[アニメ]ダンボ


DUMBO
  • 可愛い
  • 友情
  • 楽しい
  • 感動
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 海外映画:ダンボ
アニメ総合点=平均点x評価数1,868位6,447作品中総合点10 / 偏差値49.10
アニメ平均点1,661位2,861作品中平均点0.56=良い/18評価
1954年アニメ総合点1位1作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.50(とても良い)6
映像1.33(良い)6
ストーリー1.17(良い)6
音楽1.00(良い)6
声優・俳優0.83(良い)6
可愛い67%4人/6人中
友情67%4人/6人中
楽しい50%3人/6人中
感動50%3人/6人中
面白い50%3人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

サーカスに生まれた赤ちゃん象のダンボ。ところが、あまりにも大きな耳をしていたダンボはサーカスの笑いもの、芸をさせても失敗ばかり。みんなから仲間はずれにされて、すっかりしょげこんでしまいます。けれども、ネズミのティモシーに勇気づけられたダンボは練習を重ねて、空を飛べるようになったのです。みんなに笑われていた大きな耳は立派な翼、ダンボは空飛ぶ象としてサーカスいちのスターになったのでした。
上映時間:64分
製作国:アメリカ
製作年:1941年
公開情報:大映洋画部
日本 公開開始日:1954/03/12(金) 映画
海外 (アメリカ):公開開始日:1941/10/23
公式サイト
1. ダンボ|ブルーレイ・デジタル配信|ディズニー
プロモーションビデオ (1個)
ダンボ (吹き替え) - 予告編ダンボ (吹き替え) - 予告編
34,6141918
最近の閲覧数
2022212240
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/08/20 / 最終変更者:iccid / その他更新者: みゆきちいいいいい / kunku / 宇宙刑事ジャンギャバン / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:378(36%) 普通:206(19%) 悪い:477(45%)] / プロバイダ: 22178 ホスト:22259 ブラウザ: 10902
夢溢れるいいアニメでした!
ディズニー映画の中では一番好きかも(笑)

2015/04/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 45021 ホスト:44840 ブラウザ: 10268
【良い点】
・発想。
よく考えてみると象が飛ぶっていう発想は凄いですね。しかも耳で。どうして考えつけるんでしょうか?
・ストーリー。
意外と重いです。耳が長いからというだけで他の像から差別を受けるダンボの姿は、かわいそ過ぎて少しくるものがありました。でもだからこそあのハッピーエンドが際立つのでしょうね。
・キャラクター。
ダンボも可愛らしかったけど、唯一ダンボに優しくしてくれていたティモシーが一番好きですね。終盤に登場する5羽の烏達も最初はダンボをからかいますが、ティモシーの言葉に心を打たれて協力するようになりますし。だからラストで彼も報われたのは嬉しかった。
【悪い点】
・ピンクの象のシーン。
あのシーンはいらないと思います。奇妙過ぎて怖かったですしね。
【一言】
幼稚園ぐらいの時に初めて観ました。ラストでダンボが本当に飛んだシーンは凄く興奮しましたね。
【総合評価】
良い。

2014/05/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7735(87%) 普通:660(7%) 悪い:471(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21942 ブラウザ: 1975(携帯)
幼い時に初めて視聴して、つい最近になって見返してみましたが、子ども向けながらわりとシリアスな内容だったのにはびっくりさせられました。

冒頭でサーカスの動物たちを乗せた機関車のコミカルな動きも目を引かれましたが、いかにもディズニーらしくミュージカル仕立てとなっており、そのいずれもが一度は聞いたことがある有名な曲ばかりです。

個人的にはダンボよりも良き相棒であるティモシーの方が印象的でしたね。初登場のときにピーナッツをあげるシーンは有名で、そういえば「トムとジェリー」というアニメの中でもこれに似たシチュエーションが使われておりましたが、おそらく本作を参考にしたのでしょう。

ただ、先の方も述べておりましたが、他のゾウたちによる酷い嫌がらせや人間たちによってダンボがピエロに仕立てあげられてしまったりと見ていてあまり気分の良いものではない場面も随所に見られたりして、最終的には空に飛べるようになってハッピーエンドになるものの、ラストも駆け足気味な印象で、やや物足りなさを感じてしまいました。

とはいえ、ゾウをこんなにも可愛らしいキャラクターに出来たディズニーはさすがだなと思います。

評価は「良い」とさせていただきます。

2013/03/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:549(54%) 普通:213(21%) 悪い:256(25%)] / プロバイダ: 40409 ホスト:40580 ブラウザ: 5345
こんな驚いた話はないよ 象が空飛ぶよ♪

私はこのアニメを幼い頃に何度も見ていました。
不覚にも今の今まで評価してなかったけれど、やっと評価にありつける。

生まれ持った特徴故に、不当な扱いを受けていたダンボ。
しゃべらないけれど、その分表情の変化で感情を表すのが巧み。これはジャンボとて同じこと。
そんなダンボと種族を超えた義侠心の熱さを見せるティモシー。機会があれば彼がこういう心境に至った理由を見てみたいな。

しばしば取り沙汰されるピンクの象の幻覚。ひたすら不安定で、狂気すら感じるこの映像に、私は心を吸い込まれそうになっていた。
思えば、この時スタッフは映像作りにご執心だったことがありありと感じられる。

時間は1時間ちょっとだけど、子供の感覚で見ると十分長く感じられた。
最近見ている子供向けのアニメや特撮の映画も、見る時期が違っていれば印象は変わっていたのだろうか。
なにはともあれ、いい作品だと思っている。

2012/12/13 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 12744 ホスト:12668 ブラウザ: 9672
【良い点】
ダンボやダンボの理解者のネズミやカラス

【悪い点】
サーカスの人物
ダンボ親子を、差別したゾウ
イメージの割には、暗いかな。

【総合評価】
中学ぐらいに観てたけど、妹がDVD持ってたので最近借りて観ました。

ダンボ可愛いけど、サーカスのキャラのせいで、楽しくはないし映像も近年のアニメを観てるからか物足りないかな。

少し厳しいけど「悪い」で。

2012/11/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7307
「見てみぬふりをしましょう」
「デブはきらい」
・肉湿布
・押しも押されぬ→押しも押されもせぬの間違いかな
・ダンボ爆撃隊

コウノトリが赤ちゃんを運んでくる描写がリアルにえがかれてて失笑。
子供が勘違いしたまま大人にならないことを祈ります笑

機会を得てついにこの名作アニメを視聴することができました。
ディズニーってキャラクターは知ってるけど映画本編はみてないってのが多いです。

ディズニー映画らしく音楽とフルアニメーションの動きを堪能できます。
ダンボがお酒の入った水につかってしまた後の幻覚的シーンはなかなか見どころ。
『レクイエム・フォー・ドリーム』とか『ドラッグストア・カウボーイ』なんかの中毒を描く実写映画にも応用出来きるんじゃないかな。
というか、ダンボのこのシーンがこれらの作品に影響を与えたかもしれませんね。
この幻覚シーンで現れるピンクの像は「ピンクの象が見える」("Seeing pink elephants")というアルコール飲料による酩酊や麻薬などによって起きる幻覚症状の婉曲表現に由来。
本来は英語における表現である。記録に残された、この表現の最初の使用例はジャック・ロンドンの自伝的作品『ジョン・バーリーコーン』(1913年)中の記述である。
ワイルダーの『失われた週末』にも言及があります。
気になった方は見てみてください。

2010/12/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
一匹だけ耳が大きく生まれていじめられてしまう小象のダンボと離れ離れにされているお母さんに代わって支えてくれるねずみのティモシー、そして「その耳を使って空を飛べばいい」と考え実践するのですが最初はうまくいかず、いつの間にか寝ている間に無意識に飛んでしまったらしく木の上に、そこで出会った4羽の親切なカラスたちに教えを請うのですがカラスたちが指摘するのは「勇気が無い!」そこでカラスのリーダーが自分の羽を渡して「これがあればいつでも大丈夫」といってくれるのですが・・。
何と本番でカラスの羽をなくしてしまい・・・・。ここからがクライマックスなのですが必死で羽ばたくダンボになんとなく「おおっ!」と感心させられました、もう羽はいらなかったんですよね、本人が勇気を出せば。
結構「やってやれないことは無い」というコトを伝えたかったんでしょうか?
子供の頃は好きなアニメの一つでしたね。

[推薦数:1] 2010/08/12 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4749 ホスト:4768 ブラウザ: 6395
見せ場はダンボが空を飛行するシーンなのは当然ですが、引き裂かれた母子の心情を描く箇所として、
象の鼻が人の手で撫でる仕草を模している様な動作や、
ダンボが母の鼻に絡めて再会を嬉しがり、ママは鼻をブランコ状態にして子を慰めるなど、
実際には無理なアクションながら、象ならではの嘆き方を見事に表白できています。

空を飛べると自覚するのが、後半10分近くと、意外と遅いですね。
ティモシーの情の篤さだけでなく、後半の烏達と仲良く編隊飛行するところも好い。

特徴である長耳で嘲笑され苛まれる過程を得て、自他共に短所と思われたもので、能力を生かした逆転劇で、
仲間からの助言を生かしつつ、内気だった主人公が自信を持って母を救済する形で完結し、
素直に子供の視点から喜ばれる展開。

2009/07/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(58%) 普通:3(4%) 悪い:30(38%)] / プロバイダ: 11478 ホスト:11526 ブラウザ: 4184
【得点】
脚本:30/40
作画:16/20(^^)
音楽:16/20(^^)
個性:12/20

【総合評価】
74:とても良い
ビデオで視聴しました
ディズニーですから水準は高いですね
泣かされるシーンはあったけど、もうちょっと一工夫欲しかった。飛ぶシーンなどは良いです

2008/10/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 35445 ホスト:35483 ブラウザ: 8335
ディズニーのアニメの中でも良く知られた作品の一つですな。サーカスで生まれた大きな耳の子象ダンボが、周囲の心無い苛めに遭いながら、ネズミのティモシーに励まされ、ついにはその大きな耳で空を飛んでサーカス一のスターになるというミュージカル仕立てのお話でした。

しかしまあ、そこに至るまでの話がちと辛いものがありますなあ。身体的特徴を種にいじめと言うのは現実社会でも良くあります。あのおばちゃん象達の大人気ない事と言ったらまあ・・・。

いや、人間もですね。それに怒った母親が大暴れしますが、檻に繋がれ我が子ダンボとも会えなくなってしまいます。いや、理不尽な話ですなあ。

んで、ティモシー共々酔っ払ってしまった事がきっかけで空を飛ぶ事に目覚めたのでしたね。・・・まあ、その最中に見た「ピンクの象」の幻が無茶苦茶シュールすぎましたが(滝汗)。

色々あっただけに、クライマックスで空を飛んでサーカスの人々の度肝を抜く場面は痛快でしたなあ。

2008/05/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(67%) 普通:1(5%) 悪い:6(29%)] / プロバイダ: 22574 ホスト:22339 ブラウザ: 8090
ディズニー映画第4弾はダンボ。
はたしてこれを長編アニメーションの枠に入れるべきなのだろうか・・・。
上映時間は65分で史上最短。(長編の中では)
時間がない人や、単純なストーリーなので子供にもお勧めできる。
このストーリー展開の都合のよさを批判している方たちも多いが、むしろ子供にはこれくらいわかりやすいストーリーのほうが理解しやすくていいと思う。
気軽に見れるアニメでもあるしね。

不覚にも、お母さんとダンボが引き離されるシーンでは私も涙しそうになってしまった。
まぁ、結局泣かなかったが。
ラストの滑空シーンは爽快だし(無限の彼方にさぁいくぞと叫んでしまった私)、自分に自信が持てるようになる映画だと思う。
とはいえ、ダンボ爆撃機は時代を感じさせるな。確か戦争中だったか?
1941年だからちょうど太平洋戦争期?

そしてこの映画最大のトラウマ・・・「ピンクの象のパレード」!!
なんだよこれ、怖いよ!
奇妙な色彩、音楽、気味悪い象のダンス。すべてに戦慄が走った。
怖すぎるよ。カオスだ。これ作ったやつ、完全にヤク中だよ。
途中現れる目ん玉とかね・・・・。「トワイライトゾーンのOP」かと思った。
これは幼少期に見るとトラウマになりますね。
実際私はそうなりました。

2007/03/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(12%) 普通:10(14%) 悪い:55(74%)] / プロバイダ: 47432 ホスト:47334 ブラウザ: 5234
始めは面白かったが、何回か見て特に良くも悪くもない話でした。
まず、ダンボの耳が大きい位で笑われるのがいじめに見えてしまう・・。ここはまだマシです・・。でも、人がダンボをちょっとからかってダンボの母が怒って暴れる所はいつも早送りしてた・・。やりすぎだよ・・これは。ティモシーが一番良かったね。まぁ・・ダンボがその母と再会は感動はしなかったけど・・。それにサーカスの人々の態度は腹が立った・・。ダンボが可哀想だった・・。しかもダンボとティモシーが酒を飲み、それから不思議な展開は笑えたが、今思えば全く話と関係が無いと思います・・。それで最後のダンボはいくら何でもやりすぎでしょ・・。よって普通に近い悪いで。

2007/01/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 49951 ホスト:50069 ブラウザ: 5234
見た当時はダンボが大嫌いでした。むしろ一人悲しんでいるダンボの姿が気に入っていました。でも内容的にはシンプルですが楽しめました。当時はかなり不服でしたが、ダンボが空を飛んだシーンが一番印象的です。

今見たらきっとダンボをそこまでは嫌わないだろうなとは思います。

2005/12/23 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2037(50%) 普通:792(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 13637 ホスト:13305 ブラウザ: 5234
今見ると「なんだかな〜」と思ってしまいそう。何故なら、いかに象のお鼻が器用でもあんな事は出来ないし(子供をだっこしたり)、漫画だからといえばそれまでだけど、「ディズニーなら何をやっても許される」傾向がこの作品にも現れているようにも思えました。

いくらなんでも耳が長過ぎるだけであんな風に飛べるのだったら、戦艦大和なんぞいつから飛んどるわい!!と突っ込んでしまいそうな位に薄っぺらく感じられます。鳥の航空力学を完全に舐めている内容でした。
まあ、日本の宇宙を飛ぶ大和にもそれはいえるのだし、筋当雲が不必要になってしまった「DB」世界にも同じ傾向があるのですが。

ディズニーの象さん主体の話なら本作よりも「まめ象の冒険」の方が印象に残っています。この作品も本作と同様、仲間達から異端視され、孤独を味わっている小さな頼り無い子象の物語なのですが、こちらは体が小さくて、弱虫でかつ、泣き虫という子象が仲間達に厄介者扱いされてしまうものでした。
舞台が野生なので、当然ダンボのように空を飛ぶ事なんて出来ません。

しかし、このまめ象は小さな特性を活かし、象達に悪さをするネズミと勝負する事が出来るのでした。ネズミの前に大きな象達は右往左往するだけで何も出来ません。只パニくっているだけの象達と裏腹に体の小さなまめ象はネズミをやっつけ、二度と悪さ出来ないようにしてしまうのでした。

こうして天敵のネズミをやっつけてくれた事で、まめ象の評価は変わり、仲間を助けてくれた英雄として象達の中に受け容れられていくというディズニーお得意のハッピーエンドという形になります。こちらではティモシーと違い、ネズミが敵役という対比が興味深いと言えるかも知れません。

本作はそんなまめ象に比べても更に薄っぺらい感じがしたのでした。まあ、リアルに動物を創るなんて事をディズニーサイドに求める事も無理でしょうが、ディズニー作品の中ではまだ観れるレベルだったので取り敢えずは・・・・・・。

2005/10/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 53670 ホスト:53699 ブラウザ: 4184
子どものとき、絵本か何かで見て、楽しめました。でも、そこまで感動した記憶もなく、他にもっと楽しい絵本があってそっちの方を読んでいたので、この評価。

もっと読む

「象が空を飛ぶという奇妙なところがあるが、成長していく物語としてはなかなかの出来。全体的にシンプルなつ...」 by ブラック・マオ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2019/07/02 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 22496 ホスト:22715 ブラウザ: 10902
中二の頃文化祭の時に見ました。

2019/07/02 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 22496 ホスト:22715 ブラウザ: 10902 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/ロマンチックな気分/楽しい/面白い/可愛い/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 英メディアが選ぶ『世界のアニメ映画ベスト75』 by bit
... 32位 眠れる森の美女 / 31位 ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! 30位 ファンタスティック Mr.FOX / 29位 トイストーリー2 / 28位 ペルセポリス / 27位 シュレック / 26位 もののけ姫 25位 パーフェクトブルー / 24位スキャナー・ダークリー / 23位 シュレック2 / 22位ダンボ / 21 ...
記事日時:2014/12/04
2. 「 クイズ$ミリオネア 」 の感想 by 夙夜健
... のでホっとしています。 途中、怪しい箇所があったのもご愛嬌。 私自身もド忘れ ? した問題でした。 ディズニー映画の 「 バンビ 」 の動物名を答えるというものでしたが、 私は最初、 「 象 」 と思ってしまいました。 恥ずかしいですね、これは …… 。 「 ダンボ 」 と ...
記事日時:2010/12/08
3. しりあがり氏の作品が肌に合いません by 七人の芋侍
... 週間ほど勉強に脳みそが回りませんでした。 あれ以来あの弱弱しいタッチをみると鳥肌が立ち、しりあがり氏のギャグ作品も怖く感じてしまいます。 私の現在の怖いものランキングではトップテンに堂々とランクインするでしょう。 でもいつか絶対に克服したいと思っているためしりあがり氏の作品にチャレンジし続けています。 あと余談ですが初期のディズニーの「ダンボ」のシャボン玉 ...
記事日時:2008/03/23
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 海外映画:ダンボ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ