[アニメ]風夏


ふうか / Fuuka
  • 可愛い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:風夏
アニメ総合点=平均点x評価数6,092位6,416作品中総合点-15 / 偏差値44.96
2017年アニメ総合点220位223作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.12(良い)8
映像0.75(良い)8
声優・俳優0.62(良い)8
キャラ・設定-0.12(普通)8
ストーリー-0.88(悪い)8
可愛い50%4人/8人中
楽しい38%3人/8人中
面白い38%3人/8人中
友情25%2人/8人中
考えさせられた25%2人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

両親がアメリカへ行くことになり、姉妹と一緒に暮らすため東京の高校へ転校してきた榛名優。
内気で人付き合いが苦手な彼のコミュニケーションは、もっぱらツイッターでのやりとりがメインフィールド。
引っ越してきた街を散策していた優は、ツイッターのチェック中に目の前に現れた少女、秋月風夏とぶつかってしまい……。
内気で人付き合いが苦手な榛名優と、不思議な魅力を持つ少女、秋月風夏。
<スタッフ>
原作:瀬尾公治
監督:草川啓造
シリーズ構成:朱白あおい
日本 開始日:2017/01/08(日) 01:58-02:28 MBS TV / 終了日:2017/03/26
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
MBS2017年01月07日 - 2017年03月25日土曜 25時58分 - 26時28分
TOKYO MX2017年01月07日 - 2017年03月25日土曜 22時00分 - 22時30分
広島テレビ2017年01月08日 - 2017年03月26日日曜 26時25分 - 26時55分
BS112017年01月08日 - 2017年03月26日日曜 24時00分 - 24時30分
WOWOW2017年01月06日 - 2017年03月24日金曜 22時00分 - 22時30分
公式サイト
1. TVアニメ『風夏』公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ『風夏』公式 (@fuuka_anime) on Twitter
オープニング動画 (1個)
Climber's High!
歌:沼倉愛美 [ファン登録]
[もっと見る]
6,935109
最近の閲覧数
11022111454
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/04 / 最終変更者:小島かじり虫 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/09/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(47%) 普通:13(7%) 悪い:79(45%)] / プロバイダ: 28995 ホスト:29024 ブラウザ: 5189
【良い点】
・特になし

【悪い点】
・2代目風夏が出てこない
・暗い
・音楽アニメなのに音楽が良くない

【総合評価】
君のいる町に続き、何で雰囲気が暗いんだろう。
漫画はそんなに暗くないのに。
あと瀬尾の作品で毎回思うことは出てきてほしいキャラが登場せずにアニメが終わる。

2017/08/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:260(66%) 普通:0(0%) 悪い:134(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8262
原作未読。公式によると音楽が紡ぎだす新しいラブストーリーが始まるとのこと。

明るい色彩でかわいらしいキャラデザインそしてパンツ。1話Aパートの導入部を一部だけ切り取れば結構良いのだけど、
設定部分はあまりにも都合よすぎるし、演出部分は不快だったりいい加減に感じるところが多くて微妙なスタートだった。
キャストと音楽には期待できそうなので継続視聴。

物語はテンポ自体は良いのだけれども、展開に応じて次のステップが常に準備してあってポンと提示される流れが面白みにかけます。
学校でも校外でもヘッドフォン常備で音楽聞きまくり、心酔している歌手やバンドや曲があるのにしたいことが見つからないとか、
スタートからして突っこまざるを得ない。バンドしたいと思えば周りに実は出来る人物が居たり、金なければバイト紹介されたり、
教師とバイト先のオーナーは著名なバンドの人だったり、人気歌手の幼なじみがたまたま撮影に来て夜の逢瀬しちゃったり、
コネで練習にはスタジオ借りちゃったり、実は家のガレージに設備あるよとか・・・。
運命の出会いやラッキーな出来事を延々と見せられている感じで、共感とか見せ場としての盛り上がりはあまりない。

ラブストーリーとして人間関係が見えてくるころの主人公の行動がちょっとひどいですね。
ネットで大炎上してしまった不用意さはともかく、その後にもまったく行動に改善が見られない。
デートも場所もおてて繋ぎもメニューも約束も電話も押し倒すのも、お相手の彼女からという受身一辺倒。
あっちの子との会話ではこっちの子の話で、こっちの子との会話ではあっちの子の話といった感じで、
彼自身には悪意とか下心などがないのは判るけど、こじらせるまで相手の子たちの心情を理解しない鈍感さは見ててつらい。

終盤はアニメのオリジナルの展開のようですが、理由が全くわからないけれども積極的に行動し始めた主人公は頼もしい。
幼なじみブラチラvs新規不思議少女パンチラの選択も、理由は不明ながらも決断したところは良かった。
高校生くらいの恋愛模様はこのくらいの意味不明さがあっていいし、結末の後味はそこそこ良かったと思う。
ただ痴情のもつれに巻き込んだ人々の立場や進路変更や契約違反なんかの扱いは軽すぎるし、
青春を描くだけならここまで大きな設定や舞台は無意味というか結果マイナスになったように思います。

恋愛>音楽でも良いのだけれど、主人公が自分の気持ちに気付く経緯がちょっとぼやっとしていたと思う。
これだけ条件の良い付加価値の高い幼なじみを蹴るのだから、もう片方のヒロインはさらに魅力的に描いて欲しかった。

【良い点】
声優さん達の演技もですが歌も素晴らしかった。楽曲も良かったですね。
特に「小雪」cv早見沙織さんの「雪花火」、6話の特別エンディングも工夫されていたと思います。

「沙羅先輩」の爽やかな色気。

【悪い点】
ヒロイン達はそこそこ魅力的に描かれていたけど、バランス的に主人公にも目立った個性が欲しかった。
アニメーション。演奏シーンもいまいちだし、メインキャラに対してモブがあまりにも酷い描画だし、動きも最低限と言った感じ。

どこか1シーンだけ見るとドキドキするような魅力的なシーンはあるのだけれど、状況設定も前後の流れもキャラの心情もチグハグ。
なぜそこに居るのかもおかしければ、そうするのもおかしいし、そうは普通は思わないだろうといった展開がかなり多く、
たいがい恋愛沙汰をかき混ぜるだけで見ていてがっかりとさせるものが多かった。
防波堤でのシチュエーションはこの作品で最も印象に残るほど稚拙だと思う。

【総合評価】
最後の方の主人公の選択もたぶんだけど、物語全体で「音楽」というものをベースにしてたと思うし、展開的にもそうだったと思う。
だけど、主人公も正ヒロインも真摯に「音楽」と向き合っているとはとてもいえず、逆に一番向き合っていたのは振られたヒロインの方だった。
新ヒロインの勝利という構図は定番であるとは思うけど、原作から変えるのであれば相応の変更を全編に渡ってしていたのか疑問だった。

2017/04/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:372(56%) 普通:94(14%) 悪い:199(30%)] / プロバイダ: 46092 ホスト:46398 ブラウザ: 7518
音楽系ハーレム系ラブコメです。
気になった点は女の子がやけに馴れ馴れしいことで、18禁ゲームが原作なのかと思いました。
風夏のスカートが短すぎると思いました。
これもサービスなんでしょうか?
また、突然幼馴染から告白されるなど、話の展開が早すぎます。
一応完結させてるようですが、無理矢理に12話に収めようとしていて、後半は更に駆け足になってしまいました。
ラブコメで完結させてるっぽいので、甘い評価を付けようとは思っていたのですが、【普通】くらいにしか評価できません。

2017/04/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:487(71%) 普通:101(15%) 悪い:96(14%)] / プロバイダ: 441 ホスト:2 ブラウザ: 5171
実を言うと原作・アニメを通して瀬尾さんの作品に触れるのは今回が初めてとなりますが、
ただ瀬尾さんに付いてはネット上で何かと賛否の声が多い上に、
しかも本作は放送前から原作の致命的なネタバレが様々な所で出回る始末でしたけど、
尤もネタバレの件に付いてはアニオリ展開で何とか回避したが、
でも本作を視聴して思ったのは何かと問題点が多い作品という印象で、
必ずしも手放しで褒められる作品とはなりませんでした。

正直に言うと本作のストーリーは問題点が多く全部を挙げたらキリが無いけど、
その中でも個人的に引っ掛かった部分を幾つか挙げるなら、
まず一つ目は1話で風夏が優のスマホを破壊する暴挙に出たり、
続いての2つ目は8話における学園祭ライブで暴動が起きて、
特にビール瓶が投げられたシーンは個人的にかなり不快な気分となったが、
それにしてもあの様な暴動が起きて無法地帯となってしまった中で
風夏のボーカルで一転して暴動が呆気なく鎮まってしまうのは
ここまで酷いご都合展開も珍しく思わず苦笑いを浮かべてしまいましたが。

また他にも終盤に於ける風夏のバンド脱退から出戻りに至る流れも悪印象で、
しかも現在のバンドは最初に風夏の我が侭で立ち上げたバンドだったから
なおさら風夏の脱退という行動は身勝手極まりないとしか言えず、
そして風夏と優がラストで恋仲になる事に関して言うなら
今までの流れからして風夏と優の間に強い絆を生む様な出来事が有ったとは思えず、
わざわざ付き合ってる小雪を振ってまで優が風夏の方に向かうのは釈然としなく、
いきなり小雪から風夏に乗り換える優には好感が持てませんでした。

もう本作に対しては展開の粗さや不快描写が多く含まれてたり等、
その気になれば不満点が幾つも挙げられてしまうほど酷い部分が目立つが、
しかし酷いの承知の上で評価を不評系にはせず「普通」としたのは
不満点も多いなりに視聴意欲自体は最後まで高かったというか
少なくとも最後までは見届けようと思える位には楽しめたし、
また何だかんだ言いながらこの手の恋愛モノは好みなのも有りながら、
そして本作に於いて数少なく魅力的だったポイントは音楽面で、
OP曲の「Climber's High!」とED曲の「ワタシノセカイ」、
それと小雪のボーカル曲である「MEMORIES」と「雪花火」の2曲と、
この辺りは魅力的な曲で個人的にポイントが高かったです。

そして原作のネタバレ展開にはならず風夏死亡という
最悪の事態が避けられたのも良かったですが、
ここで風夏生存というアニオリ展開に付いて少し考えると、
アニメ版の風夏に関しては不評を買う行動を幾度も取りながらも
最終的には恋人もバンドもプロデビューも全て手に入れてるという
言ってみればかなり恵まれてるという印象ですが、
特にバンド脱退の件に付いてはあれだけの酷い裏切りを行いながら、
それでいて他のメンバーから簡単に許されて戻って来れたのには
風夏に対して本当に甘い世界だなと思えてしまいますが。

ただ風夏の場合は原作で死亡してしまった故にアニメの世界線ぐらいでは
幸せな結末にさせようという制作側の温情が働いた様に思いますが、
まあ風夏に幸せの結末を用意する事に関しては構わないのだけど、
せめて風夏を幸せにするならもっと彼女を好感の持てるヒロインとして描いてくれないと、
正直に言って視聴者としては手放しで風夏の事を祝えないですよ。
特に後半のバンド脱退と出戻りの流れは彼女の株を下げる行動であったと思うし、
それと最後にもう一つ言うと風夏が幸せになったとしても小雪が割りを喰う事には違いがなく、
仕方が無いとは言え小雪が報われない所には複雑な物が有ったりしますが……。
この辺りも風夏の幸せを無条件に喜べない一つとなってますね。

[推薦数:1] 2017/03/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2260(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1134(25%)] / プロバイダ: 25756 ホスト:25963 ブラウザ: 4721
【良い点】
アニメ媒体になって風夏の歌唱力に原作より説得力が出た。

声優陣も「涼風」の頃に比べれば豪華。

【悪い点】
原作からだから仕方がないがシチュエーションありきで動かされるキャラは掘り下げ不足で魅力に欠ける。
原作から前倒しで風夏の両親にあたる「涼風」メインの二人を登場させたが
特定の分野で成功を収めた家系はライフスタイルや言動から、その方面への特化が感じられるものであるが、そんなものは皆無。
夏のバイトに参加する件等も接客下手な主人公がヒロインに助けられながらでフラグを立てる展開だが
事前に研修を行うか、向いてない奴は裏方の雑用をやらせるのが普通。
もっとも結果的に子供時代の回想が頻回に入った小雪だけは、そこそこ良いキャラに見えるし、
この作者の作品の薄っぺらさが特定層には「取っ付き易さ」となってアニメ制作陣との相性の良さに繋がっているのだろうが。

【総合評価】
9話以降、原作とは別展開となった「風夏」。
原作では優と風夏が恋人関係になった直後に交通事故によるヒロイン死亡展開だったがアニメ版では小雪と付き合い始める。
風夏が片想いの立場となって失恋の気持ちを歌にして…の辺りはアニメは「二セコイ」等よりマシな作品になる淡い期待がありました。
しかし「好きな男が他の女と付き合っている姿を見ていたくない」風夏は自分がバンドをやりたくて集めたメンバーにソロデビューを宣言。
これだけならアスリートは繊細かつ自己中だったりするので、まだ納得の範疇なのですが、むしろ周辺キャラの動かし方。
(元)陸上部の先輩は優に対してだけ「何か言えよ!」と批判を向け、沙羅は「風夏のヴォーカルあってだから…」と勝手に納得。
そして優と小雪の関係もギクシャクし始めという前々作「涼風」で散々、見てきた展開の繰り返し。

本来なら原作レ〇プなアニメ版だが作者自身が少年マガジン誌上で風夏を死なせた事を失敗と認めており、逆に監修を入れた可能性が高い。
だだ、そこで描かれたのは「自分が傷つくのが嫌で逃げ回るヒロインが誰にも非難されずにハッピーエンドを迎え、恋敵は噛ませ犬の宿命を背負い続ける」
という原作第1話を読んだ時点で概ね予測できた展開を、そっくり映像化したというだけ。
元々、程度の低いギャルゲーシナリオと揶揄される事も多い瀬尾作品であり要はアニメと原作はAルートかBルートかの違いでしかない。
思いつきでヒロインを死なせる原作が酷過ぎてマシに思えてしまいますが、実際には似たりよったり。評価は「最悪」で。

2017/03/29 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:1(25%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 5125 ホスト:5149 ブラウザ: 10209
【良い点】
キャラクターデザインは結構好みだった。そして曲もバンドアニメだけあって良かったと思う。特にオープニング曲は劇中に何度も出てくるので印象に残った。

【悪い点】
キャラクターの行動が軽率すぎる所。アイドルである小雪ちゃんがテレビで「片思いの人に向けて歌詞を書いている」発言や、炎上騒動の直後なのに小雪ちゃんに近づこうとする優くん。見ていて「反省してないなこいつ」って思ってしまった。
終盤のバンド危機も、スカウトを一度断ったのにソロデビューしようとする風夏だったり、バラバラになったバンドメンバーを優くんが説得するくだりも、2話くらいで展開するのは少し無理があった。「自分の気持ちに正直になろう」というテーマなのだけど、「一度張った伏線をなかった事にしてしまう」ような収拾のつけ方にあまり賛同できなかった。これが一番よくない。
事故回避も正直、こういう言い方は良くないが期待を裏切られた感がはんぱなかった。
【総合評価】
どうしてもご都合主義を感じてしまった。ストーリーの収拾のつけ方が悪かった。総合評価は以上の理由で「とても悪い」

[推薦数:1] 2017/03/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:701(73%) 普通:238(25%) 悪い:26(3%)] / プロバイダ: 11608 ホスト:11541 ブラウザ: 4894
原作未読。ぎりぎり形にしたのかなという雰囲気。ただそれは、原作の問題とかアニメニする際の問題というより、現在のラブコメの限界を示しているのだと思う。

この作品の主人公は男の子なのですが、この主人公にはっきりとした主体性はない。恋もバンドも受け身な今風の男の子です。この作品の恋愛の主体はヒロインの方にあり、恋をするのも音楽をするのも女の子です。
恋をするのがヒロインの方であるのなら、主人公はその恋の対象という事になります。

恋愛を物語とする場合、その恋愛はどのように描かれるのか。それは「恋の対象の魅力を、恋をする目を通じて描く」という形でしょう。恋の対象がいかに魅力的かを描く事によって、恋をする者の恋そのものが描かれる。だからこそ、ラブコメのヒロインは魅力的に描かれるのだ。
ヒロインの美しさ、可愛さ、可憐さ。優しさ、弱さもズルさも涙も、全て魅力として描かれ、作品の受け手はその魅力的なヒロインを通じて主人公の恋を受け取る。

これをこの作品に当てはめると、恋の主体である女の子の目を通じて、恋の対象である男の子の魅力を描かなくてはならない事になる。音楽に勝るとも劣らない存在としての男の子、音楽の魅力に匹敵する男の子、それが描かれた時初めてヒロインの恋愛を作品の受け手が感じ取ることが出来る。
それがこの作品で出来ていたかというと、はなはだ疑問。何故なら、この作品の製作者は、ヒロインの魅力を描くことが恋愛を描く事だと考えていたのだろうから。

従来のラブコメ同様、ヒロインが魅力的であれば恋愛が物語になると考えていたのだろう。しかしそれは、男の子が主体的に女の子を好きになって初めて成り立つ事なのだ。「女の子に好きになられる」という形、恋愛の主体を女の子の方が持っている場合には、それが成り立たない。
恋愛の積極的な主体にならない男の子というのは今流行の形式なのだろうけど、「誰が恋をするのか」の部分が、今までの形式から大きく転換した以上、従来と同じ描き方ではいけないと気付くべきだったのではないだろうか。

ましてやこの作品の場合、女の子には恋愛と同じくらい魅力的な音楽という選択肢が存在するのだ。自分自身の想いを歌に乗せて多くの人へと発信するという選択は(そしてその選択は、恋という私的な領域に留まるものではなく、公的な領域にまで射程は広がっているのだ)、下手をすれば恋よりも魅力的なことかもしれない。
ならばいっそう、恋を選ぶに足る男の子を描かねばならないだろう。

もしそれが十分に描かれたのであれば、この作品も佳作になりえたかもしれない。確かに、ヒロインを引き戻すために主人公が尽力した事は分かるが、あれでは弱い。前半でヒロインを魅力的に描いてしまった以上、主人公はそれを上回る男にならねば釣り合いが取れない。音楽に匹敵できない。

ただしこの問題は、現在のラブコメというかアニメにおける恋愛関係の描き方が共通して抱えている問題であって、この作品のみの問題ではない。
そして最初に書いたように、ぎりぎり形になってはいるので悪くは言わない。何より衒いのない恋愛物って、嫌いになれないんだよなぁ・・・「良い」を付けるのは甘すぎるかなぁ。

余談
キャラクターの演技が追いついてない様に思った。特に小雪ちゃんは、セリフの奥行きと幅が無駄に広いから余計にキャラクターの演技が不足しているように見える。

2017/03/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 3465 ホスト:3355 ブラウザ: 5171
【良い点】
6話の特殊ED「雪花火」。
6話冒頭で、氷無小雪がそれを素人目でもわかるレベルで「下手に歌っています」が、
そういう演出がきちんとされている、という点です。

【できればこうしてほしかった点】
OPにしてもEDにしても、「The fallen moon」5人の声優さんがユニット組んで
歌われたほうが良かったのではないでせうか?(ラブライブやバンドリの影響ですが(汗))

【悪い点】
「秋月風夏生存」というアニメオリジナル展開ですが、
正直、これだったら原作通りのほうが良かったと思います。

原作は確かに「秋月風夏の死」という悲しいエピソードでした。
しかしながら、悲しみを乗り越え、伝説に向かって突き進む
榛名優たちの生き様には、心底心に響きました。

ところがこのアニオリ展開ときたら、
彼を優柔不断なキャラ化させたり、
秋月風夏を「一方的にバンドの世界に引き込んでおきながら
色恋沙汰で「The fallen moon」を抜けた」身勝手キャラ化させております。
アニメスタッフの手法には感心しかねるものがございます。
一応、榛名優の成長描写もございますが、原作の出来そこないという感じで、
原作ほど心に響きませんでした。

【総合評価】
【最悪】とさせていただきます。

【追伸】
正直、このアニメ作品において、2期は実現してほしくありません。
「榛名優と秋月風夏と碧井風夏の三角関係」というふざけた展開になっても
おかしくはないからです。

2017/02/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:198(67%) 普通:53(18%) 悪い:43(15%)] / プロバイダ: 7056 ホスト:7075 ブラウザ: 10138
録りたまってしまった今季のアニメを少しずつ消化していこう、と思って見始めたのですが・・・2回目にしてしんどくなってきました。

なんというか、ありきたり。記号的。
主人公とヒロインの出会い、出会い時点での悪印象、などなど。

事前情報を仕入れていなかったので知らなかったのですが、この作品「君のいる町」の漫画家さんの作品なのですね。でしたら、やはり私の肌には合わないかな、と思います。

番組内の雑誌のCMにおいて「ラブコメ王・瀬尾公治」と喧伝されていましたが、なんだかこの人の作品って、学園モノの美少女ゲームをプレイして、そのルートから作品を作っているのではないか?とさえ思ってしまうほどの、既視感というか、枠に当てはめてているだけに見えてしまう展開が好きになれません。それでもゲームなら自分で選択した結果のルート展開があるわけなので納得できるのですが、こちらはラブコメ脳の作家の描いた展開を、ただひたすら追いかけるだけなのが辛い。さらに、無理に泣きゲーぽい展開に持っていったりするし、女の子については、明らかに男に都合のよい類型化が目についてしまいます。

一応録画は続行していますが、最終的に見ない可能性も・・・なので、最終的な評価は保留ということで、コメントレベルにとどめておきます。

3/26追記

何とか最後まで見てみましたが、印象は最後まで変わりませんでしたね・・・
ご都合主義な展開。まず何故に音楽?
また、一人の天才がいるだけで成功するということはあるにしても、それに引きずられた初心者主人公がいきなり、とかバンド舐めてんのか?とか。

ただ、歌詞は不思議なほど頭に入ってきませんでしたが、歌自体は悪くないかな、とは思いました。

ということで、コメントから評価に変更して、「とても悪い」にしておきます。
[共感]
2017/08/28 「〜展開を、ただひたすら追いかけるだけなのが辛い。」同感です、ゲームなら製作陣が考えていた選択肢などから自分とのズレを実感できるけど、本作ではただ受け入れるだけですしね。 by wein

2017/02/11 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 7298 ホスト:7384 ブラウザ: 5181
【良い点】
う〜ん ないかな

【悪い点】
シナリオがつまんないです ありきたりというか…

【総合評価】
主役の風夏はでしゃばり目立ちたがりのうざさしか感じませんです
ってゆーか この子主役じゃないですよね
タイトルが風夏なので紛らわしいです

この評価板に投稿する



2017/08/28 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8262 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 放送延期になった[されど罪人は竜と踊る]から始まる話。 by juelan
... )リフレクション]やばい(ひどい)らしいな。このシリーズ作った会社だぜ。映画放送前のビビッドストライクも この上ない位に ひどかったな、今まで映画監督を担当していた ク○カワケイゾウが 7、8、9月内に放送していた [アクションヒロイン チアフルーツ]、ひどすぎだったな(解説:監督が、[アニメ版 艦これ]や[アニメ版 ]で築き上げた ...
記事日時:2017/11/11
2. BSプレミアム「発表! 全ガンダム大投票」 by ねぎ麻雀
... あったがアムロとシャアは作品別に票が分散したので、合計すればオルガを超えるらしいので、それなら納得かな。 残念なのは「ヒロイン部門(女性キャラ部門)」がなかったこと。 というか、ソレしか興味がなかったので、番組を観られなかったことも別に残念とは思っていなかったり。 全然関係ありませんが「」がいつの間にか連載 ...
記事日時:2018/05/08 [表示省略記事有(読む)]
3. ブログ拍手数8000個を突破しました by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 数が8000個を突破しました。 去年、「月がきれい」の感想や聖地巡礼を中心にブログ活動をした頃には、 拍手数7000個を迎えましたが、時の経つのははやいものと つくづく実感しております。 現在は、メモオフシリーズやの完結に対し、少々感慨にふけっている有様です。 良くも悪くも思い入れのあった作品だっただけに。 ...
記事日時:2018/04/26 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:風夏
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ