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:241(65%) 普通:0(0%) 悪い:127(35%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8227
原作未読、AT-Xで視聴。

乳首拝観アニメ。妖怪と人間とのラブコメ、高校が舞台。
ヒロインの2人とも一目惚れっぽい感じで、開始からいちゃいちゃスタート。
きつねや狼など設定はあるが、巨乳のお姉さんタイプと慎ましやかな胸の妹タイプ、主人公は健全小学生のようなショタなところが特徴。

あざといというよりも割とストレートに描いているが、行為自体も状況と雰囲気だけなのでエロさはやや拍子抜け。
ヒロイン「ちずる」が常時発情期でベタベタとスキンシップを常にしているので、それなりのシーンでも特にエロさは感じないかも。
もう一人のヒロイン「のぞむ」の方があざとさでは上に感じるが、性格があっけらかんとしてるので特別感もあまりない。
乳首拝観ではあるものの、結構な割合で毛髪などで隠してるシーンが多いのでそこらも微妙。

高校での日常生活が中心だが定期行事などにもこだわりはないようで、ストーリーを追っていくような感じはない。
パッと思いついたようなエピソードからドタバタしつつ、少しエッチなオチなんかでまとめるのが多い。

終盤で妖怪要素や戦闘なんかも取り上げていたが、特に掘り下げや設定の拡張もなくていまひとつだった。
ラストエピソードはラブコメされても今更感たっぷりだったし、主人公のもじもじ加減に退屈してしまったが、
なんとか最後はきまっていたので後味は悪くなかった。

コメディとしてはヒロイン同士のやり取りなどが面白かった。

【良い点】
キャラの個性はなかなか面白かったと思います。
「ちずる」cv川澄綾子さん、「こうた」cv能登麻美子さん、さすがの演技だったと思います。
能登さんのショタ声の悲鳴などは女声にしか聞こえないけれど、主人公に対する拒否反応が緩和されたので最後まで見ていけた。

【悪い点】
キャラデザイン。ヒロイン達は可愛いのだけれども、胸の大きさが両極端で個人的にどちらも好みではなかった。
サブキャラたちにもデザイン的な魅力はあまり無かった。

コメディ作品とはいえ、貧乏双子の設定や扱いはちょっと酷い気がする。

【総合評価】
結構エッチな雰囲気は出してるもののエロさが出ていないので、下品ながらも嫌悪感は感じなかった。
巨乳貧乳好きとか声優さんのファンなら楽しめると思う。

2015/08/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(48%) 普通:103(22%) 悪い:142(30%)] / プロバイダ: 12929 ホスト:13021 ブラウザ: 5913
【総合評価】
取り立てて書くほどのストーリーは無い。良く言えばラブストーリー、悪く言えば変態エロアニメ。
視聴前の情報では、かなりエロいと聞いていましたが、思ったほどでもなかった。
恋愛感情の延長線上の行為の範囲ギリギリという印象でした。(描写は多い)しかし、エロアニメではなくラブストーリーの範囲に収まった感があるのは、ちづるの一途さが全面に出ていた為。さらに、女の子を増やしてハーレム設定にしなかったのも、他のキャラがあまり絡まなかったのも二人の恋愛観が強調されて良かった。

ただ、藍と連でしたっけ?あの二人の設定は切ない。

時々出てくる戦闘シーンもあっさりしていて、恋愛という軸がしっかり守られている印象。

ストーリーも作画も悪いこの作品だが、ほのぼの?とした二人を見てるのは悪くなかった。

2015/05/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:374(36%) 普通:204(20%) 悪い:468(45%)] / プロバイダ: 44476 ホスト:44319 ブラウザ: 10902
獣女子とかそっち方面に媚びすぎやろ!こんなんにストーリー性とか期待するだけ無駄というもの。
でもやっぱりエロ可愛さは無視できませんね…不快感を抱くような部分もないのでとても悪い以下の評価はつけられません。

2015/04/15 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 986 ホスト:1081 ブラウザ: 9629
【良い点】
・嫌みはないかな…

【悪い点】
・エロがあざとい
・ストーリーが微妙
・キャラが地味

【総合評価】
所謂“オネショタ"とかいうヤツに全く興味がないからか
面白いと思える所はありませんでした

とにかく、エロ描写が露骨で見ていて嬉しくなかったですし
キャラ的にもあまり羞恥心とか無さそうだったので尚更でした…

最底評価でもいいですが、そこまで不快感がある訳でもないですしね…
回避してあげようかな〜と…

2013/09/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(55%) 普通:50(7%) 悪い:286(38%)] / プロバイダ: 13304 ホスト:13262 ブラウザ: 8937
久々に再視聴したんで、適当に再評価しようと思います <2015/4/3>

本作品を以前視聴したのは、一昨年の秋頃なんですけど、元々中身が超スッカラカンのアニメなのに、なぜ再視聴したのかというと、
勿論、「主人公が超可愛いからに、決まってんだろーがー!」という理由です(笑)
元々、本作品自体は、「おねショタ」アニメとして個人的には見なしてるんですけど、
もし本作品の主人公の耕太が、他の他作品にでもいそうな、ただの平凡な主人公キャラだった場合、絶対間違いなく100%本作品を酷評してたと思います

本作品自体は、何気にラブコメ的な作品として扱われてるようでして、人間と妖怪の恋愛を描いた話で、シナリオが構成されて行きます
しかしながら、本作品を以前初見視聴した際は、何か良い作品だと思ってたんですけど、再視聴してみると、正直以前よりも大幅に評価が低下した作品ですね
勿論、評価自体は超甘めに付けてるので変わりないのですけど、以前見た時に比べれば、本作品に対する評価は遥かに低いです

そもそも、なぜ本作品が以前よりも楽しめなかったのかと言うと、簡単に言えば、「護くんに女神の祝福を!(以下、上作品と記載)」を視聴してしまったからなんですけど、
上作品と本作品に関連性はないとは言え、正直上作品を視聴してしまうと、後年に制作された本作品に対する印象は相当低くなりますね
上作品自体も典型的な、「おねショタ」アニメなんですけど、本作品が共通してる点は、「主人公とヒロインが、いきなり1話から速攻で結ばれる」という点でして、
「なぜヒロインが主人公を好きになるのか?」というその理由や動機が、シナリオ序盤では全く明かされてません
つまり両作品共、「ただ主人公とヒロインがイチャ付きまくってるだけのアニメ作品」と世間では言われてます
しかし、個人的に上作品に関しては、温情評価とか関係なしに、普通に良い作品だと思ったんですが、その理由は、「主人公とヒロインが結ばれた後の描写が、非常に良かったから」です
例えば、上作品に関しては、確かに1話から超唐突に結ばれることとなるも、主人公やヒロインの超不器用な恋愛から始まり、見ていてホント新鮮味がありましたし、
また、主人公とヒロインの絆や信頼関係、及びお互いに大切に思いやるその理由なども、地味ながら非常にしっかりと描けてたので、
自分としては、おねショタアニメですけど、普通に良い作品に感じました

ですが、本作品自体は上作品と違い、たった1クールしかないとは言え、何が問題なのかと言うと、「主人公とヒロインの絆が全く描けてない」という点でして、
簡単に言えば、「ただヒロインが、一方的に主人公に迫ってるだけで、主人公とヒロインの関係に、全くニヤニヤ出来ないラブコメ」という感じです
近年個人的に触れたアニメ作品の中で、おねショタ展開があった作品は、他の他作品でも一部あるのですけど、
これらのおねショタシチュを見てしまうと、なぜか本作品のシチュにはニヤニヤ出来ず...結果的には、「なぜ主人公とヒロインが互いに好きになるのかが、全く分からない」というワケです

本作品で1番駄目な点は、元々シナリオ性が皆無なので、そう考えればそこで終わりですけど、問題なのは...
「主人公とヒロインの絆を散々アピールしてる割に、その絆とやらが全く描けてない」という点だと思います
実際、ちずるは本作品の謎のシリアス展開に入ると、必ずいつも自身と耕太との絆(キスして融合するやつ)を散々主張してますし、ここな辺とかは、ホント意味不明だと思います
上作品に関しては色々と設定があり、補足説明不足の問題点もありますけど、
本作品に関しては原作は知りませんが、1クールしかないのに、変なエロシーンばかり描写してるせいで、全くろくな補足説明がなされてません
例えば、「なぜ妖怪が人間と共に暮らしてるのか?」「なぜ人間と妖怪の恋愛は禁止なのか?」「あの終盤の敵のロリキャラ達は何なのか?」とか、
そういう系の補足説明が全くなされておらず、作品そのものの具体的な世界観や設定に関しては、完全に説明がスルーされる有様です
そもそも、ちずるの弟のたゆらなんて、1話でちずるに人間と妖怪の恋愛を批判してましたが、
自身は自身で朝比奈にガチ恋愛してるほど意味不明のキャラでしたし、ここな辺に関しては、ホント駄目駄目だと思います
本作品に関しては、「人間と妖怪の恋愛」というのを主張したいんだと思いますが、単純に考えて、この妖怪などの設定は明らかに不要だと思いますし、
変な設定を付け加えてるせいで、凄く台無しにしてる作品だと思います
実際、妖怪などの設定を散々導入した割に、その設定とやらが全く活かし切れてなかったのは事実ですし、
ちずるに関しても、彼女自身はキツネ設定ながら、作中では殆どキツネ化するシーン自体が皆無なので、ここな辺とかはホント意味不明でした

しかしながら、本作品が上作品で勝ってる点は、「主人公とヒロイン以外のキャラは割と良かった」という点だと思います
簡単に言えば、上作品に関しては、主人公とヒロインの描写は文句なしに良かったのですけど、逆に他のキャラの描写はホント酷かったと思いますし、
本作品に関しては、主人公とヒロインの関係の描写は最悪とは言え、他のキャラに関しては、普通に良いキャラをしていたと思います
例えば、望が良い例ですけど、貧乳ヒロインですが、個人的には良い役割をしていたと思いますし、
たゆらに関しても、ちずるのパシリキャラな割には、割と良いキャラだったと思います
少なくとも、本作品で嫌悪感を感じた脇役は誰もいませんでしたし、本作品が上作品に勝ってる部分と言えば、やはりこの点だと思います

ですが、本作品はたった1クールしかないにもかかわらず、基本的には、ただヒロインが主人公に猛烈にアプローチをして来るだけで、
しかも、完全に一方的な展開ばかりだったのが、正直退屈でもありました(初見ならともかく、2周目は飽きるアニメ)
以前初見視聴した際は、こんな感情なんて微塵も起きなかったんですけど、
やはり主人公とヒロインの間に、絆や信頼関係が全く描かれてなかったのが問題でして、ラブコメモノ作品としては、完全に駄作以外何者でもないと感じます
強いて言えば、ギリギリおねショタアニメとして評価される程度で、耕太がこの手のショタ主人公でなければ、言うまでもなく最悪確定でした

2012/12/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 948 ホスト:942 ブラウザ: 5143
【良い点】
エロは半端ない
【悪い点】
だが、それがあざとい
【総合評価】
良くも悪くもない凡作

2011/12/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(67%) 普通:2(3%) 悪い:20(30%)] / プロバイダ: 1108 ホスト:1003 ブラウザ: 8879
原作未読。アニメでの評価。

【良い点】
・(作品の良し悪しではないが)最初から最後までエロ描写の連続であり、そういうカテゴリのアニメであると言うことがはっきりしている点。最初から最後までずっと似たような調子なので、最初の1話で受け付けないなら簡単に切り捨てられる。細かい設定の疑問は考えないで視聴する。話の展開・バトル描写は、前後のエロ描写を引き立たせるためのアクセントだと思って見る。
近年多い「ストーリー性をもたせた結果、作品が迷走し、最終的に何がしたいのかわからなくなる萌えアニメ」に比べると、ストーリーを切り捨てて馬鹿馬鹿しいエッチな描写に徹したこういう作品のほうが、見る目的がはっきりするので、視聴継続するか、やめるかの判定がしやすい。その点では好感が持てる。

・声優さんのどんな仕事の内容にも手を抜かない、プロフェッショナル精神が垣間見れる。

【悪い点】
・エロ描写をしたいのはわかるが、10話まであるとさすがに似たような展開が増えるので飽きる。

【総合評価】
非18禁ではあるが、十分エロアニメである。視聴する/しないは「キャラクタの絵と声優さんの熱演が気に入ったかどうか」の個人の嗜好を元に判断しましょう。私の場合は、一回は通しで特に退屈せず見れたので、評価は「良い」とする。

2011/11/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(68%) 普通:23(14%) 悪い:31(18%)] / プロバイダ: 28192 ホスト:28192 ブラウザ: 11265
【良い点】
エロいとこ

【悪い点】
ヒロインが獣な点

【総合評価】
18禁にもっとも近いアニメというウワサを聞いて視聴。
ウワサに違わぬエロスなアニメでした。
でも、ヒロインが獣なので性教育番組として、健全とは言えませんね。
このアニメを見た少年少女が変な性癖にならないか心配です。
でも、18禁に限りなく近づけた努力は認めます。
最初から18禁にすればいいというものではなく、私はこの無駄な努力が大好きです。
エロすぎてストーリーどころではありませんが、ストーリーもそれほど悪くないと思います。
評価は良いです。

2011/11/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:369(56%) 普通:93(14%) 悪い:198(30%)] / プロバイダ: 18388 ホスト:18370 ブラウザ: 4895
ありとあらゆる萌え要素を取り込んだ、ただのエロアニメのようです。
画がかわいいだけに残念です。
小学生は見ないように。
評価は「最悪」。

2011/09/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 26568 ホスト:26738 ブラウザ: 4184
youtubeで第1話を半分見ました。平凡なアニメでした。オープニングと作画は良かったです。

2011/02/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:124(69%) 普通:33(18%) 悪い:22(12%)] / プロバイダ: 25952 ホスト:26276 ブラウザ: 8869
・男子高校生・小山田耕太が、狐娘の源ちずると、狼娘の犹守望に好かれ、時々ちずると合体して妖怪とバトルする、寸止め破廉恥行為が売りな学園ラブコメ作品です。

【良い点】

・最終回のちずるのセリフである「狐の嫁入り」、これに尽きます。なぜ好かれているかわからない態度をはっきりしない耕太が、なんだかんだあって、ちずるとの出会いの場所にて、出会いのシチュエーションの天気雨のなか、自分から告白して、ちずるの不安が解消され、了承の意味を込めてちずるの「狐の嫁入り」のセリフ。最高でした。天気雨と、狐であることと、ちずるの結婚を前提にした了承、全ての意味合いが上手くまとめられて好きでした。おそらく「狐の嫁入り」オチの発想が先行して、後付で狐の設定や出会いのシチュエーションを設定したのでしょうが、それでも良かったです。いろいろ不満はありますが、終わりよければ全て良しなのです。あとの良い点は私にとって付加的なものにすぎません。
・音楽は良かったと思います。
・画は特別綺麗なわけではないですが、見やすかったと思います。

【悪い点】

・お色気の表現は良かったのですが、わざわざ寸止めするぐらいギリギリの過度な表現は本作では格別必要ではなかったと思います。「あまえんぼさん」なるわけのわからないプレイは不要です。
・時々あるバトル。キスして合体して強くなって戦う、みたいな設定は嫌いではないのですが、やるならバトルメインにすれば良いのではと思います。バトルをするにしては中途半端に終わりましたし。ラブコメ一本で良かったと思います。
・最後の望のからみ。せっかく「狐の嫁入り」で良いラストを飾れたと思いきや、ED開けに「ちずるは恋人、望は愛人」の提案、そして受け入れてしまうちずる。最後は耕太が二人に挟まれておしまい。良かった余韻をぶちこわされました。制作者はこれぐらいラフなテイストで見て欲しかったのでしょうか。

【総合評価】

・不満は多々ありますが、私の評価の8割は「狐の嫁入り」にあると言ってよいでしょう。評価は「とても良い」にします。

2010/10/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 1798 ホスト:1988 ブラウザ: 3876
【良い点】
狼娘は可愛い

【悪い点】
エロ描写がアホい、ギャグじゃないと思うけど大半失笑物

【総合評価】
私はエロ描写嫌悪ってわけじゃないけど、こんなにアホな見せ方は耐えられん。かといって笑わせるって意図も無い。(いやあるのかもしれないが、あほすぎて理解できないのかも)

脳みそが軟化してしまうような馬鹿馬鹿しさがある。

ただ作り手が何がしたいかは嫌になるほど分かるので、その点悪いとまりで。(嫌になったら早い段階で切れる、不覚にも狼娘は可愛かったので、最後まで見てしまった。さっさと切ればよかった)

[推薦数:1] 2010/09/12 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(66%) 普通:34(20%) 悪い:24(14%)] / プロバイダ: 4689 ホスト:4759 ブラウザ: 7471
評価するもの躊躇ってしまうほどの駄アニメでした。
とにかくエロ描写がひどくて、節操がなさすぎます。
エロに節操があるのかと思う人もいると思いますが、このアニメを見れば、ほかのエロいアニメを見たときに「まだマシだなぁ」と思えるはずです。

<総評>
評価は「とても悪い」

2010/04/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 1415 ホスト:1270 ブラウザ: 11161
【良い点】
はじめのうちは、主人公の耕太くんが、
キレイなちずる先輩といい感じになるという
ドキドキもののストーリーかな・・・と期待したものです。

【悪い点】
ところが、蓋をあけてみれば、うっとうしいくらいに
エロイ描写のオンパレード・・・・・
正直、ドキドキ→ヲイヲイ、に変わったものです。
しかもこの作品におけるキャラ絵は、
いささか自分の好みにあうものではありませんでした。

【総合評価】
【とても悪い】とします。

2010/02/28 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(68%) 普通:2(3%) 悪い:20(29%)] / プロバイダ: 7552 ホスト:7605 ブラウザ: 12812
【良い点】
…画のみ。女の子描くうえでは可愛いしきれいだと思った。

【悪い点】
・ストーリー。エロなんだかアクション系なんだかラブコメなんだか・・・意味分かんなかった。アクション系をなくしてラブコメ路線で良かったんじゃないのかな。
・エロ。最悪。あんな5分に1度くらいのペースできつすぎ。個人的には(私は女ですがw)お色気シーンがあるのは好きな方だけど、これには耐えきれなかった。思わず「うわ・・・なんじゃこれw」って口に出すほどだった。
・主人公の耕太。まったく好感が持てない。ちずるたちが耕太を好きになる理由が不明。ラブコメで行くのならそこをしっかり教えてほしかった。
まぁ好感が持てないのは耕太だけじゃなく、大体のキャラに違和感が。狼少女はまだ・・大丈夫な方かな。

【総合評価】
肩の力を抜いて見れる作品だとは思うけど、明らかに迷走。元々問題作だったわけだし、アニメ化にはしない方が良かったんじゃ。

評価は最悪で。

もっと読む

「楽しく最後まで観れました。他のよくあるハーレムアニメと違ってこのアニメはエロネタが結構笑えます。スト...」 by nanjyakoreha


次のページを読む

この評価板に投稿する


2016/11/07 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 46115 ホスト:45966 ブラウザ: 10902
ちょっと露骨にエロを強調し過ぎな気も…

2017/11/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8227 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. おい、2008年上半期アニメチェキしろよ。 by エスパー
... だろうか…。 カイバ カイジではない。 湯浅政明監督ってことでもう一目で氏だとハッキリ分かるほどに個性爆発しています。 ただ個人的に湯浅監督作品はちょっと食わず嫌いしちゃっているんですよね…。あ、ピンポンは良かったな。 すんげえサブカルくせえなあおtか。おかげでデビルマンのやつもまだ見てないや。 かのこん MF文庫の ...
記事日時:2018/05/05
video video video video video video video video video video
2. 今日は川澄綾子さんのお誕生日です by Mr.KN
... 院沙姫、「灼眼のシャナ」の吉田一美、「おねがい☆ティーチャー」の縁川小石、「ニニンがシノブ伝」の不知火楓、「おくさまは女子高生」の小野原麻美「ゼロの使い魔」シリーズのアンリエッタ・ド・トリステイン、「のだめカンタービレ(アニメ版)」の野田恵(通称のだめ)、「ゼーガペイン」のミサキ・シズノ(三崎紫雫乃)、「かのこん」の源ち ...
記事日時:2015/03/30 [表示省略記事有(読む)]
3. 2011年10月期アニメ感想(5)[月・火]10/26まで by ctu19811201
... と思えば…直球勝負でした(汗)。姫神ファンクラブはいらなかったような…。 肝心の胸の紋章は、コダマとのキスがトリガーになって、ブラッドポインターなる能力発動と。このキスがコダマだけなのか、他の女性でも発動するのか気になるところですが、今後バトルも増えていくのかなと思いました。ちなみにキスで変身といえば「かのこん」を思い出します ...
記事日時:2011/10/27
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:かのこん / 文学:かのこん
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ