[アニメ]ガリレイドンナ


Galileidonna
  • 可愛い
  • 楽しい
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,066位6,332作品中総合点-19 / 偏差値44.35
アニメ平均点2,621位2,835作品中平均点-0.86=悪い/22評価
2013年アニメ総合点251位256作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.29(良い)7
声優・俳優0.86(良い)7
音楽0.57(良い)7
キャラ・設定0.29(普通)7
ストーリー-1.43(悪い)7
可愛い86%6人/7人中
楽しい43%3人/7人中
悲しい29%2人/7人中
美しい29%2人/7人中
ロマンチックな気分29%2人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

時は西暦2061年。温暖化も今は昔、氷河期の初期環境が全世界を覆っていた。
イタリアはトスカーナに住むガリレオ・ガリレイの末裔、星月・神月・葉月は、突然、謎の組織から襲撃を受け、挙句の果てに国際指名手配犯にされてしまう。
そんな組織の目的は、「ガリレオテゾロ」と呼ばれる何かだった。
三人には全く心当たりがないものの、姉妹で力を合わせて、この危機を乗り越えなければ!
放送局:フジテレビ テレビ静岡 東海テレビ サガテレビ テレビ西日本 さくらんぼテレビ 秋田テレビ 鹿児島テレビ テレビ熊本 福島テレビ テレビ新広島 テレビ愛媛 仙台放送 新潟総合テレビ 関西テレビ 岩手めんこいテレビ 岡山放送

<スタッフ>
原作:梅津泰臣teamGD
日本 開始日:2013/10/11(金) 00:50-01:20 フジテレビ(ノイタミナ) TV / 終了日:2013/12/20
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
フジテレビ2013年10月10日 - 12月19日木曜 24時50分 - 25時20分
テレビ静岡2013年10月10日 - 12月19日木曜 25時40分 - 26時10分
東海テレビ2013年10月10日 - 12月19日木曜 26時10分 - 26時40分
サガテレビ2013年10月11日 - 12月20日金曜 25時05分 - 25時35分
テレビ西日本2013年10月11日 - 12月20日金曜 26時05分 - 26時35分
さくらんぼテレビ2013年10月12日 - 12月21日土曜 25時05分 - 25時35分
秋田テレビ2013年10月12日 - 12月21日土曜 25時35分 - 26時05分
鹿児島テレビ2013年10月12日 - 12月21日土曜 25時35分 - 26時05分
テレビ熊本2013年10月12日 - 12月21日土曜 26時05分 - 26時35分
福島テレビ2013年10月14日 - 12月23日月曜 25時10分 - 25時40分
テレビ新広島2013年10月14日 - 12月23日月曜 25時40分 - 26時10分
テレビ愛媛2013年10月15日 - 12月24日火曜 25時10分 - 26時40分
仙台放送2013年10月15日 - 12月24日火曜 25時45分 - 26時15分
新潟総合テレビ2013年10月15日 - 12月24日火曜 25時45分 - 26時15分
関西テレビ2013年10月15日 - 12月24日火曜 25時58分 - 26時28分
岩手めんこいテレビ2013年10月16日 - 12月25日水曜 25時45分 - 26時15分
岡山放送2013年10月22日 - 12月26日火曜 25時45分 - 26時15分
公式サイト
1. オリジナルTVアニメーション「ガリレイドンナ」公式サイト
Twitter公式
1. ガリレイドンナ (@galileidonna) on Twitter
オープニング動画 (1個)
シンクロマニカシンクロマニカ
歌:ねごと 詞:ねごと 作曲:ねごと [ファン登録]
[もっと見る]
15,0952522
最近の閲覧数
23240538744
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/20 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: Barnirun / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45617 ブラウザ: 11142
【良い点】
・メカの作り込みや変形など、細かい設定もしっかり描かれている。
・作画がとてもきれい
・現実味のある設定の中で描かれる非現実的描写

【悪い点】
ストーリーとしては少し物足りない感を残して終わってしまう。

【総合評価】
私は「良い」と思いました。しかし、2クール位はやって欲しかったという感じ。実はこのアニメは日数の関係で11話で終了してしまったので、残念です。2期あったら歓喜。

2016/06/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(29%) 普通:8(33%) 悪い:9(38%)] / プロバイダ: 18715 ホスト:18744 ブラウザ: 7868
【良い点】
・絵柄はノイタミナらしいちょとオシャレで可愛い感じ。
・末っ子は可愛かったと思う。
・金魚マシーンは可愛くて好きだった。
(弱そうなところが逆に可愛い)

【悪い点】
・次女はもうちょっと活躍させてあげないと。
得意の体術的なので。

・空賊との関係
あれだけでバンビーナに惚れるかな?
ちょっと謎。

・長女の検事モード
シリアスな時はおねえちゃんらしくていい子だと思うんだけど、あの正義モード見たいのに入るとウザくてしょうがない。

・ガリレオさんの想い人
同情はしますが、お子様だし、子孫だから(本人は知る由もないが)、やめといて欲しかった。

・ストーリー
あのタイミングでタイムリープさせる必要もなかったし、釈然としない。

【総合評価】
末っ子が可愛いので視聴しましたが、観たというより流してたという感じ。

2015/12/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15037 ホスト:15246 ブラウザ: 10300
【良い点】
見ててワクワクする
ガリレオの詩との関連も良かった

【悪い点】
ガリレオテゾロは完成しなかったのかとw

【総合評価】

良かった

2015/10/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:379(36%) 普通:207(19%) 悪い:477(45%)] / プロバイダ: 44841 ホスト:44654 ブラウザ: 10902
【良い点】
・絵。
・次女。
【悪い点】
・メカがださい。(金魚って…)
・殆どのキャラクターの性格に魅力がない。
・ベラベラ喋る奴が多くて疲れる。
【総合評価】
「悪い」で!絵だけでは作品の良し悪しは分からないって事ですかね。

2014/09/05 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 22490 ホスト:22313 ブラウザ: 5135
【良い点】
2クール分を大人の事情で1クールに変更されて半分につめたって話しだが
2クールなら最高のできになったと言うより
これは2クールもダラダラと見せるより切ってしまえって事じゃないかと思う

これを作った人は面白さは二の次で自分のイデオロギーを作品にぶつけたかっただけなんじゃないかと思えるくらいだ
あまりにも突飛過ぎて言いたいことは理解できるが説得力が全くない状態になっている
まあ実際はあれもこれも詰め込みたいって考えであれもこれも中途半端でバラバラになったって感じ

こういうのはキャラに語らせたり無理やりねじ込んだりせず
物語の中で自然と背中で語らせるような作りにしないと
エネルギー問題を抱えてるとキャラに言わせてしまうんじゃなく
物語とキャラの行動でそれが浮き彫りになるようにしないと

【総合評価】

[推薦数:1] 2014/04/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1620(52%) 普通:810(26%) 悪い:703(22%)] / プロバイダ: 15084 ホスト:15090 ブラウザ: 5946
ガリレオの残したスケッチ画集めの大冒険物語はストーリー、キャラクター、設定のどれもが
大まかな視点からみたら相当好みでした。しかしそれは表層だけで少し踏み込むと作りこみの
甘さが目立ちました。最大の欠点はすべてのピースがバラバラだったという点でしょうか

他の方の意見と被るしキリがないので一つだけ例をあげますが
明るい冒険活劇にしたいのか重厚でリアリティのあるものにしたいのかがわかりませんでした

一番のメインはおそらく冒険活劇なのですが次第に後味の悪いエピソードが差し込まれていき
それもなにが正義でなにが悪なのかというテーマがみえている残酷な世界観だったため、一概に
悪いとはいえないし社会設定のリアリティからしても理不尽に立ち向かう物語でもあるため
間違ってもいません

しかしこれを良い点としてあげるためにはじっくりと時間をかけて演出を強化することが不可欠で
両方を上手に盛り立てることができれば相当面白くなりそうなんですけどね。もっと何をやるか
やりたいのかを見定めないと1クールでストーリーものは厳しいですよね。全編を通じて急いでる
感が拭えませんでした

※ついでのように本編について語らせてもらいますが
アンナがロール髪から携帯を取り出したシーンがシュールで好きです。あの髪の秘密に迫りたい
[共感]
2014/05/07 盛り込んだテーマを消化するには丁寧さがもう少し欲しかったですね。設定は悪くないと思うので、本当にもったいないです。 by 春の夜月

[推薦数:2] 2014/02/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(76%) 普通:11(8%) 悪い:22(16%)] / プロバイダ: 5611 ホスト:5383 ブラウザ: 5171
梅津監督はずっと作画畑の人だと思っていましたが、原作も手がけられていることを恥ずかしながらこの作品で今更ですが知ることになりました、
ただし原作者としての腕前はというと、この作品の仕上がりを見るにつけ疑問を感じずにはいれないのですが。

物語の本流は、ガリレオの末裔であるフェラーリ三姉妹による世界各地に散らばった月のスケッチを回収することと、
その過程で起きる敵とのドンパチという冒険活劇的なものですが、それにメカバトルやSF的世界観などの空想、
さらにはエネルギー問題や格差貧困いう現実上の問題意識も取り入れられている作品です。

これらは盛りだくさんな内容といいたいところなのですが、それぞれの題材があまり有機的に結合されていなくて、
まるでバラバラの材質のピースで創られたモザイクのような質感の作品になってしまっています。
明朗さと希望が生命線の冒険活劇に、どんなに良い子でも死ぬときは死ぬんだという身も蓋もないリアリズムを同居させてはいけないですし、
少女が巨大な飛行メカを一人で造ってしまう世界観と、メタンハイドレードのようなリアルのトピックを安易に同居させるのも歓迎できないものがあります。

もともと娯楽色を強く押し出していけばいいタイプの作品だと思うのですが、どうもそれを押し殺そうとする力学がはたらいているように見受けられます、
そのため冒険活劇の魅力である夢想的な娯楽性がスポイルされて、後味の悪いエピソードが多く見られるものになってしまいました。
本来はスタートの時点ですでに荒唐無稽なのですから、作品はそれを感じさせない方向に造りこんでいかないといけなかったと思うのですが、
そうしなかったのは、まるで物語をリアルな社会問題と繋げれば作品の格が上がるとかいう思い込みでもあったかのように見えます。

またこの作品は、その中で挿入された多くのエピソードが、納得のいく帰結をしていませんでした。
ロベルトの生い立ちは意味ありげでいてただ見せただけ、クライマックスのはずの裁判シーンは中身はありがちな濡れ衣を晴らす話で、
ガリレオといえば異端審問ということでそれにただ寄せただけの裁判、ガリレオにおける史実とは趣旨も何も似ても似つかぬものです。
第三勢力のブラックガニメデ団や、味方を欺く存在といった物語を彩るはずのピースも、ご都合主義的に扱われるだけでろくなドラマも与えられず、
アンナをのぞいてはほとんど機能しておらず、継ぎ接ぎな感じがします。

その最たるものが星月と若き日のガリレオのロマンスで、これをやるためだけにそれまでの流れを分断し、
今まで伏線のかけらも無かったタイムワープをさせてまで、飛行機造りの共同作業のエピソードを挿入する乱暴さで、
観ていて呆気にとられてしまい「ロマンス(棒)」にしかなりませんでした、物語を通して追い求めてきた秘密の魅力が大きく殺がれています。

その他の各エピソードの見せ方も、まるで見切り発車のように着想を練りこみ不足の磨き不足のままに、
見せたい物を観客に伝えるためのプロセスをきちんと踏まずに陳列してしまったような拙さを感じます。
ガリレオの話なのにいつまでもダヴィンチをイメージしながら観ていたとの声が聞かれたのもこれが原因でしょうし、
ガリレオ号がアサルトモードを搭載していることを奇妙に思えたのも、オーソドックスな冒険活劇の国が相手でもドンパチ上等というやんちゃな世界観と、
大人しめの少女が主人公という、この作品の冒険活劇として独特な設定との折り合いをつけていなかったからでしょう、完全に練りこみ不足です。

まとめると、この作者には物語創りのノウハウが大きく欠けていたと感じられるのです。
この作品の欠点はいくらでも挙げられますし、そればかりしていても仕方がないのですが、
かといってその欠点を生み出す根本は何かと考えてみても、大して掘り下げるまでもなく見えてくる程度のものです。
それはただ単に創り手の力量不足、物語創りのノウハウもろくにない人が手がけた素人仕事ということです。

質感の異なる題材の数々と乱暴に継ぎ接ぎされたエピソード、それら今にもバラバラになりそうなピースどうしを、
星月というキャラがなんとか繋ぎとめる役割を一身に背負わされていたという感じです。
お得意の華麗なメカバトルも、だんだん品質を維持するための保険のように見えてきてしまいましたし、
可愛いキャラ、華麗なメカバトル、あるいはリアル社会への問題意識といった、プラスアルファ要素にばかり目が向けられたように見える残念な作品でした。

評価は「悪い」です。
ただ、駄目な作品でしたが普通この手の作品にありがちな、いやらしい駄目さを不思議と感じなかったのは救いでした、
それは手抜きをしたとかいうことはなく、物語というものに正面からぶつかってあえなく砕け散った感があるからではないかと思います。
梅津監督がなぜこの仕事を引き受けたのかは理解に苦しむところですが。
[共感]
2017/12/07 この作品は1クールアニメだったにもかかわらず、あまりにも詰め込み過ぎで自壊してしまったように思えました。素材が良かっただけに残念です。 by エリクサー

2014/01/31 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:75(38%) 普通:19(10%) 悪い:105(53%)] / プロバイダ: 15291 ホスト:15067 ブラウザ: 7897
【良い点】
・次女がヘタレかわいい。

【悪い点】
・三姉妹の外見がまるで似ていない。なのに長女と引率のお姉さんは似ている不思議。
・物語の流れや話の展開や登場人物の行動やらが全てにおいて唐突すぎる。
・主人公たちと悪の組織と空賊の3つのグループの世界観が全く合っていない。
・特に空賊の違和感が半端じゃ無い。ものすごくシュール。
・三姉妹の活躍が描かれるかと思ったら主人公以外はまったくの無能。
・敵も無能なうえにガリレオまで馬鹿として描かれているのはどうかと…。
・後味の悪いエピソードが多すぎる。脱力感を覚えました。子供まで死なすなよ。
・ラピュタに似ているというよりは『ふしぎの海のナディア』によく似ている。
・主題歌はガリレオ繋がりでガリレオ・ガリレイにやらせりゃ良かったのに。

【総合評価】
いいところを見つけるのが難しい。

2014/01/27 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(70%) 普通:20(13%) 悪い:25(17%)] / プロバイダ: 1511 ホスト:1375 ブラウザ: 7860
超ネタバレです。未見の方は読まないで下さい。

ガリレオの遺産の正体は、未来から来た女の子に宛てた恋文であり、実はその子は自分の遠い子孫だった。この結末自体はすごくロマンティックでよかったと思います。なのにどうして、こんな夢のない血なまぐさい作品にしてしまったのか…。

この作品を見ていてどうしてもわからないことがありました。それはどうしてフェラーリ三姉妹の敵になるのが、ブラガニではなくアドニムーン・カンパニーなのか。どう考えても、彼女たちでは戦力的に釣り合いが取れていませんし、何より絵的にも遺産の正体的にも合わなすぎます。まるでルパンのTVシリーズの敵キャラと追われるゲストキャラのような構図に見えてしまいます。もし、そこにルパンがいなかったら…。それは相手になるはずがないでしょう。それでもフェラーリ三姉妹に相手をさせようと思ったら、過剰なほどの主人公贔屓をするしかありません。ピンチには決まって神風が吹く彼女たちに対して、その恩恵にあやかれない一般市井の人たちは、女子供問わず彼らの餌食になって散って行ってしまう。さすがにこの理不尽な展開はまともに見ていられるものじゃありませんでした。

言ってしまえば、アドニムーンの連中はこの作品には全く不要だったと思います。前述したように、姉妹の邪魔(この作品に敵は合いません)はブラガニが適役だったでしょう。作品の雰囲気に合っていて、どこか憎めない彼らの存在は、もっと作品の中心にいて然るべきでした。それに合わせれば、ガリレオテゾロの正体もエネルギー不足のための何かなんて現実的なものではなく、もっと夢のあるものにできたはずです。

そしてもう一つわからないのが、彼女たちの飛行船のアサルトモードの存在です。普通宝探しが目的なら、危険な状況からはまず第一に逃げることを優先して考えるでしょう。どう見ても好戦的ではない彼女が、その思考に至らない理由が私には理解できません。自衛のために最低限の武装を持たせるならわかりますが、あそこまで戦う気満々の姿は違和感しか感じませんでした。

確かにこの作品は冒険ものとバトルの融合をめざし、それに合わせたキャラたちを用意したのかもしれません。新たなことに挑戦しているよいう意味では、ノイタミナらしい作品なのかもしれません。しかし、結果的には冒険もの用の主人公とお宝に、バトルもの用の敵キャラとメカを配置した結果、一つの作品としてひどくちぐはぐなものになってしまいました。そもそも、バトルものというのは、他には相容れない要素なのかもしれません。なぜなら、まず危険からはできるだけ避ける道を選ぶというのが通常の思考だからです。たとえば脱獄物で看守をぶちのめすために部屋で体を鍛える作品なんて無いように、バトルをすること自体が目的にならなければ、まずバトルは起こりません。この作品はその辺を根本的に勘違いしていたように思います。ワンピースのように冒険ものでありながらバトル満載の作品ももちろんありますが、あれは大きな目的の途中の小目的としてバトルが入っているので、内容的にはバトルマンガです。現にワンピースを読みながら、旅のワクワク感を味わっている人はまずいないでしょう。ましてや尺の短いワンクールアニメにそんな余裕のある真似ができるわけはありません。

個人的には冒険ものは冒険もののままで全く問題はないと思います。私は本作の一話目を見たときなんて面白いアニメが始まったんだろうと思いました。一話目は冒険もののスタートとして、この上ない出来であったように思います。バトルも確かにいつでも心を躍らせるものではありますが、冒険もまた同じくらいにいつまでも色あせない普遍的な題材であると思います。狭い閉じられた世界であくせくやっている作品が多い中で、そこを飛び出し青い空を自由に舞うそんな雄大な作品にはきっと大きな価値があると思います。

評価は「とても悪い」です。

2014/01/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(48%) 普通:310(34%) 悪い:165(18%)] / プロバイダ: 48962 ホスト:49032 ブラウザ: 7408
【良い点】
・グランデロッソ:単純に可愛い

【悪い点】
・ストーリー:盛り上がりもなく意外性も無くひたすら平坦

【総合評価】
絵はキレイだったが、それが勿体ない程に残念な出来
1クールもやらず、二時間アニメ程度にしておけば少なくともテンポは良くなったかもしれない
唯一の救いはグランデロッソの存在

2014/01/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(68%) 普通:10(3%) 悪い:95(29%)] / プロバイダ: 7047 ホスト:6813 ブラウザ: 10416
●【作品の概要】

かの偉人ガリレオ・ガリレイを題材とした冒険活劇。アニメオリジナル作品。
近未来の世界を舞台にガリレオの子孫の3姉妹が世界を旅してガリレオの遺産の謎に迫る―と言った話。

・・・・・なのだが、作りこみが全体的に甘い。甘過ぎる。
特に設定と脚本およびシナリオ構成がズタボロと言って差し支えない出来だった。
まぁ一応擁護すると、聞いた話では制作期間があまり無かったとか2クール予定を急遽1クールにされたらしいとか。
・・・だからと言って仕方ないとは思えないレベルの出来だが。

そして、公式のツイッターは最終回一歩前でこう言った。
「個人的な見所は三姉妹の洋服の可愛さです」
・・・・ちょ、ちょっと待ってくれ!?最終回の見所がソレ!?
いや、でも実際にそれくらいしか良い所無かったし・・・・うん。

●【良かった点】

・1話の出来やキャラとメカニックのデザイン
・「再構成すれば面白くなりそう」と思わせてくれる素材
等の要素はあるので、この作品に期待を持たせるには十分な出来。
事実、自分は1話見た時はかなり興味を惹かれた。
逆に興味が持ててしまったので切る事が出来ず最終話まで引きずったとも言えるが。

●【悪かった点】

○最初にも述べたが、やはり作りこみの甘さ。
まず、主人公である3姉妹の設定をほぼ活かせていない。
まともにストーリーに絡んだのは3女だけ。長女も最終回で辛うじて活躍したが・・・
次女は本当に終始役立たずのままだった。いや、「役立たず」という役だった。

仮にもガリレオの子孫と言うのだから、視聴者は彼女らに目覚しい活躍を期待するのはごく当然。
しかし、そんな実態はほぼ皆無と言って良く、1クールの間勝利できた回数は片手で足りるレベル。
冒険活劇のくせに、偉人の名を借りてるくせに、作中にカタルシスが一切無かった。
基本的にパワー不足で、いつまでたっても上り調子にならない。当然、作品に「楽しさ」が無い。

○ガリレオの設定も巧く扱えていない。
自分の知っているガリレオと言えば、まず地動説からの天文学、次に物理学が来て、
あとは裁判で勝てなかった立ち回りの巧く無い人って印象な訳ですが・・・・

なんと言うか制作陣にエジソンか何かと勘違いされてないかとちょっと疑った。
おいおい、飛行機作っちゃったよ・・・ってかタイムスリップ!?エネルギー問題!?
・・・・・数百年後にやってこいwww
ソレを抜きにしても天文学要素がほとんど見られないのに。

その他にも、ありえない突っ込み所多数、ご都合主義満載、安直なシリアス、イマイチな演出、
収拾がついていない、何がしたかったのか見えてこない、テンポが遅かったり速かったり・・・・
ちょっと笑えないレベルで短所が多かった。

●【評価】

最終的に、ガリレオを題材にした冒険活劇と言うよりも中味スカスカの「ガリレオ風味の茶番劇」に。
もうちょっと設定を練りこんだり、ストーリーの流れを調整してくれれば
十分に面白くなれた作品だろうとは思うので非常に残念です。

評価は「とても悪い」
[共感]
2014/01/25 どうしてこの作りこみの状態で放送に踏み切ってしまったのか甚だ疑問ですよね……もうちょっとどうにかできただろうに; by 狗が身

2014/01/07 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(51%) 普通:57(20%) 悪い:83(29%)] / プロバイダ: 26488 ホスト:26638 ブラウザ: 4721
2013年秋フジ・ノイタミナ、A-1 Picturesオリジナルアニメ作品。

事前コメントにも書きました通り、三女の星月フェラーリが良いキャラなのは間違いないし、地元局の地上波で視聴できたことは地方に住む者としては喜ばしいことでした。

ただ、もう、これはお話・ストーリーが「アカン」レベルなのも間違いないです。
自分と同じくスタッフが歴史上のイタリアの有名人ガリレオ・ガリレイとレオナルド・ダ・ビンチをごちゃ混ぜにしていたのではないだろうか。

最終回の裁判も、あんな茶番ではなく、創作素人の私ですが、実際のガリレオ裁判では誰も味方をしてくれず「それでも地球は回っている」とこぼす終わり方ですけど、ここは旅先で助けた人たちが味方となって登場するという風に書けなかったのだろうか。
そうだ、なぜテオやカレンといった子どもを殺すような話にしたのか!?憤りを感じる。

設定的にも、長女が落ちこぼれ大学生というのや、空賊の設定もいらなかったのではとも思う。

しょうもないことを指摘するが、1話でほっちーを追っていたのはUAVだと思っていたのですが、有人機だったのですね。ただの変態じゃないか。
ロシアの病院で、ベレッタM9の装弾数が15+1発なのを知ってたのは良いことなのですが、オートマチックピストルなので、撃ち尽くしたらスライドがロックして一目でわかることを知らなかったのですかね。

ガリレオ号も最初から機関砲とミサイルを装備していたが、これは最後で敵ロボを倒すための時に嫌々ながら装備する展開でもよかったのではないか。

ネガティブなことばかり言っているが、8話の日本・京都回は悪くなかった、むしろ良かったと思っている。家族の温かい描写ができていた。

それと、スタッフばかりではなく我々視聴者の一部にも文句がある。
次女が三女を本気で嫌っているとか、アンナさんが本気で三姉妹を裏切ったなどと、よく見ればそうでないことがわかるのにただ悪口を言っているのは聞いてて気持ちのいいものではなかった。

残念ながら1クールでしたが、もし2クールあったならどういう話になっていたか、気にならないと言ったら嘘になる。

2014/01/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:703(73%) 普通:238(25%) 悪い:26(3%)] / プロバイダ: 27550 ホスト:27619 ブラウザ: 4894
最後まで見た自分が悪いので無責任な物言いだが・・・これはダメだ。噂では、2クール分作っていたのに上から1クールに変更されて、慌てて半分につめたって話だけど。
サラリーマンとして、製作現場で何らかのトラブルが生じたという事に同情はするけど、作品に理解は示せない。

ただ、2クールでも綺麗にまとめられたのだろうか?どうも、やりたい事がバラバラのような気がしてならない。
一つは、ご先祖様のラブレターの謎を追う三姉妹の冒険もの。そしてそのラブレターが、実は主人公に宛てられたものだったという淡いラブロマンスがある。
もう一つは、メカと銃撃戦。想定以上にポンポン人が死ぬハードな展開。
最後の一つは、エネルギー独占企業の陰謀と、資源の配分問題という設定。敵キャラの生い立ちを描いている所を見ると、資源の配分問題は結構重要なのではないかと思う。
さらに、家族の問題とかを絡めて一つのお話に仕立て上げようとした時、それが上手くいくのだろうか。単なる放映回数よりも重要な問題がたくさんありそうだと思う。
(そもそも、ほっちびのキャラと簡単に人が射殺されるシーンは、どうしようもなくミスマッチだと思う。その辺からして、製作者間の意思統一が出来ていたのかどうか・・・)

どうも、冒険ものってのは鬼門なのかもしれない。ロボットもの以外でメカとトンパチを描ける可能性のあるジャンルなんだけど、一定水準の作品を仕立て上げるだけのノウハウがないのかもしれない。(それがあれば、フラクタルだって成功しただろうが)
お洒落な雰囲気とか今風の独自色とか諦めて、もっとベタなドタバタにした方が冒険ものって上手く行くのではないだろうか。
しかし、このジャンルに挑戦する事がリスキーだと示してしまったのは、まずい事態なのかも。

実際、3話くらいで「エンジンのかかりが遅いな」と感じて、その時点で切ってしまえば良かったのだけど・・・切らなかった自分が悪い。
[共感]
2014/01/06 「ほっちびのキャラと簡単に人が射殺されるシーンは、どうしようもなくミスマッチ」「このジャンルに挑戦する事がリスキーだと示してしまったのは、まずい事態」この二点に激しく同意です。 by 青い羊

2014/01/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10140 ホスト:10235 ブラウザ: 4936
これをなんで1クールにしたのか分からない。1クールの冒険ってどう考えてもスケールを縮小せざるをえないのだから、無理があるだろ……。
この物語を1クールでやりたいのなら、ブラックガニメデ団と二人の姉の存在は不要だ。
お話自体は1クールでも展開できるものだった。にも関わらずあらゆるものが中途半端になってしまったのは、余計なモノが多すぎたから。
噂では当初2クール予定だったところをアニプレックスの都合で1クールに変更されたらしいのだけど、だったらその段階で切り捨てておくべきだった。(企画段階での変更だったならばだけど)

せっかく、家族と衣食住を共にする空間よりも想い人の居る空間を自分の居場所と感じていた神月が、最終的に家族という空間を自分の居場所と思うようになっても、掘り下げ不足で感動もなにもない。様々な土地へ赴き、人々と交流することで正義と悪が必ずしも正しく認識されず、また、何が正義で何が悪かも人それぞれで決めるしかないことを痛感した葉月が、これからも検事を目指すのかどうかも、曖昧なままだった。(自分の目指す職業である検事との対峙から何を考えるに至ったのかも不明)
そして、シルヴィアとゲシオの両者が歩み寄る過程も一切無し。

一つの危機と直面し、バラバラだったフェラーリ一家が家族の絆を取り戻す。結局、お話の軸は家族愛だった。なら、主人公を星月一人に絞り、父と母の描写を増やすべきだったよな……。
しかも、その家族愛に関しても中途半端。
母親は、自分の娘のことを【ガリレオの子孫】と見てる面が強かった。そこから、自分の娘として見るようになったのであれば、あの裁判の場面で彼女が言うべきことは、「自分の娘だから信じる」という、真っ当な母親としての主張だと思う。
なのに、あの場面でもやはり最後に出てきたのは「ガリレオの子孫だから」。この作品がなにを描きたかったのかが、ここで一気に不明瞭となってしまった……。

この作品は、色々混ぜすぎた。
家族愛(先祖への想い含む)を主軸にした、【ガリレオの遺産】を巡るシリアス調の冒険ミステリー。当然、上二人の姉は不要。
もしくは、エネルギー資源の不足を題材に、世界や人の在り方をシシーニョを主人公に据えて描く痛快な冒険モノ。(ガリレオの遺産を巡るという点では一緒)
この場合、ヒロインは葉月。星月はブラガ二団のメカニックとして登場させればいいんじゃないかな。
こっちなら、作中で軽く掘り下げられただけだったシシーニョとロベルトの対比をもっと深く描くことが出来ただろう。両者にヒロインがいるという点も重要な要素。

設定も描写も展開も、あらゆるものが中途半端で、「結局何がしたかったんだろう?」と首を傾げずにはいられないんだ。勿体ないなぁ……。


……不満ばかり挙げてしまったけど、つまりそれだけ期待できる要素が多かったということ。ストーリー構成のポストを用意し、しっかり舵取りしていれば、あるいは名作にもなれたんじゃないかなぁと思わずにはいられない。個人的に、こういうの好きだから。
企画原案は監督で、監督の構想から始まったらしいけど、構想の段階のまま世に送り出してしまった感が否めない。よほど余裕のない制作体制だったのか……?


面白かった点は、万能スペックな星月や、記憶喪失を演じたシルヴィアの芸達者っぷり、あと病院に送りながらシルヴィアの容体を詳しく調べもせず記憶喪失と信じ込んじゃった社長の頭の悪さ。
それから、OP。タイトルがOPの途中で差し込まれるトコがとくに好き。あと星月をターゲットロックオンするロリコンなロベルトさん。アンナさんマジ涙目。
そして忘れちゃならないのが、カレー食ってる時にウ○コの話をしたこと。(ビーフシチューだけど)


本当なら【とても悪い】んだけど、意味不明すぎて感情が追いついていないのか、返ってそこまで不快感はないので、悪いにしておきます。
[共感]
2014/01/02 「あらゆるものが中途半端で、勿体ない」に同意です。キャラもはじめとした設定は結構魅力的に感じたので特にそう思います。 by 春の夜月

2013/12/27 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 20050 ホスト:20038 ブラウザ: 9673
【良い点】
絵柄
ED
キャラまぁまぁ

【悪い点】
基本、話しはあまり面白くない

【総合評価】

中盤の、三女と同じように発明が得意な少年とその少年に惚れてる少女のエピソードと、病院での虐殺?の回は結構面白かった。

ただ、総合的には地味で微妙。

もっと読む

「【良い点】●ファッショナブルなキャラクターの出で立ちは、そこはかとなくヨーロッパっぽさが出ていて良か...」 by 腐ってもエビ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2016/10/17 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 46115 ホスト:45968 ブラウザ: 10902
次女の娘かわいい。

2016/10/25 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 45205 ホスト:45055 ブラウザ: 10083 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/面白い/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 同じ共演者が3人以上いるアニメ2016年4月期(2) by ウクレレ
... 僕のヒーローアカデミア__切島鋭児郎__常闇踏陰__相澤消太__飯田天哉__上鳴電気__女性記者 黒子のバスケ__葉山小太郎__日向順平__青峰大輝__福井健介__持田__伊月綾 僕のヒーローアカデミア__耳郎響香__八百万百__轟焦凍__ヘドロ・ヴィラン__緑谷出久 ガリレイ__葉月・ ...
記事日時:2016/07/02 [表示省略記事有(読む)]
2. アニメBD・DVDウィークリー。(2014/7/8) by swallow tails
... 。 さて、月末激戦週の他の新規春アニメ作品の結果判明したのですが、まずは秋にまた控えているチャイカ。 個人的には応援してます、ゲームで例えると舞台が勇者が魔王倒した後から始まるRPG・後日談みたいで面白いです。 七々々、777枚は超えたのですけれども、昨年秋の同じノイタミ・オリジナル作品の『ガリレイ』を下回る結果 ...
記事日時:2014/07/08 [表示省略記事有(読む)]
3. 普通の女子高生が【夏アニメ】チェキってみた。 by エスパー
... アニメかと思ってたよ。ぴちぴちピッチとか放送されてた枠とかさあ! もう消滅しちまったけどな! ゆるゆりスタッフだけど製作ぴえろ。 ・残響のテロル なんでもビバップコンビが手掛けるとか。ノイタミらしい雰囲気のアニメ魅せてくれそう。 とはいえ最近ノイタミ枠全然チェキってないなあ…。虹神速報管理人のせいでガリレイ見たくなって ...
記事日時:2014/06/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ