[アニメ]薄暮


はくぼ / Hakubo
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,127位6,638作品中総合点3 / 偏差値47.98
2019年アニメ総合点74位227作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

福島県いわき市の女子高校生・佐智(桜田ひより)は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で心に傷を持ち、それ以来、友達や家族とどこか距離をおきながら、人にも恋にも無関心に生きていた。
幼い頃からヴァイオリンを続け、高校で音楽部に所属しながら文化祭で四重奏を披露するため、日々練習に追われている。
同じ頃、震災で実家が帰還困難地域となりいわきに避難してきた男子高校生・祐介(加藤清史郎)は、当たり前の景色が失われてしまう現実を目の当たりにし、“美しい今"を絵画として残すため描きはじめる。
展覧会に出品する夕景画を描くため田園風景を訪れた祐介は、夕映えの中、佐智と出会い心の交流を続けていく。やがて、二人の淡い想いは「恋」へと発展し・・・。
監督:山本寛
脚本:山本寛
声優:桜田ひより加藤清史郎下野紘花澤香菜佐倉綾音福原香織島本須美高橋大輔雨宮天
音楽:鹿野草平
日本 公開開始日:2019/06/21(金) 映画
公式サイト
1. 劇場アニメ『薄暮』公式サイト
Twitter公式
1. 劇場アニメ『薄暮(はくぼ)』公式 (@Twilight_anime) on Twitter
プロモーションビデオ (1個)
『薄暮』予告45秒Ver『薄暮』予告45秒Ver
1,26133
最近の閲覧数
31352133320
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/06/28 / 最終変更者:もっしー / 提案者:もっしー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/10/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3843(33%) 普通:4126(35%) 悪い:3716(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277
所謂「東北三部作」の一作らしく、まあ他の2作は見た事無いですが・・・・・・・

主人公の佐智は、東日本大震災の影響で人に関心を持つことが出来ない女子高生という設定でしたが、住んでいた福島県(いわき市)はそれによる被害がかなり大きかったし、そうなってしまったのも全く無理も無かったでしょう。幸い、ひいちゃんとリナという友人もいて、特に前者はテンション高いキャラだったながらも重苦しい雰囲気も中和する役割も果たしていましたが・・・・・・・

彼女が出会った少年、祐介も、たとえ不幸だった東日本大震災で大切な人を失っても、その人が生きていた証や記憶まで消えるわけでは決して無いのだから、絵で生きていたまたは生きている世界を書きとめていたのも全く当然でしたが、佐智と祐介がLINEでもやり取りをしていたのもいかにも「今風」でしたね。(自分はそういうの全く興味ないけど)

しかし、佐智が、祐介がかって好いていた人のスケッチを見て焼きもち焼いたのもそうだったけど、演奏をやりとげた後の告白シーンはちょっとクサかったですね。それなりに東日本大震災という今の日本にも大きな影響を及ぼしている不幸な事件を背景として、それも乗り越えような姿も描かれていたけど、総じてそこそこレベルの作品でしたね。評価は「普通」で。

2019/09/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:131(94%) 普通:6(4%) 悪い:2(1%)] / プロバイダ: 310 ホスト:612 ブラウザ: 8730
山本寛監督による「東北三部作」の3作目。

福島県いわき市を舞台に繰り広げられる、小さな恋の物語。


美しい背景の向こう側にある厳しい現実を、セリフの端々にほのめかしつつ、物語としては主役2人の恋物語に収束させている。
誰しもが心に大切に持ち続けている淡い初恋の思い出を、薄暮という限られた時間帯の美しさと重ねて、甘く過ごし儚いような美しい物語に仕上がっている。

ずしりとくる大作ではないが、清涼な読後感を残してくれる優れた掌編の趨きの一編。

2019/06/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:77(40%) 普通:47(24%) 悪い:70(36%)] / プロバイダ: 12243 ホスト:12616 ブラウザ: 8279
【良い点】
人物描写に特徴がある。この作品はアニメであり、絵もはっきりとしたアニメ絵である一方、人物の会話における話題やモノローグに現れる思考内容には現実の女子高生らしさが現れるよう考えられており(例えば、観客が全く理解できない前提の、彼女たちの間だけで流行っている話題が会話に現れたりする)、それが現実にあった東日本大震災、その被災後のいわき市を生きる女子高生主人公を形作っている。物語的には演出が派手だったりするわけではない、ごく普通のピュアなラブストーリーなのだが、この現実との妙なリンクのさせ方が本作独自の魅力を放っている。

見ていて恥ずかしくなるほどのピュアピュアなラブストーリー。でもそれがいい。

田園風景がとても綺麗に描かれている。こういう風景のない人生を送っているので……行ってみたくなる。

ひぃちゃんがいいキャラしてる。かなりテンプレートな(自称)モテない女子キャラなんだけれど、そのぶん演奏シーンでの真剣な表情、その一瞬に惹かれる。

主役二人含め、声優陣の演技は素晴らしい。

【気になった点】
モノローグがてんこ盛りのため、アニメーション細部からの想像の余地はあまりない。そういう観点から楽しむことはできない。

彼氏の描く風景画が下手?というか、実際の背景に比べると相当粗っぽいんだけれど、あれはアニメの表現上そうしているのだろうか。妙だなと思ったけれど、現実の田園風景の魅力を際立たせるためなのかもしれない。

本筋とは関係ないが、主人公はあの彼氏と付き合わない方がいいと思う。主人公がまともな人間に描写されている一方、あの彼氏は相当な変態で(ストーカーして土手の下から現れたり、昔の彼女の絵を描いてるんじゃねえという話の途中で今の彼女の絵を突き出して有耶無耶にしようという姿勢にその片鱗が現れている)、主人公が無事に付き合っていけるように思えない。まあ、創作物でピュアピュアなラブストーリーを描く時に、付き合う一方または両者が変態というのは普通にあるし、直接的に彼氏の完全アウトな部分が作中に現れているわけではないため、私があの男に抱いた個人的な感想・感覚に過ぎないのだが。

【総合評価】
会話はクセがあるものの悪い意味に突き抜けているというほどのクセではなく許容できる。その上で、東日本大震災の後の日常を生きていく福島県いわき市の高校生を、非アニメ的な部分も含めて描いている作品で、見てよかったアニメ映画だなと感じた。

この評価板に投稿する



2020/10/18 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 道南旅行記 by オルタフォース
... が面白くて再び違う時期に行くと発見がありそう。 この日止まるのは アパホテル函館駅前 。 今年アクアガーデンホテルから全面改装されたため、快適性と立地の良さは保証されている。 少し休憩したのち、近くの居酒屋で夕食。 そのあとは自由行動。私の生きたい場所は駅前から離れていたので長く歩かされることになったが、薄暮時に飛ぶコウモリ ...
記事日時:2019/05/08
2. 黄昏の停車場 by HARIKYU
... 01/27 はんぶらび様より拍手を頂きました。有り難うございます。 2014/01/27 ざくろ石様より拍手を頂きました。有り難うございます。 2014/01/27 春の夜月様より拍手を頂きました。有り難うございます。 とある通所先からの帰り道 、乗換駅の陸橋上から 自分がこれから乗る列車にカメラを向けてみました 。 薄暮色に黄昏る ...
記事日時:2014/01/26
3. 「鯖街道」を偲び「舞鶴若狭自動車道」を使って半日で帰る。 by 青い羊
... した振替休がラッキーにも貰えたので、京都エリアで行き残していた『伏見稲荷』『貴船神社』&『鞍馬山』『大原(三千院・宝泉院)』を周ろうとバタバタと準備して、マイカーでGO。 こういうときだけは独り身の気楽さを感じます。 薄暮の中歩んだ伏見稲荷の千本鳥居(回廊)は、ポスターほどは鮮やかではないもののスピリチュアルというか ...
記事日時:2010/08/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ