[アニメ]C


しー / C
  • 考えさせられた
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数673位6,396作品中総合点45 / 偏差値54.82
アニメ平均点1,491位2,844作品中平均点0.71=良い/63評価
2011年アニメ総合点20位229作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.46(良い)24
声優・俳優1.25(良い)24
音楽1.04(良い)24
キャラ・設定0.96(良い)24
ストーリー0.42(普通)24
考えさせられた62%15人/24人中
面白い54%13人/24人中
勉強になった38%9人/24人中
格好良い29%7人/24人中
可愛い21%5人/24人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

20XX年、日本―。

巨額の財政赤字を抱え、すわ「国債の暴落か!」「日本経済の崩壊!」「財政破綻も秒読み!?」と末期的な危機が叫ばれていた日本経済だったが、
政府系金融機関ソブリン・ウエルス・ファンドの登場により、政府資金の運用を驚異的に成功させ、政府は奇跡とも言える財政再建を実現してみせたのだった。
<スタッフ>
監督:中村健治
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:mebae

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2011/04/15(金) 01:05-01:35 フジテレビ(ノイタミナ枠) TV 初回は深夜1時5分から / 終了日:2011/06/24
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
フジテレビ2011年04月14日 - 06月23日木曜 24時45分 - 25時15分
関西テレビ2011年04月19日 - 06月28日火曜 25時58分 - 26時28分
東海テレビ2011年04月21日 - 06月30日木曜 26時05分 - 26時35分
さくらんぼテレビ2011年04月30日 - 07月09日土曜 25時05分 - 25時35分
BSフジ2011年05月21日 - 07月30日土曜 25時30分 - 26時00分
オープニング動画 (1個)
マトリョーシカマトリョーシカ
歌:NICO Touches the Walls 詞:光村龍哉 作曲:坂倉心悟 [ファン登録]
[もっと見る]
56,2006863
最近の閲覧数
15812879913136
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 雪霞 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 35967 ホスト:35780 ブラウザ: 8277
お金。それは様々な使い道ができる概念だ。物を買ったり売ったりするなど、生活に欠かせないものとなっている。
しかし、一歩間違えれば破産する。欲望に自惚れているうちに。そう、お金は実に危うい。好き勝手に使えばいいという訳ではない。
もっと他にあるだろう?例えば、日本経済を回復させるために仕事に就く。何かの役に立ちたい。そういう願望が自分を強くする。
百万と千万のお金が降りかかった。貴方はどれを選ぶ?多い方がベターな気もするが、大きな勘違いである。少ない方が良い。何故ならもっと賢い使い方ができるからだ。この定義は正直に言って難しい。担保に入れられ負債を持つ瞬間が一番怖いのだ。自分は試されているのだよ。未来なき人生なんて御免だろう?
僕ならこの苦境を乗り越えてみせる。たとえ置き去りにされても。己の運命に締め付けられても。遮る者が僕の邪魔をしたとて僕の進行を阻む事はない。
ただし仲間は必要だ。非常に心強く頼もしい存在である。どんな痛みも分かち合えるのが何よりの幸福。確かな事は芽生えた絆に嘘はないという理論。
自国をより良くするには、このように率先したカリスマ性が必要だ。勉学に励み、発言力を上げ、なおかつ自分の考えを主張できる立場にあるのなら、首相にだって大統領にだってなれる。
二千万以上のお金がそこにある。自分の野望のために無駄にするか?自国の安寧のために使うか?どうするかは貴方次第。僕なら両方に賭けるだろうね。
さあ、自分と向き合おう。そうすれば、自分が置かれている状況を理解できるはずだ。本能のままに闘え。怯えるな。貴方ならできると信じている。

【良い点】
このアニメは魂のお金(The Money of Soul)と可能性の抑制(Possibility Control)の両方がテーマです。副題にもなっています。
本作の主人公である余賀公麿(よがきみまろ)は謎の人物・真坂木(まさかき)に担保と融資を仕込まれてしまいます。そこから物語がスタートです。
主な舞台は金融街と呼ばれる異界の場所。そこで公麿はディールというお金奪い合い的カードバトルを経験しながら、真実に迫っていきます。
彼のアセット(パートナー)は真朱(ましゅ)という少女。本作のヒロイン。お互いに協力して多くの敵と対面します。
そして本作の強敵は三國壮一郎(みくにそういちろう)。彼はQをはじめとしたアセットを従えて、ある目的のために動きます。
基本的に彼らの行動原理と心情描写を理解すれば、視聴に問題ありません。他の主要人物は掘り下げが足りないので注目する必要ナッシング。
そろそろ長所に触れましょう。ディールの見せ方が非常にカッコよくて惹かれます。常に緊迫した状況下でいかに相手を出し抜くか。そこがポイントです。
非常にファンタジー色の強い世界観。それに味付けする作画もまた見事です。個人的にEDの映像と曲が好きでした。まさにRPG。
各キャラの信念のぶつけ合いには目を見張るものがあります。両者とも考えを譲らない言動が興味深くて引き込まれました。
キャラデザが僕好みです。公麿はスタイルが良いし(特にフード!)、真朱は仕草が可愛いし。これに関しては言う事無しですね。
専門用語に貨幣を加えた面白い設定の数々。言うなれば、発想が斬新です。考えた人は凄いと思いました。

【悪い点】
全体的にテンポが早すぎて駆け足気味なのが残念でした。1クールではなく2クールで作ってくれたら、より良い出来になっていたでしょう。何度思ったか。
設定が複雑すぎて話についていけない時があります。おまけに肝心なシーンで説明不足なので、置いてけぼり感が強いかもしれません。
真坂木とジェニファー・サトウの存在意義が最後まで分からなかった所。特に真坂木は一体何のために公麿に協力したのでしょうか?ずっと謎のままです。

【総合評価】
Cはかなり評価が難しいアニメです。本来ならもっと指摘したいのですが、本作を観たのは2年前なので記憶が曖昧です。恐らくもう一度観る機会は...あるかもしれません。良い所も悪い所も多すぎるアニメなので、国内外で全く評価が違います。日本では好評ですが海外では賛否両論です。お金に対する価値観の違いが原因でしょうね。
オススメできるかと言われたら「一応」YESと答えます。あまりにも惜しい出来ですが、このアニメを観れば何かしら重要な事を学べるので、決して損はないと思います。僕の考えとしては、お金はただの財産ではなく自分自身への問いかけでもあります。何のために、そして誰のために使えばいいのかを分からせてくれるからです。
本作の監督はタイトルに色々な意味を込めたと呟いています。僕の中のCは「CONSTRUCTION(築造)」ですね。

2017/11/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8268
オリジナルアニメ。
CGを駆使した空間では不思議っぽさを出しながら、お金という現実的なものを軸にして見せてくるのは面白い。
疲れたサラリーマンがバトルで剣を出してきた描写には不安を感じたが、主人公の性格が妙に生々しくて期待の持てるスタート。

未来を担保にするとか「金融街」関連の初期設定はとても面白かったと思う。
物語中でもディールに敗れて未来が悪化するというところを、少しずつ自分の周辺に変化が起きていたり、
大学講師やNPO代表のエピソードで描かれていて興味深かった。
ただ主人公視点からの一面しか描かれてないように思えるし、敗れた人物たちの内面や心情描写はもっと欲しい。

終盤で大きく物語が展開していくけれども、ちょっと無理が大きかったと思う。
未来を残すか現在を守るかなんていうところから、日本経済とその未来までとなると現実的な描写の精密さが足りなかった。
そのためか登場人物たちの来歴や、「ディール」、「アセット」などの詳細設定が省かれてしまった感で残念。
「金融街」で害をなす典型的な巨悪を倒すくらいにして置けば、各要素に時間配分できたんじゃないかと思う。

「ディール」が最大の難点だったかもしれない。見栄えとしてもそこらのカードバトルを遙かに下回る出来。
財界の有力者や普通のおっさんが、なんだかんだ剣や銃で戦う体力勝負はなんとかならなかったのだろうか。
IMFの調査員や情報屋なんてのも出してるのだし、頭脳戦でも良かったと思う。
対戦で敗れた場合の現実社会への影響なんかは大きく見せていたが、勝った場合は残高増えるだけなんだろか。
「ディール」での使用額の影響や勝敗自体の対価もちょっと判りにくい。

おそらく描きたいところはバトルではなくて未来に対する2人の人物の考え方あたりになると思うけれども、
そこを主軸にするならば、バトル以外での演出や物語で見せていくほうがより良かったと思う。

【良い点】
着眼点。

【悪い点】
演出全般。グロシーンに必要性を感じなかったし、重要なバトルで描写を省く暴挙や、盛り上がりそうなキスシーンはきちんと描かないし、
場面の切り替えや展開部分でも、説明不足というか丁寧さに欠けるところがあった。

【総合評価】
ユニークな題材だったが、人物たちの内面をもう少し掘り下げて欲しかったし、設定部分には無理が多く諸要素も消化不良だった印象。
最終話にて後日談があったけれども、かなり中途半端な内容で無くても良い、かえって後味は悪いものになってしまった。

2016/04/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:3(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6879 ホスト:6844 ブラウザ: 5145
この作品は経済を世界観にしてるが表層的なものでまったく意味が無い

たとえば野球の打撃で胸を速く相手に見せたら負けって言葉があるが
野球選手が聞けば深い意味として理解できるが何も知らなくても誰でも簡単に語れることで
知らない奴でもそれを語れば知ってる奴はなるほどと聞く・・・・が、その先を質問することは許されない
ボロが出るからね

このアニメはその誰でも簡単に語れることで内容が構成されていて
一歩踏み込んだ内容つまりその先の質問の部分はディールという単純な戦闘で誤魔化している
だからディールの対決の部分がまったく面白くない

斬新なプロットがまったく機能せずそれを補う為にドラマを詰め込んでただの主人公の成長物語のような形になっている
つまり考えたら負けの雰囲気を楽しむアニメになっている

この作品の真逆がカイジだ、世界観は一般的でキャラクターもステレオタイプだけど
Eカードや限定じゃんけんなど本質をゲームに詰め込んでいてゲームからドラマが生まれている

2015/06/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 89 ホスト:143 ブラウザ: 11594
【良い点】
着眼点や話の筋は秀逸

【悪い点】
中途半端

【総合評価】
1クールでは完全に足りていない。
2クールあって初めて評価された作品。
導入無しで世界観の説明無しでいきなりバトルするし、最高に盛り上がったバトルも途中経過を飛ばして勝利するし、人物の掘り下げも1話だけ回想の様な形で済ませてしまうし、主人公のお金を燃やすシーンも前段階でもっとお金の無意味さを表現すべきだった。もちろん最後も急展開からのエンディング。
主人公の葛藤は子供のワガママの域を出ない。
とても残念な作品。
これならエンディング無しで表現した方が良かった位。
ノイタミナでやる作品か疑問が残る。
小学生向けの作品

2015/05/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(48%) 普通:103(22%) 悪い:142(30%)] / プロバイダ: 12929 ホスト:13021 ブラウザ: 5913
【総合評価】
表向きは、お金(経済)を題材にしているが、その本質は主人公の成長物語。バイトをしながら大学に通う苦学生が将来(未来)について真剣に考えていく。
ゲームで巨額なお金を手に入れているが、それによって生活をガラリと変わるような描写は無く、その後もバイトを続けていた。(学食の食事が少し豪華になっていた程度)
しかし、後半に出てくる「お金とは信用」という言葉通り社会から信用されることがお金に繋がるという事が大きなテーマで、いかに生きていくか、何が大切なのかを説いていたのだと思います。

経済については特に深く語っている訳ではないが、大まかな仕組みを組み込んでいた程度でした。

戦闘シーンに関しては・・話の流れの為に設定されてると考えていいのでは。特に重要ではない。
それよりもその過程で悩み、結論を出していく話の方が面白かった。
真朱は基本ツンデレだが、だんだんと可愛くなっていった。
妹なのか?父のアセットと同じ?とか微妙に過去を描いていたが、結論は出さず不明。せめてはっきりと答えは出さないまでも、答えを匂わせる表現が欲しかった。

最終話もそうだが、明確な結論を避け視聴者に結論を委ねすぎ。テーマが未来だから、答えが無いのは当然だが・・・

もう少しはっきりした答えの出していれば、評価は高かったのかもしれない。

2015/03/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(62%) 普通:0(0%) 悪い:12(38%)] / プロバイダ: 38205 ホスト:38194 ブラウザ: 10258
【良い点】
金と経済の動きについて、興味が高まり良い刺激を与えてもらった
現世と金融街の相互関係
自分で学費を払って生きている主人公の意思が一貫していたことは大変良い
大学講師の話は見るのが辛かったが現実味を感じる

【悪い点】
たった11話で語れる題材ではない
題材は良いが、設定が不足していたり物語全体として論理構成がイマイチである
バトルシーンは物理的よりも心理的な戦いであれば良かったです

【総合評価】
自分の専門分野でない分野が垣間見れ興味を持てました 経済を勉強してfxを少し経験したりしてみましたが、金の流れは難し過ぎると思いました
金の流れをもっと観てみたかった

2014/10/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:32(68%) 普通:10(21%) 悪い:5(11%)] / プロバイダ: 15096 ホスト:15212 ブラウザ: 7908
【良い点】
金、経済をうまくファンタジーに絡めた作品
全体的にまとまっていて、序盤から面白い
さすがノイタミナというべきか、戦闘シーンの演出は素晴らしい

【悪い点】
ノイタミナらしい作品
ヒロインが最初は可愛いと思えなかった

【総合評価】
現実と異世界の境目をうまく作っていて
「実際にこんなことがあったら…」という想像が膨らむ
assetという単語をこのアニメのおかげで覚えた

2014/09/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 100 ホスト:160 ブラウザ: 10138
【良い点】
お金について考えさせる内容の仕上がりでかなりいい。

【悪い点】

カードバトルが安っぽく見えた…
【総合評価】
経済学や金融学を学ぶきっかけになればよし!!

2014/07/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:157(95%) 普通:9(5%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 22709 ホスト:22733 ブラウザ: 7470
金も経済も未来も、煎じつめればフィクションだ。
この世に形ある物質ではない。
ではなぜそんなものが現実世界に影響を及ぼすのか?
ヒトが「信じている」からだ。
物質世界とは別に、確実に存在する、ヒトの精神世界。

「他人を、信用できますか?」
多分、これがこの作品のテーマだったんじゃないかと思う。
話の根幹は経済だったみたいだけど。

ラスボスの男と主人公の青年は、疑似親子だ。

話の終盤、ラスボスの男(親)は自分しか信じていないことを露呈した。
「未来」を材料に「今」という墓標を創っていただけだった。
逆に主人公(子)は自分以外を信じた。
ヒロインを未来に還したこともそうだが、幼馴染の女性をずっと最後まで気にかけていた。

製作側は、後者の方をより強調したかったのではないかと思う。
主人公は、自分とは決して交わらない、利にならない相手を思える(信じれる)人間だった。

製作側としてはラスボスの男は『子供』をイメージしているのではないかと思う。
(主人公との、疑似親子としての立場は親だけれども)
彼の未来が『妹』であって、『娘』でないのが何よりの証左。
兄弟、つまりありえたかもしれない「自分」を守っているだけという。
しかももう一人の「自分」は「今」を眠り続けているだけ。

子供じみた親(ラスボス)を殴り倒し、大人になった子供(主人公)が未来を取り戻す、そんな話。

補記:何気に、恋愛面の心情の機微の描写が生々しい。
主人公がボランティア王子と戦ったのって、あれ確実に『男のプライド』と『男の嫉妬』が混じってる。
理屈上はどう考えても、交渉案を呑んで戦わずに今後の仲間にした方が得策のはずなのに。

2014/03/27 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(72%) 普通:7(15%) 悪い:6(13%)] / プロバイダ: 11157 ホスト:11237 ブラウザ: 5145
金融危機のきっかけで制作された作品ですが
金をテーマにした作品では滅多になく貴重な存在ですが
なんか安っぽいカードバトルがなかなか盛り上がらず、
終盤では中途半端な恋愛臭い終わり方がなかなか受け付けませんでした。
最初から最後までに視聴しましたが
経済危機の現実との接点があまりにもリアルすぎたために
こちら側では悪い印象を受けました為、ついていけませんでした。
設定は独創的で駄作ではありませんが
個人的には不快な思い出しかなりませんでした。

2014/03/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(68%) 普通:77(14%) 悪い:104(18%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 6683
お金そのものをテーマにした作品というのは、かなり斬新。
登場人物も非常に癖があって面白かったですし、未来を担保にするという内容も合わせ色々ストーリーを上手く広げられていたかなという印象です。
まあ、自分の場合、全体的な内容は何となくの雰囲気で察していたので、内容の方は半分も理解できていなかったと思います。
特に経済関連の突っ込んだ内容の話は、詳しい人でないと理解するのは厳しいでしょう。
その上、担保にされた未来がどうなるか的な分野も入ってくるので、内容を本格的に理解しようとすると、一見だけではかなり難しいでしょうね。

まあ、それはさておき、主人公に欲が無さ過ぎるのも面白みに欠けるなと思いました。
この無欲さゆえに、一般人にとって見れば縁のない大掛かりな金の動きしかクローズアップされないので、いまいち共感性に欠けます。
別に主人公に豪遊させろというわけでもないですが、昼食くらいしか実生活に影響していないというのも盛り上がりに欠けると思いました。

せっかくなので、大学の学費にしてしまうなり、何か実生活を少し豊かにするために金を使う描写があればなと。
福本マンガのカイジ辺りならもう少しリアルに豪遊してくれたかもしれません。
正直、個人的にはそういうのも見たかったなと。
作中の大半の人物が、みんなそれなりに理由のある理想のために動いてるんですよね。
もう少し我欲のみで動くような人も居て欲しかったなというのは、個人的な感想です。

2014/03/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(56%) 普通:99(15%) 悪い:201(30%)] / プロバイダ: 49449 ホスト:49427 ブラウザ: 4721
社会派アニメでありながら、対戦もので、恋愛要素まである、非常に興味深い作品です。
最初の【起】の段階では、お決まりの対戦もののような感じですが、3話あたりから社会派アニメの様子を呈してきます。
そして終盤には恋愛要素まで含まれ、最初の対戦もののイメージはほとんどありません。
人類を地球の支配者にした【カネ】というものの存在をテーマに描かれており、また時間的な要素で、パラレルワールド的な表現もされています。
人が生きていく上では、無数の選択がありますが、この選択がこうだったらこうなったろうという過程が描かれています。

ただ、残念なことは完結していないことです。
また問題提起が不十分なため、様々な意味不明な事柄が出てきます。
11話と短い作品のため飛ばした部分があるのだと思います。
いちおうハッピーエンドとなっていますが、このあとの【余賀】と【真朱】のことが描かれていません。
コレだけの分量の話では13話で、戦う部分を少なくし、飛ばされた穴埋めをしたほうが良かったと思います。
さらに2クール作品にして、その後の【余賀】と【真朱】がどうなったのかまできっちり描ければ「最高」の評価が付けられたでしょう。

ということで評価は【とても良い】とします。

[推薦数:1] 2014/02/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3474(33%) 普通:3652(35%) 悪い:3383(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682
【良い点】

・内山昂輝氏が「ソウルイーター」等の時に比べて演技力が格段に上昇した事を
改めて認識。
・子安武人氏に声質が似ているなあとも思ったけど、細見大輔氏の、シリアスで
深みある演技もその内山氏に全然負けず、寧ろ彼をも食ってしまう程の勢いが
伝わった。
・主人公達が戦ったバトルの世界、背景の描き込みがとにかく綿密で、良い意味で
の異様な雰囲気とか世界観の表現も半端なかった。
・主人公と三國の「未来」等についての価値観の違いも、双方主張「自体」は説得力
は感じられ、「どちらが○でどちらがX」とは決して断定できなかったのも好印象では
あった。

【悪い点】

・第5話に登場した聖沢との兼役だったけど、井種田役の三ツ矢雄二氏は一般的な老人
声とはちょっと違っていたかなあと言うか、キャラデザと声があってなくて残念ながら
ミスキャストだった。
・あまり勝ちすぎるのも良くないようで、主人公と真朱が喧嘩したシーンも見られたが、
バトルについての最低限の説明も見られなかったのも、「制作する自分らさえ良ければ
いい」だったの?
・そのバトル自体も、見た目こそそこそこ派手ではあったけど、特に見ていて目から
ウロコが落ちるような演出は見られず、思ったよりも盛り上がらなかった。
・主人公と、前半はミョーにツンツンしてもいた真朱の関係も、恋愛じみたものも
芽生えていたような描き方は中途半端で「念願のキス」もクサかった。
・三國についても、過去ストーリーは一見主人公以上に丁寧に掘り下げられていたかと
思いきや、娘(三國にとっては妹)の病気よりも経営する会社のビジネスを優先した
親父でしたね。「ステレオタイプ的なマキャベリスト」で、後に息子に会社を買収される
事になっても、カタルシスとかはなく、煮え切らないものがあった。
・その他の脇役面々も、竹田崎や堀井等中途半端にアクが強い面々が目立ったのも
「?」で、竹田崎は信用のためのお金等持論には一定の説得力も感じられたが、もう少し
良い意味で突き抜けた活躍を見せて欲しかった所。
・輪転機を使用できるダークネスカードへの変化等、主人公はまた、終盤に近づく
につれてご都合主義的にバトルを勝ち進んでいったのもお茶を濁す形となって
しまった。アレでは【良い点】での三國との「価値観の違い」等のやり取りも
白熱感半減でした。
・「C」とはまあ通貨危機の事だったのでしょうが、その通貨・金融危機に直面した
世界の混乱等も荒唐無稽でした。通貨が中国の元になっていたりとかですね。

【総合評価】

まあ経済や金融はあくまで「名目的な題材」に過ぎない、ちょっと一味変わった
「異世界異能力バトルアニメ」だったのでしょう。この「C」って。でも、制作スタッフ
御本人達がどう思っているかはともかくその「名目的な」はずの「題材」に囚われ過ぎて
しまったのが仇になってしまった所もあった、微妙な一作でした。私から見たら。
どうせなら、金融や経済方面に詳しい監修の方もつけた方が良かったかも?
残念ながら叩けば叩くほど埃が出てしまった感じでもあったので、評価は「とても悪い」
ですが、日本テレビの買収が決まったタツノコプロには、これからも改めて過去の名作
に負けない作品を世に出されるべく改めて頑張っていただきたいものです。

2014/01/30 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:15(38%) 普通:11(28%) 悪い:13(33%)] / プロバイダ: 2609 ホスト:2442 ブラウザ: 10022
【良い点】
真面目ではある

【悪い点】
経済知識が備わると、監督の迷いぶりがすさまじいのが浮き出る

【総合評価】
俺これ知ってるから間違いがーってあげるのは教科書開けば簡単だし
実際知ってる人にとってはイライラするのは間違いないが
それよりも先に消化しきれてない想定を元に作品を作ってるからこうなるって何よりも分かりやすい例
カジェットは組み込んでるけど、それらが機能してるって感じではなく
ただその場の為に使われているのと、問題の根本のところが理屈ずくめになってるので共感がしにくい
エヴァとかまどまぎとかがなんで売れたのかというと
心理描写には入りつつも、それだけではなく作品として盛り上げ所を間違わずに本人の思考で乗り越えていったからで
理屈でこれはアレだからこうしなきゃっていう次元の話はそら評論するにはおいしい題材だろうけど
これはなぁ

[推薦数:2] 2014/01/09 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1401(50%) 普通:0(0%) 悪い:1426(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4721
後半は少し内容が出て来て主人公と男の対決とか2人の価値観の違いの見せ方とかは説得力があって面白かったんだけど、全体的にチャチな作りだから世界観自体は安っぽかった。

ストーリーの持って行き方だったり説明だったりゲーム性だったり、丁寧な作業や積み重ねや細かい設定っていうのがなかったのでそっから来る中身のスカスカさは露呈してしまっていた。

その為に映像やネタだけが浮いてしまってるように感じたし、言ってる事ややってる事に関しても中身や積み重ねが伴ってないから、基盤が穴だらけのようなすぐ崩れてしまう世界観でしかなかった。

一見映像は派手でネタにインパクトがあるから凄そうに感じるけど、中身がついて来てなかったのがもったいなかったし、見た目を派手に装飾してるだけで一度中に入れば安っぽい作りだった。

やはり細かい作業や積み重ねがあって凄い作品になるんだなと思った。

もっと読む

「【総合評価】他の方はほとんど経済的観点からこのアニメを見たようだが、私はただ単に娯楽として楽しんだい...」 by バジリコ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2011/10/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 12497 ホスト:12659 ブラウザ: 11259
終わり方が気にくわない。
なんか、収拾つかなくなってきて無理やり終わらせた感じ。

途中までは良かったんだけどね

2017/11/06 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8268 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. さらば宇宙の無法者 by 634
... c3cf.jpg https://farm2.staticflickr.com/1845/43683933914_67c599ba77.jpg かくして宇宙の無法者キャプテンハーロックは、我が友と共に、宇宙の彼方へと消えていったのである。 時に、西暦2979年の事であった・・・・・・。 https://farm2.staticflickr.com/1856/29463956447_a415800c3e_c.jpg アカルサハ ...
記事日時:2018/12/09 [表示省略記事有(読む)]
2. やがて君になる10話・感想 by 竜巻回転
... と話をしてるだけで気持ちが一杯一杯の状況になっていますが、 この辺りにおける燈子が自分に対して考えてる侑の気持ちと 実際の侑が抱く燈子への想いの部分にズレが有る点が面白かったけど、 改めて今回の10話に付いて言えば静かな展開ながらも 侑と燈子が互いの距離感を探ってる感じが面白く、 そして最後のCパートになって ...
記事日時:2018/12/08
3. 2018年をふりかえって・・・ by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 従来は、掲題の企画を年末に行ってきました。 前倒しで行おうと思います。 2018年元旦の抱負をふりかえる 2018年元旦当時のブログです。 https://sakuhindb.com/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A ...
記事日時:2018/12/07
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ