[アニメ]新世紀エヴァンゲリオン


しんせいきえばんげりおん / Neon Genesis Evangelion
  • 考えさせられた
  • 怖い
  • びっくり
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:新世紀エヴァンゲリオン (N64) / 漫画:新世紀エヴァンゲリオン (貞本義行版)
関連作品 各劇場版等は別に板があります。こちらの検索結果から選んで下さい
アニメ総合点=平均点x評価数13位6,138作品中総合点488 / 偏差値126.15
アニメ平均点1,495位2,802作品中平均点0.68=良い/717評価
1995年アニメ総合点1位102作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.63(とても良い)95
声優・俳優1.58(とても良い)95
映像1.42(良い)95
キャラ・設定0.92(良い)95
ストーリー0.11(普通)95
考えさせられた57%54人/95人中
怖い45%43人/95人中
びっくり42%40人/95人中
面白い40%38人/95人中
悲しい39%37人/95人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

時は、西暦2015年。15年前に南極で起こった大災害・セカンドインパクトにより総人口の半数近くを失った人類は、使徒と呼称される新たな脅威に見舞われていた。
国連直属の非公開組織である特務機関NERV(ネルフ)は、襲来する使徒に対抗、殲滅するため、汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン (EVA) を極秘に開発する。そのパイロットに選ばれたのは、14歳の少年・少女であった。
主人公である少年「碇シンジ」は、「幼少時のトラウマ」と「父親との疎遠な関係」から、他人と接触を好まない内向的な少年であるが、ネルフの総司令である父親ゲンドウによって、EVA初号機のパイロットとして突如選任される。シンジをはじめとする EVA のパイロットたちは、世界の命運を託され、命をかけて戦う過酷な状況に追い込まれ、傷ついていく。
セカンドインパクトの真相、襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」の全貌。多くの謎が絡み合い、主人公であるシンジの挫折と成長を追いながら、物語は進んでいく。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
エヴァ関連アニメリンク:新世紀エヴァンゲリオン DEATH&REBIRTH新世紀エヴァンゲリオン THE END OF EVANGELION〜Air/まごころを、君に新世紀エヴァンゲリオンヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序
▼テレビシリーズ
全26話 / 放映局:テレビ東京 テレビ大阪 テレビせとうち TVQ九州放送 テレビ北海道 テレビ愛知 IBC岩手放送 テレビユー福島 新潟放送 信越放送 テレビ山梨 テレビ山口 あいテレビ 熊本放送 大分放送 宮崎放送 BS日テレ 山形放送 日本海テレビ 四国放送 長崎国際テレビ 仙台放送 秋田テレビ 富山テレビ 石川テレビ 福井テレビ テレビ静岡 テレビ新広島 青森朝日放送 鹿児島放送 岐阜放送 三重テレビ びわ湖放送 奈良テレビ テレビ和歌山 AT-X キッズステーション アニマックス

【TVシリーズスタッフ】

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1995/10/04(水) TV / 終了日:1996/03/27
オープニング動画 (1個)
残酷な天使のテーゼ
歌:高橋洋子 詞:及川眠子 作曲:佐藤英敏 編曲:大森俊之 [ファン登録]
[もっと見る]
622,756970717
最近の閲覧数
214112141251871213
6人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/08/28 / 最終変更者:ウィングゼロ / その他更新者: 君の名は / kunku / 管理人さん / カジマさん / DONP / ラマンチャ / に〜ぷ〜 / SS / カトル / 提案者:ヴぁんどれん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/08/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:74(87%) 普通:11(13%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14276 ブラウザ: 5213
もう何年も前に見たので細部は覚えていません。
じゃあ評価なんて書かないでよって言われたらそうなんですが…
ふと思ったことがあるので。

●スタンダードな物語
いろんな方が言われるとおり、このアニメは心理面においては奇抜なものじゃないと思う。
人間関係と自分自身に悩む少年少女。
それを見守ったり時には突き放したり、自身も迷いを持っている大人。
その中で前進と挫折を繰り返す主人公たち。
こうして見ると割と良い意味で標準的な物語に思えます。
「笑えばいいと思うよ」の回とか色々、ハッピーエンドに向かう予兆を感じさせるものもありましたし。
実際その辺りはドラマとして良く出来ていた覚え。
…それならなんでああいう有耶無耶な終わり方になったんだろう?
答えは出ず、新劇場版を見てもよくわからず。

●物語とリアリティの境界
そこで唐突に思ったこと。
全ては「若い心をリアルに描きたかったから」なのかな、と。

物語はバッドエンドでもない限り主人公たちが障害を乗り越えて成長していくものです(もちろん一類型ではあるけど)。
だからこそ、その「乗り越える」「変わって行く」過程が重要。
そこでこの作品は越えるべき「少年少女の鬱屈」をむき出しにして提示しました。
少なくない視聴者がそれに共感しつつも「なんで彼らは上手くやれないんだ」「格好いいところを見せてよ」とカタルシスを欲したはずです。
物語の覚醒的な盛り上がりや、新劇場版「破」なんてその為にあったような気もする。

ただ、そのネガティブな心がもし簡単に救われてしまったら。
深い共感を得たキャラクターが「物語であるから」という理由でお約束のように幸せな結末を迎えたら。
それは途端に陳腐になり得ます。
あれだけの苦悩がこうも都合よく浄化されるのか、と白ける可能性もあるでしょう。
なればこそ、お話を作るということは慎重に為されていくはずです。

そこでこの作品は、こうしたリアルさに真摯になり過ぎたのではと思うんです。
現実的に真面目に考えていくと、人が変わる、成長するということは単純ではなくむしろ難しい。
ましてや本作のような影の深い少年少女たちなら。
だから、この作品は安易に物語的な解決を図りたくなかった。
それは意固地とも言える形をとって、意味深で詳細な設定や謎めいた表現へと向かっていき。
そして終わりとも言えない終わりへ辿り着く。
物語とリアリティの境界線上で身動きが取れなくなってしまったかのように。

…なーんて、思うままに書いてみましたが。
これだけ語られている作品ですから、私のような着眼点なぞとうの昔に出てきていたことでしょう。
それでも未だにこうして話してみたくなる魅力があるんですよね。
私にとってはそれこそがこの境界なんです。

未完のまま終わった(終われない)アニメとも言えるけれども「だからダメ」だとは思えない。
そんな作品です。

(余談)
「アルエ」を聴いて本作のことを思い出したのは内緒…(笑)

2018/08/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14969 ホスト:14941 ブラウザ: 10288
【総合評価】
話が非常に難しく、ボーッと見ていると意味が
わからないことが多々あるかと思います。
自分も様々なことを調べて初めてあらかた
わかりました。
ただ一つ思ったのは難しいことを言っている
ようで本当に伝えたいことはシンプルだと
思いますよ。
このアニメがなぜ社会現象になったのか
考えてみると自分は納得できました。

2018/06/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 29231 ホスト:29283 ブラウザ: 4721
【良い点】
・14歳の視点で描かれた世界観や甘酸っぱさ、大人達の葛藤と思惑が表裏一体で介入する生き様が醍醐味。
・人型兵器を扱った全ての作品において唯一、機械構成・操作命令系統などの細かい描写に納得できる。ガンダムやマクロスの様に機体原案が玩具の金型の事を意識していない点。
・「第三新東京」と呼ばれる擬似的な閉鎖都市(出入りに制限が有る都市)を中心に据えた世界設定と描写。
・映像・作画に違和感が無く、金と時間をかけた作品らしい仕上がり。
・主人公の「碇シンジ」は重要な登場人物なのだが物語の主役でない。個人的には友人(鈴原トウジ・相田ケンスケ)との会話が癒し。
【悪い点】
・個人的に最重要キャラである「碇ゲンドウ」の息子への扱い(描写)が中途半端。もっと突き放したり接近したり、無愛想に振る舞う理由や心情をもっとたくさん描いて欲しかった。
・設定資料集に載っている別のアスカの方が、物語を進めるうえで受け止め易い。端的に言えばヒロインをシンジにして、主役を老人に担がせたほうが見ごたえある。
【総合評価】
世間一般の認識に例えれば本作はアニメオタクの登竜門だろう。もっと多くの時間と話数(ついでに人員)を確保出来ていれば、主題歌以上の知名度を獲れたはず。最終回の件も含めて惜しい作品。
エヴァ初号機が使徒を捕食するシーンが最も良い演出です。

2018/04/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 604 ホスト:341 ブラウザ: 11560
【良い点】
中学生には重すぎる役目をうまく表現している。
毎回単純に勝って終わるだけではなく、そこから新しい物語が始まるので、観ていて飽きない。
出てくるエヴァの機体がそもそもかっこいい。
【悪い点】
しっかりと観ようとしていない人には分かりにくい内容。

【総合評価】
内容全てを理解しようとするには何回も見直さないといけないと思いますが、理解できた時は「よく考えたな」ととても思う作品です。

2017/11/03 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(91%) 普通:0(0%) 悪い:3(9%)] / プロバイダ: 19834 ホスト:19805 ブラウザ: 4721
BGMがイマイチで、最終回の内容が難しすぎる。

2017/06/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:236(65%) 普通:67(18%) 悪い:62(17%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11269
色んな意味で現代のアニメの礎を築く
【良い点】
・中二病を扱った初期の作品
・何処かしら登場人物の精神が病んでいる
・追い詰められた人類の精一杯の抵抗は、後の進撃の巨人にも影響を与える
・使徒のバリエーションの豊富さ
・複雑な展開と謎解きのスリリング
・賛否両論の最終2話
【悪い点】
・見方によっては庵野氏の私的な言い訳や未練に見える
・スケジュールが逼迫した事による終盤の作品破壊
・真のテーマが「何時までもアニメなど観なさんな!」で余計なお世話だ!
・そう言っておきながら庵野氏自身が後にEVAに囚われてしまった
・後の深夜アニメや作品スタイルを真似た作品が氾濫した
【その後救われた点】
・ゲーム等でシンジやトウジが救われた
【将来心配な点】
・庵野氏存命中にエヴァンゲリヲンが完結するだろうか?
【総合評価】
色んな意味で現代のアニメに影響を与えた作品で、何処かしら病んでいる登場人物と追い詰められた人類は後の作品にも影響を与えました。
賛否両論の最終2話は見方によっては不満だったり納得だったりと分かれますが、旧劇場版で完結したと個人的には考えており、その後庵野氏がEVAに引き摺られた事を減点しても評価は【良い】にします。

2017/04/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(67%) 普通:0(0%) 悪い:5(33%)] / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9135
内容が難しい作品で、最終回も内容の分からない展開でした。

2017/02/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:254(53%) 普通:120(25%) 悪い:105(22%)] / プロバイダ: 13053 ホスト:13055 ブラウザ: 5171
今更ですが、ようやく一気観しました。
結構昔に作られた作品ですよね・・・コレ。
それらを踏まえて観ようかと思いました。

で、
一番初めに驚いたこと・・・2015年・新東京
えっ、もう過ぎてるじゃん!!
後で知ったのですが、2015年はかなり盛り上がったとか・・・次代に乗り遅れたwww

まぁ、それはサテオキ
ってか、描写が凄い!めっちゃ書き込んでるじゃないですか!
作画枚数も半端じゃないですよね、コレ!凄い凄すぎる!
作品を観なくてもそれなりに情報が入ってくるので、序盤の伏線はなんとなくニヤリとします。
前半の展開等は文句なしですよね!見せ方等、かなり引き込まれました。

後半、まず違和感があったのは
こういった、主人公が操るといったロボット物って(エヴァはロボットではないですけど)
後半で主役機の乗換えがスタンダードな気がするのですが・・・
当時はそこまで主流ではなかったのでしょうか?
それとも製作意図として別のものがあったのでしょうか?
(主役機交代によりおもちゃ販売促進拍車をかける等がなかった)
前半が問題提起で、後半が謎解きといった感じにも取れました。
しかし、ここからの失速っぷりが顕著でしたね・・・
特にラスト・・・作画が追い付いていないのが残念でなりません。
酷い・・・酷すぎる。
今思えば、ミサトがビールを飲みながらしゃべるのも、不意に背中越しにしゃべったりするのも、
演出といえば聞こえが良いのですが、制作進行の手段として思えてなりません。
お色気から度を越したエロも目に余るものがあります。
もちろん、「製作」といった現実的手法としては流石といった所はあります。
また、終盤の内容的にも強引につじつまを合わせた感がしてなりません。
最後もゴチャゴチャ言って、結局「自己肯定したら、いきなりまわりが賞賛する」といった支離滅裂な終わり方に残念さを覚えます。
なんだ、コレ?
中途半端だった、といった印象です。

今思うと、
口を隠してしゃべる人々も、演出としてみれば結構渋かったり愛嬌があったりしますが、製作の手間を省いていると思ってしまうと、全てにおいて寂しい気持ちになりました。
ただ、厳しいスケジュールをやりくりする手法だとすれば、画期的で素晴らしい限りです。

大人になった今、対象年齢も違うし、時代も違うのでこの作品に対する正しい評価は出来るものでは無いかもしれませんが、
当時画期的な作品であった事は間違いないし、確実に世の中に波紋を投げかけたヒット作であったと思います。
ただ、完成度からみて、私はそこまで肯定できる作品とは思えませんでした。

映画など、まだまだ作品として続いてはいるので、この「エヴァンゲリオン」という作品が物語的・商業的にどうなっていくのか
今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。

2017/01/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1464(52%) 普通:714(25%) 悪い:636(23%)] / プロバイダ: 11532 ホスト:11426 ブラウザ: 8595
思春期の少年の心の葛藤をメインコンテンツにしたロボットアニメというスタンスが
当時の社会にどういう形でかフィットしてミラクルヒットタイトルまでになりました

シンジのリアルな葛藤に、そして綾波、アスカのダブルヒロインはどちらにも違った魅力があったし
ヘタレ主人公設定の作品もエヴァンゲリオン以降に圧倒的に増えた印象があるくらいで、業界全体としても
影響が大きかった作品ですが、これまでにはない新感覚さはあったものの、私個人としては特別な想いはなくて
ちょっとかわったロボットアニメ。程度の認識でしたかね

おもしろかったのは前半かな。つまりヘタレなシンジが葛藤しながらも戦場に立つっていうあたりで
対して後半のほうは、、、正直、制作陣も物語をコントロールできていなかった気がするんです

それもあって難解すぎるラストは私は否定派。十何年も経過してから映画リメイクされていて
そのラストにも注目が集まっているところですけど、制作側も旧作のラストをやり直したいからこそ
リメイクを作っているんだとおもうんですよ。つまり続編を作り直していることそのこと自体が
製作者側がこの旧作の失敗を認めてしまっている気がするんです(大前提として売れるからだけど)

これだけのムーブメントがおこって各所で考察され理解も進んだのは作品にとっても幸運なところでしたけども
私にとっては、おもしろかったけど後半で失速してしまった。くらいの普通のアニメでしかなかったかな

とはいえ映画も観るくらいは好きなので評価は【良い】とさせていただきます。なんにせよ新約の完結が楽しみだ

2017/01/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(67%) 普通:0(0%) 悪い:3(33%)] / プロバイダ: 43031 ホスト:43048 ブラウザ: 10110
【良い点】
世界観・雰囲気
碇シンジにとても共感できる
社会の理不尽などをロボットもので統一している

【悪い点】
無意味なエロシーン

「瞬間、心、重ねて」
通常兵器で使徒を数日足止めしたり、ダンスの特訓などあまり危機感が無い感じがして、個人的には番外編にしか見れない

公式のグッズやイラストなどで主人公である碇シンジをハブること

【総合評価】
見る前は何故か嫌な感じなアニメだったけど、見てしまうと何故かハマりやすい
アニメ好きなら誰もが通る道のようなイメージのアニメと言うのも頷けます

2016/12/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(65%) 普通:1(1%) 悪い:26(33%)] / プロバイダ: 17819 ホスト:17760 ブラウザ: 9307
【良い点】
・難解なストーリー
・心理的描写がリアル
・ゼーレ登場シーンが何かと不気味なこと
・未来的な都市第3新東京
・ユニークな使徒
・高飛車なアスカ
・オープニング
・カヲルくんの存在

【悪い点】
・終わり方
・自己中が多い。まあ病むのも仕方ないけど笑

【総合評価】
第3次アニメブームの引き金になったと言われる当作品。見所は、使徒との肉薄戦はもちろん、心理描写が細かく難解なストーリー。

ところで、よくシンジの性格云々いう人が散見されるが、自分がもし母親を失い親父があんなんで、高校生でいきなりあんな境遇に当事者として置かれたらあーいう風に臆病になるに決まってるし、十中八九の人は拒絶するか逃亡するだろう。なので寧ろ、ぶっつけ実戦で初号機のパイロットになったシンジは勇気あると逆に思ってしまう。
まぁ、自分で決めた事なのだからうだうだくよくよせず腹括れと思う気持ちはよくわかるけど...。

2016/10/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:492(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
私も、皆さんが、言う程、そんなにエヴァの良さわかりませんでした。

【悪い点】
悪いわけでもないです。

【総合評価】

普通、ちょっとわかりにくかったです。

2016/10/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 17611 ホスト:17723 ブラウザ: 7460
【良い点】
声優
作画
メカのデザイン
BGM
サブタイトル

【悪い点】
好感の持てない登場人物(特にシンジ)

【総合評価】
90年代のアニメブームとなった本作ですがストーリーにせよ登場人物にせよ不愉快に感じます。
特にシンジはイライラさせられるぐらいウジウジしていて見苦しい。
ミサトも保護者失格だし、アスカもギャーギャーうるさい。
こんな胸くそ要素満載のロボアニメを見るよりガンダムシリーズを見た方が何倍も面白い。

2016/08/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(57%) 普通:1(5%) 悪い:8(38%)] / プロバイダ: 4513 ホスト:4591 ブラウザ: 7912
【良い点】
前半のダンスしながら戦ってる回のあたりまで

【悪い点】
それ以外全て。無意味なエログロがあるだけ。

【総合評価】
昔のインタビューで監督自身が明言されたとおりこのアニメは「中身があるように見せかけたハリボテ」です。
考察する行為そのものを楽しむためだけに作られました。
だけどそれが成功しすぎたせいで、監督のこの発言自体もファン全員からなかったことにされている悲劇的なアニメ。
(だからこそ、新は答えを出して完結させるために一から作り直してるらしいですが)

ただ…そのような経緯があって成功していたとしても、娯楽・映像作品としては認められません。
いくら考察した所で答えなんてないのに、考察する意味なんてあるのでしょうか?(手段が目的になってしまっている)

もしも、この作品に答えが用意されていたとしても
考察しないと1%も楽しめないとか論外です。プロならば深く考えずとも楽しめて考察したらもっと楽しめるようにするのが仕事です。
小説や漫画なら顧客のペースで進められるのでわかりにくくてもいいんです、だってその場で考察できるから。
でも映像作品は顧客のペースでは見ることができません。
このアニメはそれ(深く考えずとも楽しめる=顧客にわかりやすく説明する)すらできていません。映像作品としてスタートラインにすら立てていません。

PS:監督の例のインタビューについては、「エヴァ+衒学的(読み:げんがくてき)」で検索すれば出てきます。

2016/07/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(50%) 普通:1(17%) 悪い:2(33%)] / プロバイダ: 15109 ホスト:15022 ブラウザ: 7906
アニメに対して、ここまで全力でぶつかっていった作品を他に見たことがありません。
2週目を見ると、25、26話の内容の意味も分かってきて、ますますすごい作品だ、と思えるようになった。

もっと読む

「【良い点】・1から24話まではかなり好み。・エヴァ、使徒のデザインと活躍。特に初号機、弐号機、ラミエル...」 by JohnSmith


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/07/05 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11312
本作はDB、セラムン、ジブリ諸作品と共に日本製アニメのその後を築いた問題作でした。
何故、名作ではなく問題作と言ったのでしょうか?それは今で言う厨二病を取り扱った事と、追い詰められた人類には破滅以外ないと取れる内容、後に判明した事ですが、原作者兼監督の私的な未練を綴った様に思える内容と取れる解釈で、「碇ユイ」をある声優に置き換えると、原作者の私的な未練も見えて来ます。
只、評価している点は大月PDとの「子供は殺さない」と言う約束を守った事で、鈴原トウジは当初は暴走EVAに殺される筈だったのが回避されましたし。その後のゲームではトウジも救われました。
TVの最終回は賛否両論でしたが、その後引き摺られた事から、あのエンドも良かったのではと思えます。

もっと読む

「テーマ曲と女性キャラが良い。...」 by 竹犬千代


次のページを読む
2018/11/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34775 ホスト:34770 ブラウザ: 8317 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事美しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. オタクの世代格差 by bit
... 年代アニメを観ていたオタク」=「ガンダム世代」 「70年代アニメを観ていたオタク」=「ヤマト世代」 …としてみる。 「便宜上」というのは、実際には「ヤマト世代」より年長の人が宇宙戦艦ヤマトを好んでいたであろうからだ。 ----- では90年代はというと、テレビアニメでは「世紀エヴァンゲリオン」のヒットが ...
記事日時:2018/11/29 [表示省略記事有(読む)]
2. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... 『ドラえもん のび太と銀河超特急』主題歌) 21位:ルージュになりたい(『赤ちゃんと僕』ED2) 22位:LEVEL5-judgelight-(『とある科学の超電磁砲』OP2) 23位:優しさの理由(『氷菓』OP1) 24位:僕達は天使だった(『ドラゴンボールZ』ED2) 25位:残酷な天使のテーゼ(『世紀エヴァンゲリオン』OP) ...
記事日時:2018/01/19
3. スパロボ::実現して欲しいクロスオーバー by 無限堂
... を提示する ・隠し機体としてトライゼノンBLAZEが反逆版は条件付で、悪夢版は無条件に入手出来る コードギアス ナイトメア オブ ナナリー&忍者戦士飛影 ・マークネモは間違いなく、敵味方お構いなしに攻撃する飛影を超える経験値&修理費泥棒の厄介なNPCになるに違いない ・あるステージで飛影と共闘。2機掛かりで敵を粉砕。 世紀エヴァンゲリオン&伝説の勇者 ...
記事日時:2018/08/17 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:新世紀エヴァンゲリオン (N64) / 漫画:新世紀エヴァンゲリオン (貞本義行版)
関連作品 各劇場版等は別に板があります。こちらの検索結果から選んで下さい
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ