[アニメ]クロムクロ


KUROMUKURO
  • 可愛い
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,496位6,401作品中総合点15 / 偏差値49.93
アニメ平均点1,433位2,844作品中平均点0.75=良い/20評価
2016年アニメ総合点20位258作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)10
声優・俳優0.90(良い)10
音楽0.70(良い)10
キャラ・設定0.40(普通)10
ストーリー0.30(普通)10
可愛い40%4人/10人中
面白い40%4人/10人中
ロマンチックな気分30%3人/10人中
道徳心&モラル30%3人/10人中
格好良い30%3人/10人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究部員の子息が通う立山国際高校には、研究所長の娘、白羽由希奈も通っていた。

時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。
<スタッフ>
原作:Snow Grouse
監督:岡村天斎
シリーズ構成:檜垣 亮
日本 開始日:2016/04/07(木) 22:00-22:30 TOKYO MX TV
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TOKYO MX2016年04月07日 -木曜 22時00分 - 22時30分
サンテレビ2016年04月07日 -木曜 24時30分 - 25時00分
KBS京都2016年04月07日 -木曜 25時00分 - 25時30分
BS112016年04月07日 -木曜 24時00分 - 24時30分
チューリップテレビ2016年04月07日 -木曜 25時30分 - 26時00分
公式サイト
1. TVアニメ「クロムクロ」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ「クロムクロ」公式アカウント (@KUROMUKURO_UNKL)さん
13,3062320
最近の閲覧数
851183612211
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/03/12 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:128(59%) 普通:60(28%) 悪い:29(13%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8325
P.A.WORKS初のロボットアニメ全26話。

【良い点】
P.A.WORKSらしく、少年少女の交流や成長などの青春劇に力点を置いた作風。
戦国時代から蘇った侍少年・剣之介が現代文明に戸惑いつつもヒロイン・由希奈との交流や宇宙からの侵略者エフィドルグとの戦いなどを通して成長していく。
圧倒的戦力の侵略者相手の防衛戦や、厳しい国際情勢という状況下でも、日常系の温かみを失わないという意志。
舞台設定が日常の尊さを強調している。

キャラクターが良い。
特に由希奈は普通じゃない状況下でも普通の女の子らしさを見失わない良ヒロイン。
喜怒哀楽感情豊かで可愛かった。
由希奈母を含めて研究所の大人たちも魅力あり。住職や先生が剣之介の人生の師となっていくなど、キャラ関係に深みがある。

SF・ロボットアニメとしてもかなりの出来、飛び道具ではないロボットの殺陣が非常に良かった。
毎話おまけコーナーでSF設定の解説あり、よく作りこまれている事が伝わる。

キャラ作画は流石P.A.WORKS、特に由希奈のキャラデザと豊かな感情表現は抜きん出ていて可愛い。

最終的な決着もやや強引ながら良いラスト。

【悪い点】
ロボットアニメとしては戦闘自体が少なすぎる。
本筋の展開が地味かつ冗長。ロボット戦闘よりも、研究所に侵入されてモブ警備員が殺される展開が続き辟易。
前半から、終盤に突入するまで殆ど話が動かず退屈気味。

由希奈の友人たちも交流や成長はあるものの、地味。特にSNS少年は邪魔だった。
敵幹部も桔梗もといムエッタ以外は印象に残らない。
肝心の由希奈と剣之介の関係も、26話の丁寧な積み重ねこそあれ、ドラマチックな動きには欠けていて地味。

【総合評価】
非常に良い内容で、SFロボットはフレーバー程度と割り切った少年少女の青春劇としては良かった。
ただ、ロボットアニメとしては退屈過ぎる欠点もあり、悩みどころ。
評価は「良い」
作品の出来は非常に良いんだけど、自分が重視するロボットアニメとしての面白さは微妙だった。
あくまでもロボットアニメの中で青春劇をやってみせてほしかった。

2018/04/08 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8281
アニメオリジナル作品。

全26話。ロボットアニメに分類されるとは思うけど、SF、学園・恋愛モノ、アクションやら武士道など副次的要素はかなり多い。
基本的なストーリーも良かったと思うし、各要素でもアピール出来そうなところは多かったと思う。
しかし、要素の多さからか一つ一つの作りこみはあまりなされず淡白、見どころまでには感じられなかった。

19話ぐらいまでが下ごしらえといった感じで、世界観や人物関係などを作ってはいたのだけれども、
内容よりも見せ方に疑問を感じて躓いてしまい、展開もゆっくりし過ぎたりと乗って見ていくことが出来なかった。
本作ではリアリティはまったく気にする必要はないと思う反面、どうファンタジーを見せるかが気になった。

アニメ作品が量産される中、ここは○○で見たことがある、というようなことは仕方ない。
本作では何かに似てはいるが違うという点はきちんと出せていたと感じた。
しかし、違いをだすところに重きをおいたように見え、要素ごとにチグハグ部分が見受けられた。
中途半端に扱った部分に関しては、演出の悪さとあいまって足を引っ張っていたように思える。

お侍さんの現代での日常描写は期待していたんだけど、空中を走る乗り物にのってるのに自動車の往来に驚いたり、
コクピットは自動開閉してるのに建物の透明な自動ドアに戸惑ったり。色々と面白く出来そうな部分だったのに陳腐だった。
脈絡もなく学園に編入させてくるのはギャグ作品ならばいいけれど、そうでもない作風なので見るスタンスに困る。
要素が多い分違和感を挙げたらキリがないけど、序盤で乗り切れなかったのはこのあたり。

ロボットの細かな設定はファンタジーまる投げにしたのは良かったと思うし、地球外文明の遺産というのも無理なくて良い。
衛星軌道上からのロボ投下とか、複座式から単独コクピットにとか、搭乗する個人を認識するシステムだとか、
とある場所のとある物体を目指して敵が侵攻してくるとか、それらの設定が独立していて絡み合ってこないところが惜しい。

キャラは良かったのにいまひとつという印象の要因に、せっかくの複座コクピットのペアがいまひとつ活かせてなかった。
ペアの関係性についてはそれなりの描写はあったのだけれども、すべて男女のペアなのにパッとしないし、
戦闘時の役割分担が言葉だけのイメージで何を実際してるかがさっぱり伝わってこないのももったいなかった。
このあたりに明確な描写があると面白くなったと思う。パイロットの次期候補生もおらず完全占有化も奥行きが出てこない。

夏休み&訓練のエピソードなんかは全体から見ると中だるみ相当かと思うのだけれども、
演出の違和感からは開放されてとても見やすく面白かった。

終盤やっと20話くらいから前に進んで物語は面白くなってくるのだけれども、ここでも脚本や演出が気になった。
過去語りや種明かしは設定補強の上でも重要ではあるけれど、物語を止めすぎてしまってテンポが悪い。
主人公サイドにやらせておきたい小芝居をさせてる間は、敵はちんたら作業中という緊張感のなさ。

物語展開が遅い上にあちこち枝葉を描いていて、変化に富んでるけどもぶれてるだけの印象が強い。
ギャグ路線でファンタジーとして楽しみつつ、時折真面目に見せていくってのが基調になってるとおもうのだけど、
額面どおりには受け取りがたい不安定さだった。
ギャグ自体はそこまで不要とは見えなかったけれど、シリアス部分との相性が非常に上手くない。

ラストは形としては悪くないし多数の人物が参加し、各キャラの持ち味や見せ場も出せていて盛り上がった。
最終敵の実態などは先送りなのと勝算については残念に思えたが、ロマンティックな締めくくりだったと思う。

【良い点】
ロボットアクション。剣と近接戦に特化したところは良かったが、重力制御システムのために動きは軽いかも。
キャラデザなど。周囲が近未来的・国際色豊かな分だけ和風のテイストも引き立った。

【悪い点】
同級生4人の特技設定みたいなものは面白かったと思うが、趣味程度でしかなく物語の邪魔か遅延にしかなっていない。
最終話にてその後の回収されてはいるが主人公たちと繋がりはほとんどなくパッとしない。
成長物語として描くほうが良いと思うし、いっそ学園ドラマは切り捨てて、施設の人物関係に割り振った方が良かったかも。

サブキャラの人数は結構多く役割もそれなりにあるのだけれども、さらっとした描写が多く埋没してしまった。
パイロットではなくメカニックになった同級生や、小さいロボから宇宙船の技術解析した研究員などの詳細は見たかった。
あれこれと満遍なく描いたところが、メリハリのなさになってしまったかもしれない。

「エフィドルグ」に謎が多く描かれなかったのは良しとしても、なぜ・何のために侵略するのかという部分は欲しかった。
圧倒的な科学力を有しながら手間をかけて下位の文明を支配下に置く意味がいまひとつ想像できなかった。

【総合評価】
ファンタジーなロボットアクションと細かいこと気にせずに上手く序盤に乗っていければ決して悪くない作品だった。
テーマとしては地球の防衛とラブストーリーのように思えたが、前者はうやむやなので後者かな。

後半になってふと感じたのだけれども、メインの人間関係が『犬夜叉』の構図に近すぎに思えた。
キャラの性格や舞台、好意のベクトルや立場もきちんと違ってるけれど、嫉妬や恋慕といった構図が想起されてしまうし、
最後のゲートが井戸にしか思えなかった私には、後味が悪く思いのほか楽しめなかった。

2017/03/15 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:550(62%) 普通:137(16%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 31405 ホスト:31180 ブラウザ: 9135
なんとなくのイメージとしては日常系×ロボットものといった感じ。
一応ロボットものとしての体裁、というか最低限のラインは守ってる感じですが、如何せん日常系の要素が強くてストーリーの進みが異様に遅い。そんな感じなので命のやり取り的な鬼気迫るスリリングさはゼロで展開もアホっぽいものが見られる。
あ然としたのは剣之介が文化祭で刺された展開があって、もうちょっと危機感が生まれるかと思ったら次に温泉は行くかみたいな展開になって今度はヒロインが敵に攫われるという・・・。
他にもヒロインが命のやり取りを嫌がって・・・というのが最初の方にあったんですが割と重そうなテーマであったのにアッサリ解決してましたし、ロボット系のシリアスさが日常系の要素が見事にミスマッチしてんな〜と個人的には感じてしまいました。
果たして2クールも使ってやる必要があったのか・・・と疑問な作品でした。

2017/02/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(40%) 普通:1(10%) 悪い:5(50%)] / プロバイダ: 24532 ホスト:24621 ブラウザ: 8284
良くも悪くも安定していて、ある意味安心して見れた作品でした。
ロボものですが、PAらしくというか戦闘よりも日常描写に重点がおかれてました。まあ宇宙から侵略者が現れたら、その辺一帯はすぐに避難勧告か何かが出て日常なんてなくなるような気もしますが。後半になるまで学生や一般人がのんびり普通に暮らしてるのには違和感ありました。
基地内のセキュリティとかも含めて、非常時というのに危機意識がないというか、ガバガバというか・・・まあ名目的には研究所であって軍事施設ではなかったんだったかな?

敵の侵略者や正体不明の鬼の行動も、宇宙人だからかどこかズレてるところがあってそれが面白かったという反面、緊張感はかなり薄まっていました。個人的には結構笑えて好きでしたが。

バトルに関しては多分この作品の目玉であるロボによる剣劇、地味と言えば地味ですが見応えは十分あったと思います。ただ剣劇そのものというよりも、研究所の量産機がほとんど役に立たない単なる主人公機の引き立て役に終わらずそれぞれ活躍の場が与えられてたのは好印象でした。ヒロインのソフィーはともかく、アメリカ人のにーちゃんは最初かませ犬ポジだろうと思って見てましたけど、なかなかに魅力もあってカッコいいキャラだったと思います。

他のキャラも主人公の由希奈や剣之助をはじめ、嫌味や不快に感じることはほとんどなく、なかなか人間味もありました。
1人サイコパスっぽいキャラもいましたが・・・最後の方のオチを見て色々納得というかなんかもう許せてしまいました。

全体的には欠点はあまりない小さくまとまった佳作といった感じです。最後の決着はわりとあっさりだったような気がしましたが、もう少し盛り上げることができていればと思うと残念です。一応完全には解決してないのでまだ続きも作れるような終わり方でしたが、続編はつくられるんでしょうか・・・?

2017/02/15 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7504 ホスト:7681 ブラウザ: 5139
このアニメは導入部の掴みもいいし全体的なプロットは纏まっている
しかし今一パンチがない
ストーリーのロジック的にはフルメタルパニックなのだが日常パートがつまらない
ギャグも滑ってるしただお約束を入れただけという感じ
会話もテンプレばかりで気の利いた言葉は一切ない
二言三言だけでいいから世界観から来る気の利いた言葉を入れることが出来れば
日常パートも締まったものになっただろう
作った人はめんどくさがりなのかな?何か考えることをやめた感じがする内容だ

主人公やヒロインに軸になる物がないのでフワフワしていて
燃え要素が薄く平坦な感じに拍車をかけている
ふわふわと右往左往させるなら敵味方一人一人のキャラを掘り下げて群像劇にした方がまだまし
そんなアニメ

2017/01/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12667 ホスト:12509 ブラウザ: 5137
【総合評価】
PAワークスさんの初ロボットアニメですが、アッと驚く展開はなかったが丁寧に構成されていたと思います。テンプレアニメとは違い、話の展開も読めない。なんじゃそりゃ という様なキャラも出てきたし、設定自体、まだよく分からない所もありましたがただ作品自体の勢いはあって作画もキレイ。
2016年のロボット物の中では良作ではないかと思います。評価「良い」。

2017/01/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(66%) 普通:34(20%) 悪い:24(14%)] / プロバイダ: 3122 ホスト:3111 ブラウザ: 4687
岡村天斎作品ということで視聴。
しかし、これといったパンチがない。
終盤にメインストーリーとは関係ない話が始まり、流し見してしまった。
侍が戦う理由はわかるが、何も変哲もない女子高生がバトルに参加する時点で真剣さに欠ける。
こうして考えると、設定からして滅茶苦茶なのかもしれない。
評価は「悪い」とする。

[推薦数:1] 2016/12/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1401(50%) 普通:0(0%) 悪い:1426(50%)] / プロバイダ: 2070 ホスト:1795 ブラウザ: 4721
良い作品だった。
正直なところもっと壮大でスケールがデカくなって行く作品かなと思ったんだけど、良くも悪くもこじんまりとしていて内輪的というのか本当に一部の地域だったり空間のみを中心にした作品という感じだった。
それが身近に感じたり、近所で起きた揉め事のようなファンタジーでありながら実際に見てきて体験したんじゃないかと思えるほどの温かくてすんなり入っていけてその場にいる感覚を味わえる作品だった。

ロボットものだったりファンタジーものだったり、やっぱりどうしても壮大になって世界観とか設定とかが中心になって行くんだけど、この作品はあくまでその地域にいるキャラクターが中心で設定はお飾りぐらいに過ぎないところがある意味新鮮でギャップに感じていいところだった。

一つは女の子のキャラクターの重要性があって、どこにでもいる普通の女の子って感じだからそれが中心にいて柱になってるような感じがした。
最初は乗る事を躊躇ったり、特別信念とか目標とかある訳でもないので本来だったらなかなかストーリーが進んで行かないからイライラさせられそうなところなんだけど、このキャラクターがいて共感したり同じ目線で観れたりして一番身近に感じさせた部分なんじゃないかなと思った。
最初に火星に行きたいとか言っていてそれが最後に繋がるのも良かった。

ロボットものにしてはどうでもいいようなストーリーとか内容ってのは多々あって、特に中盤なんかは全くストーリーが進んで行かなかったし展開も少なく同じ事の繰り返しのような感じにも思えたから印象に残ったシーンっていうのは少ない。
引っ張った割りに真相というのか謎も大した事はなくて、設定も取って付けたようなものばかりだからそこを見るとイマイチに感じてしまいそうにはなる。
ただ一つ一つの話を見て行けば悪いと感じた点もほとんどなく、面白く感じた内容の方が圧倒的に多いのでとても良い評価となった。
だから個人的にはこの作品はロボットものというよりもラブコメに近いような、キャラクターの掛け合いの面白さや二人の関係の微笑ましさを観て楽しめる事が出来た。

他のキャラクターの個性も最後までブレなかったし、あまり活躍してないキャラクターとかもいるけどそこに居るだけで十分のような無理に目立たせる必要もなく自然な配置をしている感じだった。

何と言ってもとても良いを付ける最大の理由は最後のシーンと終わらせ方で、日常的な話も多い中で盛り上げるところはしっかり盛り上げて最後まで緊迫感を持たせたところはさすがという感じがしたし、一緒に行くかと思いきや離れ離れになってしまったのには感動的でもあった。
そこまでの引きも良かったし、一緒に行きたい想いが溢れたのに別れてしまうメリハリが生きてより感情移入が出来る。

そして戦いはどうなったのか?、会いに行ったところで終わるから色々想像させられて余韻もめちゃくちゃ残った。
この続きが映画とかでも出来そうな感じはするけど、やって欲しくないなと思う。
このまま余韻を残したままにして欲しい。

この終わりの良さがあって率直に良い作品だったな〜という感想が出てきた。

2016/11/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(30%) 普通:13(35%) 悪い:13(35%)] / プロバイダ: 11432 ホスト:11403 ブラウザ: 5137
【総合評価】

これといって突き抜けたものがない作品。恋愛に重きをおいているわけでもなし、ロボものとしても特筆すべきものがあるわけでもなし、侍が現在にきた設定をいかしきれてるわけでもなし(ネタ以上の意味がない)。すべてが平均点といった印象。

2016/11/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 46216 ホスト:46302 ブラウザ: 5137
変な鎧に身を包んだやたら仲が悪くて昭和な空気の漂う敵幹部たちが操るロボが
今時毎回同じ研究所に攻めてくるのを発掘された遺跡ロボが眠っていた侍とともに撃退するという
まるで70年代ロボットアニメか戦隊物のような話を
重力制御だの超光速航行ができない宇宙船だのいろんなギミックで理屈づけた
さながら仮面ライダークウガ的快作

飛び道具の効かないロボット同士の戦闘は刃物の使い方が異常に本格的(古式剣術のようなそれ)
にも関わらず敵ロボは多肢多腕で奇妙な動きをヌルヌル仕掛けてきます
飛び道具の火線と爆発でごまかせないし、敵味方の距離が近くて同時にフレームに入っていることが
ほとんどなので、CGは恐ろしく手間がかかっているはず
また、それらロボットが人間の動きよりちょっと早く、人間と同じくらい滑らかに動く所がやっぱり
ニチアサ的空気を醸し出しています

人物は、大人がカッコイイ。みんな自分の職分を果たしつつ、できる範囲で誠実であろうとします
主人公が共感できるはっきりした性格で気持ちいいです
女の子たちはかわいい、そして見かけより皆しっかりしてます
それに対して男の子たちは妙にリアルに無力で馬鹿です。でも彼らも最終回では(以下見てくれ)
とにかく暖かい物語です

戦闘に手間がかかりすぎるため、戦闘回は3回に1回ぐらいです
その代わり戦闘回ではかなり長回しで戦闘してくれます。自分はこういうので満足ですが
毎回ガリガリ戦闘すべきって人は不満に感じるでしょう
その間に日常回として学校などが入ってきます。これも冗長とか、戦争中なのに気楽すぎると
言う人がいるとは思います。

総じて、合わない人にはしょうがない話ですが、自分にはドストライクだったんだ!
今年Np1なんだ!と書いておきます。これを見て興味を持った人はぜひ見てみてください

2016/11/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:173(44%) 普通:97(25%) 悪い:123(31%)] / プロバイダ: 2630 ホスト:2661 ブラウザ: 7866
ロボものとしてみると殺陣はすごいという感じはありますが地味な感じは拭えません。
そもそも、戦闘も結構、間隔があって数自体はそこまである気がせずアクションを目当てにするのはいいって気はしませんでした。

SFとしても一応舞台背景としては機能していたと思いますがあくまで装置や小道具って感じはしました。

メイン的には青春とかキャラのやり取りがこの作品の売りだった気もします。
微笑ましかったところもありますし。
戦国時代からどんどん馴染んでいく主人公も見てて面白かった気もします。
ただ、同級生キャラがウザく感じる時もありますし。
シリアスでもっとやってもいいんじゃないかなとか思わなくもなかったです。

話としてはキレイに風呂敷をたたんだと思います。
クセは多少あるもののあえば面白い作品なんじゃないかなと思います。

2016/11/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1654(52%) 普通:821(26%) 悪い:716(22%)] / プロバイダ: 44100 ホスト:44182 ブラウザ: 8632
近未来の日本、富山県の黒部のダム周辺を舞台にしたロボットSFアニメでしたが
何がよかったってアクションだけでなく日常パートにも時間を割いていたことでしょう

「オニ」「サムライ」という単語が出てくるのに純和風なわけではなく
未来的で宇宙人がでてきたり、あらゆる時代のモノを近未来舞台に集結させた世界観が独特で
ロボットアニメでありながら、さらには学園モノでもあるため親しみやすく受け入れやすくあったんです

最初はSFの堅苦しい部分はオマケ程度にみていたんですが、バディを組んでコンビ操作するロボットとか
サムライの刀をモチーフにした近距離兵器をメインで戦うメカ戦闘だとか、私好みの無骨なアクションなため
なにげにSFのほうもおもしろくなってきて、後半にいくにつれてシリアスになっていってもギリギリまで
青春劇を描いて、そこからまたシリアスに入っていくっていうのを忘れていません

P.A.WORKSとしては初のロボットアニメだったらしいのですが、SF全開にするのではなく
学園パートを多分に加味させることで日常青春劇にもしていて、お得意のジャンルも混ぜ合わせて
キャラも良いし、ストーリーも良いし、アクションも作画もいいしと、バランスよく制作された
良アニメだと感じました

2016/10/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(65%) 普通:146(27%) 悪い:44(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 7864
【良い点】
曲はめちゃくちゃいい。
キャラは面白いのに重要なポイントであまり関係がなかった。

【悪い点】
2クールありながらあまり動きがなかった。

【総合評価】
ロボットものとしては丁寧に描かれていたが、2クールの引き伸ばし感は否めなかった。舞台がほぼ固定されていたのが影響したような気がしないでもない。もっとエピソードを詰め込んで山あり谷ありの展開も出来たのではないかと思う。ラストバトルで敵幹部一斉敗北みたいなのは果たしてどうだろうか。

数百年前に現れたエフィドルグとの戦闘から年月がたち、再びエフィドルグの侵攻が始まった。この間に人類は科学力を発展させ、エフィドルグと戦えるレベルになっていたが、やはり科学力ではエフィドルグの方が上で国連は苦戦する。そこに現れたのは数百年前にクロムクロに乗って戦ったという青馬剣之介時貞で彼が戦局を変えていくという設定だけみれば面白いと思う。

ムエッタ同様おそらく他のエフィドルグも数百年前に生きていたオリジナルがいるんだろうが、そういう点でも紹介があれば面白かったと思う。

2016/10/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:104(98%) 普通:2(2%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 34178 ホスト:34117 ブラウザ: 5213
【良い点】
・CGなのに生物的な動きをするロボットたち
・最終的に剣(近接戦)で決着をつける戦い方(飛び道具が無効化されるので)
・舞台である富山の風景を印象的に描いていること
・OP主題歌 ED主題歌
・戦国時代の剣之介と現代人の由希奈のやりとり

【悪い点】
・襲撃されて容赦なく殺される研究所の方々 非戦闘員でも容赦なし
・戦闘メインの会と日常(会話)メインの回がはっきり分かれている
・マッドサイエンティストの清々しいまでの外道っぷり
・国連の剣之介に対する対応 杓子定規で事務的だったうえに最後で邪魔者扱い

【総合評価】
いろんな要素を詰め込んで、けっこうな大風呂敷を広げて、
果たしてまとまるのかなと思っていましたが、
勢いでごまかした感が多少ありますが、
希望の持てるラストになったと思います。

テクノロジーが発達し過ぎた結果、飛び道具では倒せないロボットを剣で倒すという、
一周回って原始的になった戦い方を、スピード感と迫力のある映像で見せてくれました。

ただ、毎回カロリーの高いバトルばかりというのはテレビアニメでは無理なので、
日常シーンやキャラの心理を掘り下げることで、戦闘シーンがなくても飽きさせませんでした。

終始面白かったことと、少々強引にまとめた点を考慮して、
評価はとても良いにします。

[推薦数:2] 2016/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:711(73%) 普通:241(25%) 悪い:27(3%)] / プロバイダ: 11608 ホスト:11541 ブラウザ: 4894
ロボットものもまだまだ捨てたもんじゃないなと思わせてくれた。非常に面白い作品でした。

まずは、ロボットの描き方。
その運用面は、ちゃんと作品設定上の必然性から生じている。
この作品のロボットの基幹技術は重力制御で、機体の重量や慣性重力を無視できるロボットとされている(らしい)。そのため、ロボットの重量を非常に意識した描写があちこちに見られる。地球側が使用するガウスというロボット、起動していない時は巨大な機械でもの凄くゆっくりと動かす。重量物をクレーンで吊ったり、トレーラーで運搬する時の描写をこんなに正しく描く作品は他にないだろう。
そして起動して戦闘になると、重力制御を行っている事がわかるエフェクトを効果的に使いながら、けっこう軽快にかつ「ガシャガシャ」動く。

また、ヒラヒラと空を飛ぶロボットが全盛の現在、地面の上をガッシャンガッシャン走り回り、飛び道具やマップ兵器なしに近距離での殴り合いに徹するロボットものは貴重だろう。
主役ロボのクロムクロは日本刀を武器にしているのですが、これをアニメチックな極端パースで大きく描かず、リアルな長さで描いている。そのため、チャンバラのシーンは敵機との距離が極端に短い(常に密着状態で戦ってる)。スマートな戦いには程遠い描写なのですが、これが戦国時代の武士が操るという設定に見事にマッチする。
刀で斬り合うというより、鍔迫り合いのまま押し倒すみたいな戦いを、機体の重量やぶつかり合う力といったものとともに描いていた。

3DCGのメカにはスピード感はあっても重量感がないなと、これまでは感じていたのですが、この作品ではロボットの重さというものがちゃんと描かれ、技術が進んだのだなと感じられる。

物語は、2クールという余裕を使い切った丁寧な作りになっている。下手に欲張って色々なアイデアを盛り込まず、ゆったりじっくりと物語を描いていた。

過去からやってきた侍を主人公に、彼が現代をどう受け止め、受け入れ、その上で自分がいかに生きるのかを選択する。周囲の人達との交流を通じて、その過程がきっちりと描かれていた。ヒロインの家に居候し、一緒に学校に通うという普通の展開を単なるベタなネタとして消費せず、世界の基盤たる確固たる日常として描いた。
恋愛物でも、これだけ丁寧に主人公の心情の積み重ねを描いたものは、最近では少ないのではないだろうか。
この部分が丁寧に描かれているからこそ、最終回の展開がありうる。

ヒロインをはじめとする周りのキャラクターは、この製作会社の特色がはっきりと出た造形で、アニメチックなのに地に足の付いている感じがする魅力的なキャラクターばかり。間が抜けてて、突拍子なくて、優しい普通の人達。ロボットものだからってギスギスした人ばかり出す必要ない。
舞台を巡る国際情勢は、かなりハードというかリアル(「安保理の決定」の一言で、あの舞台がどのような情勢下にあるかを表現するセンス)なんだけど、そこにいる人達は冷徹な国際情勢などではなく一人の当たり前の人として行動する。
舞台となっている黒部ダムの研究所全体が一つの家族のような連帯感で結ばれていて、作品を見ていて暖かく楽しい気分にさせてくれる。この点は、P.A.WORKSの真骨頂というべきだろう。
守らなくてはならない世界とは、このように描かれてこそなのではないだろうか。

こういうロボットものもありなんじゃないだろうか、いやむしろ、こういうロボットものこそ求められているのではないだろうか。そんな風にも感じられた。(子供が見られる時間にやって欲しいよなぁ)

雰囲気として一番近いのはエルドランシリーズとか勇者シリーズ。一定度の緊張感を保ちつつ、全体として深刻にならないよう作品全体の雰囲気を維持している。
ただロボットの運用などの点に、エヴァンゲリオン等の強い影響を感じる作りになっているため、作品の基本構造である「エルドランシリーズっぽさ」がいまいち伝わっていなかったのではないかと思われるのは残念。(ただ、これに関しては若い子に言っても分かんないだろうからなぁ・・・視聴者のリテラシーの面でも、ロボットアニメの系譜が断絶している影響は大きい)

評価は当然の「とても良い」です。

もっと読む

「日常系ロボットアニメとでも言おうかいろいろと緩い所があるアニメエフィドルグという異星人から侵略を受け...」 by TEAMスカラベ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/07/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8325 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/面白い/可愛い/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. ゴールデンカムイ 感想#21 by エスパー
... じっくり流すべきだっつーのにここで件の盗賊が襲撃開始! 空気読まずに銭湯が戦闘に切り替わるとは全く困ったもんじゃい。 勿論まだNY中なので全裸のまま、フリチンの状態で戦闘開始です。うわあこんな状態で死ぬの最悪だ。 そしてアニメーターのみなさんにも「どーやって股間を隠せばいいのか」というひとつの試練が訪れます。 クロムクロ1話の剣 ...
記事日時:2018/12/05 [表示省略記事有(読む)]
2. アニメに食べさせられた食品、食べさせられなかった食品 by 紅葉青水
アニメを見た後でアニメのシーンがなにげに印象に残っていて買って食べてしまった食品 きんぴらごぼう コーヒーゼリー チョココロネ アニメで登場したがリアルで食べたくなるほど響かなかった食品 パフェ working カレー クロムクロ パスタ ピアシェ〜私のイタリアン〜 ここ1年くらいのアニメ作品から適当に選んでみました。
記事日時:2017/03/19
3. 同じ共演者が3人以上いるアニメ 2016年10月期(2) by ウクレレ
... カデンツァヴナ・イヴ__ガリィ・トゥーマーン__ピアノ教師 フリップフラッパーズ__パピカ__イロドリ先輩__ソルト(#7/#11) 学戦都市アスタリスク__美ヶ原よすが__レティシア・ブランシャール__アーネスト・フェアクロフ フリップフラッパーズ__ヒダカ__ミミ__村長 この素晴らしい世界に祝福を!__カズマ__ダクネス__冒険者 フリップフラッパーズ__パピカ__ウェルウィッチア__父親 クロムクロ__白羽由希 ...
記事日時:2017/02/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ